*

朝日杯フューチュリティステークス2021の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2021/12/24 GIレース考察・予想

朝日杯フューチュリティステークス2021(阪神芝1600m)の予想です。

12月19日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はセリフォス、ジオグリフ、ダノンスコーピオン、ドウデュースなど。阪神競馬場の芝1600mで行われるGIです。

 

[PR] 今週は朝日杯FSで稼ぐ!

2歳重賞で高配当を連発!

阪神JFは11万円獲得です♪

────────────────────

『逆境セレクト(無料観覧)』

阪神JF 3連単114,300円

1着:10サークルオブライフ

2着:11ラブリイユアアイズ

3着:13ウォーターナビレラ

3→8→4人気読み完璧です!

────────────────────

────────────────────

毎週3連単的中してます↓↓

ステイヤーズS    3連単25,870円

ジャパンカップ    3連単1,780円

京都2歳S      3連単243,030円

武蔵野S       3連単27,580円

アルゼンチン共和国杯 3連単10,930円

天皇賞・秋      3連単2,040円

アルテミスS     3連単164,230円

菊花賞        3連単79,560円

秋華賞        3連単26,410円

毎日王冠       3連単2,820円

スプリンターズS   3連単38,610円

清秋JS       3連単306,710円

ローズS       3連単117,100円

────────────────────

京都2歳Sも24万円と高配当を出してます!

朝日杯FS~ホープフルSはここの無料情報参考にしてください♪

昨年7番人気グレナディアガーズみたいな馬を入れてるかもです!

→無料予想『逆境セレクト』

無料メール登録後『逆境セレクト』をチェックしてください。走る・稼ぐ・0円情報・・最高なんです!

 

朝日杯フューチュリティステークス 2021予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

朝日杯フューチュリティステークスの週中分析記事はこちらから

 

阪神ジュベナイルフィリーズ 2021予想

予想の根拠

朝日杯フューチュリティステークスを考える上で最も重要なポイントは「近年でこのレースは性質が変わってきている」ということでしょう。

以前はクラシックを目指すような馬も出てくるレースでしたが、同時期に芝2000mのGIレースであるホープフルステークスが創設されましたし、クラシックに行くような一線級の馬が出て来なくなりました。その一方で中距離馬が出走せずに空いた枠は短距離スピードタイプの馬が出ることが多くなってきており、近年の朝日杯フューチュリティステークスは短距離寄りのスピードレースになってきていると言えます。

 

こうして見ても過去2年は前半3F=33秒台というかなりのハイペース戦に。阪神コースの長い直線でしっかりと末脚を使うということも重要ですが、まずはこの激流ペースをしっかり追走できるかが重要になります。

イメージとしては芝1400mぐらい厳しい流れを追走した上で、最後にもう200mをしっかり伸びて来られるかというレース。中距離向きのじっくり溜めて瞬発力を活かすような適性は一切問われなくなってきており、そんな中距離適性よりもハイペースを追走できる短距離向きのスピード性能が重要になってきています。よく「阪神マイルは中距離もこなせるぐらいの馬を買う」という方がいますが、このレースに関してはギリギリでマイルをこなせるぐらいのスピードタイプの馬の方が逆に成績が良くなっています。

 

そんなイメージのレースだということを理解した上で過去5年のレース結果をもう一度見てみますが、このレースで好走するタイプの馬は3パターンに分かれます。ざっと書いてみると、、、

(1)クラシックでも好走できるぐらいのスケールの大きい馬
これは前述の通りで最近は出走事態が少なくなってきています。数少ない例で言えば昨年のステラヴェローチェのような馬でしょうか。こういう馬が出てきた場合は適性を凌駕して能力で走ってきます。

(2)マイル重賞で勝ち負けをしてきた馬
これが一番わかりやすいパターン。好走馬の半数以上がこれに該当しています。

(3)1400mで実績がある馬
朝日杯フューチュリティステークスで穴を開けるのは基本的にこのタイプ。2016年のボンセルヴィーソ、モンドキャンノ、2019年のグランレイ、2020年のグレナディアガーズと、近年で人気薄で好走している馬のほとんどが1400mの距離で好走実績がある馬でした。それだけスピードがある馬が有利なレースになってきているんでしょう。

ほぼ全ての馬はこの3パターンに該当。すでにマイルで強い競馬をしてきた馬に関しては特に逆らうのはやめておいて、穴馬を買いたいなら1400mに実績がある馬や1400mに適性がありそうな馬を買うというのが現代の朝日杯フューチュリティステークスの攻略法だと思います。

 

今年の出走馬をざっと見てみてもカジュフェイス、オタルエバー、プルパレイ、ドーブネ、トゥードジボンと前走で逃げてきた馬が多いメンバー構成。おそらく近年のトレンド通りに前半からペースが流れて追走スピードが問われるレースになりそうで、これまで遅いペースしか経験していないような中距離タイプの馬は厳しいレースになりそう。

そんな速いペースになっても昨年のような高速設定の馬場であれば前に行った馬が止まらずになだれ込むレースになりますが、今年の阪神芝はずっと使い込んでタフな馬場。今の阪神のタフな馬場で速いペースの2歳マイルGIが行われれば先行スピードタイプがそのまま押し切るのはまず不可能なはずで、脚を溜めて外から差してくる馬が展開的に有利になるか。

とは言っても前述の通りで遅いペースしか経験していない馬や本質的に中距離向きの馬では厳しいはず。そうやってロジカルに考えていけば、今年の朝日杯で狙うべきは「1400m経験や1400m適性がある差し馬」と考えていいんじゃないでしょうか。

というわけで予想の発表。

 



 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

朝日杯フューチュリティステークス 2021の印

◎アルナシーム

前進気性が相当に強い馬で、初戦は札幌コースでほぼ1周掛かりながら4コーナーを馬なりでひと捲りして大楽勝。その圧倒的なパフォーマンスから2戦目では重賞でも人気に推されましたが、スローペースでもろに掛かってしまって4コーナーで先頭というメチャクチャな競馬。普通は東京であんな競馬をしたら最後は歩いてしまうものですが、この馬は1600m地点では先頭を走っていましたし、最後も4着馬とは小差。あんなメチャクチャな競馬をしておきながら今回人気のドウデュースよりも2秒速い時計で走っていますし、トーセンヴァンノにつけた着差はジオグリフの札幌2歳ステークスとさほど変わらないもの。これだけ見ても普通に今回のメンバーでは能力上位でしょう。

ここ2戦のレースぶりからも距離短縮は間違いなくプラスだと思いますし、何よりも速い流れになることでキャリア3戦目で初めて折り合って競馬ができそうな点は魅力。初戦は掛かり通しであのパフォーマンスでしたし、父が最強マイラーで叔父にアルアイン、シャフリヤールがいる超良血なので、まともに競馬ができた時は凄まじい走りをする可能性も十分にあるだろう。

走法を見てもピッチ走法で短い距離向きに見えますし、激流のマイル戦で後方で折り合ってビュンと速い脚を使えるイメージは十分。ちょうどクリノガウディーが同じように東スポ杯で折り合いを欠いて短縮ローテの朝日杯で一変しましたが、この馬も同じかそれ以上のインパクトを見せてくれる期待十分です。

 

【対抗 ◯4 セリフォス】

かなりのハイレベル戦だった新潟2歳ステークスを完勝。デイリー杯2歳ステークスもスローペースで展開が全く向かない中で外から力の違いで差し切りましたし、普通に考えて現時点でのこの世代の最強マイラーはこの馬でしょう。特にこの馬よりも強い馬がズラリと揃った感じもしませんし、極端に評価を落とす理由はない。

弱点を見つけるとすればダイワメジャー産駒なのにスタートが下手で速い流れを経験したことがない点か。ここ2戦はスタートで出遅れていますし、今回もクリスチャン騎乗で出遅れる可能性はかなりありそう。マイル重賞を2勝しているとはいえどちらもスローペースなので速い流れになって対応できるかという心配は少しだけあります。

と言っても、他のジオグリフ、ダノンスコーピオン、ドウデュースなどに比べれば追走力の心配は圧倒的にないと思いますし、少々位置取りで後手を踏んだとしてもデイリー杯で見せた脚力があれば地力で差し込んでくるでしょう。

 

【単穴 ▲11 ドーブネ】

初戦は外枠不利の札幌芝1500mで外枠から外を回して強い競馬。超高額馬だけあって素質を感じさせる内容だったが、ちょっと2戦目のききょうステークスが逃げる競馬になってしまった点は微妙。レースぶりを見ても相当にスピードが勝ったタイプで、前走も快速馬が揃う中で馬なりでハナに立ってしまったように素質は相当に高い。

今回は初のマイル戦でどういう競馬をするかだが、初戦にしても逃げた前走にしてもスタートの一歩目は出遅れている点は逆に良さそう。今回のメンバーなら一歩目で出足つかなければそこまで位置は取れなさそうですし、中団ぐらいで前に壁を作って折り合う競馬ができそう。

前走で「1400m以下の速い流れを経験」していて、初戦で「溜めて差す競馬」ができているのは評価していいと思いますし、スムーズな競馬さえできればここは好勝負になっていいはずです。この2戦の順番が逆で前走に差す競馬ができていれば最上位評価で本命にしても良かった。

 

【特注 ☆5 ヴィアドロローサ】

デビューから2戦は芝1200mで連勝。そこから距離を伸ばした京王杯2歳ステークスはスタートで挟まれる不利。馬柱を見ても最速上がりで差してきていますし、横山武史騎手のレース後コメントを見ると「不利さえなければ勝ち負けだった」と強気の発言をしているので色々と妄想はしたくなる馬です。

1400mに適性がありそうで、なおかつ脚を溜めて差す競馬ができるという点は今回のレース傾向に合うのですが、前走の京王杯2歳ステークスは最速上がりと言っても見せ場があったわけではなく。能力がGIで通用するのか、マイルの距離が持つかどうかはやってみないとわからない部分も大きい。

ただ、今回のメンバーの中で「1400m以下の速い流れを経験」していて「溜めて差す競馬」ができるのなんてドーブネかこの馬ぐらい。未勝利勝ちでグランレイのような馬でも突っ込んでこれちゃうGIですし、それなら穴馬としての期待を上に取りたい。いかにも鮫島騎手と手が合いそうな馬にも見えます。

 

【消6 オタルエバー】

デビューから2戦はマイルで逃げて連続好走。ただ、どうもこの馬は母系のオセアニア血統が強く出ているようで、前走では芝1400mでこれまでとは違ってスローではなくぶっ飛ばす流れで一気にパフォーマンスを上げてきた。マイルもこなせる1400m巧者という点では現代の朝日杯FSに適性が合う馬だと思います。

ただ、1400m巧者でもこの馬は4戦全て逃げているという点はマイナス。今回は同型多数でタフな馬場となると普通に考えて厳しいはず。マイペースで逃げて新潟2歳Sで最後に垂れて3着だったことを考えても、その時より馬場も展開も厳しくて馬券圏内は厳しいんじゃないでしょうか。

 

【消7 ダノンスコーピオン】

とにかく抜群に調教が動く馬で、その見栄えの良さから新馬戦でも断然人気に推されていた。ここ2戦のレースぶりは強いとも言えますし、安田厩舎のロードカナロア産駒なので本質はマイルぐらいの距離の馬なのかも。

ただ、どうしてもここ2戦は超スローペースで全く速い流れを経験したことがないですし、今回はこれまでより前半600mで2秒、前半1000mで4秒近く速いペースを追走する事になる。そんなものヘッチャラという感じで突き抜ける化け物の可能性もありますが、突き抜ける可能性以上に追走でいっぱいになって全く伸びない可能性の方があると思います。

 

【消8 プルパレイ】

未勝利戦をレコード勝ちしたのは立派だがその時は馬場に恵まれた感じで、アスター賞は超スローペースに恵まれた印象。どうも気性に難しさがあるようでほとんど本気で走っていない感じで、今回はブリンカー着用で追い切りでは溜めて差す競馬ができているように見えます。鞍上も意外性の塊のような騎手なので、今回は控えて差す競馬をしてくるかもしれませんが、どうもこれまでのレースぶりを見ても跳びが大きくてキレはなさそう。控えて良いところがあるタイプには見えず、今回は前に行っても後ろに行っても厳しいんじゃないでしょうか。

 

【消9 ドウデュース】

アイビーSは2着のグランシエロが東スポ杯で全く通用しなかったのを見てもレースレベルが疑問。この馬はグランシエロよりも完璧な競馬ができての勝利でしたし、果たして2連勝+武豊人気でここまで売れるほどの馬なのか。

何より気になるのは友道厩舎のハーツクライ産駒という点で、どう考えてもこの厩舎で育成されたハーツクライ産駒なら2000m以上に適性がある馬になりそう。これまでこの厩舎でマイル以下で活躍した牡馬はアドマイヤマーズとクラリティスカイぐらいですし、どちらもダイワメジャー、クロフネと短距離向きのスピード血統だった。この馬はまだ遅い流れしか経験していないハーツクライ産駒となると激流に対応できずに終わるんじゃないだろうか。

 

【消13 ジオグリフ】

この馬はいかにも今回は怪しそう。血統こそドレフォン産駒でスピードに溢れているように見えるが、ここ2戦はどちらも1800mでテンから行き足つかないレースぶり。札幌2歳ステークスでは前半3F=36.4のペースで最後方になりましたし、そこから2秒以上はペースが速くなる今回はほぼ間違いなく最後方追走になるか。

まぁ位置が最後方でも外枠から差しに構えられる点は有利なので、速い上がりで差し込んで来られればいいのだが、そもそもこの馬はそこまで強い馬なんだろうか?

札幌2歳ステークスは今振り返ってみてもメンバーレベルが微妙に見えますし、2着のアスクビクターモアは1勝クラスに出てきても勝てるかは怪しそう。3着のトーセンヴァンノは次走の東スポ杯で見えなくなるぐらいに大敗しましたし、そんな相手に圧勝したところで評価していいんでしょうか?

本質的にじり脚タイプでそこまでスパッとキレる馬ではないと思いますし、テンで位置を落として最後方になって直線では何頭かジリジリと交わしただけで終わるような感じがします。この馬は今回は買いたくないです。

 

印まとめ

◎アルナシーム
◯セリフォス
▲ドーブネ
☆ヴィアドロローサ

勝負度 D

 

買い目

朝日杯フューチュリティステークスの買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して6年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

 

そんな気張らずにお試し読みをしていただくために、2021年の11月より、、、

メルマガを完全初月無料とさせていただきます!!

これまでも初月無料キャンペーンを実施しておりましたが、翌月の購読は必須で実質1ヶ月の購読料金で2ヶ月読むことができるというものでした。それがこれからは最初の1ヶ月間は完全無料になります。

お試しで読み始めてもらって合わなかったら購読停止していただければ一切の購読料がかかりません。今までよりもはるかにメルマガ購読のハードルが下がるかと思いますので、これを機にぜひメルマガをお試しいただけると嬉しいです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2021年も12月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、気張らずにお試し読みをしていただくために、2021年の11月より、、、

メルマガを完全初月無料とさせていただきます!!

これまでも初月無料キャンペーンを実施しておりましたが、翌月の購読は必須で実質1ヶ月の購読料金で2ヶ月読むことができるというものでした。それがこれからは最初の1ヶ月間は完全無料になります。

お試しで読み始めてもらって合わなかったら購読停止していただければ一切の購読量がかかりません。今までよりもはるかにメルマガ購読のハードルが下がるかと思いますので、これを機にぜひメルマガをお試しいただけると嬉しいです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

菊花賞 [4] 如何様にも転びそうな淀の長丁場のペース

さぁ今日はプロ野球ドラフト会議です! 私はゆたぽんさん主催のイベント「秋の競馬大会議」に客とし

記事を読む

中山GJの予想を公開!

ここは正直、レッドキングダムが堅そうですねー。 スポーツとして観戦しつつ、ちょろっと賭けるくら

記事を読む

【日本ダービー2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

日本ダービー2018(東京芝2400m)の考察です。 5月27日に東京競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

【フェブラリーステークス2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

フェブラリーステークス2021(東京ダート1600m)の考察です。 2月21日に東京競馬場で開

記事を読む

【JBCクラシック2018の予想ヒント】過去データやレース展開などを分析考察します

JBCクラシック2018(京都ダート1900m)の考察です。 11月4日に京都競馬場で開催され

記事を読む

【阪神ジュベナイルフィリーズ2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

阪神ジュベナイルフィリーズ2019(阪神芝1600m)の考察です。 12月8日に阪神競馬場で開

記事を読む

【皐月賞2021の予想ヒント】枠順から見るレース見解

皐月賞2021(中山芝2000m)の考察です。 4月18日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【NHKマイルカップ2020の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

NHKマイルカップ2020(東京芝1600m)の考察です。 5月10日に東京競馬場で開催され発

記事を読む

【有馬記念2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

有馬記念2018(中山芝2500m)の考察です。 12月23日に中山競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

NHKマイルC [2] 東京マイルに必要な距離適性

ここ2週は中山ダート凡走→東京ダート爆穴の黄金パターンがハマって特大配当が連発しております。

記事を読む

CBC賞2022の予想を公開!

CBC賞2022(小倉芝1200m)の予想です。 7月3日に小倉

ラジオNIKKEI賞2022の予想を公開!

ラジオNIKKEI賞2022(福島芝1800m)の予想です。 7

TUF賞2022の予想を公開!

TUF賞2022(福島芝1200m)の予想です。 7月2日に福島

芝ダート共に上半期のグランプリは晩成タイプが成長を見せて頂点に!〜今こそ見つめ直したい競馬の基本〜

先週行われた宝塚記念は2番人気のタイトルホルダーが勝利。1番人気のエフ

【CBC賞2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

CBC賞2022(小倉芝1200m)の考察です。 7月3日に小倉

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑