*

中山記念2017の予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

中山記念2017(中山芝1800m)の考察です。

2月26日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はアンビシャス、リアルスティール、ツクバアズマオー、ネオリアリズム、ヴィブロスなど11頭を予定。中山競馬場の芝1800mで行われるGII戦です。

 

sponsored link

近走不振でも…この超穴馬がシュウジを脅かす!

今回が絶好の買い時!

第61回 阪急杯(G3)

【今すぐ無料で教えます】

★今すぐ無料で教えます★

阪急杯の超穴馬はコチラ

 

 

中山記念 2017 予想

予想の根拠はコチラです

考察のところでも書いたように、中山記念は近年で傾向変化が見られるレース。

以前は中山金杯やAJCCの延長線上のようなレースで、中山コースが得意な馬が能力を超えて適性だけで走っちゃうようなレースでした。それが近年では中距離馬の春の最大目標がドバイミーティングに変わったことで、ちょうど良いローテーションが組める中山記念に超A級の馬がこぞって出走してくることに。

今年からは大阪杯の前哨戦としての意味合いも強くなりましたし、もう中山適性が重視されるレースというよりは能力と能力のガチンコのぶつかり合いの勝負になりやすいレースとなった、と考えた方がよさそうです。

 

今年のメンバーを見てみても、、、

アンビシャス=昨年ドゥラメンテと接戦

リアルスティール=ドバイターフ1着、皐月賞2着、菊花賞2着

ヌーヴォレコルト=オークス1着

ロゴタイプ=皐月賞1着、安田記念1着

ヴィブロス=秋華賞1着

ネオリアリズム=マイルCS3着、札幌記念でモーリスに先着

といったようにGIレベルの馬がズラリと揃った印象。

裏開催の阪急杯とはメンバーレベルが天と地の差という感じで、これはポッと出のオープンレベルの馬では通用しないレースでしょう。

 

また、もう一つこのレースでポイントになりそうなのが展開か。

昨年はカオスモスが逃げて淀みない流れになりましたが、今年は前へ行きそうなマイネルミラノとクリールカイザーが同じ相沢厩舎というのは気をつけなければいけないこと。まず間違いなくマイネルミラノが逃げてそれに競りかけない番手にクリールカイザーという指示が出ているでしょうし、この2頭がやりあう可能性は少なそう。そこにロゴタイプとネオリアリズムがどう絡むかですが、少なくとも昨年よりはペースが落ち着きそう。

マイネルミラノにしてもクリールカイザーにしてもロゴタイプにしても、あんまりスローに落としての決め手勝負にはしたくないはずで、そこまでのスローペースにはならないと思いますが、序盤のペースはそこまで速くない展開になりそうで、昨年よりもポテンシャル勝負<<ギアチェンジ勝負といった感じのレースになりそう。

まぁ展開向いたとしてもその展開利だけで粘れる伏兵はいなそうなので、今年に関してはそこまで厳しいペースにならない上でどの強い馬を評価するか、といったレースになりそうです。

 

 

中山記念 2017の印

本命 ◎リアルスティール

本命はリアルスティールが堅軸でしょう。

レベルの高い現5歳世代のクラシックの中心をなしていた馬で、今の競馬界がキタサンブラックを中心に回っていることを考えてもこの馬も現役最強馬クラス。この馬の得意としている1800m〜2000mの距離での通算成績は(3-3-1-0)とほぼパーフェクト。基礎体力は現役馬の中でも抜けているので大きく崩れることはまず考えられない。

ただ、一方で勝ち味に遅い馬で、新馬戦を除けばこの馬が勝利を挙げたのは共同通信杯とドバイターフの2回のみ。その一方で2着は5回、3着が1回もあって、着外は3回のみ。その着外の3回もマイル戦と2400m戦が2回で適性外距離での仕方がない敗戦という感じだった。

スパッとキレる末脚がないため後ろで控える競馬をすれば前に行った馬に粘られ、前で積極的な競馬をすれば後ろで脚を溜めた末脚キレる馬に差される、という歯がゆい競馬が続いている馬。実際に新馬戦以降の2勝は福永騎手とムーア騎手が好位から完璧に乗った結果。

今回は戸崎騎手がテン乗りでの騎乗となりますし、今年の戸崎騎手は近年の福永騎手のようで「安定はしているけど勝ちきれない」競馬続き。重賞でもゼーヴィント、ベストウォーリア、フローレスマジックなど強い馬を好位から無難な競馬をして着内には持ってくるが勝ちきれない競馬が続いている。

リアルスティール自体の決め手を欠くキャラクターと、戸崎騎手の勝ちきれない近走成績を考えればこの馬が勝ちきれないレースになる可能性が高いと見ている。

 

対抗 ◯アンビシャス

対抗はアンビシャスにしました。

この馬はGI実績こそないですが能力は現役最強レベル。今の現役最強クラスであるキタサンブラックがドゥラメンテに歯が立たなかったことを考えても昨年の中山記念でドゥラメンテにあと一歩まで迫ったこの馬のパフォーマンスは圧巻と言って良さそう。

驚異的な末脚を使うので一見すると東京コースが合うように思われがちですが、実際は使える脚が長くないので小回りコース向きのタイプ。好走実績がラジオNIKKEI賞や中山記念、大阪杯など小回りコースに集中しているのも偶然ではないでしょう。

距離に限界があるタイプでベストは小回りの1800m。ルメール騎手はこの馬の脚の使いどころを完璧に理解している感じですし、どんなペースになろうともしっかりと脚を溜めることができれば直線では鬼脚で突っ込んでくると思います。

 

単穴 ▲

三番手選びがこのレースの最重要ポイントになりそう。

この次に書きますが、ネオリアリズムという馬は能力のMAX値で言えばアンビシャスとリアルスティールに匹敵するものがあっていい馬。ただ、そのMAXの値を出せる可能性は半分くらいしかなさそうで、出せなかった場合は2、3着に残るというよりはあっさりと大敗しそうなタイプ。

そういった意味でネオリアリズムが折り合いを欠いて崩れた場合には、リアルスティールとアンビシャスの次に末脚がキレる馬が突っ込んでくるはず。恐らくそれはこの馬だろう。

前走の秋華賞はシンハライト、メジャーエンブレム、チェッキーノといった馬たちが離脱したためにメンバーレベル低いとひと括りにされている感じですが、スローペースの流れを外から一気に差し切ったこの馬のパフォーマンスは普通に強かったはず。

2走前の紫苑Sの時点でのビッシュはシンハライトやメジャーエンブレムと比べても遜色ないパフォーマンスを見せていたはずですし、この馬も4コーナーで不利さえなければビッシュと差のない競馬になっていたはず。突き放したフロンテアクイーンは準オープンを圧勝している馬ですし、今回はメンバー強いですがリアルスティール、アンビシャス以外のメンバーとの能力比較では最上位なんじゃないでしょうか(ネオリアリズムが自滅した場合)

 

特注 ☆ネオリアリズム

フェブラリーSでいうコパノリッキーのようなピンかパーの魅力としてネオリアリズムは期待半分で不安も半分。

この馬は現役屈指の乗り難しい馬で騎手によっては全く折り合いがつかない馬。過去にこの馬を乗りこなせたのはルメールとムーアだけ、という馬で、前走の香港マイルはムーアですら折り合い欠いてしまったのが敗因という感じ。

気性面の課題はありますが、マイルCSの内容を見てもマイルでは少し距離が短そう。2000mの札幌記念でモーリス相手に逃げ切っているように本質的には中距離馬なはずで、折り合い面と距離面のバランスとして1800mぐらいが絶妙に合いそうな感じ。

どんな馬場や展開だったにせよモーリスに勝てる馬なんて世界を見渡してもそうはいないはずですし、折り合いバッチリつけばここも勝利まであっていい馬。ただ、今回乗るデムーロは劇薬でもありそうで、あんまり折り合いを気にせずに位置を取って勝ちを狙いにいくタイプ。それがハマれば頭も十分にありそうですが、ハマらなければ大敗まであると思います。

 

△ロゴタイプ

いかにも穴っぽい匂いのするロゴタイプは抑えまで。

古馬になってからのこの馬のキャラクターは、速い脚を使わなくて済む1600m〜1800mで立ち回り勝負になった場合のみ好走している感じ。途中でペースが緩まないマイル戦で活躍しているのはキレが問われないからでしょうし、そういった条件で狙えばいい馬だと思います。

キレよりも持久力を活かすタイプ馬というのは、個人的な仮説ですがポン駆けがあまり効かない印象。使って味が出てくる感じで、実際に昨年のロゴタイプも休み明けの中山記念は全く何もできずに、次走のダービー卿チャレンジトロフィーで2着に好走。昨秋も外差し馬場にやられたとはいえ休み明けの毎日王冠→天皇賞秋でパフォーマンスを上げてきており、恐らくこの馬は叩き良化型。今回は狙いどきではないと思います。

昨年よりもペース落ち着きそうで最後は1800m戦特有のギアチェンジ力が要求されるレースになりそうですし、そういうレースになれば厳しそう。昨秋の天皇賞が意外に強かったのと、鞍上田辺ということで一応抑えますが期待値は薄い。

 

消 ツクバアズマオー

ツクバアズマオーは今回は能力足りないはず。

確かに昨年で急激に能力をつけてきた馬ですが、オールカマーでは休み明けのゴールドアクター以外はサトノノブレス、クリールカイザー、衰えたマリアライトあたりと接戦という内容。中山金杯は恐ろしくメンバーレベル低い上にハイペースで展開向いた上でクラリティスカイと少差。前走重賞勝ちということである程度人気するでしょうが、さすがに今回は家賃が高すぎる感じ。

1800mも短そうですし、前走よりもペース緩んだ上でギアチェンジと底力を要求されるようなレースになれば恐らく差し負けるはず。アンビシャスとリアルスティールに能力で敵うとも思えず、差し→差し→差しで決まるとしてももう1頭はより瞬発力があって能力も上だろうの方が先着すると思います。

 

消 ヌーヴォレコルト

ヌーヴォレコルトに関しては今回は厳しいはず。

昨年の国内での走りを見ても能力の衰えは明らか。前走の香港ヴァーズでは4着と健闘しましたが、ハイランドリールが作る淀みない流れを追いかけた馬が失速した中を最後方で脚を溜めていたこの馬が漁夫の利で突っ込んできたようなレースでした。実際、3着以下は大混戦でしたし、この4着にあまり意味はないか。

香港ヴァーズのメンバーを見てもサトノクラウンが勝ってしまったように言われているほどレベルは高くなかったはず。芝2400m路線は欧州よりも日本の方がレベルが上な感じがあり、その中で展開向いて4着ならば今回は軽視したい。

そもそも、もう6歳牝馬なわけですし、どう考えても牝馬なら衰えてきているはず。これがレベル低いレースならまだしもこんなGI級の馬相手では厳しそう。実際、今回の結果次第で引退が決まるみたいですし、普通に通用せずに繁殖入りが濃厚じゃないでしょうか。

 

印まとめ

◎リアルスティール
◯アンビシャス

☆ネオリアリズム
△ロゴタイプ

勝負度C

 

推奨買い目

中央競馬の重賞の買い方に関しましては、メルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様は明日朝に配信しますメルマガにて閲覧ください。

なお、メルマガでは重賞予想の買い目以外の平場の勝負レースも配信しております。ご興味ある方は下記より購読登録をお願いいたします。

 

<ご登録はコチラから>

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!
PR【超楽!超簡単!しかも勝てる!】

他の競馬サイトと比べたらすぐにわかります。レベルが違います。

使い方は簡単
1つの基準2つのやり方さえわかれば今日から的中に最も近づけます。

人間の手で予想するような競馬サイトではなく、様々な条件下の膨大な過去データをシステムで一括管理・精査するので予想が正確!

感情などでブレない予想が可能になります。それがこのサイト
→ http://collabo-n.com/

 

それでは、的中に最も近づく為の方法を見ていきましょう!

<1つの基準>

このサイトでは全レース予想します。

他の予想サイトと比較にならない予想量を公開しています。

どの馬が勝つか順位をつけて予想してくれ、さらに、コラボ@指数というもので数値化して期待値を示しています。

そのコラボ@指数の数値が低いほど馬券に絡む期待値が高くなり、
最も信頼出来る数値は「04」
です。

この基準を押さえつつ、それでは今日から的中に最も近づく2つのやり方を紹介します。

 

まずは1つ目。今週の注目レースを見る。

今週は「フェブラリーS(G1)」
※今はまだ未更新なので、先日の予想を見てみます。

【2月12日(日)の京都記念ですね】
■サイトTOP画面です。赤〇の「北条のブログ」を押して、



▼このブログの中で毎週末注目レースの予想を公開。

さっき言った基準通りに馬を選定すると、上位入選期待度は、
マカヒキ→ミッキーロケット→サトノクラウン→スマートレイヤー・・・・・の順番になります。

あとは自分の予算内で買い目を決定するだけ。
女性でも簡単にできそうですね。

ちなみにこのレースの結果は、サトノクラウン→スマートレイヤー→マカヒキ。

例えば馬券代は3,000円以内で抑えたい。なんて方だったら、
上位4頭BOXで購入しちゃえばいいんです。24点購入になるので、1点100円なら、

馬券代:2,400円
配当:3連単16,070円

1分もあれば予想終わって、気づいたときには手元に16,070円が。
超楽、超簡単、しかも勝てる。しかも無料。

 

今日から的中に最も近づく2つのやり方

2つ目。全レースの予想を見る。

3場開催なら72レース。その中でも的中期待値の高いレースを見る方法です。
■サイトTOP画面です。赤〇の「北条のブログ」を押して、

▼レース前日に今週のレースが公開。
▼※今はまだ未更新なので先日の予想を見てみます。






▼赤く囲ってる順位という所が、コラボ@指数で割出した上位入選馬の順位。
▼8-9-3ですね。
▼ちなみに、JRA発表の単勝人気順は1-2-4番人気でした。
▼オッズにすべてを左右されない予想ってことがこれでわかりますよね。
▼たまに穴馬が入って大当たりすることもあるのがゾクゾクします。笑
▼レース結果は、3-9-8。3頭BOX6点で3連単的中ですね。1点100円だと馬券代は600円。


どうですか?簡単ですよね?^^ これで今日から的中に最も近づけます!

まずは、北条のブログで、重賞などの注目レースの予想と、毎週6Rまで予想、これは無料なので体験してください。
そして、もっと稼ぎたい、より少点数・高配当を的中させたい、
12Rまで全部の予想が見たい、もっとガンガン的中させたい!高額回収したい!

そんな方は、レースの買い目と3連単が3回に1回当たる驚異の的中率がプレゼントされます!

月額わずか1,980円で利用可能です。

今日からすぐに驚きの的中率が届きます。
ちなみに、最近の3連単の的中率は40%〜60%を推移しています。
▼※直近の的中率、単勝から3連単まで、包み隠さず公開中!

http://collabo-n.com/

関連記事

福島牝馬Sの予想を公開!

今日のマリノス戦は恐らく中村俊輔とラフィーニャとアデミウソンの初めての共演が見れそう。ラフィーニャの

記事を読む

中山記念2018の予想を公開!

中山記念2018(中山芝1800m)の予想です。 2月25日に中山競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

北九州記念2018の予想を公開!

北九州記念2018(小倉芝1200m)の予想です。 8月19日に小倉競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

日本テレビ盃の予想を公開!

ふう、半日かけて先週のレース映像をすべて見終わりました。先週までは2場開催だから良かったものの、今週

記事を読む

セントライト記念 [1] かなりの早仕掛けになりそうなレース

大相撲秋場所が始まりましたねー。 これを書いている早朝時点では2連敗した白鵬が休場したかどうか

記事を読む

【毎日王冠2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

毎日王冠2018(東京芝1800m)の考察です。 10月7日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

ターコイズSの予想を公開!

【朝日杯FS 有力馬の血統分析を無料公開中!!11月は774倍と1900倍を的中!!】 今週は

記事を読む

富士S [2] このレースで無視できない特注血統

そう、朝のエントリーで触れるのを忘れていましたが、 鎌倉記念 ◎キャッシュフロー 6番人気 4

記事を読む

【2016】七夕賞 / 枠順&展開考察(アルバートドッグ、ヤマニンボワラクテ等の枠順は如何に)

今日は7/10(日)に行われる七夕賞のレース考察を行います。福島2000mで行われるGIII戦です。

記事を読む

京阪杯2018の予想を公開!

京阪杯2018(京都芝1200m)の予想です。 11月25日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【根岸ステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

根岸ステークス2019(東京ダート1400m)の考察です。 1月

1月3週のレース回顧〜時計だけで価値がわかる稀有な2レース

さて、先週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時

東海ステークス2019の予想を公開!

東海ステークス2019(中京ダート1800m)の予想です。 1月

AJCC2019の予想を公開!

AJCC2019(中山芝2200m)の予想です。 1月20日に中

すばるステークス2019の予想を公開!

すばるステークス2019(京都ダート1400m)の予想です。 1

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑