*

NHKマイルカップ2022の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2022/05/12 GIレース考察・予想

NHKマイルカップ2022(東京芝1600m)の予想です。

5月8日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はインダストリア、ダノンスコーピオン、セリフォス、マテンロウオリオンなど。東京競馬場の芝1600mで行われるGIです。

 

[PR] NHKマイルC攻略法!

───────────────────

やはり1600m戦の実績か!?

過去10年の出走馬について

オープンクラスの芝1600m戦の

優勝経験の有無を調べてみると

経験の有無で3着以内馬の数は

大きく変わらないものの・・・

好走率は経験ありの馬の方が高いです。

世代のマイル王を決める一戦だけに

やはり芝1600mでの実績に注目!

ただし昨年ランブリングアレー

みたいな10番人気が入るかも注目!

穴馬選びはココの無料情報が頼りです。

───────────────────

「逆境セレクト(無料)」

◎青葉賞

6番人気:エターナルビクトリ

◎フローラS

9番人気:シンシアウィッシュ

◎福島牝馬S

6番人気:クリノプレミアム

5番人気:サトノダムゼル

※天皇賞春・皐月賞も

選んだ馬が3頭入着です!

───────────────────

ココが選んだ穴馬は高確率で入着します。

→NHKマイルC・無料情報

↑から無料情報チェックできます。

◎的中狙い=的中セレクト

◎堅く回収=回収セレクト

◎爆勝狙い=穴馬セレクト

こんな感じで馬券組み合わせると稼ぎやすいです!

 

NHKマイルカップ 2022予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

NHKマイルカップはどんなレースになりやすいのか?

かつては外国産馬のクラシック出走が認められていなかったため、そんな外国産馬の救済処置のような意味合いで機能していたのがこのNHKマイルカップ。もう外国産馬がクラシックに出走するのは当たり前になりましたし、NHKマイルカップで外国産馬が勝利したのは昨年のシュネルマイスターが20年ぶり。

今の時代のNHKマイルカップのイメージはもう一言で言うと「カオス」そのもの。過去10年で優勝した馬でその後に日本のGIレースを勝利したのはミッキーアイル1頭だけですし、2〜3着馬を含めると本当に何が何だかよくわからない意味不明な馬が突っ込んでくることもしばしば。まともな予想思考で当てられるレースではありません。

 

それだけ「カオス」で大波乱も多いレースなわけですが、なぜそんなに波乱が起きてカオスなレースになるのかを理解するのは重要。だいたいレースのオッズというのはこれまでのレース結果やレース内容が評価されて作り出されるわけですが、このNHKマイルカップはこれまでのレース結果やレース内容が全く結びつかないからこそ意味不明な馬が突っ込んできて波乱が起きているという印象。

東京芝1600mは最初のコーナーまでの距離が長く、コーナー半径も大きくてそこまでペースも緩みにくい舞台。なおかつ春開催の東京芝は超高速馬場になるので騎手意識も前掛かりになりやすく、前半から中盤ペースが緩まずに速いラップを刻みやすい。

これまで3歳馬が経験してきたマイル戦は少頭数でスローペースからの瞬発戦だったり、中盤が緩みやすい阪神マイルの瞬発戦がほとんど。超高速馬場で前半から中盤ペースが緩まないスプリント戦のような追走スピードが問われるマイル戦というのは今回のNHKマイルカップで全頭が初めて経験するわけで、そんな条件に適性があるかどうかなんてこれまでのレース結果、レース内容からはわからないわけです。これがNHKマイルカップがカオスで波乱になりやすい理由でしょう。

 

あんまりこれまでのレースだけで勝負付けが済んでいる、強い弱いなどとは決めつけない方が良さそうで、今回初めて経験する速い流れの東京マイルで新味を発揮する馬はどれかという視点で予想したいレース。

と言ってもなかなか新味を発揮する馬を見極めるのは難しいですが、血統的なアプローチで米国スピード血統を持っている馬を狙うのはアリ。特に米国型ノーザンダンサー系のヴァイスリージェントとストームキャットを持っている馬がやたらに走っているレースで、ヴァイスリージェント系に関しては持っている馬は全部買った方がいいぐらいの特注血統です。

 

今年はどんなレースになりそうか?

今週で東京競馬場は3週目。2週連続で雨の影響を受けましたが、この開催の東京芝はその週末に雨の影響を受けなければ前週の雨はほぼリセットされると考えて良さそう。土曜の芝レースを見てもしっかりと時計は出てましたし、高速設定のフラット馬場と考えていいか。

出走メンバーを見る限り逃げるのはジャングロあたりになりそうだが、わりとペースが遅くなりそうな年でもNHKマイルカップは前掛かりの意識になって淀みなく流れることが多い。メジャーエンブレムやアエロリットなどの女傑級の馬を除けば溜めて差す競馬で好走した馬がほとんどですし、2020年に関しては直線向かい風の強風で外差しが全く決まらなかったので例外と見て良さそう。

基本的には東京マイルらしく決め手ある馬を選んだ方が良さそうで、なおかつ中盤ペースが流れてスプリント適性が要求されたとしてもパフォーマンスを落とさない馬を狙ってみたい。

 

考察まとめ

【レース質】スプリント仕様の追走スピードが問われた上で直線で末脚が問われる。<□■□■>

【狙えるタイプ】東京マイルで新味を発揮しそうな馬。

【狙えるタイプ】米国型ノーザンダンサー系、特にヴァイスリージェントを持つ馬。

【狙えるタイプ】スプリント適性を備えた決め手がある馬。

 



 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

NHKマイルカップ 2022の印

◎タイセイディバイン

未勝利時代は芝の中距離で強い競馬を見せていたが、祖母ロンドンブリッジの血が強く主張していることもあって上級戦では中距離では最後に脚が止まる競馬続きに。そこから距離をマイル以下に短くしてから重賞で連続好走できていますし、普通に今回のメンバーでも足りていい馬だろう。

何よりこの馬を強調したいのは「スプリントのような速い流れ」「マイルの決め手勝負」のどちらも経験している点。ファルコンステークスでは前半3F=33.1、前半1000m=56.0という超ハイペースを好位追走できているように追走スピードに関しては全く問題ないはずで、一方でアーリントンカップでは阪神マイルで中盤が緩んだ流れにも対応して上がり33秒9を使って1分32秒台の時計にも対応してきた。

もともと中距離で先行していた馬ということもあってスタートセンスは抜群で、意のままに絶好位につけられる優等生マイラー。今回は枠もちょうど良く競馬をしやすいところが引けましたし、有力馬がそれぞれ不安要素が色々あるならばレースセンスが高くて「スプリントのような速い流れ」と「マイルの決め手勝負」のどちらも経験しているこの馬で十分にやれていいんじゃないだろうか。

 

【対抗 ◯4 セリフォス】

かなりのハイレベル戦だった新潟2歳ステークスの覇者で、あのレースを見ても世代上位のマイラーというのは間違いないはず。朝日杯FSにしても勝ち馬ドウデュースが皐月賞3着で3着馬ダノンスコーピオンがアーロントンカップ勝ち、5着馬ジオグリフが皐月賞1着なら相当にハイレベルだったはず。

今回は何よりそこからの休み明けが鍵になるが、安田記念を使うためにあえて前哨戦を使わないという事ですし調教は破格の内容。中内田厩舎は休み明け初戦の方が走ることを考えてもそれなりに評価はしていいか。

 

【単穴 ▲18 ダノンスコーピオン】

朝日杯FSの3着馬で、セリフォスのところでも書いたように勝ち馬ドウデュースが皐月賞3着で3着馬ダノンスコーピオンがアーロントンカップ勝ち、5着馬ジオグリフが皐月賞1着なら相当にハイレベルだったはず。この馬は陣営も騎手も晩成のイメージで常に語られてきた事を考えると、半年経っての成長力でさらに力をつけている可能性も十分。

大外枠と共同通信杯の惨敗で東京適性が不安視されている感じだが、東京マイル及びNHKマイルカップは別に外枠でも何も問題ないのが例年の傾向。今年もフラット馬場なので特に枠で評価を落とす必要はないか。東京コース適性に関しても、共同通信杯は状態最悪で泣きのコメントが出ていたのでそれ以前の問題でノーカウントでいいはず。

アーリントンカップで今回の本命馬をあっさりと差し切っているので能力的には評価しなければいけないが、まだ完成度が低くて前走からの中2週で反動が出そうな点がネック。そのあたりは安田調教師のインタビューで「朝日杯F Sと同様のデキ」という強気のコメントが出ていた点を信頼するほかないか。

 

【△1 マテンロウオリオン】

万両賞はまずまず強い競馬だったが、シンザン記念は低調なメンバー相手にイン先行有利馬場で完璧に立ち回っての勝利。ニュージーランドトロフィーも休み明けとはいえジャングロは差し切って欲しかったですし、ちょっとこの馬はGIで通用するイメージがあんまり湧きません。

 

【△5 キングエルメス】

これまでの戦績からもスピード性能は高そうなロードカナロア産駒。前走は骨折休養明けながらしっかりと走ってきての3着で、矢作厩舎の馬ということを考えても叩いて調子を上げてきそう。

ただ、鞍上が坂井騎手となるとかなり強気な先行策を打ってきそうで、これまでほとんどスローペースしか経験していない馬が淀みない流れの東京マイルを前付けして押し切れるかどうかは半信半疑。

 

【△8 アルーリングウェイ】

左回りのマイルのオープン戦で勝利実績があり、なおかつ母父ヴァイスリージェントということでいかにも玄人層が狙いそうなタイプ。スパッとキレる脚がないので桜花賞のようなスローよりもペースが流れてこそとは思うが、その桜花賞でも外から差し負けていては能力的にどうなのか。東京マイルでもキレ負けする可能性が割と高いと見ます。

 

【△9 ダンテスヴュー】

母父ヴァイスリージェントということで血統派が狙いそうな馬だが、中距離でも後方になって脚を余しているような馬がマイルに距離を短くしてどこまでやれるかという感じ。こういう血統の馬でも友道厩舎で育成するとスピード色が薄れるというのは良くあること。

まぁクラシック路線の方がレベルは高いですし、なんだかんだでヴァイスリージェントが走るパターンもあるとは思うので抑えておく。

 

【△11 インダストリア】

未勝利勝ちやジュニアカップの末脚を見ても重賞級の素質があるのは確か。ただ、これまで少頭数のスローペース戦しか経験しておらず、ここでいきなりフルゲートの淀みない流れになるのがどうか。

一応はNHKマイルカップ2着のケイデンスコールの半弟になるが、あちらが父ロードカナロアなのに対してこちらは父リオンディーズ。血統の字面だけ見るとスプリント要素が全くない配合ですし、だからこそ弥生賞であれだけ走れたという感じも。いきなり追走スピードが問われる高速マイル戦に放り込まれると対応できない可能性が高いと見ています。

 

【△16 プルパレイ】

マイルの距離で先行してじりっぽい競馬を繰り返していた馬だが、ここ2戦は1400mで出遅れて後方からになって素晴らしい末脚を披露。溜めればキレる脚を使えるというのはわかったが、1400mの距離があっていた可能性もあり今回はマイルの距離でその脚を使えるかは未知数。ファルコンステークスは1枠から完璧な競馬ができた感じもしますし、今回は延長ローテで外枠からどこまで差し込んでこれるか。

 

印まとめ

◎タイセイディバイン
◯セリフォス
▲ダノンスコーピオン
△1,5,8,9,11,16

勝負度 E

 

買い目

NHKマイルカップの買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

 

今週末は3歳GIのNHKマイルカップが開催されますが、これまで2022年に行われた3歳GIはどちらも的中!

 

<桜花賞 レース結果>
1着:△スターズオンアース 6番人気
2着:◎ウォーターナビレラ
 3番人気
3着:◯ナムラクレア 7番人気

 

<皐月賞 レース結果>
1着:◎ジオグリフ 5番人気
2着:△イクイノックス
 3番人気
3着:△ドウデュース 2番人気

 

今週末のNHKマイルカップも的中できるように頑張ります!

また新潟大賞典の予想全文、並びに土日の平場レースの予想もメルマガで随時配信していきますので、興味ある方はこの機会にメルマガを読んでみてください。

 

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して6年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2022年も5月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

天皇賞(秋) [5] 不当に人気のない強い馬を狙え

さて、府中は土曜開催が終了。 個人的には福島2で本線的中、東京でもあたりがあって午前大勝ちで今

記事を読む

【チャンピオンズカップ2019の予想ヒント】枠順から見るレース見解

チャンピオンズカップ2019(中京ダート1800m)の考察です。 12月1日に中京競馬場で開催

記事を読む

ヴィクトリアマイルの予想を公開!

枠順発表前はショウナンパンドラ本命予定で、勝負度はB及びAの感じだったんですが、枠順発表でやる気激減

記事を読む

有馬記念2017の予想を公開!

有馬記念2017(中山芝2500m)の予想です。 12月24日に中山競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【秋華賞2017の予想ヒント】想定1番人気ファンディーナ考察

秋華賞2017(京都芝2000m)の考察です。 10月15日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

ジャパンカップ2021の予想を公開!

ジャパンカップ2021(東京芝2400m)の予想です。 11月28日に東京競馬場で開催され発走

記事を読む

【桜花賞2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

桜花賞2018(阪神芝1600m)の考察です。 4月8日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:

記事を読む

フェブラリーステークス2018の予想を公開!

フェブラリーステークス2018(東京ダート1600m)の予想です。 2月18日に東京競馬場で開

記事を読む

ジャパンカップ2019の予想を公開!

ジャパンカップ2019(東京芝2400m)の予想です。 11月24日に東京競馬場で開催され発走

記事を読む

エリザベス女王杯2021の予想を公開!

エリザベス女王杯2021(阪神芝2200m)の予想です。 11月14日に阪神競馬場で開催され発

記事を読む

秋開催が始まるので「競馬場徹底攻略ガイド」のプレゼント企画をやります!

さて、気づいたら2022年もあと4ヶ月で秋競馬が今週末から始まります。

日本テレビ盃2022の予想を公開!

日本テレビ盃2022(船橋ダート1800m)の予想です。 9月2

【スプリンターズステークス2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

スプリンターズステークス2022(中山芝1200m)の考察です。

9月4週のレース回顧〜トライアルも終わって菊花賞の全貌が見えてきました〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

オールカマー2022の予想を公開!

オールカマー2022(中山芝2200m)の予想です。 9月25日

神戸新聞杯2022の予想を公開!

神戸新聞杯2022(中京芝2200m)の予想です。 9月25日に

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑