*

日本ダービー2023の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2023/06/02 GIレース考察・予想

日本ダービー2023(東京芝2400m)の予想です。

5月28日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はソールオリエンス、スキルヴィング、タスティエーラ、ファントムシーフなど。東京競馬場の芝2400mで行われるGIです。

 

[PR] 日本ダービー無料予想

春競馬も好調な無料予想です。

皐月賞も的中しているので…

クラシック連勝を期待しましょう!

━━━━━━━━━━━━━━

無料予想の実績

・ヴィクトリアマイル

[払戻]6,880円[回収率]123%

・マイラーズC

[払戻]5,680円[回収率]118%

・皐月賞

[払戻]11,310円[回収率]236%

・阪神大賞典

[払戻]6,800円[回収率]136%

・金鯱賞

[払戻]17,680円[回収率]316%

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

2年連続で1番人気が勝ててないが今年はどうか?

三連複&相手馬選びが上手いここの無料予想を参考にしましょう!

→ダービー無料予想

選ぶレースも選ぶ馬も良い!見る目がある無料予想に日本ダービーもお任せです(^_-)

 

日本ダービー 2023 予想

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

日本ダービーのレース概要

東京芝2400mで行われる牡馬クラシック2冠目にして日本競馬の最高峰。「最も運が良い馬が勝つレース」と言われており、実際にかつては枠順だけで全てが決まってしまうようなガラガラポン的要素があるレースでした。ただ、ここ数年は東京競馬場の馬場傾向が変わってきており、かつての内枠有利で立ち回りセンスが問われるレースから絶対能力と末脚の絶対値が問われるようなレースに変わってきている感じがします。

まだレース傾向の転換時期なので、いろいろなところで「内枠有利」だったり「上手く立ち回れる馬が有利」という情報が入ってくると思いますが、転換時期で間違っている情報も多々あると思うので気をつけてください。

 

データ的な見地からの考察


※近10年の日本ダービーの枠順別成績

競馬を少しでもやっている方ならご存知のように「ダービーは内枠有利」というセオリーが長らく存在しておりました。過去10年の枠順別成績を見ても1枠と2枠の複勝率、回収率が高くなっていますし、内枠有利のセオリーは確かに存在したと思います。

 


※近5年の日本ダービーの枠順別成績

ただ、どうも近年に限って言えば内枠有利のセオリーは無くなってきている感じで、こうして過去5年に絞って枠順別成績を見てみると内枠も外枠もあんまり関係なさそう。前項で書いた通りで日本ダービーのレース質が近年変わってきているので、あんまり枠順が重要なレースではなくなってきているんだと思います。

 


※近10年の日本ダービーの前走レース別成績

ローテ別の成績を見てみると、やっぱり前走GIの皐月賞組の成績が圧倒的。とはいえ前走皐月賞組は数が多いので、むやみやたらに買っても回収率は微妙。一方でダービーと相性が悪いと言われている青葉賞組ですが、複勝率自体は京都新聞杯組とあんまり変わりませんし、回収率はまずまず優秀。今年は皐月賞のメンバーレベルが低かったように見えるので、別路線組の台頭は十分にあると思います。

 

ラップ的な見地からの考察

牡馬であっても芝2400mは未知な馬が多く、基本的にはそこまでペースは速くならない。大逃げを打ってぶっ飛ばす馬が出た2019年や2022年は例外的な感じで、それ以外の年を見ても前半1000mはゆったりと流れて後半1000m勝負になることが多い。

以前は後半1000m勝負で上手くインを立ち回れる馬が有利なレースだったが、ここ数年はとにかく末脚の絶対値が重要になってきており、少々外を回ってもズドンと最後に差してこれる馬が有利なレースになってきています。

 

血統的な見地からの考察

内枠有利だった以前の日本ダービーは追走力と立ち回りセンスが非常に重要だった感じ。そのため血統傾向もスタミナ型よりはスピード型の傾向が出ており、ディープインパクトやキングカメハメハのような王道血統にスピードタイプの血を併せた配合が走りやすくなっていました。

ただ、近年は日本ダービーのレース質が変わってきたことで、立ち回りセンスよりも溜めてズドンと末脚を使えるかの方が重要になってきた感じ。そうなると血統傾向も変わってきて、以前よりも明らかにスタミナ血統の馬が走りやすくなったと言えます。特に欧州型ナスルーラの血を持っている馬が近2年はバンバン走っており、その欧州型ナスルーラの中でもトニービンを持っている馬は特に有利なレースになっています。

 

レベルや馬場、展開などを踏まえて今年はどんなレースになりそうか?

東京競馬場は開幕して5週が経過。今週からCコースになって以前はイン馬場が復活していたのですが、どうもここ2年はCコースになってもそこまでインが有利になっていません。おそらく今年も同じような馬場になるんじゃないかと見ています。

皐月賞が始まる前までは主役不在の大混戦と見られていた牡馬クラシック路線ですが、皐月賞をソールオリエンスが快勝したことで一転して一強ムードが騒がれるようになりました。牝馬の方はもう完全な一強だと思いますが、牡馬の方は決してソールオリエンスの一強ではなさそう。逆転まで十分にあると見て予想したいです。

 

考察まとめ

【レース質】以前の立ち回りレースではなく、末脚の絶対値勝負になる。<□□■■>

【波乱度】上位2頭は強そうだがオークスのような一角崩しはある。

【ラップ特徴】前半スローからのロンスパ戦になることが多い。

【血統特徴】欧州型ナスルーラ持ち、特にトニービンを持つ馬が有利。

【狙えるタイプ】絶対的能力が高い馬。

【狙えるタイプ】長く良い脚を使える馬(末脚の絶対値が高い馬)。

 




 

日本ダービー 2023の印

◎スキルヴィング

新馬戦こそ決め手比べでヒシタイカンに負けたが、その後の3戦はただただ圧巻のパフォーマンス。ゆりかもめ賞は過去の走破時計と比べてもずば抜けたパフォーマンスと見て良さそうですし、過去の勝ち馬ブラストワンピースよりも明らかに優秀な内容での勝利はそのままGI級の素材と考えていいか。

前走の青葉賞はスローペースを外を回して何も危なげなく突き抜ける完勝。鞍上は馬の素質を評価している時は小細工せずに外を回して安全策を取る傾向がありますし、ゆりかもめ賞→青葉賞と同じように外を回す競馬を選択したということは青葉賞のレース後のコメント通りに「GIホース」の器なんでしょう。

父は昨年2着のイクイノックスと同じキタサンブラックで母父はダービーに相性の良いロベルト系。最近のダービーで良く好走しているトニービンも内包していますし、血統評価も文句なし。鞍上は東京芝2400mで圧倒的な成績を誇っているジョッキーですし、そんな成績を誇っている割にはレイデオロ以来時間が空いた。今年はダービー制覇の大チャンスだと思いますし、ソールオリエンスよりはこの馬が勝つ可能性が高いと見ます。

 

【対抗 ◯11 ハーツコンチェルト】

中京芝2000mは急坂を2回越えるということもあって2歳馬にとっては過酷な舞台。そんな過酷な舞台で行われるということもあって、新馬戦で上がり34秒より速い末脚を使えたのは過去を振り返ってもこれだけの馬しかいない。

上がり34.0秒以上というだけでこれだけの頭数に絞れたわけだが、そのほとんどは超スローペースで上がりだけに特化した時計の遅いレースばかり。そんなわけで走破時計2:05:00よりも速いレースでソートすると5頭にまで絞られる。

故障で活躍叶わなかった逸材ヘンリーバローズを除けば、ワグネリアン、ステイフーリッシュ、ジャスティンロックと全頭がその後に重賞を勝っている馬ばかり。しかもこれらの馬たちの走破時計が2分3秒台〜2分5秒台だったことを考えると、2分1秒6の時計で走って上がり33.9を使ったこの馬の凄さがわかるだろう。

走破時計と上がり3ハロン時計も超優秀なのだが、この馬の凄さは中京芝2000mの新馬戦で後半1000m=58.4の時計で走っていること。これは歴代の中京芝2000mの新馬戦の後半1000m時計で2位に値するものですし、これまでに58秒5を切る時計で後半1000mを走ったのは超スローからの上がり勝負だったワグネリアンの新馬のみ。しかもこの馬は後半1000m=58秒4のレースを最後は流して走り切ったわけですから、間違いなくこの世代の最上位級の馬と考えていいか。

東スポ杯2歳Sはスタートで出遅れて外を回して脚を余す内容。2着馬ダノンザタイガーはまともならダービーでも上位人気になっていた馬ですし、4着馬ドゥラエレーデがホープフルSを勝利。その後は適性外の小回りコースの2敗はノーカウントにしていいはずで、前走は適性条件の青葉賞で僅差の2着好走。その僅差だったスキルヴィングが今年のダービーの最有力候補ならこの馬でも十分に通用していいはず。

血統を見ても父はハーツクライでトニービン持ち。能力値、コース適性、血統など全てにおいて期待値が高そうですし、今年のダービーで穴目で面白そうなのはこの馬ぐらいか。

 

【単穴 ▲5 ソールオリエンス】

恥ずかしながら皐月賞の時は1枠で軽視してしまったのだが、レースを見れば分かる通りでもう皐月賞のメンバーでは能力がずば抜けていた感じの内容。新馬戦、京成杯ではスローペースで能力の底が見えていませんでしたが、しっかりと地力が問われた皐月賞で凄まじい素質を完全開花させました。

ただ、思い出していただきたいのは、皐月賞はレース前の時点では際立った馬がいなくて大混戦でレースレベルも怪しまれていたといいこと。正直今年はそこまで皐月賞のメンバーレベルは高くなかったと思いますし、そのメンバー相手に相対的に能力が抜けていたということで、皐月賞以外のメンバーとは勝負付が済んでいないと思います。

血統を見ても父キタサンブラックで母父はサドラーズウェルズ系のモティヴェイター。日本で走っている馬でいうとステラリアのような血統背景になりますし、皐月賞のようなタフ馬場でなおかつ前が止まるハイペース戦はドンピシャで適性が合っていたと思います。

まぁそれでも皐月賞であれだけずば抜けた末脚を見せたんですから皐月賞組で逆転できる馬はいなそう。ですが、高速馬場の東京芝2400mであれ以上にパフォーマンスを上げるとは思えず、今回は別路線組に逆転されて2、3着ぐらいに終わるイメージでおります。

 

【消12 タスティエーラ】

父が道悪競馬を大得意としていたサトノクラウンで母父が非根幹距離を大得意にしていたマンハッタンカフェ。東京コースでもそれなりに善戦していますが、共同通信杯でも外を通ったとはいえジリっぽさを見せたあたり本質的に東京コースの決め手勝負は得意ではないでしょう。

皐月賞はハイペースを早め先頭で2番目に強い競馬をしていたと思いますが、あれだけ強い競馬ができたのはそれだけ中山コースやタフな馬場の適性が高かったから。今回は東京コース替わりも距離延長もプラスには見えませんし、このレーン騎手への乗り替わりもマイナスにしか見えない。人気にもなりそうなので一切買いたくありません。

 

【消14 ファントムシーフ】

非常に立ち回りセンスに優れた馬で、常に良いポジションでスムーズな競馬ができるので崩れる可能性が低いタイプ。皐月賞までの主役不在の牡馬クラシック路線でそんなセンスの良さを活かして相対的に走れていた感じの馬で、ここに来て圧倒的な素質の馬が登場してくるとスケールで劣りそう。

血統的に父も母父もサンデーサイレンス系ではないですし、一切サンデーの血を持たない馬というのもどうかという感じがしますし、おそらく皐月賞よりもパフォーマンスを落として馬券圏外になる可能性が高いか。

 

 

印まとめ

◎スキルヴィング
◯ハーツコンチェルト
▲ソールオリエンス

勝負度 C

 

買い目

日本ダービーの買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

ただいま4月から絶好調を維持しており、ここ4週は東京競馬場で重賞を連続的中継続中!!

 

<青葉賞 レース結果>
1着:◯スキルヴィング   1番人気
2着:◎ハーツコンチェルト   2番人気
3着:△ティムール     11番人気

<NHKマイルカップ レース結果>
1着:◯シャンパンカラー  9番人気
2着:△ウンブライル    8番人気
3着:△オオバンブルマイ  3番人気

 

<京王杯スプリングカップ レース結果>
1着:◯レッドモンレーヴ  2番人気
2着:消ウインマーベル     7番人気
3着:◎ダディーズビビッド 6番人気
4着:▲アヴェラーレ    4番人気

 

<オークス レース結果>
1着:◎リバティアイランド  1番人気
2着:◯ハーパー       2番人気
3着:☆ドゥーラ       15番人気

この勢いで日本ダービーも当てちゃいましょう!!

好調の要因はいろいろある感じがしますが、一番大きいのはいま競馬が非常に楽しめているので日常のほぼ全ての時間を競馬に注ぎ込めていることかなと思います。やはり好きこそ物の上手なれ、だと思いますし、好きだということに勝るパワーはないでしょう。この情熱を5月、6月と持って続けていけば、気づいたら大得意としている夏競馬シーズン。そんな感じで突っ走っていきたいと思います。

 

ダービーウィークはフルで競馬を楽しむ方も多いと思うので、メルマガではできるだけ全レースの予想を配信できるようにしていきます。一緒に今週末の競馬を楽しみましょう!

 

というわけで、今週もブログおよびメルマガの方を何卒ご贔屓いただけますと幸いです!!ダービーも楽しみましょう!

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して6年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2023年も5月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

【日本ダービー2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

日本ダービー2017(東京芝2400m)の考察です。 5月28日に東京競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

桜花賞 [3] クイーンズリングは無理に嫌わない方がいい

GIウィークということで1日に4本も記事を書いちゃってますよ。 というのも、それだけ今回の桜花

記事を読む

【有馬記念2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

有馬記念2022(中山芝2500m)の考察です。 12月25日に中山競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

有馬記念 [5] ゴールドシップについて

私はゴールドシップは知り合いがこの馬に関わっているという件もありまして、非常に愛着を持っている馬です

記事を読む

【天皇賞(秋)2017の予想ヒント】枠順と馬場から見るレース見解

天皇賞(秋)2017(東京芝2000m)の考察です。 10月29日に東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

有馬記念 [9] 馬場傾向最終判断

中山10Rの推奨レースは◎マイネルディーン快勝でなんとか良い配当をお届けできましたが、阪神カップが痛

記事を読む

皐月賞2021の予想を公開!

皐月賞2021(中山芝2000m)の予想です。 4月18日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【2016】天皇賞(春)の予想を公開!

今日は5/1(日)に行われる天皇賞(春)の予想です。京都芝3200mで行われるGI戦です。 【PR

記事を読む

【エリザベス女王杯2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

エリザベス女王杯2019(京都芝2200m)の考察です。 11月10日に京都競馬場で開催され発

記事を読む

【日本ダービー2017全頭診断】アドミラブル、アルアイン、カデナなど

日本ダービー2017(東京芝2400m)の全頭診断part1です。 5月28日に東京競馬場で開

記事を読む

アンタレスステークス2024の予想を公開!

アンタレスステークス2024(阪神ダート1800m)のレース予想です。

皐月賞2024の予想を公開!

皐月賞2024(中山芝2000m)のレース予想です。 4月14日

アーリントンカップ2024の予想を公開!

アーリントンカップ2024(阪神芝1600m)のレース予想です。

4月2週の中央競馬レースプレビュー 〜皐月賞の枠順確定ー今週末は全人馬無事故で終わりますように〜

4月2週の中央競馬レースプレビューです。 この記事は週末に行われ

【アーリントンカップ2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

アーリントンカップ2024(阪神芝1600m)のレース考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑