*

マイルチャンピオンシップ2022の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2022/11/24 GIレース考察・予想

マイルチャンピオンシップ2022(阪神芝1600m)の考察です。

11月20日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はソダシ、サリオス、シュネルマイスター、セリフォスなど。阪神競馬場の芝1600mで行われるGIです。今回の記事では過去データやレースラップ、血統、予想オッズなどを考察いたします。

 

[PR] マイルCS無料予想

ここの無料予想が熱いです!

重賞で高回収率を連発と・・

回収率250~650%はありがたいですね(^^)

━━━━━━━━━━━━━━

[無料予想の戦績]

■武蔵野S 三連複38.3倍×300円

【払戻額】11,490円【回収率】255%

■天皇賞秋 三連複44倍×400円

【払戻額】17,600円【回収率】314%

■菊花賞  三連複64.4倍×500円

【払戻額】32,200円【回収率】644%

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

昨年もマイルCSを無料予想で的中!

堅い決着も回収率131%とプラス収支でした(*^^*)

今年もこの勢いでマイルCS的中を期待ですね!

→マイルCS無料予想

簡単・無料のメルマガ登録で買い目が届きます。早めの登録がおすすめです!

 

マイルチャンピオンシップ 2022予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

マイルチャンピオンシップはどんなレースになりやすいのか?

阪神競馬場で開催される秋のマイル王者決定戦。過去2年と同様に阪神コースで行われますが、京都競馬場と阪神競馬場ではだいぶコース条件は違うと言っても、ざっくりとしたレースイメージは一緒。

東京芝1600mで行われる安田記念は中盤ペースが速くなりやすく、1400m以下の距離で強いスプリンタータイプの馬が好走しやすいのですが、マイルチャンピオンシップは京都競馬場で開催されている時から中距離タイプの馬が好走しやすいのが特徴。2013年なんてその年の天皇賞春の3着馬だったトーセンラーが勝利していますし、安田記念とは違って中距離も走れるぐらいの馬の方が走りやすいレースです。

 

京都芝1600mも阪神芝1600mも外回りコースを使うのでコーナー半径が大きく中盤ラップが緩みやすいのがコースの特徴。そこで一旦緩んでからの直線の瞬発力勝負になりやすく、1400m以下で要求されるような絶対的なスピード能力よりも、中距離的なビュンと一瞬で加速する瞬発力が問われるということでしょう。

阪神競馬場で行われた過去2年の好走馬を見ても、2020年時点のグランアレグリアを除けば3着内馬は全頭1800m以上の重賞で好走実績がありました。一方でレシステンシアやグレナディアガーズのような1400m以下の距離に良績が固まっているような馬は人気を裏切っていますし、やはりこのレースは中距離も走れるぐらいのマイラーが有利なレースなんでしょう。

 

そんな中距離チックな瞬発力勝負に強い馬が有利ということもあってか、過去2年の好走血統を見てもサンデーサイレンス系の馬の成績が圧倒的

昨年2着のシュネルマイスターを除けば全ての馬が父サンデーサイレンス系の馬ですし、シュネルマイスターも2番人気で能力上位だった感じなので基本的に父サンデーサイレンス系の瞬発力タイプの馬が有利なレースか。2021年に4着で大穴を開けかけたスカーレットカラーも前年の府中牝馬ステークス勝ちのヴィクトワールピサ産駒。やはりそういう中距離実績ある中距離王道血統が走りやすいレースということでしょう。

 

今年はどんなレースになりそうか?

先週の阪神競馬場は雨の影響を受けて明確に外が伸びる馬場。土曜日の阪神芝は超スローペースが多かったために露骨に外伸び傾向にはなりませんでしたが、基本的にはフルゲートのマイル戦なら内枠は不利な馬場だと思います。

当初は日曜が雨予報で先週のエリザベス女王杯同様の道悪馬場が濃厚と見られていましたが、最新の天気予報を見る限り雨はほとんど降らなそう。馬場に影響を与える雨量はなさそうで、土曜日と同じくらいの時計が出る馬場になるんじゃないでしょうか。(これで雨が降ったらもう知りません苦笑)

 

過去2年はグランアレグリアという絶対的な存在がいたマイル路線ですが、今のマイル路線はハイレベルに横一線という感じ。

今年の安田記念は1着から8着までが0.2秒差に収まりましたし、それだけ能力差は拮抗していた感じ。外が伸びる馬場だったことを考えても、枠順を入れ替えて10回走れば10回勝ち馬が変わるんじゃないかというようなレースでした。そんな拮抗したレベルのマイル路線ということを踏まえると、今年のマイルチャンピオンシップは各馬の能力比較よりもコース適性、馬場適性、枠順、展開などをじっくり考えた方が良いんじゃないでしょうか。

考察文にも書いた通りで、阪神芝1600mは中距離のような一気にビュンと加速できるギアチェンジ性能が求められて、なおかつ今の荒れ馬場を考えると馬場の良い部分を通ってビュンと加速できる馬が良さそう。中枠〜外枠を引いた馬の中でビュンと一瞬で加速できる中距離適性がある馬を狙ってみたいです。

 

考察まとめ

【レース質】中盤ラップが緩んでの直線の瞬発戦になりやすい。<■□□■>

【狙えるタイプ】中距離実績(1800m以上)がある馬。

【狙えるタイプ】ビュンと一瞬で加速できるギアチェンジ性能を持つ馬。

【狙えるタイプ】SS系を筆頭とした王道血統の決め手が活きる。

【狙えるタイプ】中枠〜外枠が有利になりそう(内枠不利)

 



 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

マイルチャンピオンシップ 2022の印

◎ジャスティンカフェ

デビュー当時から素質を期待されていた馬だが、今年に入ってからいよいよ本格化。2勝クラス勝ちも3勝クラス勝ちも圧巻のパフォーマンスでしたし、3勝クラス勝ちの内容は既に重賞級でしたから前走でGIIで好走できたのも特に不思議なことでもなかったか。エプソムカップは雨の影響で特殊な馬場になってどうしようもなかったのでノーカウントと見て良さそうです。

前走の毎日王冠を見ても一瞬の加速力はサリオスよりもこちらの方が上でしたし、最後の200mでじわじわ伸びてきたサリオスのナタの切れ味に屈した感じ。距離はマイルの方がスパッとキレそうな感じでしたし、今回は適性条件に戻ってサリオスよりも外の枠が引けたのにこのオッズ差はちょっとおかしいと思います。

阪神マイルで行われるマイルチャンピオンシップは中距離実績があってビュンと一瞬で加速できるギアチェンジ性能がある馬が有利。この馬は毎日王冠の連対実績あって今回のメンバーに入っても瞬発力はおそらくナンバーワン級。考察文で書いてきた内容に最も合致するのはこの馬じゃないでしょうか。

外が伸びる馬場を考えると可もなく不可もない枠という感じがしますが、鞍上がこの騎手なら馬場バイアスを見誤ってインに突っ込むようなことはなさそう。上手くこの枠からスムーズに外に出して決め手を活かす騎乗をしてくると思いますし、スムーズに外に捌く事ができれば鬼脚で突っ込んでくるんじゃないでしょうか。

 

【対抗 ◯11 ソウルラッシュ】

マイル転向後に4連勝でマイラーズカップを制覇。今回と同じ阪神芝1600mの重賞を勝っていますし、当初の日曜の雨予報も相まって凄まじい穴人気になっている感じ。当初から評価するつもりではいたが、ここまで穴人気になるとなると一旦冷静になって考える必要がありそう。

マイル転向後に4連勝したわけだが、当初は陣営が中距離を使っていたのもわかる父ルーラーシップ×母父マンハッタンカフェという配合。ちょっと日本の王道血統からは外れる配合ですし、これまでルーラーシップ産駒が日本のGIを勝利したのは極悪馬場の菊花賞のキセキのみ。これまでのレースぶりを見ても、追って追ってじわじわと伸びてくるタイプに見えますし、本質的にスパッとキレるタイプではなさそう。富士ステークスは外が伸びる馬場と展開が向いていますし、マイラーズカップぐらい雨が降って時計がかかった方が良いタイプだろう。

今回は調教絶好で外が伸びる馬場で外枠ということで人気になるのも頷けるが、ちょっとこういう王道条件のGIで松山騎手というのも引っかかるところ。

こうして過去2年の松山騎手のGIでの騎乗実績を見ても、能力抜けていて圧勝だったテーオーケインズを除くと一度も最速上がりを使ったことがない。これは最速上がりを使えるような馬に乗っていないというのもあるが、前半位置を取りに行く事が多いので溜める戦法をほとんどしないという事も大きいだろう。阪神マイルのGIは多分に決め手を発揮させる騎乗が重要になると思いますし、このソウルラッシュで早めに仕掛けすぎて末脚お化けに飲み込まれるシーンは割とありそうな感じがします。

 

【対抗 ▲6 ソダシ】

これまで芝のマイルを4回使われて(4-0-0-0)とパーフェクトな戦績。ここまで素晴らしい戦績をあげられるのもレースが上手だからで、抜群のスタートを決めてスッと良いポジションを取れるので実に不発が少ないタイプ。馬群の中での競馬も問題ないですし、追い出して瞬時に加速できるので詰まるリスクもほとんどない。そういった点からこれだけ安定して走れているんでしょう。

阪神マイルでGIを2つ勝っているように阪神コースへの適性は文句ないですし、ヴィクトリアマイルでスローの瞬発戦を一瞬で抜け出したのを見てもギアチェンジ性能は相当なもの。過去に1800m以上の重賞を2勝していてレース傾向にも合いますし、前走でわざわざ府中牝馬ステークスを使って中距離仕様の瞬発戦を経験したのもプラス。あれだけのキレが求められるレースで2着に走れるんですから、ここに入ってもギアチェンジ性能は上位でしょう。

今回は外が伸びる馬場で内目の枠を引いた点がどうかですが、前述の通りでこの馬はスタート速くてレースセンスが抜群なので常に思い描いたレースができるのが強み。スッと先行して良いポジションさえ取ってしまえば直線では外目に持ち出すことができると思いますし、人気の有力馬の中で内枠を克服する可能性が最も高いのはこの馬だと思います。

 

【特注 ☆13 エアロロノア】

これまでの成績を見てもハイペース耐性がない馬で、オープン質のスロー展開でじっくり溜めて末脚を活かす競馬なら強いという非常に好走レンジが狭いタイプ。

こうして近走結果を見ても、前半1000mが59秒前後のレースではリゲルS、六甲Sを勝利して安田記念でも僅差の7着。一方で前半1000mが57秒台になった京都金杯とマイラーズカップは追走で脚を使ってしまって伸び切れずだった。前走の富士ステークスはレース質としては最高だったが、外伸びレースで最悪の1枠1番を引いてしまったのが敗因なのであんまり気にしなくていいか。

今回は一転して外が伸びそうな馬場で外枠をGET。しかも今回は鞍上が武豊騎手ということで、神戸新聞杯のヤマニンゼストの騎乗などを見ても「溜めて差す」騎乗をさせたらいまだに現役ナンバーワン級の存在。この馬のギアをもう一段上に引き上げてくれる可能性もありそうですし、今回の最大の穴馬はこれじゃないでしょうか。

 

【△4 シュネルマイスター】

昨年のマイルチャンピオンシップは内枠から伸びないインを通って2着好走。安田記念でも前が詰まり気味になりながら2着を確保しましたし、普通に考えて現役最上位マイラーはこの馬と考えるのが妥当。

ただ、昨年こそ伸びないインからしっかり好走したとはいえ、今年も外目の方が伸びる馬場で2枠4番というのは試練。昨年よりも今年の方が粒揃いでメンバーレベルが高いと思いますし、昨年の3着ダノンザキッドより強い馬が外から何頭か差し込んできそう。内で詰まるリスクもありますし、有力馬の中で最も内の枠を引いたというのはやはりリスクがあると思います。

 

【△10 セリフォス】

2歳夏から能力をフルに発揮していたいかにも中内田厩舎らしいダイワメジャー産駒。中内田厩舎の馬はとにかく仕上がりの早さに特化している一方で3歳秋以降に全く成長しない馬が多く、ダノンプレミアム除けば古馬になってGIで馬券に絡んだ馬はいない。

しかもこの馬は前哨戦の富士ステークスをビッシリ仕上げて勝ってしまっているが、これも中内田厩舎が良くやる前哨戦から本気出して本番でお釣りがなくなるパターン。2歳馬を除けば前哨戦で結果を出してそのままGIでも走った馬なんてほとんどいませんし、今回も中間調教はかなり軽めで富士ステークスからの上積みがあるとはあんまり思えない。

これまでの戦績を見てもマイルに特化して使われてきていますし、マイルチャンピオンシップで重要になる中距離実績や中距離適性には欠ける感じ。馬場を考えると枠順自体は良いと思いますが、なかなかここまで買えない材料が揃うと評価は上げられない。

 

【△17 ダノンスコーピオン】

父ロードカナロアで母父サドラーズウェルズでサンデーサイレンスを持たない血統背景。レースぶりを見てもあんまりキレないパワー型の馬で、タイプとしてはダイワメジャー産駒のアドマイヤマーズに似ているイメージ。並んで渋とさを活かしてこそ良さが出そうな馬で、阪神マイルなら良馬場より雨馬場、外枠で溜める競馬より内目の枠で位置を取る競馬が合いそう。

あんまり中距離要素がない戦績、血統背景ですし、併用調教が優勢のこのレースで坂路のみの調教も気になるところ。外が伸びる馬場になるにしても、この枠で位置を落としてスパッと差し込んでこれるイメージがあんまり湧きません。

 

【×5 サリオス】

3歳の毎日王冠を制した時は今後の日本競馬を背負うような存在になるかと思われたがその後に低迷。状態面が上手く整わなかったのもあるが、GIレースでことごとく馬場バイアスの合わない枠を引いてしまって、なおかつあんまり適性に合わないマイル戦をずっと使われ続けて力を発揮できていなかった印象。

前走の毎日王冠を見ても完全に復調して強かった頃のサリオスに戻っていると思うが、毎日王冠は1800mの距離でペースも流れたからあれだけの強さを見せた感じも。イクイノックスとの兼ね合いがあったとはいえ、ゆったりとした流れから極限の決め手を問われるマイルチャンピオンシップを使ってきたのは適性的にどうだろう。

今回は昨年同様に外が伸びる馬場の内枠を引いてしまいましたし、鞍上のライアン・ムーアは世界でも屈指のイン突き大好き騎手。少々インが荒れていてもインに突っ込んで行きそうな感じがしますし、内枠の人気馬の中では最も信頼ならないのがこの馬か。

 

【×9 ピースオブエイト】

もともと掛かり癖がある馬で、前走は初のマイル戦で溜める競馬で一変。さすがに東京コースの決め手勝負で人気馬たちに敵わなかったが、使っている上がりを見ても位置取りの差だった感じもしますし、そこまで悲観する内容でもないか。

今回はマイル2戦目で鞍上もクリスチャン・デムーロとなればある程度のポジションを取って折り合いをつけてくる可能性もありそう。枠もちょうど良いところが引けたので印は抑えておきたい。

 

印まとめ

◎ジャスティンカフェ
◯ソウルラッシュ
▲ソダシ
☆エアロロノア
△4,10,15
×5,9

勝負度 C

 

買い目

マイルチャンピオンシップの買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して6年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2022年も11月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

【秋華賞2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

秋華賞2019(京都芝2000m)の考察です。 10月13日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【有馬記念2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

有馬記念2020(中山芝2500m)の考察です。 12月27日に中山競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【オークス2021の予想ヒント】枠順から見るレース見解

オークス2021(東京芝2400m)の考察です。 5月23日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2017】朝日杯フューチュリティステークスの予想を公開!

朝日杯フューチュリティステークス2017(阪神芝1600m)の予想です。 12月17日に阪神競

記事を読む

【2016】高松宮記念の予想を公開!

今日は3/27(日)に行われる高松宮記念の予想です。中京芝1200mで行われるGI戦です。 す

記事を読む

【天皇賞(春)2019の予想ヒント】レース展開を分析考察します

天皇賞(春)2019(京都芝3200m)の考察です。 4月28日に京都競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

【大阪杯2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

大阪杯2018(阪神芝2000m)の考察です。 4月1日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:

記事を読む

阪神JFの予想を公開!

【ジャパンカップも3頭立て予想で的中!!阪神ジュベナイルフィリーズとチャレンジカップもわずか3頭立て

記事を読む

【秋華賞2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

秋華賞2018(京都芝2000m)の考察です。 10月15日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

天皇賞(春)2020の予想を公開!

天皇賞2020(京都芝3200m)の予想です。 5月3日に京都競馬場で開催され発走時刻は15:

記事を読む

京都2歳ステークス2022の予想を公開!

京都2歳ステークス2022(阪神芝2000m)の予想です。 11

【京阪杯2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京阪杯2022(阪神芝1200m)の考察です。 11月27日に阪

兵庫ジュニアグランプリ2022の予想を公開!

兵庫ジュニアグランプリ2022(園田ダート1400m)の予想です。

【京都2歳ステークス2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京都2歳ステークス2022(阪神芝2000m)の考察です。 11

浦和記念2022の予想を公開!

浦和記2022(浦和ダート2000m)の予想です。 11月23日

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑