*

関東オークス2021の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2021/06/30 地方レース考察・予想

関東オークス2021(川崎ダート2100m)の予想です。

6月16日に川崎競馬場で開催され発走時刻は20:10です。出走馬はウェルドーン、ケラススヴィア、リフレイム、ランスオブアースなど。川崎競馬場のダート2100mで行われるJpnIIです。

 

[PR] ー緊急地方速報ー いま噂の当たりすぎるという地方競馬情報です

関東オークス無料開放

5月始動の地方無料公開。

毎週いい感じにきております!

━━━━━━━━━━━━━━

【無料予想】のじぎく賞

馬単→×/3連複49.2倍

獲得:49,200円/収支:+9,200円

【無料予想】かしわ記念

馬単26.9倍/3連複34.9倍

獲得:61,800円/収支:+21,800円

※1点1,000円投資/買い目画像

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

大井記念,北海道スプリント,兵庫ダービーと

トリガミもありながら的中率は高い!

馬単&三連複で入線3頭は基本読んでる感じです!

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

関東オークスは当日無料公開との事!!

《関東オークス無料公開アリ》

メアドがあれば↑から誰でも簡単に確認できます◎

 

関東オークス 2021予想

予想の根拠

南関牝馬クラシックの第3戦として川崎ダート2100mで行われる交流重賞。川崎ダート2100mという条件は歴戦の古馬達にとってもタフな条件であり、そんなスタミナ条件を3歳の牝馬が走るということで相当にタフな部類に入るレース。基本的にスタミナがある馬が有利というのは当然だが、実力馬とそうでない馬では基礎スピードが違いすぎるがために、少々スタミナ面に欠ける馬でも強いだけで上位に走れてしまうことも多い傾向だ。

 

最初の2ハロン目だけ11秒台を刻むが、それ以降は速いラップを刻むことはほとんどないレース。前半部分である程度の位置を取れて、道中はとにかくロスなく体力を消費せずにスムーズな競馬ができるかがポイント。今年は間違いなく逃げることになりそうな2冠馬ケラススヴィアと中央馬の能力比較をどう見るかが重要になりそうです。

というわけで予想の発表。

 

関東オークス  2021の印

【本命 ◎7 ケラススヴィア】

圧巻のスピードで南関クラシック最初の2冠をともに圧勝。もうそのレースぶりを見てもこの世代の南関3歳牝馬では抜けた存在と見て良さそうで、サウスヴィグラス産駒ながらレースぶりを見てもそこまで距離に心配はいらないだろう。最大のポイントは中央馬との能力比較となる。

どの時代、地方でも3冠というのは達成するのが難しいが、その中でも南関牝馬クラシックは最も達成するのが難しい印象。なんせ最後に行われる関東オークスが川崎ダート2100mというめちゃくちゃな条件で、しかも中央馬が参戦してくることで一気にメンバーレベルが上がる。過去に達成したのはチャームアスリープだけですし、ここ2年もトーセンガーネットとアクアリーブルが2冠までは達成したが関東オークスではそれぞれ3着、2着に負けた。

では、今年のケラススヴィアがどうかという話だが、桜花賞、東京プリンセス賞の内容、時計を見ても過去2年の2冠馬と能力的に遜色はなし。スッと前に行けるスピードがあって、今回は同型もいないのでマイペースの逃げが打てそうですし、まぁよほどのことがない限りは大崩れはないだろう。

ただ、逃げ馬ということで中央馬の目標にされやすそうですし、中央馬の大将格がこの馬の直後の位置が取れそうで、なおかつ牡馬混合のオープンを勝っているウェルドーンというのも厄介。絶対的なスピードと前に行ける利点で馬券圏内には粘ると思いますが、過去の南関牝馬クラシックの歴史からもここは中央馬には一歩及ばずで惜しい結果に終わる可能性が高いと見ます。

 

【対抗 ◯6 ウェルドーン】

ヘニーヒューズ産駒ながら使うごとにパフォーマンスを上げてきている感じで、先行力と持久力はJRAでも世代上位のものがあるだろう。鳳雛ステークスは例年ほど骨っぽいメンバーが揃わなかったとはいえ、タケルペガサス相手に完勝は評価していいと思いますし、これで牝馬限定戦に入れば能力上位は明白。

レースぶりからは大丈夫そうですが、ヘニーヒューズ産駒の距離延長、また初の地方交流、ナイター競馬ということで対抗までとしましたが、人気になるのも当然という感じであっさり勝てていい馬だと思います。

 

【単穴 ▲5 リフレイム】

デビュー当時に芝で圧巻のパフォーマンスを見せていたがその後は鳴かず飛ばず。アメリカ血統らしく揉まれるのを嫌がる感じで、血統的にも芝の一線級では厳しかったか。

父が3冠馬アメリカンファラオで母ケアレスジュエルもアメリカのダート中距離GI馬というとんでもない良血馬。母父タピットという点からもベスト条件はダート中距離の可能性が高く、今回はキャリア初のベスト条件で一気にパフォーマンスを上げてくる可能性もあり。まぁ今まで見せてきたレースぶりからも圧勝から惨敗まであっていいように思います。

 

【△1 ランスオブアース】

1勝クラス勝ちのネモフィラ賞も特に見どころあるものではなく、伏竜ステークスは牡馬相手とはいえ見せ場はほぼなし。兵庫チャンピオンシップはメンバーレベルが微妙な中で相対的に3着に走ったという感じでしたし、ここに入ってもそう強調はできない。相手なりに差し込んではくるので2、3着候補という感じか。

 

【△8 ディアリッキー】

東京2歳優駿牝馬や東京プリンセス賞の内容を見てもケラススヴィアには差を見せつけられている感じ。まぁそれでもホッコータルマエ産駒はとにかく使っての上昇度が半端ないですし、相手なりに走ってくるイメージなので2、3着の抑えまで。

 

【△9 ベルヴォーグ】

未勝利勝ちのパフォーマンスは圧巻だったが、1勝クラス勝ちに関しては展開に恵まれた感じ。牝馬限定で最後は後ろに迫られていましたし、昇級しても有力と言える勝ちっぷりではなかった。恵まれて2、3着までという感じか。

 

【推奨買い目】

三連単 6,5→7→6,5,1,8,9

三連単 6,5→6,5,1,8,9→7

 

【買い目及び予想のポイント】

ここは買いたい穴馬もおらず、なおかつ人気馬も普通に堅そうということでさっぱり買いたくありません。その中でもどうにかして馬券的な妙味を見つけるには・・・ということで◎ケラススヴィアの2、3着固定にした感じ。まぁ逆転できるとしたら中央でもスケール上位の2頭だけでしょう。重賞なので買いますし上手く荒れてくれれば・・・とは思いますが、基本的には中央の平場レースだったら確実に回避しているということはご理解ください(汗)

関連記事

笠松グランプリ2017の予想を公開!

笠松グランプリ2017(笠松1400m)の予想です。 11月22日に笠松競馬場で開催され発走時

記事を読む

エンプレス杯2019の予想を公開!

エンプレス杯2019(川崎ダート2100m)の予想です。 2月27日に川崎競馬場で開催され発走

記事を読む

さきたま杯2019の予想を公開!

さきたま杯2019(浦和ダート1400m)の考察です。 5月29日に浦和競馬場で開催され発走時

記事を読む

ダイオライト記念2017の予想を公開!

ダイオライト記念の予想 ダイオライト記念2017(船橋2400m)の予想です。 3月15日に

記事を読む

北海道2歳優駿の予想を公開!

まだ絶賛先週のレースの復習中なわけですが、ちょっと合間に気分転換も兼ねてサクッと北海道2歳優駿を予想

記事を読む

JBCクラシック2021の予想を公開!

JBCクラシック2021(金沢ダート2100m)の予想です。 11月3日に金沢競馬場で開催され

記事を読む

スパーキングレディーカップ2021の予想を公開!

スパーキングレディーカップ2021(川崎ダート1600m)の予想です。 7月8日に川崎競馬場で

記事を読む

【東京大賞典2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

東京大賞典2017(大井ダート2000m)の考察です。 12月29日に大井競馬場で開催され発走

記事を読む

クイーン賞の予想を公開!

【穴党必見】穴馬一筋26年、大穴男の的中が止まらない!穴党は必見です! 穴馬見つけるならコレし

記事を読む

浦和記念2021の予想を公開!

浦和記念2021(浦和ダート2000m)の予想です。 11月23日に浦和競馬場で開催され発走時

記事を読む

CBC賞2022の予想を公開!

CBC賞2022(小倉芝1200m)の予想です。 7月3日に小倉

ラジオNIKKEI賞2022の予想を公開!

ラジオNIKKEI賞2022(福島芝1800m)の予想です。 7

TUF賞2022の予想を公開!

TUF賞2022(福島芝1200m)の予想です。 7月2日に福島

芝ダート共に上半期のグランプリは晩成タイプが成長を見せて頂点に!〜今こそ見つめ直したい競馬の基本〜

先週行われた宝塚記念は2番人気のタイトルホルダーが勝利。1番人気のエフ

【CBC賞2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

CBC賞2022(小倉芝1200m)の考察です。 7月3日に小倉

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑