*

【2016】埼玉新聞栄冠賞の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2016/10/21 地方レース考察・予想

今日は10/19(水)に行われる埼玉新聞栄冠賞のレース予想を行います。浦和1900mで行われるSIII戦です。

 

先週行われたエーデルワイス賞は、、、

1着:△リエノテソーロ

2着:△アップトゥユー

3着:◎ピンクドッグウッド

で、本命馬ピンクドッグウッドが来たものの2列目のセレクトを間違って不的中。アップトゥユーは最後まで2列目を迷っていただけに痛恨といえば痛恨なのですが、リエノテソーロ相手だと安かったのでそこまでショックはありませんでした。

 

今週は浦和コースで行われる埼玉新聞栄冠賞。昨年は個人的に大好きなカキツバタロイヤルが重賞制覇を果たした舞台。今年も当てていきたいところです。

 

埼玉新聞栄冠賞 予想

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-18-17-18-33

過去4年の結果を見てみますと、それなりに上位人気馬で決まるものの1番人気が馬券に絡んだのは2回のみ。人気の順番通りに決まることは少なく、それなりに癖があるレースと見て良さそう。

ポイントとしてはまずリピーターが多いレースといえます。過去4年連続で馬券に絡んだカキツバタロイヤル。過去3年連続で馬券に絡んだガンマーバーストあたりがいるように、とにかくこのレースは特殊な適性が要求されるレースと見て良さそう。今年はリピーター該当馬はタイムズアローだけとなっています。

そしてもう一つポイントとしてあげられるのが内枠の活躍。過去4年を見ても8番より外で好走しているのは1、2番人気ばかり。基本的には人気馬なら外枠からでもなんとかなるけれども、伏兵はインで上手く立ち回って、、、というレースです。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-18-17-22-42

浦和コースの向こう正面からスタートし、すぐにコーナーに入って隊列ができてからもそこまでペースが落ちないレース。1900mを通して息の入らないレースになるので、最後の直線まで「いかにスムーズに回ってくるか」が重要なレースになりそう。

昨年は向こう正面から一気にペースアップした際に、外を回らないでインで脚を溜めたカキツバタロイヤルとガンマーバーストが最後の直線で差してきてワンツー。

2年前はマイネエレーナが3コーナーから一気のスパートで後続を引き離しての逃げ切り。3年前のガンマーバーストも上手く立ち回ってきてのものでした。

基本的に浦和コースでのスタミナ立ち回り勝負になりますので、いかに最後の直線を向いた時点でバテずに余力を残せているかが重要。その点で騎手の技量というのはかなり要求されるレースだと思います。去年は天才中野、その前も技術だけは天才的だった御神本、その前も森騎手が勝っていますし、馬の力も大事ですがいかに馬に力を残せるかという人の部分も重要なレースです。

 

今年のメンバーを見てみると、何が何でも逃げたいベルゼブブが2枠2番。そして同じく先行タイプのアウトジェネラルが3枠3番。恐らく前へ行くであろうタイムズアローが8枠11番。

3歳馬で前走で戸塚記念を圧勝したベルゼブブ、古馬の一線級であるタイムズアローの能力比較をどうするか、ということと、展開予想が大事になりそうなレース。ただ、ここは冷静に能力比較すればどちらを評価すべきかは簡単なレースのように思います。

というわけで予想の発表。

 

 

本命は◎クラージュドールにしました。

もともとJRAのオープンレベルで戦えていた馬で、能力比較的に南関に移籍すればすぐに重賞で通用するレベルと考えていました。もちろん中央と地方では競馬の質が違うので、初戦の報知グランプリは後方追走だけでレースは終了。この時にタイムズアローには大きく負けていますがこれはあまり考えなくてもいいと思います。

3走目のダイオライト記念はインを上手く立ち回ったとはいえ、強敵相手に4着好走。この時にはマイネルバイカやストロングサウザーに先着しており、これだけ見ても地方重賞を勝つぐらいの力はあるはず。

2走前の大井記念では2着好走。この時先着されたケイアイレオーネはこの時、キャリア最大の確変期だったのでつけられた着差もそこまで気にしなくていいと思いますし、このレースはかなりメンバーが揃っていて、ユーロビート、ジャルディーノ、グランディオーソあたりに差し勝ったのであれば十分に価値のある2着でした。

そして前走のマーキュリーCです。結果は差をつけられた6着だったのですが、負けた理由は鞍上の名前を見ればだいたいわかるでしょう。デムーロ騎手はJRAでも先週のオールザゴーやナイトバナレットのように無謀な早仕掛けで負けることはしばしば。GIでの勝負強さこそ認めますが、負けなくてもいい馬で多数負けていると思います。

このレースでも向こう正面から外外を追走し、スタミナお化けのユーロビートよりも早いタイミングでスパートを開始。3コーナーからは手が動いているような状態で、直線入り口に入った時点でユーロビートと手ごたえの差は歴然で、もうこの時点で勝ちはないと悟ったデムーロは賞金関係ないと思った時点で追うのをやめていました。最後まで追うのをやめないだろう地方の騎手であればもっと着差は詰められていたはずで、実際に映像を見ていただければ最後は流して入線しているのがよくわかるはず。

ダイオライト記念や大井記念のレースぶりを見ても地方重賞を勝てる力はあると思いますし、ベストは左回りの地力が要求されるコース。今回は逃げるベルゼブブをタイムズアローとアウトジェネラルが徹底マークするような展開になるはずで、外枠から潰しにいくタイムズアローは最後に脚が少し鈍るはず。恐らくその争いには参加せずに馬群の中で脚を溜めるだろうクラージュドールには展開が絶好になりそうで、名手森の手綱捌きさえあれば勝ちまでありと見ています。

 

対抗は◯タイムズアローが能力上位。

今の南関の重賞戦線では確実に能力上位と言える馬で、ソルテを除けば最上位クラスの馬と言っていいはず。前走の日本テレビ盃も離された5着とはいえ、4コーナーではアウォーディーやモーニン相手に勝ちに行って見せ場十分の内容でしたし、さすがにここまで相手が落ちれば力は違う気がします。

ここ5戦を見ても中央の超一線級以外とは力の違いを見せつけていますし、唯一馬券外になった京成盃グランドマイラーズは出遅れが敗因の全て。今回は西村騎手になるのがポイントですが、日頃から調教を付けている騎手ですし、元荒尾のエースジョッキーで韓国の皐月賞を制したくらいの騎手。今回もベルゼブブを潰しにいく分、損な役回りになりますが、昨年もそのような競馬から驚異の粘りで3着に差し返したように、さすがにこのレベルでは3着は外さないんじゃないでしょうか。

 

三番手は▲アウトジェネラルにしました。

内枠で能力ある馬に吉原騎手、と本来ならばこのレースのポイントに合致するこの馬を本命にしたいところですが、さすがにこの休み明けはネックなので3番手に。もともと南関の中距離重賞ならば能力上位の馬で、強気の先行策で粘り込む競馬が得意。

前走のオグリキャップ記念は笠松競馬場での重賞だったとはいえ、相手はグルームアイランドとリワードレブロンという南関の重賞くらいなら勝てるレベルの馬。しかも断然人気のグルームアイランドに勝ちに行く競馬で早めに先頭に立ったところを競り落とされる厳しい展開でしたし、あれだけやれればここでも上位争いはできるはず。とにかく大型馬の休み明けだけに状態面が全てか。

 

穴っぽいところでは☆トーセンハルカゼを評価しました。

この馬もクラージュドールと同じく最近JRAから転厩となった馬で、JRAでは準オープンに在籍して長距離戦で決め手を活かして戦ってきた馬。徐々に地方のレースにも慣れてきた印象で、近走の内容を見ても仕掛けどころさえ間違えなければここでもやれて良さそうな感じ。前をタイムズアローが潰す展開になれば台頭あっていいと思います。

 

これも休み明けが不安ですがドラゴンヴォイスも展開は向きそう。報知オールスターカップでは少差の4着まで迫っている馬ですし、左回りの消耗戦なら立ち回り次第で上位争いは可能。

 

ベルゼブブは今回は割り引きたい感じ。というのもこの馬はJRA時代もハナさえ切れれば2歳レコードの時計で走れたが、番手以下ではサッパリとだった馬。ここ3戦はハナを取り切る競馬をやってきたことで3連勝になっていますが、前走の戸塚記念はメンバー揃ってたとはいえさすがに恵まれすぎ。前が止まらない不良馬場であっさりとハナを奪えた上に、2番手のミスミランダーが全くプレッシャーをかけてこずに最後の直線まで楽逃げの形。あれだけ楽に逃げられれば粘り切るのも当然か。

今回は古馬最強クラスのタイムズアローが外から完全にマークしてくる展開が予想。隣枠のアウトジェネラルもそう簡単には逃げさせてくれないでしょうし、まず戸塚記念のような楽な展開にはならないはず。馬のキャラを見ても崩れればあっさり馬券外というタイプに見えるので、今回はここが飛ぶ事を期待するのがベターか。

 

一応の抑えで最内枠スルスルで粘り込んじゃった場合のネオザウイナーまで警戒しておきます。

 

 

 

印まとめ

◎クラージュドール
◯タイムズアロー
▲アウトジェネラル
☆トーセンハルカゼ
△1ドラゴンヴォイス
△2ベルゼブブ
△3ネオザウイナー

勝負度D

 

【推奨馬券】

<本線>

三連複 ◎◯→▲☆△1△2△3

<ボーナス>

三連単 ◎→◯→←▲☆△1△2△3

 

 

タイムズアローは強気に競馬しすぎて4着とかはあり得そうな気がしますが、まぁここを信頼しないと点数が多くなってしまうので、今回はタイムズアローは信頼します。その上でベルゼブブがぶっ飛んでくれる事を大いに期待するレースに。そして全てがハマって森騎手が完璧な捌きでクラージュドールが突き抜けたらボーナス、という買い方をしたいです。

 

関連記事

戸塚記念2018の予想を公開!

戸塚記念2018 (川崎ダート2100m)の予想です。 9月12日に川崎競馬場で開催され発走時

記事を読む

東京2歳優駿牝馬2017の予想を公開!

東京2歳優駿牝馬2017(大井ダート1600m)の予想です。 12月31日に大井競馬場で開催さ

記事を読む

スパーキングレディーカップ2017の予想を公開!

スパーキングレディーカップ2017(川崎1600m)の予想です。 7月6日に川崎競馬場で開催さ

記事を読む

レディスプレリュード2017の予想を公開!

レディスプレリュード2017(大井1800m)の予想です。 10月5日に大井競馬場で開催され発

記事を読む

【2016】浦和記念の予想を公開!

今日は11/22(火)に行われる浦和記念のレース予想を行います。浦和2000mで行われるJpnII戦

記事を読む

全日本2歳優駿の予想を公開!

今日は結構大勢のブロガーさんたちと川崎競馬場に全日本2歳優駿を見に行ってまいります。冬で寒いよね、と

記事を読む

全日本2歳優駿2017の予想を公開!

全日本2歳優駿(川崎1600m)の予想です。 12月13日に川崎競馬場で開催され発走時刻は20

記事を読む

アフター5スター賞2018の予想を公開!

アフター5スター賞2018 (大井ダート1200m)の予想です。 8月29日に大井競馬場で開催

記事を読む

JBC三競争(クラシック&スプリント&レディスクラシック)の月曜時点での見解

台風がようやく過ぎ去ったかと思えば月曜日はとんでもない強風ですね。外に出たら吹き飛ばされそうになりま

記事を読む

【2016】ブリーダーズゴールドカップの予想を公開!

今日は8/11(木)に行われるブリーダーズゴールドカップのレース予想を行います。門別2000mで行わ

記事を読む

【アルテミスステークス2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

アルテミスステークス2018(東京芝1600m)の考察です。 1

【天皇賞(秋)2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

天皇賞2018(東京芝2000m)の考察です。 10月28日に東

菊花賞は歴史的なスローでスタミナいらず〜土日の予想結果など

さて、菊花賞の回顧記事も先週に引き続いて非常に遅くなってしまいました。

菊花賞2018の予想を公開!

菊花賞2018(京都芝3000m)の予想です。 10月21日に京

コーフィールドカップ2018の予想を公開!

コーフィールドカップ2018(コーフィールド芝2400m)の考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑