*

京王杯スプリングカップ2018の予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

京王杯スプリングカップ2018(東京芝1400m)の予想です。

5月12日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はサトノアレス、ダンスディレクター、グレーターロンドン、キャンベルジュニア、ウインガニオン、セイウンコウセイなど。東京競馬場の芝1400mで行われるGII戦です。

 

PR—-NHKマイルC、京都新聞杯=的中!重賞に強い無料予想は。。。

今週末は↓↓

≪最新重賞的中≫一部

東京11R NHKマイルC

利益本命馬:01,05,07,09
利益穴馬:03, 10,11,13,17
3連単 129,560円的中

 

京都11R 京都新聞杯
利益本命馬:04,13,14
利益穴馬:01, 03,05,07,11
単勝 1,280円的中

阪神11R大阪杯
利益本命馬:02,08,15
利益穴馬:01,04,05,09,14

3連単 17,450円的中!

 

★中山11Rダービー卿CT  
利益本命馬:02,06,13
利益穴馬:03,04,09,12,15
3連単126,530円的中!

サイト内会員様になりますと
他レース最新的中情報も公開されております。

無料予想情報ー≪利益直結馬≫
土曜日のレースは金曜日20:00までに公開

日曜日のレースは土曜日20:00までに公開

競馬大陸

メールアドレス登録、リターンメールCLICK!にて無料予想GETコチラ

 

京王杯スプリングカップ 2018予想

京王杯スプリングカップの週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

東京芝コースは今週からBコースに替わり先週の傾向を考えても高速馬場が濃厚。土日の雨予報も日曜の夜からということですし、絶好の馬場コンディションで競馬が行われそうだ。

京王杯スプリングカップが行われる東京芝1400mはスピードの持続力が問われる舞台。エアレーション効果により以前に比べればマイルっぽい差しがズバッと決まるコースにはなってきたが、依然としてダイワメジャー産駒だったりニジンスキーの血が激走したりと持続力が求められる舞台である事は変わりない。

 

今年はメンバーを見渡してもトウショウピスト、ラインスピリット、セイウンコウセイ、ウインガニオンとできれば逃げたい馬がズラリと揃った感じ。加えて大外枠からキャンベルジュニアあたりも先行争いに加わる可能性もあり、ここ2年のようなスローペースは考えにくいだろう。

高速馬場という騎手意識もあれば前傾ラップのレースになるはずで、前半は34秒を切る可能性もあり。それでも今の馬場であれば終いも極端にはかからないはずで、おそらく走破時計は1分19秒台後半でまとまるはず。なかなかこの速い時計を大外一気で突き抜けられる脚を持った馬は少なく、それよりも好位〜中団でしっかりと脚を溜めて抜け出せる馬を狙ってみたい。

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

京王杯スプリングカップ 2018の印

本命 ◎ムーンクエイク

本命は能力は重賞級のこの馬が折り合う事が出来れば上位争いになる。

もともと条件戦の時から明らかにオープン級、重賞級の素質を感じさせていた馬。ただ、いかんせん折り合いがつかない事とゲートが安定しない事で出世が遅れた感じ。それでも500万勝ちは東京コースで4コーナーから先頭に立つという無謀な競馬で押し切っての大楽勝。1000万勝ちの東京コースでの勝利も非常に強い内容でしたし、この馬は重賞でも通用する能力があると考えていいはず。

前走は初のオープン挑戦となったが、主戦騎手が騎乗停止となったためバルジューが騎乗。京都記念でもレイデオロでやらかしてダメなイメージがついた鞍上だが、この馬の前走でも出して行ったが全く折り合えず。3コーナーぐらいまで終始折り合いを欠きながら4コーナーでは膨れるわ被されるわでほとんど競馬にならず。それでも最後は荒れ馬場を外から伸びてきて0.2秒差の5着に走ったのは馬の能力だろう。

今回は輸送のない関東競馬で鞍上も相性抜群の主戦騎手に戻ります。折り合いを考えればマイルよりも1400mの距離のほうが良さそうで、恐らく今回この騎手でこの枠順であればポジションを取りに行って好位で綺麗に溜める形になりそう。先行タイプの馬が多いだけにペースも速くなって折り合いもつきそうですし、その後ろで折り合ってロスなく追い出せればここは勝ち負けになると思います。

 

対抗 ◯ビップライブリー

対抗は人気を落としそうですがビップライブリーがここは狙い目に見えます。

東京芝1400mはとにかくダイワメジャー産駒が爆走する条件。今回のメンバーの中では唯一のダイワメジャー産駒ですし、今までのキャリアを見てもこの馬は明らかに1400m戦向き。

ここ2戦はスプリント戦でスピード負けしている印象で、京阪杯2着こそあれあのレースは馬場が重くて時計がかかったことで差し込めたという部分が大きいか。この馬の強さがわかるのは阪神カップ6着の内容で、かなりのハイレベル戦でこの馬はモズアスコットとほぼ同じ時計での6着に入線。あのレースぶりを見ても1400m戦のガチンコ勝負ならば上位争いになる馬と見ていいだろう。

 

単穴 ▲リライアブルエース

三番手は上がり馬のリライアブルエースで十分に足りるでしょう。

アルバートドッグの全弟という血統背景だが、こちらはマイル前後の距離に適性を見せてきた感じ。昨秋ごろから明らかに馬が変わってきた感じで、1000万は今回と同条件で前がどん詰まりながらスペースを見つけると一頭だけ違う脚で突き抜けての快勝。

トリトンSはインしか伸びない馬場で大外枠でリズムの悪い競馬で大敗。晩春Sではリズム良く追走できると直線ではインを抜けて勝利した。その前走の走破時計1:20:2はなかなか優秀ですし、成長期にあるディープインパクト産駒ということを考えても1分19台後半ぐらいの時計なら対応できていいはず。

とにかくディープインパクト産駒はフレッシュな時が狙い目ですし、今回のような格上げ初重賞挑戦というレースは狙い目に見えます。

 

特注 ☆ダンスディレクター

年齢面と左回り不安はありますがダンスディレクターはここでは能力上位。

高松宮記念は直線で通ったコース取りの差で4着という感じで特に悲観すべき内容ではない。それよりも評価したいのが阪神カップの内容で、かなりのハイペースを先行して1:19:5という圧巻の走破時計で2着。3着馬サングレーザー、4着馬モズアスコットのその後の活躍を見てもこの馬が1400mで弱いはずはなく、まともならここでは一番強い。

ただこの馬に関しては武豊騎手が仕切りに左回り不安をあげている点は気になる。どうも左回りではコーナーで外に張るようで、高松宮記念のレース後の武豊TVの回顧でもその点を終始強調していた。今回は同じ左回りコースではありますが、この後に目標とするべきレースもなくここを取りに来ている感じですし、年齢面での衰えがなければいい勝負になるんじゃないでしょうか。

 

△ サトノアレス

1番人気になりそうなサトノアレスだが今回は手を出すべきタイミングではなさそう。

この馬は今までのキャリアを見ても使って良さが出る藤沢厩舎らしい馬。未勝利を勝ち抜くまでに3戦かかりましたし、キャピタルS→東京新聞杯と連続好走するまでに函館記念や富士ステークスの凡走の積み重ねがあったのを忘れてはいけません。

今回の調教内容を見ても本数こそ乗られていますが、まともに強く追った調教がほとんどない藤沢厩舎らしい休み明けのソフト仕上げ。藤沢厩舎ですし馬の成長待ちでそこまで安田記念を何が何でもというスタンスでもないでしょうし、今回凡走で収得賞金半減でもおそらく例年のボーダーラインなら安田記念には出れそうな感じ。

スタートの遅い馬が初めての1400mで位置を落とすのは容易に想像できますし、ここ2戦は内枠ですっぽり運よくインが開いた印象が拭えず。もともとそこまで器用な馬だとは思いませんし、おそらく蛯名騎手に乗り替われば直線で外に出そうとしてくるはず。色々と不安要素ありますし今回は中心視はしない事にします。

 

△ ダイメイフジ <穴推奨>

おそらく人気なさそうだがダイメイフジはここで通用してもおかしくはない。

前走は初重賞でいきなりオーシャンSで3着。上位馬のほとんどが前々で粘り込んだ中を1頭だけ差してきたのは能力の証だろう。1400mも斑鳩Sでこなしていますし、松山騎手なら前走よりは前目の位置を取りそう。ここでも戦えていいとみる。

 

△  グレーターロンドン

近走内容が見所に欠けるグレーターロンドンは今回もあまり買いたくはない。

前走は確かに内枠で捌けずの4着という感じだったが、昨年の毎日王冠頃までは明らかにGI取りを思わせるスケールを感じさせていた馬。どうも昨年末ぐらいからスケール感が落ちた印象で、重賞ですら馬券圏内はどうだろうというイメージ。

東京新聞杯のレース結果から先行策はもう取れなくなりましたし、今回は初の1400mで後ろからの競馬。届くかどうかはやってみないとわかりませんし、おそらく届かない可能性の方が高い。それでいて人気必至となれば評価する必要はないでしょう。

 

△  シュウジ

なんだかんだで人気になりそうなシュウジはこれぐらいの評価で。

横山騎手が進言して控える競馬を覚えて復活してきたが、馬券に絡めているのは低レベルなメンバーで時計も遅かった中山マイルの2戦のみ。阪急杯の内容などを見ても一線級の相手の重賞は厳しそう。今回は展開自体は向きそうなので横山マジックでどこまで上位にこれるか。

 

△ テオドール

前走は完全に脚を余した感じのテオドールも通用していいはず。

もともと折り合い難あって1800m以上の距離ではまともな競馬ができていなかった馬。前走は久々のマイル戦で折り合いこそついたが、折り合いを気にしすぎた吉田隼人騎手が位置を落とし過ぎてしまった感じで差し届かず本末転倒な結果に。

その折り合いを考えると1400mの距離は良いのかもしれないが、血統的にどこまでスピードがあるかは未知なところでこればっかりはやってみないとわからない。

 

△ フィアーノロマーノ

最後の最後にフィアーノロマーノも抑えまでに。能力的にはオープン級、重賞でも通用していい馬だと思いますし、遅生まれの南半球産なのでここにきての成長度はこのメンバーの中でも随一。キレがないスピード持続力系の大型馬なので大外枠は意外にプラスになりそうですし、乗りに乗れている川田騎手となると外しにくい。どうせ全く人気しないでしょうから最後に抑えておきます。

 

印まとめ

◎ムーンクエイク
◯ビップライブリー
▲リライアブルエース
☆ダンスディレクター
△サトノアレス
△ダイメイフジ <穴推奨>
△グレーターロンドン
△シュウジ
△テオドール
△フィアーノロマーノ

勝負度C

 

推奨馬券

このレースの買い方に関しましては、メルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様はメルマガにて閲覧ください。

重賞以外の平場の予想はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、早いもので2018年も5月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行3年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】重賞回顧データ配布

ここは以前と変わらず、重賞回顧データを配布します。なるべく月曜中に重賞は回顧をお届けできるようにいたします。

 

【火曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、火曜日の夜にメルマガにて予想を配信しております。

※地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開とする場合がありますのでご了承ください。

 

【水曜日】全レース分析

水曜日には前週に行われた全レース分のデータを配布します。

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルになります。

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

また、エクセルでの全レース分析データの配信と同時に、メルマガ内にて前週の全レースの中で不利を受けたりペースに泣かされたりして次走は狙い目だと思われる馬を多数ピックアップしてお伝えしております。

↓こんな感じ↓

この次走注目馬リストをnetkeibaのMy登録馬に書きいれたり、JRA-VANのMy登録馬に書き込んでおけば、その馬が次に出走してきた時には狙い目が丸わかり!他のファンよりも間違いなく一歩先へ行った予想ができると思います。

 

【木曜日】新馬戦レビュー

木曜日は前週のレースの中でも特に新馬戦だけを抜き出して、そのレースレベルや勝ち馬の将来性についてを配信しております。

↓こんな感じ↓

水曜日に全レースの回顧を配信した上で、新馬戦に関してはここまで細かいレビューを出しています。まず他ではここまでの回顧は出していないでしょう。とにかく競馬を極めたいマニアな方のために新馬もここまでやっちゃいます。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

いまご登録頂ければ本日の回顧号からすぐにお読み頂けますので、是非とも今週分からお試しにお読みいただければと思います。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

京都新聞杯 [2] 昨年のイメージに騙されるな

今週末も3場ともに土日は晴れ予報。やっぱりGIシーズンは良い馬場で迎えたいですから最近はお天気に恵ま

記事を読む

京阪杯の予想を公開!

すみません、急遽東京競馬場に来てしまったもので京阪杯のまとめデータを一斉送信することができません(汗

記事を読む

アーリントンC [1] JRA重賞屈指の先行馬天国

上野東京ラインがいよいよ開業します。首都圏のJR路線では横浜→渋谷を繋いだ湘南新宿ライン開業以来の改

記事を読む

フィリーズレビュー2017の予想を公開!

フィリーズレビュー2017(阪神芝1400m)の考察です。 3月12日に阪神競馬場で開催され発

記事を読む

新潟記念 [3] 枠順発表!明暗を探る

昼から絶賛全レース予想中。 というのもですね、先週は新潟2歳ステークスが大的中があったからいい

記事を読む

【2016】京都記念 / 枠順&展開考察(レーヴミストラル、ヤマカツエース等の枠順は如何に)

今日は2/14(日)に行われる京都記念の枠順&展開考察を行います。京都芝2200mで行われる

記事を読む

【2016】鳴尾記念/ レース考察(阪神芝2000mで行われるGI戦を徹底考察します)

今日は6/4(土)に行われる鳴尾記念のレース考察を行います。阪神芝2000mで行われるGIII戦です

記事を読む

マーメイドS [4] 枠順発表!明暗を探る

蓄膿炎を病んで1週間、まだ顔面痛に悩まされています。バタバタした1週間でしたが、とうとう痛みがひどく

記事を読む

シンザン記念の予想を公開!

三日間開催もそろそろ半分に近づいてきたので、少しレースに参加し始めるとしましょう。今日は重症のシンザ

記事を読む

【2016】ユニコーンS/ レース考察(東京ダート1600mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は6/19(日)に行われるユニコーンステークスのレース考察を行います。東京ダート1600mで行わ

記事を読む

東京記念2018の予想を公開!

東京記念2018 (大井ダート2400m)の予想です。 9月19

【オールカマー2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

オールカマー2018(中山芝2200m)の考察です。 9月23日

【神戸新聞杯2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

神戸新聞杯2018(阪神芝2400m)の考察です。 9月23日に

セントライト記念は的中もローズSは◎ゴージャスランチのハナ差4着に泣く・・・

土日月の競馬お疲れ様でした。 3日間開催は異様に疲れますねー。ひ

セントライト記念2018の予想を公開!

セントライト記念2018(中山芝2200m)の予想です。 9月1

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑