*

新潟大賞典2022の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2022/05/12 重賞レース考察・予想

新潟大賞典2022(新潟芝2000m)の予想です。

5月8日に新潟競馬場で開催され発走時刻は15:20です。出走馬はステラリア、シュヴァリエローズ、アイコンテーラー、アルサトワなど。新潟競馬場の芝2000mで行われるGIIIです。

 

[PR] NHKマイルC攻略法!

───────────────────

やはり1600m戦の実績か!?

過去10年の出走馬について

オープンクラスの芝1600m戦の

優勝経験の有無を調べてみると

経験の有無で3着以内馬の数は

大きく変わらないものの・・・

好走率は経験ありの馬の方が高いです。

世代のマイル王を決める一戦だけに

やはり芝1600mでの実績に注目!

ただし昨年ランブリングアレー

みたいな10番人気が入るかも注目!

穴馬選びはココの無料情報が頼りです。

───────────────────

「逆境セレクト(無料)」

◎青葉賞

6番人気:エターナルビクトリ

◎フローラS

9番人気:シンシアウィッシュ

◎福島牝馬S

6番人気:クリノプレミアム

5番人気:サトノダムゼル

※天皇賞春・皐月賞も

選んだ馬が3頭入着です!

───────────────────

ココが選んだ穴馬は高確率で入着します。

→NHKマイルC・無料情報

↑から無料情報チェックできます。

◎的中狙い=的中セレクト

◎堅く回収=回収セレクト

◎爆勝狙い=穴馬セレクト

こんな感じで馬券組み合わせると稼ぎやすいです!

 

新潟大賞典 2022予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

新潟大賞典はどんなレースになりやすいのか?

新潟競馬場の芝2000mで開催されるハンデ重賞。この時期は大阪杯、天皇賞(春)、宝塚記念などのビッグレースが連続している上にハンデ戦ということもあって有力馬は出走してこない。そんなわけで毎年小粒なメンバーが集まって波乱が起きることも多いレースです。

 

新潟芝2000mは向こう正面の引き込み線スタート。最初のコーナーまでの距離が長く、コーナー半径も大きいのでまず速いペースにはならない舞台です。その上で新潟競馬場の日本で最も長い直線を走るわけですから、とにかく後半の末脚が重要になるレースと言っていいでしょう。

 

昨年はタフ馬場でマイスタイルがぶっ飛ばしてハイペースになったので例外と見て良さそう。それ以外の年を見ても大体は前半-中盤がスローペースからの直線での瞬発力勝負になっている。

ただ、新潟競馬場は直線が長すぎるのでスパッと一瞬のキレを使うような馬では最後の1ハロンで脚が止まってしまう感じ。スパッとキレる馬よりも最後までずっと伸び続けられるような馬が有利で、そんな理由からこのレースはトニービンを持つ馬がやたらと走る傾向になっています。

 

今年はどんなレースになりそうか?

今週が新潟競馬場は開幕週。昨年は春から新潟競馬場を使い続けてメタメタの馬場での開催でしたが、今年はまるで違う馬場での開催になりそう。土曜日の芝レースを見てもそれなりに時計は出る馬場ですし、極端な差し追い込み系は若干割り引く必要がありそう。。

このメンバーならアルサトワ、ラインベックあたりが逃げる展開が濃厚。それをアイコンテーラーが追いかける展開になったとしても速いペースになることはまずないか。良い位置をつけて最後まで長く脚を使える馬が有利になりそうです。

 

考察まとめ

【レース質】開幕週の高速馬場での後半ロンスパ勝負。<■□□■>

【狙えるタイプ】トニービンを持っている馬。

【狙えるタイプ】ある程度の位置から最後までバテずにずっと伸びてこられる馬。

 



 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

新潟大賞典 2022の印

【本命 ◎2 アイコンテーラー】

もう2世代がデビューしているドゥラメンテ産駒だが、ここに来てその特徴ははっきり分かってきた感じ。その特徴を大きく4つに分けると「晩成」「高速馬場得意(タフ馬場も不問)」「スピード持続力勝負が得意」「気性難あり」と言ったところで、いまや現役最上位級の存在になったタイトルホルダーも晩成で気性難があってスピード持続力勝負が得意でしっかりと産駒の特徴を受け継いでいる。

この馬もまさに晩成のスピード持続力勝負向きの馬という感じで、もともと左回りの新潟コースしか走らないような戦績だった馬がここ2戦はタフ馬場の小倉コースや高速馬場の阪神コースでも走れるようになったのは単純に本格化しているからか。

今回は力をつけたタイミングでベスト条件の新潟芝2000m替わり。アルサトワとラインベックを行かせて開幕週の馬場で絶好のイン3番手ぐらいのポジションが取れそうですし、斤量も52kgなら裸同然。今回のメンバーでトニービンを持っているのはこの馬を含めて2頭しかいませんし、ここはスムーズな競馬さえできれば勝ち負け必至だろう。

 

【対抗 ◯4 アルサトワ】

ルーラーシップ×ダイワメジャーの配合イメージ通りの馬で、前半ゆったり走って後半のロンスパ勝負に持ち込めば相当に強い馬。これまではコーナー4回の単騎逃げしかダメなイメージだったが、前走はワンターンの芝1800mで2番手からの競馬にも対応してオープン勝ち。高速馬場とはいえ後半1000m=57.6で1:44:6の時計ですから普通に評価して良さそう。

今回は開幕週の絶好馬場で競馬ができますし、この馬が逃げるにしろラインベックの2番手にしろ持ち味の後半ロンスパ性能を存分に活かせそう。今回のメンバーでトニービンを持っているのはアイコンテーラーとアルサトワだけですし、ベタベタにトニービン先行馬で決まってくれないだろうか。

 

【単穴 ▲12 シュヴァリエローズ】

なかなかクラシック期間に活躍はできなかったが、母がフランス馬のディープインパクト産駒ということで古馬になっていよいよ本格化してきた感じ。寿ステークスからレースぶりが変わってきていますし、何よりも白富士ステークスで4着に走れている点は評価して良さそう。

今年の白富士ステークスはオープンながらGIII級のメンバーが揃っていた感じで、決着時計1:57:4で後半1000m=58.0という数字だけ見ても普通にハイレベルだったはず。実際に勝ち馬ジャックドールは次走で金鯱賞を勝ちましたし、2着馬アドマイヤハダルは次走で中山記念3着、4着馬グラティアスもその後は距離短いマイル戦で強い競馬を見せていますし、それらとの比較を考えてもこの馬は普通に強いはず。

前走の福島民報杯はタフ馬場のハイペース戦を途中で捲る競馬で2着好走。溜めてこそのディープインパクト産駒に合うレース質ではなかったと思いますし、そういうレースでも走れるようになったというのが成長の証。今回は前走より明らかに条件は良くなりますし、白富士ステークスで先着された馬たちより強い馬もいなそう。十分に勝負になるだろう。

 

【△3 スマイル】

地味なキャラながら後半のロンスパ勝負ならそれなりに強そうな馬。AJCCでは前崩れの展開の中で早めに仕掛けて見せ場十分の競馬でしたし、日経賞は大外枠じゃなければもう少しやれていた感じも。今回は新潟コースで決め手の点で心配はあるが、使ったことがない条件だけに新味を見せる可能性も。

 

【△6 ラストドラフト】

昨年シーズンは三浦騎手にことごとく消極的に乗られて良さを活かせないレース続き。若干2000mは短いと思うが、直線の長い新潟コースなら位置さえ取れれば長く良い脚を活かせる可能性はあり。ただ、どうせ今回も三浦騎手が消極的な競馬に終始する気が・・・

 

【△8 カイザーバローズ】

血統イメージの割に完成が遅い馬で、常に条件戦で人気になってようやくオープン入り。とはいえ少頭数のぬるま湯スローペース戦しか使われておらず、唯一ちゃんとペース流れたウェルカムステークスは出遅れたとはいえ全く抵抗できず。ディープインパクト産駒の上積みを加味しても今回は重賞で壁にぶつかる可能性が高い。

 

【△9 ステラリア】

血統イメージ通りのスタミナタイプのキズナ産駒で完全な非根幹距離巧者。前が止まって上がりが掛かるレースでこその馬ですし、今回はGIIIでも開幕週の馬場の根幹距離の2000mでは分が悪そう。

 

【△10 ラインベック】

昨年の江の島Sと新潟記念はスムーズな先行策で好走。その後は良い結果が出ていないが、どうも自分の形で競馬ができていない点がダメな感じ。今回は友道厩舎が得意な広いコースで逃げる戦法を取るとの事ですし、変わる可能性はあるんじゃないだろうか。

 

【△11 トーセングラン】

脚部不安で長期休養を繰り返している馬で、今回も1年の休み明け。正直、今の能力や成長などは全く分かりませんし、完全にブラックボックスなディープインパクト産駒なら抑えておいていいか。

 

【△13 ヤシャマル】

これまでのレースぶりを見ても根性で走る非根幹巧者のキズナ産駒で、前走の日経新春杯は条件や展開がハマっていたか。今回は根幹距離での末脚比べになりそうですし、開幕週の馬場で決め手比べではそこまで強調できなそう。

 

【△14 レッドガラン】

いまだに適性が難しい部分もあるが、これまでのレースぶりを見ても直線スピードに欠ける小回りの芝1800m-2000m巧者。そう考えれば中山金杯でパフォーマンスを上げた点も納得ですし、今回は新潟外回りコースでトップハンデの57.5kgではどうだろう。

 

【推奨買い目】

単勝 2 アイコンテーラー (6倍想定)

三連複 2→4,12→4,12,3,6,8,9,10,11,13,14 (2,4,12は重ね買い)

馬連 2→4,12

 

【買い目及び予想のポイント】

ここは当初から穴人気になる事は織り込み済みで、それでも◎アイコンテーラーでいいと思います。相手がなかなか難しそうなのでまずは単勝でベースを作りつつ、◯▲を相手本線として三連複フォーメーションと馬連を買ってみたい。

関連記事

スプリングS [3] ダノンプラチナはこの距離を走れるのか?

大阪に到着いたしました。今週末は両日とも阪神競馬場に行きます。 本当は園田競馬場行きたかったん

記事を読む

【2016】スプリングS / 有力馬考察(ロードクエスト、ドレッドノートなどの徹底分析)

今日は3/20(日)に行われるスプリングSのレース考察を行います。中山芝1800mで行われるGII戦

記事を読む

アルテミス賞 [1] 各路線の能力比較が大事

昨日はお伝えしていた通り、サカナクションの武道館公演に行ってまいりました。 18:30開演のラ

記事を読む

アルゼンチン共和国杯の予想を公開!

今回、アルゼンチン共和国杯のまとめはサンプルメルマガに全頭診断とともに掲載させていただいた。メルマガ

記事を読む

新潟記念 [2] マイネルミラノの存在を忘れていないか?

さて、秋競馬が始まりますよー。 今週で夏競馬は終了します。私はこれがかなり嬉しいんですが、その

記事を読む

【小倉大賞典2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

小倉大賞典2021(小倉芝1800m)の考察です。 2月21日に小倉競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【2016】エルムS / レース考察(札幌ダート1700mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は8/14(日)に行われる関屋記念のレース考察を行います。新潟芝1600mで行われるGIII戦で

記事を読む

クイーンカップ2021の予想を公開!

クイーンカップ2021(東京芝1600m)の予想です。 2月13日に東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

日経新春杯2023の予想を公開!

日経新春杯2023(中京芝2200m)の予想です。 1月15日に中京競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

エプソムカップ2018の予想を公開!

エプソムカップ2018(東京芝1800m)の予想です。 6月10日に東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

謹賀新年!2023年のブログ変更点&メルマガお年玉企画のお知らせ

あけましておめでとうございます!   みなさま、

白富士ステークス2023の予想を公開!

白富士ステークス2023(東京芝2000m)の予想です。 1月2

【シルクロードステークス2023の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

シルクロードステークス2023(中京芝1200m)の考察です。

TCK女王盃2023の予想を公開!

TCK女王盃2023(大井ダート1800m)の予想です。 1月2

【根岸ステークス2023の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

根岸ステークス2023(東京ダート1400m)の考察です。 1月

1月3週のレース回顧〜名手もミスする厳冬期〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑