*

オークス[優駿牝馬]2022の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2022/05/26 GIレース考察・予想

オークス[優駿牝馬]2022(東京芝2400m)の予想です。

5月22日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はサークルオブライフ、スターズオンアース、アートハウス、ナミュールなど。東京競馬場の芝2400mで行われるGIです。

 

[PR]プラン情報で攻める?無料情報で堅くいく?

プラン情報・無料情報ともに優秀!

予算に余裕があるならプランで…

慎重派さんは無料情報で様子見OKです。

━━━━━━━━━━━━━━

【有料情報・三連単】

・Gショック:天皇賞・春

三連単69.7倍×600円→41,820円

・Gショック:青葉賞

三連単266.8倍×600円→160,080円

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

【無料情報・三連複】

・無料情報:天皇賞・春

三連複15.8倍×500円→7,900円

・無料情報:青葉賞

三連複54.9倍×500円→27,450円

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

◎有料情報→ミドルリスク・ハイリターン

◎無料情報→ローリスク・ミドルリターン

こんなイメージだと思ってください。

有料情報は情報量+馬券代を引いても

大幅のプラス収支を期待できます(*^^*)

→重賞情報を確認する

予算に余裕があればプラン情報『Gショック』がおすすめです!

 

オークス[優駿牝馬] 2022予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

オークス[優駿牝馬]はどんなレースになりやすいのか?

桜花賞に続いて東京芝2400mで行われる牝馬クラシックの2冠目。これまで牝馬クラシック路線は阪神芝1600mがメインの舞台でしたが、そこから一気の距離延長で全く異なる適性が要求されるレース。その条件替わりでどの馬がパフォーマンスを上げてくるかを見極められるかが重要になってきます。

以前は春の阪神芝で行われる桜花賞がそこまで高速馬場で開催される事はなく地力が問われるレースでした。なおかつ東京芝が高速馬場でスピードが問われるような馬場だった事で、桜花賞で上位に走れるような世代上位馬はそのままオークスでも好走するというのがセオリーになっていました。

ここ数年は春の阪神芝が高速馬場化した事で桜花賞が以前よりもスピードが問われるレースに。桜花賞が以前のような総合力が問われるようなレース質ではなくなってきましたし、それでいて東京競馬場の芝が差しが決まる馬場に変わってきつつあることもあって、桜花賞で走る馬とオークスで走る馬がはっきりと分かれてきた印象。

過去3年で見ても、桜花賞で3着に好走した馬でオークスでも3着に走れたのはクロノジェネシスとデアリングタクトのみ。昨年は上位7頭までが桜花賞4着以下と別路線組で独占となりましたし、桜花賞が高速決着になればなるほど桜花賞上位組以外がオークスで走りやすくなっていると言えます。

 

過去5年のレースラップ傾向はこんな感じ。ほとんどの馬がこの距離が初めてになることもあって、極端に速いペースで流れることは稀。とは言っても、3歳牝馬にとって東京芝2400mはスローペースで流れても過酷な舞台。最後の直線に入るところで半数近くの馬が体力不足でバテてしまいますし、東京芝2400mらしい立ち回り勝負にはならず外を通ってもいいので最後までバテずに伸び切れる馬が上位に走りやすい。

そんなわけもあってか、このオークスはディープインパクト産駒やキングカメハメハ産駒のような主流血統はそこまで走らない傾向。特に桜花賞との差別化がはっきりしてきた近年はその傾向が顕著で、ゴールドシップ産駒やスクリーンヒーロー産駒などの非主流血統の活躍が目立つようになってきています。

 

今年はどんなレースになりそうか?

今週で東京競馬場は5週目。ヴィクトリアマイルこそスローペースで前残りの決着になりましたが、馬場はそれなりにタフになってきていてイン有利とは言えない状況。土曜日は当初、雨は降らないという予報でしたが、蓋を開けてみれば競馬開催中にかなりの降雨あり。その雨の影響で明かに外が伸びるタフ馬場になっていましたし、日曜も同じような差しが決まる馬場になると思います。

おそらくこのメンバーならパーソナルハイが逃げる展開になると思いますが、このオークスはスローペースになっても基本的に逃げ先行馬は不利で差し馬が有利な傾向。今の馬場を考えても前に行った馬が粘り込むようなレースは想像しにくいですし、昨年と同じようなスタミナタイプの差し馬が突っ込んでくるレースになると見ます。

 

考察まとめ

【レース質】適性距離より長い馬同士のスタミナ差し勝負。<□□■■>

【狙えるタイプ】桜花賞で上位に走れなかった馬や別路線組。

【狙えるタイプ】近年は非主流血統のスタミナタイプの馬が走りやすい。

【狙えるタイプ】前に行く馬よりは最後まで脚を伸ばせる差しタイプ。

 



 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

オークス[優駿牝馬] 2022の印

◎サークルオブライフ

最初にこの馬が強いと思ったのは中山マイルの未勝利勝ちを見た時。出遅れて最後方になって勝負所から一気に捲るロスだらけの競馬だったが、それでいて最後は余裕十分に流しての完勝。この時に重賞でも通用する強い馬と確信はしたが、それでもマイルでキレを活かして活躍するというよりはもう少し長めの距離で渋とさを活かして良さが出るタイプと見ていた。

その後は使って良くなるこの厩舎らしく、一戦ごとにパフォーマンスを上げて連勝。アルテミスステークスや阪神ジュベナイルフィリーズのレース映像を見ても、ようやくエンジンがかかってゴール板を過ぎてから加速しているように見えますし、おそらくこの馬はマイルでは距離不足ながら素質の高さでこれまで走ってきたような感じがします。

チューリップ賞は前目の位置を取りすぎて追走スピードが問われて良さが出なかった感じ。それもやはり本質が中距離馬だからだと思いますし、前走の桜花賞はイン先行が圧倒的に有利な馬場で大外枠から猛然と差し込んで最も強い競馬を見せました。なんだかんだで桜花賞はこれまでの3歳牝馬クラシック路線では最上位レベルにあると思いますし、その中で最も強い競馬をしていてなおかつ距離延長が向きそうとなれば素直に評価するべきか。

もう桜花賞が終わった時点でオークスで人気になるのはわかっていたのでこの人気に特に驚きはなし。陣営コメントを見ても「溜めて末脚を活かす競馬」とオークスで好走しやすい戦法を示唆しているのが良いですし、今の東京の馬場はこういう差しタイプには絶好。鞍上もこういう外を回して差し切れるような馬場は大得意にしていますし、ここは素直にこの馬が本命でいいだろう。

 

【対抗 ◯4 ルージュエヴァイユ】

器用さはないがデビューから3戦ともに最速上がりで凄い末脚を披露。フローラステークスもスローで展開向かない上に直線で前が詰まりながらも差し込んできましたし、おそらくあのレースで最も強い競馬をしたのはこの馬か。

父はジャスタウェイだが母父フランケルで祖母デインドリームというヨーロッパ色の強い血統背景。いかにもスタミナ要素が問われて良さそうなタイプに見えますし、最後に外から鬼脚で突っ込んでくると思います。

 

【単穴 ▲12 ライラック】

これまでのキャリア4戦を見ても輸送のある関西では全く何もできず、一方で関東で競馬ができた時には2戦2勝。フェアリーステークスも中山マイルのスローペース戦を外からひと捲りでスターズオンアースをあっさり差し切ったわけですし、この馬は自分の力さえ発揮できれば普通に世代上位なんじゃないだろうか。

今回は苦手な関西輸送もなく関東で競馬ができますし、父がこのレースに強いステイゴールド系で半兄ブラックホールもスタミナタイプだったことを考えても距離延長は合いそう。一気に人気を落とすなら穴候補として期待したい。

 

【特注 ☆8 ナミュール】

赤松賞やチューリップ賞の内容を見ても世代最上位の牝馬はおそらくこの馬。それだけに桜花賞が大外枠だったにしても負けすぎな感じはするが、これが馬場バイアスの影響だけで負けたのか、それとも間隔を開けて使わなきゃダメな馬なのかは難しいところ。

後者だった場合は今回もさっぱりな結果に終わるかもしれないが、前者だった場合は世代上位のパフォーマンスを見せつけてあっさりまであるかも。今回の方が世代上位の脚力を活かしやすい条件ではありますし、圧勝もあれば惨敗もあるというイメージで考えたい。

 

【△2 スタニングローズ】

不可解な負けだったデイリー杯2歳ステークスを除けばまだ底を見せていない馬。フラワーカップも川田騎手が完璧に乗ったとはいえ距離はこなしてきましたし、血統的に東京芝2400mはこなせても良さそう。抑えておいてもいいか。

 

【△3 アートハウス】

忘れな草賞を圧勝してオークスに挑戦してきた最大の伏兵。確かに前走は強いレース内容なのだが、初戦も前走もかなりのスローペースから上がりだけのぬるま湯競馬というのは気になるところ。多頭数競馬も輸送も今回が初になりますし、レースセンスが良くて位置が取れてしまう馬なだけに外伸び馬場でインに押し込められる競馬になりそうなのもネック。

 

【△7 ホウオウバニラ】

オークス3着のビッシュの半妹ではあるが、父ドゥラメンテ×母父アカテナンゴという血統背景からもキレる脚はそこまで使えないか。フローラステークスでは控えて差す競馬を試したが、結果的にスローペースでキレ負けした感じ。それでもこういう競馬を試すことができたのは収穫で、今回はスタミナを存分に活かせそうな舞台で後方で死んだふりをしそうな横山典弘騎手。最大の穴はこれじゃないだろうか。

 

【△9 エリカヴィータ】

フローラステークスは距離延長をこなした点は評価するが、それにしても内枠から田辺騎手がこれ以上いないぐらい完璧に乗っていた。今回は相手強化で前走ほど展開も向かないとなれば軽視が妥当だと思うが、まだ中距離で底は見せていませんし、国枝厩舎と福永騎手なら印は抑えたい。

 

【△16 プレサージュリフト】

脚力は相当なものがあるが器用さはほぼゼロ。そんな馬なので東京コースになるのはプラスだと思うが、ハービンジャー産駒だとしてもこのスーヴェニアギフトの母系で2400mというのは不安でしかない感じ。ゼンノロブロイをつけてもロワアブソリューはマイル以下の馬になりましたし、マンハッタンカフェをつけてもデアレガーロはマイル以下の馬になりました。この馬も距離に限界がありそうな感じはします。

 

【△18 スターズオンアース】

桜花賞の優勝馬。と言っても今年の桜花賞は高速馬場でイン先行有利のレースで、この馬はインから川田騎手がスムーズにエスコートできているので恵まれた印象。考察文にも書いた通りで最近のオークスは高速化した桜花賞の結果が繋がりませんし、もともと掛かるところがある馬なので一気の距離延長で大外枠というのはどうなんだろうか。

 

【消1 ウォーターナビレラ】

1400mのファンタジーステークスでも楽に先行できるぐらいのスピードの持ち主。いかにも現代の高速化した桜花賞で走りそうなタイプで、スタミナと末脚の質が問われるオークスでは無理だろう。

 

【消11 ベルクレスタ】

かなり掛かる馬でマイルの距離でもギリギリという印象。マイルの距離でもじっくり溜めなきゃダメそうなので出していってしまう松山騎手とは手が合っていなかった感じ。その意味で吉田隼人騎手が乗るというのは良いと思うが、さすがに800mの距離延長では厳しいんじゃないだろうか。

 

【消13 パーソナルハイ】

マイペースで逃げれば渋とい馬。ただ、フローラステークスも割とマイペースで逃げられて最後に詰め寄られましたし、オークスというレースは差し有利でこういうタイプの展開利はあまり見込めない。今の馬場を考えても厳しいんじゃないだろうか。

 

【消15 ピンハイ】

チューリップ賞や桜花賞の内容を見る限り世代上位の能力はありそう。ただ、ミッキーアイル産駒は本当に短距離向きの馬しか輩出しておらず、これまでの産駒で2000m以上の距離で馬券に絡んだのはアナゴサンだけ。そのアナゴサンも最長距離は2000mですし、この馬はいきなりの2400mでは厳しいと思います。

 

印まとめ

◎サークルオブライフ
◯ルージュエヴァイユ
▲ライラック
☆ナミュール
△2,3,7,9,16,18

勝負度 C

 

買い目

オークス[優駿牝馬]の買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して6年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2022年も5月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

【有馬記念2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

有馬記念2017(中山芝2500m)の考察です。 12月24日に中山競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【2016】ヴィクトリアマイル/ レース考察(東京芝1600mで行われるGI戦を徹底考察します)

今日は5/15(日)に行われるヴィクトリアマイルのレース考察を行います。東京芝1600mで行われるG

記事を読む

【ホープフルステークス2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

ホープフルステークス2019(中山芝2000m)の考察です。 12月28日に中山競馬場で開催さ

記事を読む

【NHKマイルカップ2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

NHKマイルカップ2019(東京芝1600m)の考察です。 5月5日に東京競馬場で開催され発走

記事を読む

フェブラリーS2017の予想を公開!

フェブラリーS2017(東京ダート1600m)の予想です。 2月19日に東京競馬場で開催され発

記事を読む

ヴィクトリアマイル2017の予想を公開!

ヴィクトリアマイル2017(東京芝1600m)の考察です。 5月14日に東京競馬場で開催され発

記事を読む

中山大障害の予想を公開!

久しぶりに午前中の調子が悪い。あまり今日は手を出さないほうがいいってことですかね。メインはやりますが

記事を読む

ジャパンカップ [4] 最も強い2頭が抱える不安要素

雨降る中、勝島王冠に行ってまいりました。久しぶりの生競馬で楽しかったですねー。生競馬といっても私はパ

記事を読む

ジャパンカップはショウナンパンドラ勝利もなんだかしっくり来ない

いやはや、多分、今年のGIで一番「全く予想が決まらない」レースになったジャパンカップ。メルマガでもお

記事を読む

日本ダービーはドゥラメンテが二冠達成!

府中入りしてから二日間寝る暇がなかったおかげで、昨日夜から泥のように眠りについていま起きました。

記事を読む

【チャレンジカップ2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

チャレンジカップ2022(阪神芝2000m)の考察です。 12月

クイーン賞2022の予想を公開!

クイーン賞2022(船橋ダート1800m)の予想です。 11月3

【チャンピオンズカップ2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

チャンピオンズカップ2022(中京ダート1800m)の考察です。

11月4週のレース回顧〜今年のジャパンカップも外国馬は活躍できず〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

京阪杯2022の予想を公開!

京阪杯2022(阪神芝1200m)の予想です。 11月27日に阪

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑