*

【函館スプリントS2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

公開日: : 重賞レース考察・予想

函館スプリントS2017(函館芝1200m)の考察です。

6月18日に函館競馬場で開催され発走時刻は15:25です。出走馬はセイウンコウセイ、シュウジ、ブランボヌール、クリスマス、ジューヌエコールなどを予定。函館競馬場の芝1200mで行われるGIII戦です。

 

sponcered link

「競馬はビジネスである」様のサイトスペースをお借りしまして、いま一番アツイ情報サイトのご紹介をさせて頂きます。

運や勘、競馬新聞や競馬情報情報誌から得られる情報で馬券を購入し、全く的中しないことに疑問を持たれてても時間の「無駄」であることは言うまでも御座いませんが、それでも諦めずに僅かな「夢」に縋りつくのは愚の骨頂で御座います。

競馬は宝くじでは御座いません。決して運に任せるのではなく、あらゆる情報を元に分析し、予想し、「的中」という二文字を掴み獲るものです。その上で会員様へお願い申し上げます…どうか我々に”その役目”をお任せ頂けないでしょうか。

関係者を筆頭に幅広く太いパイプから流れてくる情報は、メディアも注目しない大穴伏兵馬の存在さえも把握することが可能になると言われております。もちろん出走馬の力関係や各陣営の情報も”ざら”であり、それにより高額輩出が想定されるレースを選出することも十分可能であると言われております。

“その道のプロ”の思惑から当サイトの情報は成り立っているのです。予想や偶然に頼り高額輩出が想定されるレースを厳選している訳ではございません。明確な根拠に基ききっちり的中を狙えるレースのみを選定しているからこそ情報として成り立つのです。

私たちSiteでは無料提供の買い目通りに馬券を買うだけで、1週平均50万円の配当を実現します。

“その道のプロの情報”を試して、今週末からは勝ち組になりませんか??

 

<無料登録はコチラから>

↓↓↓

 

函館スプリントS 2017 考察

過去5年のレース傾向

2014年と2015年は開幕週の函館コースにも関わらず外枠の馬が上位に来ての外差し決着に。

一転して2016年は前を行った馬のなだれ込みで超高速決着となっており、一見するともう訳のわからないカオスなレース。ただ、冷静に過去5年の結果と映像を見ていくと、このレースははっきりとした特徴があります。

これさえ読めば函館スプリントステークスの真実がはっきりわかります!!

というわけで、その特徴を見ていきましょう。

 

まず、ここ数年で浮上していた函館競馬場は開幕週から外差し馬場になっている説。

昨年は特に開幕週の土曜日が外を回す差し馬の活躍が目立ち、いよいよ函館競馬場までエアレーション外差しの波がやってきた、と話題になったかと思います。

結論としてJRAが枠順の有利不利をなくすために、開幕週からソフトな馬場を作ろうとしているのは事実だと思いますが、東京競馬場や中京競馬場のように長い直線のある競馬場ならまだしも、函館競馬場のような小回りローカル競馬場では、開幕週でいきなり外側の馬場の方が有利というのは常識的にありえないでしょう。

馬場云々の前にインをぴったり通れる事でロスなく競馬ができるわけですから、昨年の函館競馬場で開幕週で差しがやたらと決まっていたのは馬場以外の別の要因がありそう。その証拠に昨年の土曜日は外差し決着が目立っていましたが、日曜日は一転してイン先行決着が目立って函館スプリントSも先行2頭で決まりました。

 

昨年の函館開幕週は土日で風の向きが変わってという事もあるでしょうが、開幕週の小回りコースという意識が騎手にはっきりと働いていた感じで、どのレースもスパート位置がかなり早くなっていた印象。先週の阪神競馬場もそうでしたが、いくらイン先行有利の高速馬場でもスパート位置が早くなれば外からの差しも決まるようになります。

もちろん以前の函館の芝の開幕週ならばスパート位置が早くても結局インが伸びるような馬場だったんでしょうが、最近の馬場のソフト化でペース次第では外差しも決まるような馬場になってきているとは思います。

 

そんなわけで、函館芝はソフト化は進んでいるが、コース形状から考えて開幕週から外差し馬場なんていうのはありえない、というのが個人的な見解。

これを踏まえた上で過去5年の映像を見ながら函館スプリントSの真実を紐解いていこうと思います。

 

<2012年> 勝ち馬 ドリームバレンチノ

ナイアードとレオンビスティーという格下の馬2頭が先頭を主張。その結果、直線でその2頭が垂れてインは大渋滞に。能力断然だったロードカナロアは垂れてきた逃げ馬のせいでどん詰まりになり、その隙に外から抜け出したドリームバレンチノが勝利。

 

<2013年> 勝ち馬 パドトロワ

逃げたフォーエバーマークと2番手のパドトロワがバテずに最後までそのまま走りきった。その結果、垂れる先行馬がいなかったせいでインで渋滞は起きず、2着にはインをスルスルと伸びてきたシュプリームギフトが突っ込んできた。

 

<2014年> 勝ち馬 ガルボ

衰え始めていたフォーエバーマークと格下のメモリアルイヤーが先手を主張。2頭ともに直線入り口では手応え怪しくなってインが大渋滞。人気に推されていたストレイトガールとスマートオリオンはどん詰まりで何もできない競馬に。

その隙に外を抜け出したガルボと6枠の差し馬2頭が上位に。

 

<2015年> 勝ち馬 ティーハーフ

前半33.0のハイペースでフギン、アンバルブライベン、メイショウイザヨイといったあたりが直線入り口で急失速。そもそも内枠の好位勢の馬にあまり人気馬がいないレースだったが、ローブティサージュあたりはこの大渋滞の煽りを食らって全く追い出せずに終了。

外を抜け出したティーハーフと大外枠の2頭が差し込んできた。

 

<2016年> ソルヴェイグ

ローレルベローチェ、ソルヴェイグの2頭が先手を主張。ローレルベローチェこそ直線半ばでバテたが1頭だけだったので特に渋滞は起きず。インが詰まらなかったのでそのままインを通ってきたシュウジとレッツゴードンキが2、3着に。

 

もう過去5年の説明を見てもらえればお分かりいただけたかと思いますが、、、

函館スプリントSはインが渋滞するかどうかを見極めることが最も大事

というレースなのです。

これは函館スプリントSだけでなく、夏の小回りローカルで行われるスプリント戦全てに言えることなのですが、スプリント戦は距離が短いので一瞬の追い出し遅れやロスが命取りになりやすい条件。それだけにインで渋滞が起きてしまうと、ロードカナロアやストレイトガールといったレベルの馬でも何もできずに終わってしまう可能性があるのです。

 

では、インで渋滞がおきるかどうかを見極めるにはどうすればいいか?

これはもう過去5年の結果を見ていればなんとなくわかると思いますが、

逃げ、先行馬が最後まで走り抜ける馬かどうか

という点が重要だと思います。

昨年のように強いソルヴェイグのような先行馬がいる時はそのままイン先行なだれ込みレースに。

一方で一昨年のように先行しそうなのがフギンやメイショウイザヨイなどの明らかに力の劣るタイプの馬が多い場合、それらの馬が直線で失速するのでインは渋滞が起きる可能性が高く、中枠ぐらいの差し馬に展開が向く可能性が高い。

これが函館スプリントステークスの真実です。では、今年は渋滞が発生するのか、しないのか、というのはこれから見ていきましょう。

 

 

 

血統傾向

小回りローカルで直線の短いスプリント戦、という条件ですから、瞬発力を売りとするサンデーサイレンス系の期待値はあまり高くないレース。昨年こそサンデーサイレンス系のワンツーですが、基本的には非サンデー系の方が向くレースだと思います。

その中でも父ミスプロ系の活躍は目立ちます。毎年1頭は馬券に絡んでいますし、やはり短距離のスピード条件ということでミスプロ系は重要でしょう。その他にも大系統ノーザンダンサー系の活躍は目立ちますがこれも同じ理由でしょう。

 

 

レースラップ傾向&展開予測

ローカル小回りの函館競馬場の開幕週で行われるスプリント重賞、という事を考えてもテンのスピードはかなり速くなりやすいというのは言えるでしょう。

前半33秒台中盤〜後半くらいで進む事が多く、前へ行く馬が能力足りない馬の場合は直線半ばでバテてインは大渋滞を起こします。

一方で前半33秒台中盤ぐらいでも走り抜ける強い先行馬の場合は、前が止まらないので渋滞起きずにインの馬がそのままなだれ込むレースになりやすいです。

 

考察まとめ

というわけで枠順発表前の函館スプリントSの想定オッズはこちら。

 

枠順発表前の想定オッズ(当サイト予測)

人気 馬名 オッズ
1 セイウンコウセイ 3.8
2 シュウジ 4.2
3 ジューヌエコール 5.5
4 クリスマス 5.8
5 ブランボヌール 6.3
6 キングハート 8.2
7 エポワス 9.5
8 エイシンブルズアイ 13.7
9 レヴァンテライオン 15.5
10 イッテツ 45.6
11 ホッコーサラスター 62.4
12 ノボバカラ 72.0
13 ラインハート 99.5

 

高松宮記念覇者のセイウンコウセイが1番人気で間違いないか。ただ、高松宮記念が伏兵の立場で勝利でしたし、特殊な馬場だったのでそこまで一本被りにはならなそう。

シュウジ、クリスマス、ブランボヌールあたりも差のないオッズで混戦になると思います。

 

最後に現時点で面白いと思う馬をピックアップ!

↓↓のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


競馬ブログランキングへ

<推奨根拠>

3〜5走前のレース内容を見ればこの馬はスプリント界ではナンバーワン級の馬だというのは明らかだと思います。

ここ2戦は結果が出ていませんが、それはこの馬のスプリント適性が更に前面に出てきていたというのが敗因か。2走前は1400mで行きたがって制御つかずの大失速。前走はスピード馬が有利とは言えない中京芝1200mの舞台で、スタートが上手く行き過ぎてしまって気持ち良く行き過ぎての失速。

ここ2戦の条件は決してスピードが活きる舞台ではありませんでしたし、今回の函館芝1200mという条件はこの馬の前面に押し出てきたスプリント適性を活かすには絶好の舞台でしょう。

恐らく今回の鞍上ならば馬の邪魔はしないはずで、スピードを活かして逃げる競馬をしてきそう。他に競りかけてくる馬もいなそうですし、もう能力通りならスピードの違いを見せつけて勝ち負けでしょう。

 

[PR]

PR 【ユニコーンSは確実に獲れる。最注目レースは函館SS。】

完結に説明します。
過去2年間、毎週のように3連単を当てている『うまコラボ』。

実は、今年のユニコーンS/函館SSの的中へ最も成功率の高い競馬指数提供サイトです。

それはなぜか。

うまコラボが提供しているのは『コラボ@指数』。
サイトの立ち上げからまだ期間が短いものの、ユニコーンSは2014年に22万馬券も的中。
そして2014年から3年連続3連単的中。今年の的中はすでに見えています。

函館SSは、毎年激荒れのレースで有名ですよね。
2016年3連単配当:397,650円
2015年3連単配当:944,140円
2014年3連単配当:872,270円

2016年に2番人気馬が2着に入線したこと以外、
過去3年の着順を見ると、3番人気までの馬は一度も馬券に絡んでいません。

その中でもうまコラボは、2014年6番人気ローブティサージュの入線や、
2015年14番人気アースソニックの入線をみごとに予想しています。

この結果を見てわかる通り、
入手データ量が年々増えてくることにより、予想精度はメキメキと上がってきています。

だからこそ、今年のユニコーンS/函館SSの的中に近づくために、うまコラボを試す価値は十分にあります。

■注目ポイント:函館SSの予想は無料での提供が決定しています。

お申し込みはこちらから

もっと詳しく知りたいという方は、どうぞ先を読み進めてください。

今年のニュージランドトロフィーは覚えていますか?
もう忘れたという方は、以下の結果を頭に入れておいてください。

1着 ジョーストリクトリ 【12人気】
2着 メイソンジュニア 【8人気】
3着 ボンセルヴィーソ 【5人気】
馬連配当 29,320円
3連複配当 49,810円
3連単配当 496,220円

まず、単刀直入にお伺いいたします。
素直にお考えください。

『あなたはこの馬券を獲ったら、何をしたいですか?』

仮に3連単の配当金、496,220円があれば、PCやスマホを新調してもお釣りはきます。
スーツを新調してもいいですし、奮発して家族や友達と旅行にも行けますね。
496,220円あれば、趣味に打ち込むお金も用意できました。

「496,220円なんて絶対に当たらない」

そんなことはありません。
狙いすまして当てることは十分に可能です。

実は『うまコラボ』を使えば、うまコラボさえ信じていれば、この馬券を獲れたと言ってしまっても過言ではありません。
『コラボ@指数』の序列上位6頭の馬は走る。とにかく走る。
お気づきではないかもしれませんが、ニュージーランドトロフィーは指数序列6位の馬を買っていれば、当てることができました。

先日の指数序列上位6頭BOXの3連単の的中率をご紹介します。

5月28日(日)全レース中 【33.3%】
5月29日(土)全レース中 【41.7%】

勿体ないと思いませんか?
うまコラボを使っていれば、あなたはあの金額を手にできていたかもしれない。

先月の日本ダービー、まだ皆さんの記憶にあると思いますが、あのガチガチの決着、的中して当たり前だと思っています。

1着には指数序列5位、フランスのダービーで1勝しているルメール騎手騎乗の2番人気レイデオロ。
2着に指数序列6位のスワーヴリチャード。
3着には指数序列1位のアドミラブルが入り、3連単まできっちりと的中することができました。

『レイデオロは他の馬に比べると評価が低く、走れないと思っていた。』
『スワーヴリチャードは適性はあっていたが、評価されすぎなだけと思っていた。』
『アドミラブルは脚質面の不安が大きすぎた。』

言い訳をしようと思えば沢山出てきます。

しかし、現実を考えれば、うまコラボを使っていれば当たっていた可能性はあります。
勿論、うまコラボを信じていればのお話。
だけど、当たるチャンスがあったことは紛れもない事実です。

この事実から、あなたは目を逸らしてユニコーンS/函館SSの馬券が買えますか?
ユニコーンS/函館SSを当てたいなら、まずはうまコラボを利用してみてください。
指数を見てから馬券を買っても損はしないですよ。

お申し込みはこちらから

■うまコラボの無料会員特典

  • 『函館SS』
    (毎週の注目重賞予想が見れます。)
  • 毎週全競馬場の1R〜6Rまでの予想

他の予想サイトからすると、無料会員特典が少ないかもしれません。
だけど、当てることが競馬情報を提供するサイトの最大の使命。
的中に結びつかない不要な情報は必要ないんです。

■『月額1,980円』有料会員

  • 無料予想以外のレース全部の予想
    (今週はユニコーンS(G3)を含めた全競馬場全レース指数解放)
  • うまコラボ厳選レースの少点数買い目提供
    (うまコラボの評判が高いのはこの部分)

有料情報は、別に必要ないって方は必要ないかもしれません。
だけど、これだけは言わせてください。

『あなたが思っている以上の成績を、毎週毎週叩き出しています。』

無料会員になり、無料会員メニューを使い倒して下さい。
間違いなく、有料会員になってもいいかなと思っていただける指数システムを構築できていると思います。

これだけは言わせてください。
毎週結果を残せる根拠がある。

これだけは伝えておきたい。
毎週結果を残してきた実績がある。

あなたも、うまコラボの『コラボ@指数』を使って、毎週末の夜ご飯を豪華にすることから始めてみませんか。

お申し込みはこちらから

関連記事

【共同通信杯2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

共同通信杯2017(東京芝1800m)の考察です。 2月12日に東京競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【2016】関屋記念 / 有力馬考察(マジックタイム、ヤングマンパワーなどの徹底分析)

今日は8/14(日)に行われる関屋記念のレース考察を行います。新潟芝1600mで行われるGIII戦で

記事を読む

チューリップ賞 [4] 中心は阪神JF直行組

週末のお天気もまた微妙みたいですね。予報だと関東だけは土日とも雨の可能性。阪神は両日良馬場でできると

記事を読む

東京スポーツ杯2歳ステークス2017の予想を公開!

東京スポーツ杯2歳ステークス2017(東京芝1800m)の予想です。 11月18日に東京競馬場

記事を読む

【2017】中日新聞杯の予想を公開!

中日新聞杯2017(中京芝2000m)の予想です。 12月9日に中京競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【2016】武蔵野S / レース考察(東京ダート1600mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は11/12(土)に行われる武蔵野ステークスのレース考察を行います。東京ダート1600mで行われ

記事を読む

京王杯SC [3] 平場戦より差しが決まる

ベイスターズは昨日も中日相手に逆転勝ち。中日は今季表ローテと裏ローテの落差が激しいので、裏ローテなら

記事を読む

チューリップ賞の予想を公開!

炭焼きレストランさわやかに初めて行きました。といっても静岡県民の方しかわからないと思いますが、静岡県

記事を読む

【2016】大阪杯 / レース考察(阪神芝2000mで行われるGII戦を徹底考察します)

今日は4/3(日)に行われる大阪杯のレース考察を行います。阪神芝2000mで行われるGII戦です。そ

記事を読む

プロキオンS [2] ダートなのに内枠が穴?

正直なところを申しますと、七夕賞とプロキオンSはともに ◎トラストワン ◎サウンドトゥル

記事を読む

葵ステークス2018の予想を公開!

葵ステークス2018(京都芝1200m)の予想です。 5月26日

今週末はダービーウィークなので全レース予想配信!&その他もろもろ

さて、いよいよ日本ダービーの特別な週末が始まります。 みなさん、

【目黒記念2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

目黒記念2018(東京芝2500m)の考察です。 5月27日に東

【日本ダービー2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

日本ダービー2018(東京芝2400m)の考察です。 5月27日

【葵ステークス2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

葵ステークス2018(京都芝1200m)の考察です。 5月26日

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑