*

【オークス2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

公開日: : 最終更新日:2021/05/19 GIレース考察・予想

オークス2021(東京芝2400m)の考察です。

5月23日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はソダシ、アカイトリノムスメ、ユーバーレーベン、ステラリアなど。東京競馬場の芝2400mで行われるGIです。今回の記事では過去データやレースラップ、血統、予想オッズなどを考察いたします。

 

[PR] 今HOTな無料予想です!オークスはここ見てください!

春の重賞戦線で一番好調な無料予想!

オークス絡んだレースは相性良しです◎

─────────────────────

【無料予想】桜花賞

着順:4-18-2/2,1,8人気

3連単,3連複,馬連,複勝,単勝

オール的中!

獲得:75,700円/収支:+52,300円

─────────────────────

─────────────────────

【無料予想】フローラS

着順:15-12-3/5-14-2人気

3連複409.4倍×300円

獲得:122,820円/収支:+96,620円

14人気スライリーお見事でした!

─────────────────────

─────────────────────

8人気絡んだ桜花賞も14人気絡んだフローラSも

「何故こんな人気薄馬を入れてるんだ!?」

と驚愕の声がネット上でザワついているとの噂が…

→オークス必見の無料予想

↑こちらからレース当日買い目チェック◎

集計した重賞で9戦7勝!計+30万円の収支だしてます!

 

オークス 2021 考察

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

レース傾向

桜花賞まではマイルの距離こそが牝馬クラシックの中心だったが、2冠目のオークスは一気の800mの距離延長で東京芝2400mで実施される。間違いなくこの距離延長という点がオークスにおける最重要ポイントだろう。

どうも2018年の桜花賞上位馬のワンツースリーの結果の印象が強いからか「オークスはなんだかんだで桜花賞路線組が強い」というイメージを持っている人が多いと思うが、過去5年のレース結果を見ても桜花賞組よりも別路線組の方が馬券に絡んでいるのが実際のところ。

<2020年>
1着:デアリングタクト [桜花賞1着]
2着:ウインマリリン [フローラS1着]
3着:ウインマイティー [忘れな草賞1着]

<2019年>
1着:ラヴズオンリーユー [忘れな草賞1着]
2着:カレンブーケドール [スイートピーS1着]
3着:クロノジェネシス [桜花賞3着]

<2018年>
1着:アーモンドアイ [桜花賞1着]
2着:リリーノーブル [桜花賞3着]
3着:ラッキーライラック [桜花賞2着]

<2017年>
1着:ソウルスターリング [桜花賞3着]
2着:モズカッチャン [フローラS1着]
3着:アドマイヤミヤビ [桜花賞12着]

<2016年>
1着:シンハライト [桜花賞2着]
2着:チェッキーノ [フローラS1着]
3着:ビッシュ [フローラS5着]

 

ご覧の通りで2018年を除くと桜花賞組って大して走っていないんですよね。しかもそのほとんどが桜花賞で3着以内に好走している馬ばかりで、唯一の例外はアドマイヤミヤビのみ。

今年は無敗で桜花賞を制したソダシこそ敬意を表するべき存在だと思いますが、サトノレイナスがダービーに向かったことで桜花賞組もそこまで層が厚いようには見えませんし、別路線組で十分に勝負になるんじゃないでしょうか。

 

POINT1 → 桜花賞の1600mから一気に800m距離が伸びるのが最大のポイント。桜花賞組がなんだかんだ強いと思っている人が多いが、近年の傾向は桜花賞以外のローテからの好走が目立つ。

 

レースラップ分析

これまでマイルの距離を主戦場としてきた牝馬クラシック路線だが、オークスでは一気に距離を伸ばして2400mを走ることになる。どの馬も距離不安があるのでそこまで飛ばす馬はおらず、またオークスでは距離不安があるような馬は同時期のNHKマイルカップに回るためにペースもそこまで流れにくい。そんなわけで基本的にオークスは中盤のペースが緩むのが必然と言っていい感じ。

では、ペースが緩むからと言って先行有利かと言えばそんなわけはなく、ほぼ全頭が2400mの距離を走れる日本ダービーとは違って、オークスは本質的に距離が長い馬が半数ぐらいは存在する。前に位置するメリットはそこまでないレースという感じで、それよりも2400mの距離でしっかりと脚を溜めて末脚を使えるかという点が重要になる傾向です。

 

POINT1 → 基本的にペースが緩む傾向。それでも前に行ける馬が有利にはなっておらず、しっかりと脚を溜めて末脚を使えるかという点が重要になる。

 

血統傾向

昨年のオークスはロベルト系の馬がワンツーで3着もゴールドシップ産駒という結果に。もうこの結果だけ見たら道悪馬場で行われたんじゃないか、と思うぐらいで、実際に昨年のこの時期の東京芝はやたらにスタミナ血統が好走するちょっとおかしい馬場コンディションでした。

ただ、その昨年を除いてもバゴ産駒だったりルーラーシップ産駒だったりフランケル産駒だったりハービンジャー産駒とスタミナに秀でたヨーロッパ血統が多く走っている印象があり、Cコースに替わる日本ダービーとはちょっと違う血統傾向になっていると言えそうです。

 

POINT1 → 昨年はちょっと異常な馬場コンディションだったが、その昨年を除いてもスタミナに秀でたヨーロッパ血統が優勢な印象です

 




 

考察まとめ

というわけで枠順発表前のオークスの想定オッズはこちら。

枠順発表前の想定オッズ(当サイト予測)

人気 馬名 オッズ
1 ソダシ 1.8
2 アカイトリノムスメ 4.4
3 ユーバーレーベン 7.2
4 ステラリア 9.7
5 ファインルージュ 12.5
6 クールキャット 18.0
7 アールドヴィーブル 20.2
8 ククナ 32.4
9 パープルレディー 41.0
10 スルーセブンシーズ 48.2
11 エンスージアズム 51.0
12 タガノパッション 72.0
13 ウインアグライア 82.0
14 スライリー 85.0
15 ニーナドレス 112.0
16 ハギノピリナ 143.0
17 ミヤビハイディ 156.0
18 ストライプ 232.0

 

もうここは無敗のソダシが単勝1倍台の支持を受けるはず。ただ、クロフネ産駒だったりもあって玄人層ほどこの馬を怪しむような感じがするので、それこそ競馬ブログや予想番組などの識者の印はほとんど集めない感じがします。

 

※今のレベルの高い競馬ファンたちに勝つためには事前にどういうオッズになるのかを把握しておくのが重要。あなたが買おうとしている馬が果たして穴で買えるのか、それとも穴人気してしまうのかは最初から考えておきましょう。というわけで、今年から玄人層に買われて穴人気しそうな馬をピックアップしておきます。

玄人人気ターゲット馬=ユーバーレーベン & ステラリア

もう今回はベタにこの2頭が凄まじい人気になるでしょう。ユーバーレーベンは玄人人気というよりも普通に強いですし、ステラリアは川田騎手+「忘れな草賞のレコードタイム!」ということで過去のミッキークイーンやラヴズオンリーユーとの時計比較を出されて人気になる感じがします。

 

最後に現時点で面白いと思う馬をピックアップ!

↓↓のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

<推奨根拠>

ハイレベル戦だった札幌2歳ステークスと阪神ジュベナイルフィリーズで好走しているというだけで普通に今回のメンバーでは能力最上位。この血統背景から高速決着への対応力だけが不安でしたが、前走で展開がまるで向かない中で速い上がりを使ってきましたし、今週の関東地方は火曜〜土曜までずっと雨予報なので極端な超高速馬場にもならなそう。なんだかんだで1年に2つぐらいはGIを勝つ騎手ですし、今回は勢いある厩舎でなおかつオーナーの件もありますからこの馬が勝ちそうな匂いがぷんぷんします。

 

一方でちょっと危ういと思っている馬はこちら。

↓↓↓

ソダシ

懲りもせず今回もこの馬は若干怪しいと見ます。おそらく能力は抜けていると思うので3着には来ちゃうと思うのですが、これまでの阪神ジュベナイルフィリーズや桜花賞と比べると明らかに適性条件ではないと思うんですよね。この条件なら過去に差のない競馬をしてきた馬に負ける可能性は高いと見ます。

 

現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2021年も5月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

【菊花賞2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

菊花賞2018(京都芝3000m)の考察です。 10月21日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【菊花賞2020の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

菊花賞2020(京都芝3000m)の考察です。 10月25日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

高松宮記念2017の予想を公開!

高松宮記念2017(中京芝1200m)の予想です。 3月26日に中京競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【日本ダービー2017の予想ヒント】枠順や展開、馬場などを分析考察します

日本ダービー2017(東京芝2400m)の考察です。 5月28日に東京競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

宝塚記念2018の予想を公開!

宝塚記念2018(阪神芝2200m)の予想です。 6月24日に阪神競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【ジャパンカップ2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

ジャパンカップ2017(東京芝2400m)の考察です。 11月26日に東京競馬場で開催され発走

記事を読む

【宝塚記念2019の予想ヒント】枠順から見るレース見解

宝塚記念2019(阪神芝2200m)の考察です。 6月23日に阪神競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【マイルチャンピオンシップ2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

マイルチャンピオンシップ2020(阪神芝1600m)の考察です。 11月22日に阪神競馬場で開

記事を読む

天皇賞徹底回顧 -見解はほぼ的中も不発・・・-

天皇賞(秋)は外から10頭をぶったぎったスピルバーグが初重賞制覇で天皇賞を優勝。見た目からしてスカッ

記事を読む

天皇賞(春)の登録馬を見ての1週前見解

天皇賞2019(京都芝3200m)の1週前見解です。 4月28日に京都競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

1月4週のレース回顧〜小倉競馬場に行ってまいりました〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

東海ステークス2022の予想を公開!

東海ステークス2022(中京ダート1800m)の予想です。 1月

AJCC2022の予想を公開!

AJCC2022(中山芝2200m)の予想です。 1月23日に中

初富士ステークス2022の予想を公開!

初富士ステークス2022(中山芝2000m)の予想です。 1月2

【東海ステークス2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

東海ステークス2022(中京ダート1800m)の考察です。 1月

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑