*

中日新聞杯2021の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2021/12/17 重賞レース考察・予想

中日新聞杯2021(中京芝2000m)の予想です。

12月11日に中京競馬場で開催され発走時刻は15:35です。出走馬はラーゴム、ボッケリーニ、アドマイヤビルゴ、レイエンダなど。中京競馬場の芝2000mで行われるGIIIです。

 

[PR] 今週の無料予想

阪神JF+中日新聞杯

昨年はダブル的中です

今年も週末ダブル的中を狙います!

昨年は中穴~人気薄入れて高配当↓

────────────────

昨年の無料予想・実績

◎2020年12月13日:阪神JF

3連複50.2倍×500円→25,100円

6人気ユーバーレーベン入着!

◎2020年12月12日:中日新聞杯

3連複78.7倍×500円→39,350円

9人気シゲルピンクダイヤ

入れて回収率800%弱です!

────────────────

────────────────

阪神JFは一昨年も的中で4万円獲得♪

こちらは3年連続的中がかかりますね!

買い目はレース前夜↓↓からチェックです↓↓

→阪神JF+中日新聞杯の無料予想

5千円投資が2万~4万円に大化けします!

少額投資が数万円になるのは嬉しいですね(*^^*)

 

中日新聞杯 2021予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

中日新聞杯の週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

中京芝2000mで行われる中日新聞杯は圧倒的に差し追い込みタイプが有利な傾向。そもそも中京芝2000mはコース形態の影響から平場でも差しが決まりやすい条件で、そこで行われる重賞となると末脚鋭い馬が優勢なのは当然か。他の重賞レースでは外を回して届かないだろうと軽視したくなる馬(ショウナンバッハやサトノガーネットなど)もこのレースでは差し届くので注意が必要です。

ただ、そんなレースでも昨年のように超スローペースになるとある程度の位置にいる馬でないと話にならない。昨年の中日新聞杯だけでなく、今年の鳴尾記念も中京芝2000mで恐ろしい超スローペースからの前残り決着になりましたし、コース条件としては差し追い込みが決まりやすいが、ちゃんと展開は見極める必要があるだろう。

今年の出走馬を見ても、ショウナンバルディが押し出されて逃げるぐらいしか考えられないメンバー構成。シフルマン、シゲルピンクダイヤ、あとは横山典弘騎手ならキングオブコージあたりも先行してきそうだが、それでもスローペース〜超スローペースになるのは確定的か。2019年にスローペースでもあれだけ鮮やかに追い込みが決まったのは外差しが決まる馬場の影響が大きかったと思いますし、今年は特にそんな馬場でもないとなればスローペースを好位からスムーズに抜け出せる馬が断然有利になるんじゃないだろうか。

というわけで予想の発表。

 



 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

中日新聞杯 2021の印

【本命 ◎3 アドマイヤビルゴ】

超高額で取引された馬だけに期待外れのレッテルを貼られてしまった感じはあるが、2戦目の若葉ステークスのレース内容を見た時には誰もがダービー候補と確信したはず。その時の阪神芝2000mのパフォーマンスが圧巻で、それ以降でそのパフォーマンスを更新していない点が気掛かりだが、逆に言えばその時以来あまり適性条件に使われていないというのも言えそうだ。

血統的にタフ馬場がさっぱりダメそうな感じで、なおかつ芝2200mではちょっと距離が長そうな感じ。ベスト条件はコーナー4回の芝1800m〜芝2000mで、なおかつコーナー部分で手応えが渋くなるので極端な小回りコースよりも中京芝2000mの方がいいだろう。そうやって考えていくと、今まで良馬場の芝2000mでは2戦2勝。こういう条件でじわっと4ハロンのロングスパート勝負に持ち込めればこの馬はGIIIぐらいなら勝てていいように思います。

そう考えるのもエプソムカップの内容が悪くなかったからで、ミドルペースの芝1800mという条件は若干忙しそうだったが直線で詰まりに詰まってまともに追えないながら最後は差を詰めて0.5秒差。もう重賞未勝利の岩田望来騎手がこれでもかと下手に乗った感じでしたし、まともなら2着は普通にあったと見ていいか。距離も1800mより2000mの方が良いと思いますし、エプソムカップでこれだけやれているなら芝2000mのGIIIなら通用の算段はたつ。

近2走は鞍上が意識的にテンから出していって前目で立ち回る競馬でそこそこ好走。ケフェウスSは苦手な道悪馬場でアラタと僅差なら上出来ですし、カシオペアSは超スローでキレ負けしての僅差ならまずまず。今回はゆったり走れてロングスパート勝負になりやすい中京芝2000mでしかも良馬場で走れるというこれ以上ない条件が揃いましたし、この枠からここ2戦の行きっぷりがあれば絶好位で競馬ができそう。ほぼ間違いなくスローペースになると思いますし、そんな展開でしっかり折り合って進められれば若葉ステークス以来の素晴らしい走りを見せてくれてもいいと思います。

 

【対抗 ◯5 ラストドラフト】

毎日王冠は休み明けで走れなかったが、叩いて良化した天皇賞(秋)では8着に好走。かなりのハイレベル戦だったことを考えればここに入れば当然上位の存在。中京新聞杯は過去に好走実績もありますし、ここは普通に走れば上位争いにはなりそう。近2走のテンの速さからも内枠なら位置を取れそうな感じがするが、三浦騎手となるとのんびり後方からで脚を余す騎乗をしそうな感じがして怖い・・・

 

【単穴 ▲10 ボッケリーニ】

素材的には重賞を数勝していておかしくなさそうだが、今の池江厩舎の低迷を引きずって成績も下降傾向。それでも芝2000mのGIIIレースなら上位に見えますし、あとは去年からハンデが増えてどこまでやれるか。

 

【△2 ショウナンバルディ】

中京コースは大得意な舞台だが、昨年もかなりのスローペースに恵まれながら差されての4着。さすがに鳴尾記念は恐ろしいほどのスローペースに恵まれすぎたと思いますし、普通のペースでいけば差し勢に飲み込まれそう。ただ、今回もほぼ間違いなくスローペースになりそうなのは微妙。

 

【△8 ヒンドゥタイムズ】

能力や実績を考慮すればここでも十分に通用するが、今回は休み明けのハンデはあり。ここに入っても能力が抜けている馬には見えないので、休み明けの分でベタに評価を落とした方がいいんじゃないだろうか。

 

【△12 ディアマンミノル】

ここに来て力をつけてきているが、極端な脚質だけに差し届かないレースが続いている。中京芝2000mで行われるこのレースは、こういうサトノガーネットやショウナンバッハなど他コースでは差し届かない馬の活躍が目立ちますし、この馬自身も中京コースへの適性は高そうに見えます。

 

【△13 ヤシャマル】

これまでのレースを振り返ってみても芝2000mでそこそこ全体時計と上がりがかかる条件がベスト。オクトーバーSは大外枠でスムーズな競馬ができていませんし、今回はタフな中京芝2000mは条件ベストに見えます。穴はこれだとは思うが、エプソムカップを見る限り溜めなきゃダメで乗り難しそう。外枠で丹内騎手で御せるのか?

 

【△14 ラーゴム】

非常に難しい馬で前走は競馬を覚えさせたことが実って久々の勝利。ただ相手や馬場に完全に恵まれた感じがしますし、果たして重賞で人気に応えられるレベルの馬なんでしょうか。

 

【△16 キングオブコージ】

京都大賞典3着までの結果を見てもGIIIレベルでは明らかに上位。前走のオールカマーは久々の分で伸び負けたんだと思いますし、今回はそこから叩いてどれだけの上昇があるかがポイント。若干この距離は短い感じもするのがどうだろうか。横山典弘騎手となると逃げ馬不在で積極策を取ってくる可能性は高いか。

 

【△17 プレシャスブルー】

もう7歳ではあるがここに来てキャリアハイのパフォーマンスを連続披露。オクトーバーSでも相手が休み明けや得意コースではなかったとはいえパンサラッサと接戦ですからGIIIぐらいなら通用しても良さそう。今回の中京芝2000mという条件はいかにも向くと思うが、一方でスローペース濃厚で展開が向くかが怪しい。

 

【推奨買い目】

馬連 3→5,10,2,8,12,13,14,16,17 (3→5,10は重ね買い)

三連複 3,5→10,2,8,12,13,14,16,17 (3,5,10は重ね買い)

 

【買い目及び予想のポイント】

ここは馬場や展開を考えると◎アドマイヤビルゴが最も好走する可能性が高そう。1番人気になりそうですが、まぁオッズもバラけそうなのであんまり気にせずこの馬から行きます。馬連と当初の本命予定だった◯ラストドラフトとの三連複二頭軸で上手く引っ掛かってほしい。非常に難解なレースなので自信はないです。

関連記事

【阪神牝馬ステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

阪神牝馬ステークス2020(阪神芝1600m)の考察です。 4月11日に阪神競馬場で開催され発

記事を読む

中山牝馬S2017の予想を公開!

中山牝馬S2017(中山芝1800m)の考察です。 3月12日に中山競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

エプソムカップ2020の予想を公開!

エプソムカップ2020(東京芝1800m)の予想です。 6月14日に東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

新潟大賞典2019の予想を公開!

新潟大賞典2019(新潟芝2000m)の考察です。 4月29日に新潟競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【2016】七夕賞 / レース考察(福島芝2000mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は7/10(日)に行われる七夕賞のレース考察を行います。福島芝1800mで行われるGIII戦です

記事を読む

ステイヤーズステークス2019の予想を公開!

ステイヤーズステークス2019(中山芝3600m)の予想です。 11月30日に中山競馬場で開催

記事を読む

【小倉2歳ステークス2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

小倉2歳ステークス2018(小倉芝1200m)の考察です。 9月2日に小倉競馬場で開催され発走

記事を読む

【2016】ダービー卿CT / レース考察(中山芝1600mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は4/3(日)に行われるダービー卿チャレンジトロフィーのレース考察を行います。中山芝1600mで

記事を読む

【2016】関屋記念 / 枠順&展開考察(マジックタイム、ロサギガンティア等の枠順は如何に)

今日は8/14(日)に行われる関屋記念のレース考察を行います。新潟芝1600mで行われるGIII戦で

記事を読む

【シンザン記念2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

シンザン記念2018(京都芝1600m)の考察です。 1月8日に京都競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【東海ステークス2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

東海ステークス2022(中京ダート1800m)の考察です。 1月

【AJCC2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

AJCC2022(中山芝2200m)の考察です。 1月23日に中

1月3週のレース回顧〜毎年思いますが年始の競馬は難しいですねぇ〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

京成杯2022の予想を公開!

京成杯2022(中山芝2000m)の予想です。 1月16日に中山

日経新春杯2022の予想を公開!

日経新春杯2022(中京芝2200m)の予想です。 1月16日に

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑