*

有馬記念 [1] 強い馬が一番強い勝ち方をするレース

公開日: : GIレース考察・予想

468×60 有馬記念

さて、今週で中央競馬も全て終わりの有馬記念。もちろん当てていきたいということもあるんですが、今から恐怖なことがひとつ。。。

最近いきなり寒すぎないですか??

例年、ジャパンカップと有馬記念の開門並びは地獄の寒さなんですが、今年はジャパンカップは意外に暖かくて余裕でした。ただ、さすがに有馬記念は厳しそう。。。

いつも土曜の朝一で来て場所取りをして、1日中山競馬場で遊んで、その後列整理終了したら船橋のネットカフェで時間潰して(西船橋の一つだけあるネカフェはすぐ満杯になる)3時頃にタクシーで中山競馬場に戻る、というのが定番なんですが、結局そこから2時間くらいは極寒の中過ごさなきゃいけないんですよね。。。

もう家の中にいるだけでも寒いので、耐えられる気がしません。

良さげな防寒グッズがあったら色々と教えてください。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

意外に強い馬が一番強い勝ち方をするのがこのレース

さて、有馬記念です。

秋古馬3冠の中で唯一、中山で開催されるこのレース。玄人であればあるほど「穴狙い」をしたくなるのがこのレースでしょう。

昨年は、、、

1着:無印ジェンティルドンナ 4番人気

2着:◎トゥザワールド 9番人気

3着:◯ゴールドシップ 1番人気

4着:▲ジャスタウェイ 2番人気

という寝込みたくなるような結果に終わった暮れのグランプリ。今年こそはドカンと最後に締めくくりたくいものです。

 

まぁ穴狙いできるレースではあるんですが、このレースは意外な事実がありまして、

単穴は期待できないレース

なんです。

 

実際、過去10年の勝ち馬を見てみましょうか。

※()内の数字は有馬記念勝利時点でのGI勝利数

 

【2014年】ジェンティルドンナ 4番人気(6勝)

【2013年】オルフェーヴル   1番人気(5勝)

【2012年】ゴールドシップ   1番人気(2勝)

【2011年】オルフェーヴル   1番人気(3勝)

【2010年】ヴィクトワールピサ 2番人気(1勝)

【2009年】ドリームジャーニー 2番人気(2勝)

【2008年】ダイワスカーレット 1番人気(3勝)

【2007年】マツリダゴッホ   9番人気(0勝)

【2006年】ディープインパクト 1番人気(6勝)

【2005年】ハーツクライ    4番人気(0勝)

 

過去10年のうち1番人気が5勝で2番人気が2勝、4番人気が2勝。

5番人気以下の穴馬が勝ったのはハーツクライのみ、という基本的に単穴は開かないレースがこの有馬記念です。

有馬記念制覇時のGI勝利数を見ても、ほとんどの馬が2勝以上の実力馬。このレースで初めてGIウィナーになるというケースはほとんどなくて、マツリダゴッホのイメージが強すぎますがこれは超レアなケースと考えたほうがよさそうです。

 

そして、データだけでなく内容面を見ても、オルフェーヴルの引退レースやダイワスカーレットの逃げ切り、ゴールドシップの圧巻捲り、ディープインパクトの超楽勝などを見ても、

トリッキーなコースの割に、その馬の歴代最高パフォーマンスをしての鮮やかな勝利が多い

のが有馬記念だったりもします。

玄人層(藤原竜也さんたち)は中穴の突き抜ける馬券をいかにも買いそうなレースですが、勝ち馬はライト層が期待している人気馬がその人気に応えて圧勝する傾向があるというのは覚えておいて損はないでしょう。

 

今年のメンバーのGI実績を見てみると、、、

ゴールドシップ(6勝)

ショウナンパンドラ(2勝)

ラブリーデイ(2勝)

キタサンブラック(1勝)

マリアライト(1勝)

ワンアンドオンリー(1勝)

 

データ通りに見れば勝利するのはこの6頭のどれかになります。

加えて、データ上はGIを2勝以上しているような5番人気以内の馬がよく勝つレースになりますから、

 

ゴールドシップ(想定2番人気)

ラブリーデイ(想定1番人気)

ショウナンパンドラ(想定3番人気)

 

の3頭の勝つ可能性がかなり高そう。

このあたりは玄人層は全く買わないでしょうが、1着をとるのはこういう馬になりやすいレースです。しかも圧勝で。

穴っぽい馬を本命にする人でも、三連単の1着固定はこのあたりの馬に絞っていいレースと言えるかもしれません。

 

その中でも一番期待できるのはこの馬でしょう。

その馬の名はブログランキング(B)で公開中

東京でも強い勝ち方を見せましたが、この馬はコーナー4回の小回りコースでこその2ハロン差しの馬です。例えて言うならハレルヤボーイの10倍増しくらい強い馬と言っていいかと。

恐らく中山で内枠を引けばパフォーマンスは間違いなく上なはずで、鞍上もこのレースは相性抜群なコース。母系もこのレースに相性抜群な馬と同じ血統ですし、状態面さえ整っていれば勝利に一番近いと思っています。

 

関連記事

阪神JF [5] 枠順発表!明暗を探る

さて、開催前日となりますが、リプライサミット東京開催はまだ募集しております。 お店の関係上、懇

記事を読む

安田記念はまさかまさかのロゴタイプの逃げ切り勝ち!

今年の春のGIは天皇賞(春)から全て現地で見ていたんですが、今週はさすがに疲れたのと安田記念に1ミリ

記事を読む

安田記念2017の予想を公開!

安田記念2017(東京芝1600m)の予想です。 6月4日に東京競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

チャンピオンズカップ [2] 各ステップレースのレベル検証

浦和記念は、、、 1着:◯ハッピースプリント 2着:◎サミットストーン 3着:△ソ

記事を読む

天皇賞(秋) [5] フェノーメノってホントに鉄板なの?

さて、色々と好走データを見てきたが、ここで全頭解説を行う前に一頭の有力馬に関して、私なりの考察を述べ

記事を読む

スプリンターズS [4] 差し・追い込みは決まらないレース

今日から10月になりました。早いもので2015年もあと3ヶ月となりました。競馬はこれからがオンシーズ

記事を読む

【オークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

オークス2019(東京芝2400m)の考察です。 5月19日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【ジャパンカップ2018の予想ヒント】有力馬分析(アーモンドアイやサトノダイヤモンドなど)

ジャパンカップ2018(東京芝2400m)の考察です。 11月25日に東京競馬場で開催され発走

記事を読む

スプリンターズステークス2018の予想を公開!

スプリンターズステークス2018(中山芝1200m)の予想です。 9月30日に中山競馬場で開催

記事を読む

宝塚記念はゴルシ暴走で大波乱決着

結構、真面目に今週末は競馬に取り組みました。おかげで金土とほぼ寝れていないので、12Rが終わったら泥

記事を読む

プリンスオブウェールズステークス2019の予想を公開!

プリンスオブウェールズステークス2019(アスコット芝1990m)の考

【宝塚記念2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

宝塚記念2019(阪神芝2200m)の考察です。 6月23日に函

プリンスオブウェールズSの注目馬やその他もろもろ

今週は宝塚記念の一つしか重賞がないので週中に何を書こうかなぁと迷うとこ

6月3週のレース回顧〜衝撃の156頭除外によるカオスな開催に〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

ユニコーンステークスの予想を公開!

ユニコーンステークス2019(東京ダート1600m)の予想です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑