*

アンタレスステークス2023の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2023/04/20 重賞レース考察・予想

アンタレスステークス2023(阪神ダート1800m)の予想です。

4月13日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:30です。出走馬はプロミストウォリア、ケイアイパープル、サンライズホープ、キングズソードなど。阪神競馬場のダート1800mで行われるGIIIです。

 

[PR] 共同通信杯から皐月賞へ!ここの無料予想に刮目を!

皐月賞はファントムシーフが来るか?

エフフォーリアが共同通信杯から

皐月賞を制したのは記憶に新しいところ。

皐月賞の無料買い目を探しているなら

共同通信杯で16万円当てたここの予想に注目です!

━━━━━━━━━━━━━━

無料予想の戦績

G3:共同通信杯

券種:三連複流し

購入組数10組2,000円 24.8倍

券種:三連単フォーメーション

購入組数24組800円 138倍

【払戻】160,000円

【収支】120,800円

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

金鯱賞・中山牝馬Sでも10万馬券出してます。

皐月賞も的中なら爆当たりの可能性ありです!

無料予想←こちら

三連複・三連単の券種組み合わせなど選ぶレース含めて上手く勝ちを拾う無料予想です!

 

アンタレスステークス 2023 予想

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

アンタレスステークスのレース概要

阪神ダート1800mで開催される別定GIII重賞。GIIIレースとはいえ別定重賞なのでハンデ戦のマーチステークスよりは有力馬が出走しやすく、帝王賞を目標にする一線級の馬が始動戦として使ってくることが多いレース。休み明けの一線級の馬と、冬から春時期に力をつけてきた上がり馬の能力比較が重要になります。

基本的にダートの中距離路線は「強い馬が強い」傾向があるので、地力がある馬が出走してきた時には堅く収まる傾向。過去5年のレース結果を見ても二桁人気で馬券に絡んだのは昨年のニューモニュメントだけですし、あとは比較的平穏な決着になっています。

ただ、最近のダート中距離路線は「どの馬が強いのかわからない」ような群雄割拠な様相を示しており、そもそもファンもどの馬が強いかわからないが故に波乱が起こる可能性は十分にあります。

 

データ的な見地からの考察


※過去10年のアンタレスステークスの前走距離別成績

そこまでデータ的な偏りがあるレースではないですが、唯一はっきりした傾向が出ているのは前走距離。どうもこのレースはやたらに短縮ローテの馬の活躍が目立っており1700m以下から距離延長で挑んできた馬の成績は散々。ダート1800mという施行条件が相当に多い距離にも関わらず、1900m以上の距離から挑んできた馬が過去10年で8勝しているのは興味深いデータです。

 

ラップ的な見地からの考察

阪神ダート1800mはスタート直後が登り坂になっており、1〜2コーナー部分の半径が急なので3ハロン目のラップが極端に遅くなるのが特徴。そこで一旦息は入るのですが、向こう正面から緩やかな下り坂になるので中盤ラップは緩まずで地力が問われるロンスパ戦になりやすいです。

 

血統的な見地からの考察

血統面で活躍が目立っているのはロベルト系。昨年の1着馬オメガパフューム、2着馬グロリアムンディは共にロベルト持ちでしたし、一昨年の2着馬ヒストリーメイカーもロベルト持ち。2020年の2、3着馬もロベルトを持っていました。このレースは間違いなくロベルト系が相性良さそうです。

 

レベルや馬場、展開などを踏まえて今年はどんなレースになりそうか?

土曜日は大雨の影響で不良馬場。日曜も雨の影響は残りそうで、稍重馬場ぐらいで時計の速い決着になりそうです。

うーん、過渡期のダート中距離路線とはいえ、この間ようやくオープンに入って重賞をそのまま勝利したプロミストウォリアが断然の存在というメンバー構成はどうなんでしょうか。グロリアムンディやテーオーケインズ、ウシュバテソーロなどが別路線に行っているとはいえ、この路線の地盤沈下を感じさせるメンバー構成です。

そのプロミストウォリアを筆頭に前に行きたい馬がかなり揃ったメンバー構成。雨が残る馬場で先行意識も強くなりそうですし、ハイペースになってある程度差しが決まるレースになると読みます。

 

考察まとめ

【レース質】しっかりと地力が問われるダート中距離戦。<□■■□>

【波乱度】普段は荒れない傾向だが、今の低調な中距離路線なら波乱も。

【ラップ特徴】メンバーや馬場を見るとハイペースになりそう。

【血統特徴】ロベルト系を持つ馬の成績が優秀。

【狙えるタイプ】単純に能力上位の強い馬。

【狙えるタイプ】距離短縮ローテの馬(延長ローテはダメ)。

【狙えるタイプ】スムーズに立ち回って差してこれる馬。

 




 

アンタレスステークス 2023の印

◎ヴァンヤール

今の現役の競争馬の中で1戦ごとの成長力という点に関してはナンバーワンと言っても良さそうな馬。条件戦自体は全く目立つ馬ではなく、オープン昇級後も大して強い競馬はできていなかったが、1戦使うごとにパフォーマンスを上げてきて、昨年秋にはみやこSで僅差に走れるぐらいまで成長してきた。

前走の名古屋城Sは超高速馬場だったので走破時計自体に価値はないのだが、これまでタフなスタミナ勝負でこそ良さが出そうだった馬がこれだけの高速決着に対応してきたのは成長している証か。その前走の名古屋城Sのレースラップを見ても、、、

<13.0 – 11.4 – 12.9 – 12.112.112.112.212.212.2

超高速馬場で前半スローで前に行った馬が有利なラップ構成を1頭だけ差し込んできて3着以下を突き放した内容は評価して良さそう。しかも直線は馬群の中で詰まり気味でしたし、もう少しスムーズならおそらく差し切っていたはずです。

今回は前走と同じく高速決着になると思いますが、前走と違ってテンから速いペースになって上がりは掛かりそう。高速決着には対応できたが、もともとは渋とさを活かして良いタイプのこの馬には絶好の展開になりそうで、その割にそこそこのオッズで買えるなら十分に妙味はありそうだ。

 

【対抗 ◯11 キングズソード】

いまだに中央場所では結果を出せていない今村騎手から一流騎手に乗り替わったタイミングでガラリ一変で本格化。準オープン勝ちもタフな馬場で1:51:1の時計は優秀に見えますし、2着馬の完全な勝ちパターンを差し切ったレース内容はかなり強いものだった。

常識的に考えるといきなりの重賞挑戦というのは厳しいのだが、プロミストウォリアがあっさり東海ステークスを勝ってしまったのを見ても今のダート中距離路線は非常に層が薄い。ハイペースで展開にも恵まれそうですし、4歳馬の成長力を考えても通用しちゃっていいはず。

 

【単穴 ▲1 カフジオクタゴン】

コーナーで器用に動けない馬で、地方交流重賞では小回りコースを苦にしてなかなか活躍できていない。前走のマーチSは道悪馬場が合っていなかったと思うが、テンから先行する脚を見せて最後まで伸びていたのを見ても復調気配を感じさせた。

器用さはないがバテずに伸びるタイプに見えるので、3〜4コーナーの半径が大きい阪神コースは間違いなく合いそうですし、1枠からある程度の位置を取って上手く捌いてくれば上位争いになる。

 

【△3 ゲンパチルシファー】

ハマったとはいえ昨夏に重賞を勝っている馬。ここ2戦は休み明けやペース、枠順などに恵まれていませんし、今回はハイペース濃厚で内枠で上手く脚を溜められれば穴をあけても。

 

【△4 キタノリューオー】

じっくり溜めれば最後は素晴らしい末脚が使える馬。前走はいつもよりスムーズな競馬ができましたし、スローペースで差しが決まらない展開を考えれば上出来。今回はオープン程度のメンバーレベルに見えますし、前崩れの展開になれば穴をあけても。

 

【△6 サンライズホープ】

超大型でノッシノッシと走る馬で、外枠で揉まれずにリズム良く走ってこそ。みやこSやチャンピオンズカップだけ走ればここでは上位だが、今回は先行馬多数でこの内枠からどう立ち回るか。外を回ってこその馬なので時計が速くなるのも微妙。

 

【△7 ケイアイパープル】

基本的に揉まれるとダメな馬で、自分のリズムで持続力を活かす競馬なら重賞でも通用する馬。前走の名古屋大賞典はインを通って揉まれる競馬に対応したこと自体は評価できるが、当日の名古屋競馬場のダートは圧倒的にイン有利の馬場だったのでバイアスに恵まれていた。今回のオープンに毛が生えた程度のメンバーなら能力上位にも見えるが、わりと先行馬や早めに仕掛けそうな馬が多いですし、自分のリズムで競馬ができるかは半信半疑。

 

【△12 プロミストウォリア】

前走の東海Sは時計だけ見ると素晴らしい内容ですが、同型不在でマイペースの逃げが打てた上にカラ馬のヴァンヤールが終始馬群の外を通ってくれたおかげで差し馬も台頭してこなかった。

今回は2キロの斤量増で前走に比べると同型が明らかに多い印象。雨が残る馬場を考えると先行争いはかなり激しくなりそうですし、ハイペースに巻き込まれた場合はあっさりぶっ飛んでも驚けない。

 

【△15 パワーブローキング】

ここに来て急成長を見せて連勝。力をつけてきているのは間違いないが、前走は未勝利でも1分52秒台の時計が出る超高速馬場だったので時計的な価値は過信しすぎない方が良さそう。4歳馬の成長力で重賞でどこまでやれるか。

 

印まとめ

◎ヴァンヤール
◯キングズソード
▲カフジオクタゴン
△3,4,6,7,12,15

勝負度 E

 

買い目

アンタレスステークスの買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

先週はGIの桜花賞を◎コナコーストからきっちり本線的中!

<桜花賞 レース結果>
1着:◯リバティアイランド  1番人気
2着:◎コナコースト     6番人気
3着:△ペリファーニア    5番人気

本命にした◎コナコーストが鮫島騎手の完璧な騎乗で2着に来てくれて、内枠のライトクオンタム、ドゥアイズ、ハーパーが全て怪しい人気馬と見ていたので、コナコースト単複と◯リバティアイランド相手の馬連と三連複2頭軸が買い方としてもベストだろうという予想。印も買い方もほぼ完璧だったと思いますが、あれだけパーフェクトな騎乗を鮫島くんがしてくれたのでGIを勝たせてあげたかった・・・馬券の的中の喜びを一騎手の勝てなかったことが上回るってなかなかないです。それぐらいいまは鮫島騎手がイチオシということですかね。

 

4月-5月は本格的なGIシーズンにもなりますし、大きい当たりをたくさん出せるよう頑張りますので、ご興味ある方はぜひこの機会にメルマガを読んで見てください!

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して6年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2023年も4月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

京成杯オータムハンデ2022の予想を公開!

京成杯オータムハンデ2022(中山芝1600m)の考察です。 9月11日に中山競馬場で開催され

記事を読む

府中牝馬ステークス2021の予想を公開!

府中牝馬ステークス2021(東京芝1800m)の予想です。 10月16日に東京競馬場で開催され

記事を読む

福島牝馬Sの予想を公開!

今日のマリノス戦は恐らく中村俊輔とラフィーニャとアデミウソンの初めての共演が見れそう。ラフィーニャの

記事を読む

共同通信杯 [2] 強い馬が強いレース

今年のクラシックは異常に面白そうですね。というのもここ2年メンツが小粒、特に去年なんてイスラボニータ

記事を読む

マイラーズカップ2021の予想を公開!

マイラーズカップ2021(阪神芝1600m)の予想です。 4月25日に阪神競馬場で開催され発走

記事を読む

中山記念 [1] 皐月賞馬の将来や如何に

今週の中山記念は皐月賞馬イスラボニータ、ロゴタイプに、オークス馬ヌーヴォレコルトも出走となかなか見所

記事を読む

【2016】エプソムカップ/ 有力馬考察(ルージュバック、フルーキーなどの徹底分析)

今日は6/12(日)に行われるエプソムカップのレース考察を行います。東京芝1800mで行われるGII

記事を読む

シリウスステークス2018の予想を公開!

シリウスステークス2018(阪神ダート2000m)の予想です。 9月29日に阪神競馬場で開催さ

記事を読む

マイラーズカップ2019の予想を公開!

マイラーズカップ2019(京都芝1600m)の予想です。 4月21日に京都競馬場で開催され発走

記事を読む

【2016】京都新聞杯の予想を公開!

今日は5/7(土)に行われる京都新聞杯の予想です。京都芝2200mで行われるGII戦です。 【PR

記事を読む

さきたま杯2024の予想を公開!

さきたま杯2024(浦和ダート1400m)の予想です。 6月19

【宝塚記念2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

宝塚記念2024(京都芝2200m)のレース考察です。 6月23

6月3週のレース回顧〜まなみ騎手重賞勝利おめでとう!その裏でブログ配信以外のメインレース全的中(汗)〜

2024年6月3週の中央競馬レース回顧です。前の週に行われた中央競馬の

マーメイドステークス2024の予想を公開!

マーメイドステークス2024(阪神芝2000m)のレース予想です。

米子ステークス2024の予想を公開!

米子ステークス2024(京都芝1600m)のレース予想です。 6

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑