*

ファンタジーステークス2023の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2023/11/08 重賞レース考察・予想

ファンタジーステークス2023(京都芝1400m)の予想です。

11月4日に京都競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はシュークリーム、クイックバイオ、ドナベティ、キャンシーエンゼルなど。京都競馬場の芝1400mで行われるGIIIです。

 

[PR] 9月もプラス収支の無料情報

毎月プラス収支の無料情報です。

10月はついにマイナスか・・・?

と思ったらラスト2鞍で捲くってきました!

━━━━━━━━━━━━━━

無料情報:先週勝利

・天皇賞秋

三連複10点500円

→21.8倍 的中

【払戻額】10,900円【回収率】218%

・古都S

ワイド10点500円

→17.6/5.6/11.9倍

【払戻額】17,550円【回収率】351%

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

無料情報:月別収支

10月+8,250円

09月+20,100円

08月+313,000円

07月+247,750円

06月+152,000円

━━━━━━━━━━━━━━

的中率は40%台ですが配当がよく毎月プラス収支です!

→毎月プラスの無料情報

アルゼンチン共和国杯週もここの無料情報は見逃さないでください。

 

京王杯2歳ステークス 2023 予想

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

ファンタジーステークスのレース概要

京都芝1400mで開催される牝馬限定重賞。暮れの阪神ジュベナイルフィリーズの前哨戦としての位置付けのレースですが、そもそも本気でマイルGIを狙うような馬が前哨戦で1400mには使いませんし、同週に同じ1400m重賞の京王杯2歳ステークスがあるので関東馬もあんまり出走してこない。そんな事もあって以前は本当に酷いメンバーレベルになることが多く、年間の重賞の中でも最も酷いメンバーレベルで行われていました。

ただ、最近はあまりにメンバーレベルが低いことで、逆に賞金を加算するためにここを使う有力馬も増えてきた感じ。特にノーザンファーム生産馬が使い分けでこのレースを選ぶことが増えてきた感じで、2019年のダノンファンタジー、2020年のレシステンシアあたりはこのレースをステップにして阪神ジュベナイルフィリーズを制しました。そんなこともあって近年は少しずつレースレベルが上がってきているように感じます。

 

阪神開催の昨年はメンバーレベルが低くて波乱が起きた感じですが、それ以外の直近の結果を見ても中波乱ぐらいまではあっても極端な大波乱にはなっていません。ある程度傾向がはっきりしているレースでもありますし、想定の範囲内の波乱ぐらいがあるレースかなと見ます。

 

データ的な見地からの考察


※京都競馬場で開催された近5年のファンタジーステークスの馬体重別成績

2歳のこの時期での完成度が問われるレースで、なおかつ1400mの短い距離なのでスプリント適性も要求される。そんな事もあってこのレースはある程度馬格が大きい馬の方が有利になっており、440〜479kgぐらいの馬体の馬がよく走っています。

 


※京都競馬場で開催された近5年のファンタジーステークスの前走距離別成績

また、これは2−3歳の1400m重賞全てにおいて言える事なのですが、短距離適性が高いスピードタイプが多数出走してくることでこの時期の1400m重賞は激流ハイペースになることが多い。そういう流れになると1200mの距離から延長ローテで挑んできた馬はスタミナ的に厳しくなることが多く、一方で1600m以上の距離から短縮ローテの馬はスタミナを活かして優位にレースを進めることができます。こうして前走距離別データを見ても明らかに短縮ローテが有利なのは一目瞭然です。

 

ラップ的な見地からの考察

京都芝1400mはスタート直後に坂があってテンのペースはそこまで速くならないのが特徴。阪神芝1400mはテンからガツンと速くなることが多いですが、こうして京都開催の過去5年のラップ傾向を見ても速く流れたのは2019年ぐらいです。それでもなお短縮ローテが有利というのは面白いものですね。

 

血統的な見地からの考察

直近の京都競馬場で行われた年の血統傾向を見てみると、父or母父がサンデーサイレンス系だった馬しか走っていない感じ。しっかりと決め手が問われる京都外回りコースで行われるレースですし、サンデー系由来の決め手を備えた馬が有利な傾向が出ています。

サンデー系の中でもディープインパクト、ダイワメジャー、フジキセキの系統を持つ馬がよく走っている感じ。ディープインパクト系は言わずもがな才能がずば抜けていますし、ダイワメジャー、フジキセキはサンデー系の中でも1400m適性が非常に高い系統です。

 

レベルや馬場、展開などを踏まえて今年はどんなレースになりそうか?

京都競馬場は今週がBコース開幕週。ラチが外に動きますが、どうも今開催の京都芝はそこまで超高速の路盤ではないので、コース変更後も極端に速い時計は出ないと見ています。差しもそれなりに決まるんじゃないでしょうか。

今年の出走メンバーは函館2歳ステークス覇者と小倉2歳ステークス覇者がどちらも牡馬という事もあって重賞実績ある馬が不在。前走1200m組がほとんどですし、そこまでメンバーレベルは高くないと見ています。

 

考察まとめ

【レース質】現時点での完成度と経験値が問われる1400m戦。□■□■>

【波乱度】大波乱まではないがそれなりの波乱はある傾向。

【ラップ特徴】ゆったりと流れることが多いが、今年は1200m組が多いので速く流れるかも。

【血統特徴】SS持ちが優勢、特にディープ、ダイワメジャー、フジキセキ系。

【狙えるタイプ】ある程度馬格が大きい馬(440〜479kg)。

【狙えるタイプ】前走から距離短縮ローテの馬(延長ローテはダメ)

 




 

ファンタジーステークス 2023の印

【本命 ◎7 セントメモリーズ】

初戦は芝のスプリント戦で圧巻の末脚を披露。前走のりんどう賞は初の1400mで距離を測るような騎乗だったが、超高速馬場で最後は最速上がりで差し込んできて差のない内容。折り合いを考えればペースが流れる方がいいと思いますし、今回はほとんどの馬が延長ローテのスピードタイプということを考えると、同距離ローテで鋭い決め手が使えるこの馬はハマりそうな感じがします。

 

【対抗 ◯8 テラメリタ】

初戦は低調なメンバー相手にスローペースに恵まれたとはいえまずまずの内容。前走のクローバー賞はスタートで出遅れて後ろから。あまりにタフな馬場で本来の能力は発揮できなかったでしょうし、そんな中でも溜めて差す競馬が経験できたのはプラスだったか。今回は数少ない短縮ローテの馬になりますし、母テラノヴァなら良馬場の1400mぐらいの条件は合いそうな感じがします。

 

【△4 クイックバイオ】

ここに来ての2連勝は1400mが合っていたのもあるが川田騎手は完璧に乗っていた感じも。今回のメンバーの中では同距離ローテで控える競馬もできそうですし、相対的にやれていいんじゃないでしょうか。

 

【△5 ヒヒーン】

初戦は超スローを先行して展開に恵まれた感じ。新潟2歳Sは若干折り合いを欠いていたとはいえ負けすぎですし、どれくらい能力があるかがまだわからない。今回は3頭しかいない短縮ローテの馬ですし、この距離で上手く脚を引き出せれば。

 

【△16 ワイドラトゥール】

初戦はかなり低調なメンバー相手に相対的に勝てた感じ。今回のメンバーでは数少ない短縮ローテで差せる馬として期待はしたいが、今回は重賞のメンバー相手にどこまでやれるか。

 

【推奨買い目】

ワイド 7,8→7,8,4,5,16 本線

馬連 7,8→7,8,4,5,16 本線

三連複2頭軸流し 7,8→4,5,16 本線

単勝 8 テラメリタ ボーナス

 

【買い目及び予想のポイント】

ここはハイペースで短距離ローテと同距離ローテの差し馬しか来れないという決め打ち。その中でも枠が良くて妙味がありそうな◎セントメモリーズと◯テラメリタのダブル本命として、相手は「短距離ローテと同距離ローテの差しに回れそうな馬」で決め打ちで狙いたい。

 

関連記事

【2016】東海S / レース考察(中京ダート1800mで行われるGII戦を徹底考察します)

今日は1/24(日)に行われる東海ステークスのレース考察を行います。中京ダート1800mで行われるG

記事を読む

カペラステークス2023の予想を公開!

カペラステークス2023(中山ダート1200m)の予想です。 12月10日に中山競馬場で開催さ

記事を読む

【京成杯オータムハンデ2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

京成杯オータムハンデ2018(中山芝1600m)の考察です。 9月9日に中山競馬場で開催され発

記事を読む

【京都金杯2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

京都金杯2019(京都芝1600m)の考察です。 1月5日に京都競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

クイーンC [2] 好走を左右する3つの重要データ

一応水曜日と木曜日の午前中は他の仕事を一切せずに週末の予想時間に割いているんですが、今週は3重賞とも

記事を読む

【2016】函館2歳ステークス / レース考察(函館芝1200mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は7/24(日)に行われる函館2歳ステークスのレース考察を行います。函館芝1200mで行われるG

記事を読む

【フェアリーステークス2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

フェアリーステークス2022(中山芝1600m)の考察です。 1月10日に中山競馬場で開催され

記事を読む

セントウルS2017の予想を公開!

セントウルステークス2017(阪神芝1200m)の予想です。 9月10日に阪神競馬場で開催され

記事を読む

【東京新聞杯2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

東京新聞杯2021(東京芝1600m)の考察です。 2月7日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【チャレンジカップ2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

チャレンジカップ2019(阪神芝2000m)の考察です。 11月30日に阪神競馬場で開催され発

記事を読む

【日本ダービー2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

日本ダービー2024(東京芝2400m)のレース考察です。 5月

5月3週のレース回顧〜チェルヴィニアとステレンボッシュの一騎打ちの見立ては合っていたんですが・・・

2024年5月3週の中央競馬レース回顧です。前の週に行われた中央競馬の

オークス2024の予想を公開!

オークス2024(東京芝2400m)のレース予想です。 5月19

メイステークス2024の予想を公開!

メイステークス2024(東京芝1800m)のレース予想です。 5

平安ステークス2024の予想を公開!

平安ステークス2024(京都ダート1900m)のレース予想です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑