*

毎日杯 [1] 顕著な阪神の馬場状態を理解する

公開日: : 重賞レース考察・予想

有力馬はみな皐月賞への準備に入っていて、普通なら空き巣重賞になりやすい時期に行われる毎日杯ですが、ここを走った馬はGIでも好走する傾向。

過去5年の勝ち馬のうち3頭は、マイネルフロスト、キズナ、ダノンシャンティとその後の5月のGIで馬券に絡んでいます。

さて、今年もなかなかに面白そうなメンバーが揃いました。普通であれば例年の傾向や、能力比較などを行うべきところですが、今年はその前に考えておきたいものが。

もう4週も経つのに阪神の芝がおかしいです。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

 先週の阪神の芝コース復習

普通であれば例年の毎日杯の傾向等から入るのが妥当だが、ちょっと今年は馬場がおかしい。まず先週の芝コースのレースの復習から入りたい。

 

土曜4R 3歳未勝利 芝1600m
1着:ブルローネ(サムライハート産駒) 1枠2番 2-3
2着:スーサンジョイ(エンパイアメーカー産駒) 3枠5番 6-5
3着:ノミネーション(ステイゴールド産駒) 6枠11番 1-1

土曜5R 3歳未勝利 芝2400m
1着:ゼットスマイル(ハービンジャー産駒) 3枠4番 4-4-3-2
2着:スーサンジョイ(キングカメハメハ産駒) 7枠12番 8-9-9-8
3着:スプランドゥール(ネオユニヴァース産駒) 8枠14番 8-8-4-3

土曜9R 須磨特別 4歳上1000万下 芝1800m
1着:フェイマスエンド(シルクフェイマス産駒) 1枠1番 2-2
2着:ブレイヴリー(キングカメハメハ産駒) 2枠2番 1-1
3着:フォルシャー(ステイゴールド産駒) 3枠3番 3-4

土曜11R 若葉S 3歳OP 芝2000m
1着:レッドソロモン(メイショウサムソン産駒) 4枠4番 3-3-3-3
2着:ワンダーアツレッタ(エンパイアメーカー産駒) 3枠3番 2-2-2-2
3着:アダムスブリッジ(ゼンノロブロイ産駒) 5枠5番 7-7-5-5

日曜4R 3歳未勝利 芝2000m
1着:サンライズセンス(グラスワンダー産駒) 7枠13番 1-1-1-1
2着:ハギノパトリオット(キングカメハメハ産駒) 8枠15番 6-6-5-3
3着:ナムラオツウ(ディープインパクト産駒) 5枠9番 4-4-5-4

日曜6R 3歳500万下 芝1400m
1着:ブラヴィッシモ(ファストネットロック産駒) 4枠5番 3-3
2着:グレイトチャーター(サクラバクシンオー産駒) 1枠1番 6-6
3着:シゲルチャグチャグ(サムライハート産駒) 6枠9番 13-13

日曜8R 4歳上500万下 芝1800m
1着:キリシマホーマ(ロドリゴデトリアーノ産駒) 3枠6番 9-10
2着:テーオービッグバン(ゼンノロブロイ産駒) 4枠7番 4-2
3着:プリンセスアスク(ゼンノロブロイ産駒) 1枠1番 1-1

日曜10R 但馬S 4歳上1600万下 芝2000m
1着:レコンダイト(ハーツクライ産駒) 1枠1番 8-8-11-12
2着:モビール(ネオユニヴァース産駒) 4枠7番 5-5-5-7
3着:マイネオーラム(ステイゴールド産駒) 6枠11番 4-4-4-3

※阪神大賞典は芝3000mという特殊条件なので除く

ざっとご覧になっただけでも現在の阪神の馬場状態の特殊さがおわかりになったんではないだろうか。

主なポイントは3つ

(1) とにかく内枠が有利

現在の阪神の芝コースは京都の1月開催か、というほどに内枠が有利。

土日に行われたレースの3着内馬15頭のうち、

4枠8番より内の馬 7-6-3

5枠9番より外の馬 1-2-5

ご覧の通り、8レース中7レースの勝ち馬が内目の枠から出ており、2着馬のほとんども内枠の馬。

現在の阪神は京都と見間違うほど内が有利だ。そして、外枠の馬で好走した馬にもある特徴がある。それは次のポイントだ。

 

(2) とにかく前へ行く馬が有利

土日のレースを見てみても、全く外差しが決まらずに前残りばかりが目立つ結果となった。

土日に行われたレースの3着内馬15頭のうち、

4コーナー8番手以内の馬 6-8-7

4コーナー9番手以下の馬 2-0-1

ご覧の通り、4コーナーである程度の位置につけていないと全く勝負にならない馬場傾向となっていた。

この内、4コーナー9番手以下で勝った2頭は、日曜8Rで3枠6番で差し切ったキリシマホーマと、日曜10Rで1枠1番で差し切ったレコンダイトの2頭。そのどちらにも共通しているのは、

インを強襲して差したということ

この土日で外差しで馬券に絡んだのは日曜6Rのシゲルチャグチャグのみです。先ほど不利とあげた外枠の馬で好走した馬を見ても、そのほぼ全てが4コーナーではある程度の位置取りにいた。

つまり、

現在の阪神馬場では外枠を引いた差し馬は一切必要なし

と考えるべきなのです。

 

(3) 重いサンデー系とダート血統が走る

最後に血統面の事を紹介しましょう。先週の阪神馬場は集計するとかなり衝撃のデータが取れます。

阪神の芝でも好走率が高く、間違いなく現在の日本競馬の種牡馬の頂点にいるだろうディープインパクト産駒。そのディープ産駒の成績を見てみると、

ディープインパクト産駒 (0-0-1-8)

そのほとんどが5番人気以内の馬だったというのに、このように全く走っておりません。圧倒的人気のポルトドートウィユでさえあっさりと飛びました。

もともとディープ産駒は圧倒的な瞬発力で外から差す競馬が得意なタイプが多いです。ですが、先ほども申したように、現在の阪神の芝コースは外を回した時点でアウトな芝状態。

加えて、今の阪神の芝はかなり重い。だからこそ、ディープ産駒ではなくて強調したいのが、

重いサンデー系とダート血統

この2つの系統の好走がやたらに目立ちます。

ネオユニヴァース、ゼンノロブロイ、ステイゴールドといった重い芝でも対応できるサンデー系は土日を見ても際立って走っていますし、なぜか芝なのにエンパイアメーカー産駒が2頭も走っている馬場状態です。キングカメハメハなどのダートもいける馬も強調できる芝状態といえるでしょう。

 

3つポイントを挙げましたが、まとめると

 

(1) とにかく内枠の馬を狙う(外枠ならばある程度の位置で競馬ができる馬のみ拾う)

(2) とにかく先行できる馬を狙う(差しを狙うのならとにかく内枠でイン差しできる馬)

(3) 重いサンデー系やダート血統を狙う(ディープインパクト産駒は完全軽視)

 

この3点は来週の阪神でも非常に重要になってくると思います。日曜になるともしかすると外差しが決まってくるかもしれませんが、恐らく土曜日はそこまで変わらない馬場状態と読んでいます。

こうして見ていくと、圧倒的に内枠有利な馬場状態で、大外から楽々と差し切ったクイーンズリングは化け物の可能性があります。現在の馬場と照らし合わせるとその馬が強いのか弱いのかも見えてきますから、ちゃんと馬場状態は把握したいところです。

さて、3つのポイントを見てきましたが、今回の毎日杯を想定オッズ上位順に見ていくと

1番人気 アンビシャス(ディープインパクト産駒) 自在
2番人気 アッシュゴールド(ステイゴールド産駒) 差し
3番人気 ナヴィオン(ハーツクライ産駒) 差し
4番人気 ソールインパクト(ディープインパクト産駒) 差し
5番人気 シュヴァルグラン(ハーツクライ産駒) 差し
6番人気 アルバートドッグ(ディープインパクト産駒) 自在
7番人気 ミュゼエイリアン(スクリーンヒーロー産駒) 自在
8番人気 グリュイエール(ディープインパクト産駒) 差し

ご覧の通り、8番人気中の4頭がディープインパクト産駒で、人気馬のほとんどが差し脚質。自在脚質の馬はいるけれども、先行タイプの馬はいない。

現在の馬場はディープ産駒は全く走らない内枠天国の先行馬場。

もし、この中のディープ産駒や差し一辺倒の馬が外枠でも引いたら・・・?

少しは毎日杯の狙いが見えてきたでしょうか。
この人気馬の中なら軸にできるのはシュヴァルグランかミュゼエイリアンの2頭でしょう。あとの馬は外枠でも引こうものならバッサリいってもいいかもしれません。

ですが、私の狙いはこの2頭ではありません。

先行脚質で、能力は世代屈指の物を持っている馬で、前走は京都コースでディープ産駒にキレで負けただけで、今回の阪神の重い芝替わりは大いにプラス。

もともとダート走ったほうがいいんじゃない?っていうタイプの馬で、血統的にも現在の阪神芝コースでは強調できます。

お願いだから内枠を引いて欲しい。それを週の序盤から祈りに祈りたいです。

 

その馬の名は?

↓↓↓

☆その馬の名はブログランキングで公開中☆

上記ブログランキングの(D)に記載ありますのでチェックしてみてください!

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第45回 高松宮記念(G1)

◎○強力情報馬でなんと70倍!

馬連1点馬券を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

絶対的な存在だったロードカナロアが去った後のスプリント界は、春の高松宮記念をコパノリチャード、秋のスプリンターズSをスノードラゴンが制したものの、どちらも馬場が悪い中で行われ、ハッキリ言えばスピード勝負ではなく、道悪適性が問われるだけのレースだった。ハッキリ言えば、先に繋がる1戦ではなかった。つまり、スプリント界は未だに混沌、どんな馬にもチャンスがある状況だ。

今年の顔ぶれも、昨年の覇者コパノリチャード、復調気配が見える実力馬ハクサンムーンにミッキーアイル、G1制覇まであと一歩が続くストレイトガール、勢いのあるアンバルブライベンなどなど、多士済々な満面。更には、昨年の香港スプリントを制覇したエアロヴェロシティが海外から参戦。馬券的には絶対に面白いレースではあるが、当り障りのない公式コメントや、まばらに散った新聞の印だけを頼りに馬券を買うようで、的中に近づくことなど不可能に近い。

しかし、総勢400名以上を超える情報ルートを抱える当社は、各陣営から偽らざる本音の部分を聞き出すことができる。その中には、1番人気濃厚でも全く“イラナイ”話だったり、ほとんど印のない超人気薄の“激走ヤリ”話などなど、高配当、万馬券を獲るために必要な情報が数多くある。

今年の高松宮記念の“真実”を知りたければ、当社の『G1裏情報』をまず見て頂き、情報力を知って頂きたい。また、想定70倍以上の馬連1点馬券も公開するので、その結論に驚いて頂こう。

本物の情報で毎週、万券的中!

3/14中京11R中日新聞杯   5万0580円的中

3/8中山9R潮来特別     1万1600円的中

2/28小倉10R萌黄賞     4万0500円的中

2/21東京6R3歳500万下    1万4780円的中

2/14クイーンC       1万1550円的中

2/8東京8R 4歳上1000万下  2万3190円的中

2/1 京都11RシルクロードS  8万0310円的中

↓ ↓ ↓ 今すぐ無料で確認する ↓ ↓ ↓

→→関係者が大勝負する高松宮記念の1点勝負を無料公開←←

関連記事

神戸新聞杯の予想を公開!

【あの予想サイト、登録してみたらこんな感じだった!】 今「スマートウィン」というサイトが色々な

記事を読む

毎日王冠2017の予想を公開!

毎日王冠2017(東京芝1800m)の予想です。 10月8日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

阪神牝馬S [2] スマートレイアーは短距離馬である

今話題になってますキム・ミンヒョク事件。 あれはダメでしょ、今まで見た中でも一番ひどいですよ、

記事を読む

【2016】新潟大賞典/ 枠順&展開考察(フルーキー、サトノラーゼン等の枠順は如何に)

今日は5/7(日)に行われる新潟大賞典のレース考察を行います。新潟芝2000mで行われるGIII戦で

記事を読む

【紫苑ステークス2017の予想ヒント】ディアドラ、ホウオウパフュームなどの有力馬考察

紫苑ステークス2017(中山芝2000m)の考察です。 9月9日に中山競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

【レパードステークス2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

レパードステークス2018(新潟ダート1800m)の考察です。 8月5日に新潟競馬場で開催され

記事を読む

関屋記念 [1] 新潟芝1600mのイメージを一旦捨てよ

すみません、昨日あまりの疲労で帰宅してからバタンQだったもんで、まだ重賞含めて先週の復習ができており

記事を読む

【2016】京都金杯 / レース考察(京都芝1600mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は1/5(火)に行われる京都金杯のレース考察を行います。京都芝1600mで行われるハンデ戦のGI

記事を読む

みやこステークス2017の予想を公開!

みやこステークス2017(京都ダート1800m)の予想です。 11月5日に京都競馬場で開催され

記事を読む

NZT [1] 一番強い差し馬を買うべき中山馬場

フジロックの第4弾発表がありました。 やっぱり今年は邦楽勢が強い印象なんですが、そう思ってるの

記事を読む

【ラジオNIKKEI賞2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

ラジオNIKKEI賞2019(福島芝1800m)の考察です。 6

帝王賞の予想を公開!

帝王賞2019(大井ダート2000m)の考察です。 6月26日に

【CBC賞2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

CBC賞2019(中京芝1200m)の考察です。 6月30日に中

【ラジオNIKKEI賞2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ラジオNIKKEI賞2019(福島芝1800m)の考察です。 6

6月4週のレース回顧〜本格的な春競馬の終焉〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑