*

【青葉賞2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

公開日: : 最終更新日:2021/04/30 重賞レース考察・予想

青葉賞2021(東京芝2400m)の考察です。

5月1日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はキングストンボーイ、ワンダフルタウン、アオイショー、スワーヴエルメなど。東京競馬場の芝2400mで行われるGIIです。今回の記事では過去データやレースラップ、血統、予想オッズなどを考察いたします。

 

今夜開催される東京プリンセス賞の予想はこれからするので夕方ごろくらいまでに配信できれば、と思います。ご期待いただきお待ちいただければ幸いです。

 

[PR] 5月はココに期待!昨年の5月は無双だった予想サイトが青葉賞も的中をお届け!

青葉賞2021無料予想

昨年は青葉賞~ヴィクトリアM

そしてダービーと5月好調でした!

────────────────────

【無料予想】青葉賞2020

3連複21.9倍×500円

獲得額:10,950円

────────────────────

昨年5月はほんと好調でした!

【無料予想】ヴィクトリアM2020

3連複29.6倍×500円

獲得額:14,800円

【無料予想】日本ダービー2020

3連複24.8倍×500円

獲得額:12,400円

────────────────────

────────────────────

人気馬3頭と人気薄馬2頭の布陣がよくくる!

今年最高値は中山牝馬Sで回収率1925%

→青葉賞の無料予想

日曜日は天皇賞春を無料公開◎まずは青葉賞でベタ乗りしてください!!

 

青葉賞 2021 考察

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

レース傾向

日本ダービーと同じ東京芝2400mで行われるトライアル戦。このレースの最大の特徴は「ダービーと同じ東京芝2400mで行われながらダービーに繋がらない」ということではないだろうか。

この時期の3歳馬にとって東京芝2400mというのは負荷の大きい条件で、短期間に2回も東京芝2400mを全力で走ることはできない、という見方もあると思うが、それ以上にダービーに繋がらない理由は「同じ東京芝2400mながら問われる適性が異なる」ことが重要だと思います。

日本ダービーは世代最上位馬同士で芝2400mを走れることは前提として、中盤がゆったりと流れた上で最後にどれだけ速い脚が使えるかを問われることが多い傾向。一方で青葉賞はせいぜいトライアル戦ですからメンバーレベルもそこまで高くなりませんし、芝2400mを走る上でのスタミナが強く問われる傾向。ダービーでは明らかにキレ不足のスタミナタイプの馬がよく走るレースなので、同じ条件でもダービーと青葉賞は別物として考えた方がいいでしょう。

 

POINT1 → ダービーと同じ東京芝2400mで行われるが、こちらはよりスタミナが重要になるレース傾向。ダービーと青葉賞は別物として考えたほうがいい。

 

レースラップ分析

トライアル戦ではあるが、これまで長い距離を使われてきてスタミナ自慢の馬が多く出走してくることもあり、他のトライアル戦と比べると極端なスローペースにはならない傾向。まぁ2400mも距離がある条件なので、スローペースになったとしてもスタミナは問われる条件です。

今年はノースブリッジが2戦2勝でどちらのレースでも逃げているのでこの馬が先手を奪う展開か。他に先行馬があんまりいないので、スローペース想定で前残りで考えてしまいがちだが、このレースは毎年そんなメンバーでもスパートが早くなってスタミナが問われることが多い点は覚えておきたい。

 

POINT1 → 他のトライアル戦に比べると極端なスローペースにはならない。2400mも距離があるのでスローになってもスタミナは問われる。

 

血統傾向

日本ダービーと同じ東京芝2400mで行われるレースということもあり、ディープインパクト産駒の成績が優秀。とは言っても、ダービーのようにキレキレのディープインパクト産駒が走るわけではなく、少し重めのスタミナ型のディープインパクト産駒がよく走る感じ。2016年のヴァンキッシュランなんてまさにそんな感じでしたね。

過去5年の勝ち馬を見ても、トニービン、ロベルト、サドラーズウェルズを持っていた馬しかいませんし、欧州スタミナ血統を持っている馬が有利なレース傾向。やはりそれだけスタミナが問われるレースと見て良さそうで、日本向きのキレ味ある血統を持ちつつ、欧州由来のスタミナ血統を持っている馬が狙い目ではないでしょうか。

 

POINT1 → ディープインパクト産駒の成績が優秀だが、キレキレのディープではなく重めのスタミナ型のディープインパクト産駒がよく走る。

POINT2 → 欧州スタミナ血統を持っている馬が有利。トニービン、ロベルト、サドラーズウェルズあたりを持っている馬には注目。

 




 

考察まとめ

というわけで枠順発表前の青葉賞の想定オッズを出したいところですが、ちょっと抽選馬の数が多すぎるので今回は割愛させていただきます。

 

まぁ前走の共同通信杯のレースレベルを考えてもキングストンボーイの1番人気は確実か。2番人気は前走重賞勝ちのワンダフルタウンか、前走の勝ちっぷりが鮮やかだったアオイショーあたりになるんじゃないでしょうか。

 

※今のレベルの高い競馬ファンたちに勝つためには事前にどういうオッズになるのかを把握しておくのが重要。あなたが買おうとしている馬が果たして穴で買えるのか、それとも穴人気してしまうのかは最初から考えておきましょう。というわけで、今年から玄人層に買われて穴人気しそうな馬をピックアップしておきます。

玄人人気ターゲット馬=特になし

抽選馬が多く、どれが出てくるのかもまだわからないので人気になる馬を考えるのも難しいところです。

 

最後に現時点で面白いと思う馬をピックアップ!

↓↓のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

<推奨根拠>

もともと新潟コースでの新馬戦のパフォーマンスを見た時から相当な素材と評価していた馬でしたが、追ってからモタれる面があって出世が遅れていた印象。特にフリージア賞は終始モタれ通しだったので評価は見直せるはず。

このレースはとにかく大寒桜賞組の成績が良い傾向ですし、今回はその勝ち馬が不在となればもともと素質を評価していたこの馬を狙ってみるのは面白いと思います。

 

一方でちょっと危ういと思っている馬はこちら。

↓↓↓

ワンダフルタウン

前走の京都2歳ステークスは今年のクラシック路線の中でも最もレベルの低かった重賞レース。今回はそこからの長期休養明けで明らかに叩き台な感じもしますし、果たしていきなりでここで通用するんでしょうか。

 

現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2021年も4月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

【ダイヤモンドステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ダイヤモンドステークス2020(東京芝3400m)の考察です。 2月22日に東京競馬場で開催さ

記事を読む

阪神牝馬S [4] 枠順発表!明暗を探る。

今日はちょっと御殿場に用事でお出かけ。 車が今ちょうどないもんで電車で行かなければならないので

記事を読む

【オールカマー2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

オールカマー2018(中山芝2200m)の考察です。 9月23日に中山競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

シンザン記念 [3] スピード寄りのノーザンダンサーが走る

ロゴタイプが根岸ステークス→フェブラリーステークスに行くそう。親父のローエングリンもダート路線は失敗

記事を読む

レパードステークス2020の予想を公開!

レパードステークス2020(新潟ダート1800m)の予想です。 8月9日に新潟競馬場で開催され

記事を読む

阪急杯 [1] 人気馬全てに危険要素有り

大井競馬のトリプル馬単で7476万馬券が出たそうで。なんだか3レースの人気と戦績見たら「これなら買え

記事を読む

【2016】新潟大賞典/ 枠順&展開考察(フルーキー、サトノラーゼン等の枠順は如何に)

今日は5/7(日)に行われる新潟大賞典のレース考察を行います。新潟芝2000mで行われるGIII戦で

記事を読む

シルクロードS [1] ある程度の位置で早い上がりを使える馬を狙う

シルクロードステークスにしても根岸ステークスにしても登録馬が多すぎてどうしたもんやら。これだけ登録馬

記事を読む

【中山金杯2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

中山金杯2018(中山芝2000m)の考察です。 1月6日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

金鯱賞 [1] 出馬表を見ての印象

競馬とは全く関係のないお話ですが、私DJとかもちょろっとやっていまして、音楽関係のイベントとかに呼ば

記事を読む

新潟大賞典2021の予想を公開!

新潟大賞典2021(新潟芝2000m)の予想です。 5月9日に新

NHKマイルカップ2021の予想を公開!

NHKマイルカップ2021(東京芝1600m)の予想です。 5月

京都新聞杯2021の予想を公開!

京都新聞杯2021(中京芝2200m)の予想です。 5月8日に中

【新潟大賞典2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

新潟大賞典2021(新潟芝2000m)の考察です。 5月9日に新

【京都新聞杯2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京都新聞杯2021(中京芝2200m)の考察です。 5月8日に中

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑