*

【2016】セントライト記念 / 有力馬考察(ディーマジェスティ、マウントロブソンなどの徹底分析)

公開日: : 最終更新日:2016/09/14 重賞レース考察・予想

今日は9/18(日)に行われるセントライト記念のレース考察を行います。中山芝2200mで行われるGII戦です。その前に余談を少し。

 

日頃、ご愛顧頂いている読者の皆様のおかげですが、「競馬はビジネスである」は今年の10月で開設丸3年を迎えることになります!

最初はアメブロで開始したこのブログですが、あれよあれよと多くの方に読んでいただくようになり、遂に4年目に突入することになります。

2014年12月からメルマガの方も配信しまして、そちらの方ももうすぐ創刊2年目になります。こうしてブログ、メルマガともども続けてこれたのはお読みいただいている皆様のおかげでございます。この場を借りてお礼を言わせてください!

4年目に突入となりますが、これからはもっともっと盛りだくさんでガツガツ当てる(重賞が当たらないので当てたい!)感じの内容で行きたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

【2016】セントライト記念 予想考察

セントライト記念 有力馬考察

ディーマジェスティ

今年の3歳馬のレベルが異常に高いことはもう既に誰もが知っていること。その中で一番レベルが高かったレースは時計を見ても内容を見ても皐月賞。そのレースで展開利あったとはいえ突き抜けて勝利したこの馬が弱いはずがありません。

今まで母父ロベルトのディープインパクト産駒は強い馬が出ないと思っていましたが、皐月賞とダービーの走りでその認識を変えなければいけないな、と思うほどのインパクト。かなり母父ブライアンズタイムの色が前面に出ているので、スパッとキレる脚はない印象でスローペースからの瞬発力勝負になれば付け入る隙は少しはあると思いますが、中山芝2200mはロングスパートの持続力勝負になりやすく、今年のメンバーを見ても逃げ馬多数でタフなレースになること濃厚。もうそうなればこの馬に逆らう理由はありません。

 

マウントロブソン

ディープインパクト産駒ながら馬体の色と合わせてもいかにもゴールドシップのようなイメージのあるズブい馬。スーパーハイレベルレースだった皐月賞で先行して粘ったように、普通の年であれば皐月賞馬になっていておかしくない馬で能力はGI級。今回もディーマジェスティさえいなければ断然の主役になってもおかしくない馬です。

この馬もディーマジェスティと同じくキレるイメージはないディープインパクト産駒で、スローペースからの瞬発力勝負になれば脆さは出ると思いますが、今回の条件で逃げ馬多数の乱ペースになれば、まずこの馬がスタミナ面で抜けているはずなのでディーマジェスティと一緒に突っ込んでくるはずです。

 

ゼーヴィント

ラジオNIKKEi杯では道中上手く立ち回って最後は突き抜けての勝利。そのインパクトに加えて、騎乗する戸崎騎手が8週連続重賞連対というおかしな偉業を達成しつつあるので過剰人気は必至。もしかするとマウントロブソンよりもこちらの方が人気になるかも。

ただ逆を言えば、この馬が頼りになるのは戸崎騎手の腕くらいな印象で、春は500万レベルでも抜けた馬ではなかったように、クラシック路線を歩んできた馬とは雲泥の能力差があると思います。前走にしても1枠1番を引いてロスなく回れたのが全てですし、この馬は前述2頭のようなタフなレースに強いディープインパクト産駒ではない気がします。今回はここを嫌って妙味を得るレースな感じがしますが。。。

 

メートルダール

どうも長く良い脚を使う東京向きの馬と思われていますが、京成杯での走りを見る限りこの馬は中山向きの馬。前が止まらないと差しては来れない相対差しタイプの馬で、スローペースからの瞬発力勝負には対応できないタイプのレース質を選ぶ差し馬です。

それだけに青葉賞はマイネルハニーとノーブルマーズが引っ張ってくれて展開自体は向いただけに、そこで上位に来れなかったのは少し不満。この馬の適性を考えたら青葉賞はレッドエルディストのような末脚を見せてくれなければいけないはずで、成長力に関しては半信半疑な部分も。ただ今回の中山芝2200mという条件はベストに近いだろう。

 

プロディガルサン

リアルスティールの全弟ということで、もう血統だけで人気先行タイプの馬。新馬戦も芙蓉ステークスも東スポ杯2歳ステークスも、一度も強いと感じたことはありませんでしたが、前走の青葉賞ではかなり厳しいペースを前目で追走して最後まで粘るなかなか素晴らしい競馬。あれを見てもまぁ重賞級くらいの能力はあっていい馬かも。

2歳時の凄みを見せないながらも安定的に走ってくるレースぶりを見ても、どうも相手なりに走ってくるタイプな感じがあり、今回もあんまり評価はしたくないが走られても不思議ではない。

 

今年のセントライト記念はちょっと人気馬が強すぎて荒れる可能性はあんまりなさそう。点数を絞ってどう狙うかというレースになると思います。

穴っぽいところで一番面白いのはこの馬だと思っています。

その馬の名はブログランキング(穴)で公開中

 

 

レース相性の良いステイゴールド産駒ですし、前走は休み明けながら余裕で突き抜けての快勝。素質は相当ある馬ですし、一角崩しくらいならあってもいいかも。

 

関連記事

【京成杯オータムハンデ2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

京成杯オータムハンデ2017(中山芝1600m)の考察です。 9月10日に中山競馬場で開催され

記事を読む

枠順発表後の七夕賞とプロキオンSの見解

本日は七夕賞とプロキオンSの枠順確定後の見解をお送りします。どちらも7/8(日)のレースになります。

記事を読む

【2016】紫苑S / 枠順&展開考察(ビッシュ、パールコード等の枠順は如何に)

今日は9/10(土)に行われる紫苑ステークスのレース考察を行います。中山芝2000mで行われるGII

記事を読む

【青葉賞2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

青葉賞2018(東京芝2400m)の考察です。 4月28日に東京競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【2016】フローラS / 枠順&展開考察(パールコード、チェッキーノ等の枠順は如何に)

今日は4/24(日)に行われるフローラSの枠順&展開考察を行います。東京芝2000mで行われ

記事を読む

札幌記念 [5] 土曜馬場を見た感じの結論

今日は競馬TIMES様のイベントにパネラーとして参加してまいりました〜。 人前に出る緊張と、時

記事を読む

弥生賞 [4] 人気薄を狙うなら中山実績を重視

今週は2場開催。全レースを復習している身からすると2場開催は非常に助かる。見なきゃいけないレースが7

記事を読む

【武蔵野S2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

武蔵野ステークス2017(東京ダート1600m)の考察です。 11月11日に東京競馬場で開催さ

記事を読む

フェアリーS [2] ある程度重い血は必要

毎年思うがフェアリーステークスの意味があまり良く分からない。関東馬の賞金稼ぎの舞台を設けたいのかもし

記事を読む

毎日杯2017の予想を公開!

毎日杯2017(阪神芝1800m)の予想です。 3月25日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

ディセンバーステークス2018の予想を公開!

ディセンバーステークス2018(中山芝1800m)の予想です。

朝日杯フューチュリティステークス2018の予想を公開!

朝日杯フューチュリティステークス2018(阪神芝1600m)の予想です

ターコイズステークス2018の予想を公開!

ターコイズステークス2018(中山芝1600m)の予想です。 1

【朝日杯フューチュリティステークス2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

朝日杯フューチュリティステークス2018(阪神芝1600m)の考察です

【ターコイズステークス2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

ターコイズステークス2018(中山芝1600m)の考察です。 1

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑