*

東京スポーツ杯2歳ステークス2022の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2022/11/24 重賞レース考察・予想

東京スポーツ杯2歳ステークス2022(東京芝1800m)の予想です。

11月19日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:30です。出走馬はハーツコンチェルト、ダノンザタイガー、フェイト、ドゥラエレーデなど。東京競馬場の芝1800mで行われるGIIです。

 

[PR] 土曜競馬と2歳重賞を大得意とする予想サイトをご紹介!

■土曜予想・・・得意
■二歳重賞・・・得意

そんなイメージの無料予想サイト!

────────────────────

無料公開予想/赤富士ステークス
馬連5点4000円
→75600円
三連複10点2000円
→54400円

収支計+90000円

そして2歳重賞でも

収支まで考えたいい2券種


無料公開/札幌2歳S

馬連6点3000円×
三連複15点1200円
→67440円

収支計+31440円

────────────────────

そして東スポ杯2歳ステークス
自信の無料公開↓↓

馬連6点3連単30点買い目!
気になる買い目はコチラ↓↓

→東スポ杯2歳S情報
無料公開=自信買い目

メール登録し即チェックしてみてください。

 

東京スポーツ杯2歳ステークス 2022 予想

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

東京スポーツ杯2歳ステークスはどんなレースになりやすいのか?

東京芝1800mで行われる2歳限定の重賞レース。青葉賞を除けば日本ダービーまでに行われる東京競馬場の重賞では最長距離ということで、毎年素質馬が出走してハイレベルなレースになるのが特徴。過去5年の好走馬を見てもワグネリアン、コントレイル、ダノンザキッド、タイトルホルダー、イクイノックスとその後にGIを勝つ馬がズラリと名を連ねていますし、ダービー馬も2頭輩出。それだけ素質優位のハイレベル戦と考えていいでしょう。

 

東京競馬場で行われる重賞ということで先行力よりも瞬発力が重要なレース傾向。過去5年のレース結果を見てもとにかく速い上がりを出せる馬の成績が圧倒的になっています。


※過去5年の東スポ杯2歳ステークスの脚質&上がり順位別成績

上がり1位を記録した馬は連対率100%でほぼパーフェクトな戦績ですし、上がり2位を記録した馬も複勝率75%。一方で上がり6位以下の馬は絶望的な戦績ですし、とにかく速い上がりを使えないと厳しいレースと言えるか。

実際に前走で上がり1位or上がり2位を使っている馬の成績が非常に良くなっていますし、前走で速い上がりを使えていない馬は割り引いて考えた方が良さそうです。

 

それ以外のファクターを見てみると、過去5年で馬体重がしっかりとある馬の成績が非常に優秀なのも特徴。さすがに500kgを超える馬となるとパワー寄りになり過ぎてしまいますが、480kg〜499kgの馬の成績が非常に優秀になっています。

※過去5年の東スポ杯2歳ステークスの馬体重別成績

2歳の早い時期に行われる重賞ということもあり、早い時期で完成されていてある程度の馬体重がある馬が有利ということでしょうか。複勝率6割超えとなると少し気にしておきたいです。

 

今年はどんなレースになりそうか?

東京競馬場は先週でBコース3週目でしたが、ここに来て前残りが目立っていた感じ。先週日曜は逃げ馬がほぼパーフェクトな戦績でしたし、開催序盤のようなとにかく差しが決まるような馬場ではなくなっています。ただ、東スポ杯はそんな馬場でも決め手優位のレースになるので、あんまり馬場傾向は気にしなくていいんじゃないでしょうか。

今年も新馬戦で素晴らしいパフェーマンスを披露したハーツコンチェルト、フェイトや、当初から素質を期待されていたダノンザタイガー、ドゥラエレーデなど非常に豪華なメンバーが揃いました。今年もここからクラシックを狙える馬が出てくるんじゃないでしょうか。

 

考察まとめ

【レース質】素質上位馬の決め手が炸裂するレース。<□□□■>

【狙えるタイプ】世代上位の素質馬が順当に走る。

【狙えるタイプ】速い上がり(上がり1位〜2位)を使えそうな馬。

【狙えるタイプ】前走で速い上がりを使っている馬

【狙えるタイプ】馬体重が480〜499kgの馬

 




 

東京スポーツ杯2歳ステークス 2022の印

【本命 ◎8 ハーツコンチェルト】

中京芝2000mは急坂を2回越えるということもあって2歳馬にとっては過酷な舞台。そんな過酷な舞台で行われるということもあって、新馬戦で上がり34秒より速い末脚を使えたのは過去を振り返ってもこれだけの馬しかいない。

上がり34.0秒以上というだけでこれだけの頭数に絞れたわけだが、そのほとんどは超スローペースで上がりだけに特化した時計の遅いレースばかり。そんなわけで走破時計2:05:00よりも速いレースでソートすると5頭にまで絞られる。

故障で活躍叶わなかった逸材ヘンリーバローズを除けば、ワグネリアン、ステイフーリッシュ、ジャスティンロックと全頭がその後に重賞を勝っている馬ばかり。しかもこれらの馬たちの走破時計が2分3秒台〜2分5秒台だったことを考えると、2分1秒6の時計で走って上がり33.9を使ったこの馬の凄さがわかるだろう。

走破時計と上がり3ハロン時計も超優秀なのだが、この馬の凄さは中京芝2000mの新馬戦で後半1000m=58.4の時計で走っていること。これは歴代の中京芝2000mの新馬戦の後半1000m時計で2位に値するものですし、これまでに58秒5を切る時計で後半1000mを走ったのは超スローからの上がり勝負だったワグネリアンの新馬のみ。しかもこの馬は後半1000m=58秒4のレースを最後は流して走り切ったわけですから、間違いなくこの世代の最上位級の馬と考えていいか。

父は今年の日本ダービー馬と同じ王道クラシック種牡馬で、母系もアメリカ血統でいかにもダービーを走りそうな血統背景。初戦の馬体重も492kgでこのレースの好走傾向に合致しますし、ここで圧巻のパフォーマンスを見せてダービー最有力候補に名乗り出る可能性が高いと思います。

 

【対抗 ◯11 タイセイクラージュ】

この馬は新馬戦の内容がとにかく優秀。走破時計1:47:00は今年の2歳新馬、未勝利で2位の時計ですし、アイビーSと時計やラップを比較しても明らかにこちらの新馬戦の方がレベルは上(今年のアイビーSはレベルが低そうだが・・・)。

前半1000m時計はほとんど同じで後半1000m時計はタイセイクラージュの新馬戦の方が1.2秒も速いですし、単純比較でアイビーS組よりタイセイクラージュの方が強いのはほぼ間違いないか。

過去の東京芝1800mの2歳新馬、未勝利で走破時計1:47:5を切ったレースはこれだけだが、この中に入っても後半1000m時計はタイセイクラージュの新馬戦が第2位。1位のサリエラはローズSで2着に走りましたし、3位のドゥラメンテは言うまでもない名馬になりました。そんな馬たちと遜色ない後半1000m時計で走れているのでこの馬は間違いなく強いはず。

昇級初戦の萩ステークスはスタートで出遅れスローを後方からで脚を余した格好。父サトノクラウンで兄弟にグロンディオーズやムスカテールがいる血統背景を考えてもキレより長く良い脚を活かしてこその馬でしょうし、今回は初戦と同じ条件で鞍上が横山武史に戻ればほぼ間違いなく先行競馬になるはず。前々で長く良い脚を活かせれば好勝負必至と見ていいんじゃないでしょうか。

 

【単穴 ▲3 ガストリック】

新馬戦はテンについていけなかったが大外から上がり33.3の末脚を使ってあっさり差し切る派手なパフォーマンス。新潟コースならまだしも東京芝1800mで上がり33.3の末脚は新馬戦ではなかなか使えるものではありませんし、走破時計1:51:00以内で上がり33.3の末脚を使った馬をソートするとこんな結果に。

昨年の皐月賞馬ジオグリフを筆頭にワーケア、ラストドラフト、ヒシイグアスなど重賞で活躍した馬がズラリと出てきますし、やはりこれだけの上がりを東京コースで初戦から使える馬は強い可能性が高い。

ただ、その初戦のレースぶりを見てもかなり大味で不器用な印象。いかにもなジャスタウェイ産駒でレースセンスに課題がありそうですし、この強力メンバー相手に初戦と同じような競馬では不発の可能性も十分にあるだろう。

 

【特注 ☆2 シルトホルン】

新馬戦はカオスな道悪馬場、2戦目はスタートで出遅れでレースに参加できず。3戦目の前走はスローペースで楽な先行策が打てたとはいえ2着以下を突き放して圧巻のパフォーマンス。走破時計1:47:7は今年の2歳戦の東京芝1800mの新馬未勝利では3番目の時計になりますし、最後に流していなければほぼ加速ラップで<11.2-11.2-11.4>ぐらいで走れていた感じもします。

普通に評価できる未勝利戦でしたが、それでもタイセイクラージュの新馬戦の方がレベルは上。ダートでしか活躍できていない新開厩舎で、なおかつ血統的にも東京コースでの決め手勝負でどこまで対応できるかという感じはしますが、スロー先行策で展開に恵まれる部分もありそうなので4番手評価に。

 

【△6 ダノンザタイガー】

初戦は脚を余す競馬で2着だったが、かなり弱いメンバーだったので取りこぼしたのは不満。2戦目の未勝利勝ちも相手に恵まれていましたし、逃げるピーエムギャレットを捕まえるのに若干手間取ったのを見ても今回の超強力メンバーの中でどこまでやれるか。国枝厩舎の牡馬はそこまで活躍するイメージが湧きませんし、今回はオッズとのバランスを考えてもあんまり狙いたくはない。

 

【△5 フェイト】

新馬戦は全く仕上がっていない状態で素質だけで勝ったとのことだが、倒した相手がさっぱり活躍しておらずメンバーに恵まれた印象。今回は中間の調教でもあっさり遅れをとっていますし、指揮官のコメントを見てもまだ完成は先な感じ。新馬戦の時計、ラップ的価値も微妙ですし、最後は流していたとはいえレース上がり34.9は夏の新潟の芝1800mの2歳戦で2番目に遅い時計。一気の相手強化で脆さを見せる可能性の方が高いんじゃないだろうか。

 

【△9 テンカノギジン】

初戦は新潟芝1800mの新馬戦で上がり33.3を使って差し切り勝ち。平坦の新潟コースで上がり33.3は特筆すべきでもないが、この時の馬場が完全な外差し馬場だったことを考えると最内を通って突き抜けたパフォーマンスはまずまず。ただ、その初戦で僅差だった馬たちが軒並み次走で惨敗していますし、レースレベルに関しては疑問が残るところ。

ノーザンファーム生産で父エピファネイア×母父ディープインパクトと血統背景はクラシック向きなので印は一応回しておいた方がいいと判断。

 

【×1 ロッククリーク】

初戦はタイムランクEで時計指数は低いが、この日の中山競馬場は強風の影響を受けており、紫苑ステークス1:59:9と時計がかかっていた。このレースは中盤からずっと12.0前後のラップをずっと刻んで新馬戦にしてはスタミナが問われていますし、それを勝ち切ったあたり体力はありそう。

今回は東京コース替わりで一気の相手強化で厳しいとは思うが、この時期の2歳新馬は未知な部分が大きく、エピファネイア産駒なので逆に決め手勝負の方が得意な可能性もあり。一応抑えておく。

 

【×7 ドゥラエレーデ】

2走前にドゥーラの2着に走れている点を見ても能力的にはここでもやれていいはず。ただ、カルロヴェローチェの新馬戦の内容を見ても決め手には欠けるタイプで、東京コースの決め手勝負は合わなそう。ムーア騎手が積極的に運んでキレ不足を補うような騎乗ができてどこまで。

 

【推奨買い目】

馬単 8→11,3,2 本線ベース

馬単 8→11,3 重ね買い

三連複 8,11→3,2,5,6,9,1,7 本線ベース

三連複 8,11→3,2,5,6,9 重ね買い

三連複 8,11→3,2 重ね買い

三連複 8,11,3 重ね買い

三連単 8→11→3,2,5,6,9 本線ベース

三連単 8→11→3,2 重ね買い

三連単 8→3,2,5,6,9→11 本線ベース

三連単 8→3,2→11 重ね買い

 

【買い目及び予想のポイント】

ここは新馬戦の回顧で世代最上位でダービー候補と書いた◎ハーツコンチェルトは素直に信頼。想定オッズよりもかなり売れているがそれだけ今のファンはすごいということ。

対抗は新馬戦のレベルが非常に高い◯タイセイクラージュにして、実質◎◯の2頭軸のような馬券の買い方をしたい。横山武史騎手が積極的に前々で運んでタイセイクラージュが粘り込むところをハーツコンチェルトが異次元の末脚であっさり飲み込むようなイメージの馬券で。

関連記事

セントライト記念2018の予想を公開!

セントライト記念2018(中山芝2200m)の予想です。 9月17日に中山競馬場で開催され発走

記事を読む

札幌2歳ステークス2021の予想を公開!

札幌2歳ステークス2021(札幌芝1800m)の予想です。 9月4日に札幌競馬場で開催され発走

記事を読む

キーンランドカップ2020の予想を公開!

キーンランドカップ2020(札幌芝1200m)の予想です。 8月30日に札幌競馬場で開催され発

記事を読む

【2016】シルクロードS / 有力馬考察(ビッグアーサー、サトノルパンなどの徹底分析)

今日は1/31(日)に行われるシルクロードステークスのレース考察を行います。京都芝1200mで行われ

記事を読む

【京成杯オータムハンデ2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京成杯オータムハンデ2020(中山芝1600m)の考察です。 9月13日に中山競馬場で開催され

記事を読む

フローラステークス2022の予想を公開!

フローラステークス2022(東京芝2000m)の予想です。 4月24日に東京競馬場で開催され発

記事を読む

阪急杯2017の予想を公開!

阪急杯2017(阪神芝1400m)の考察です。 2月26日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【2016】日経新春杯の予想を公開!

馬券が爆発する瞬間 ドォーン!バァーン!! そんな利益の破裂音が聞こえてきそうな

記事を読む

クイーンカップ2019の予想を公開!

クイーンカップ2019(東京芝1600m)の予想です。 2月9日に東京競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

【フラワーカップ2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

フラワーカップ2018(中山芝1800m)の考察です。 3月17日に中山競馬場で開催され発走時

記事を読む

オークス2024の予想を公開!

オークス2024(東京芝2400m)のレース予想です。 5月19

メイステークス2024の予想を公開!

メイステークス2024(東京芝1800m)のレース予想です。 5

平安ステークス2024の予想を公開!

平安ステークス2024(京都ダート1900m)のレース予想です。

5月3週の中央競馬レースプレビュー 〜オークス枠順確定!& 春G1シーズン特別プレゼント〜

5月3週の中央競馬レースプレビューです。 この記事は週末に行われ

【平安ステークス2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

平安ステークス2024(京都ダート1900m)のレース考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑