*

【2016】みやこS / レース考察(京都ダート1800mで行われるGIII戦を徹底考察します)

公開日: : 重賞レース考察・予想

今日は11/6(日)に行われるみやこステークスのレース考察を行います。京都ダート1800mで行われるGIII戦です。その前に余談を少し。

 

 

ちょっとまだJBCの出馬表を見れていないような状況で、、、物理的に4重賞全ての記事をいつも通りに厳しそうなので、今週は「有力馬診断」を省略させていただきます。通常通りメルマガのまとめデータ内では全馬のコメントを書かせていただきますので、そちらで代用ください。

北海道2歳優駿はだいたい予想は固まりましたが、門別競馬場で最後に買い目を考えて15時頃までにアップできればと考えております。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

【2016】みやこステークス 予想考察

過去5年のレース傾向

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-10-31-58

去年は不良馬場でペースも乱れてロワジャルダンとカゼノコの差しが決まるという特殊なレースに。ただ、昨年は例外として考えて良さそうで、基本的には有力馬のガチンコ勝負になりやすいレース。

チャンピオンズカップを最大目標として考えると、前哨戦として考えられるのは武蔵野ステークス、JBCクラシック、シリウスステークス、そしてこのみやこステークスといったところか。

武蔵野ステークスは東京ダート1600mというコーナー4回の1800m戦とは違う適性が要求されるので前哨戦としてはあまり好まれない印象で、シリウスステークスだと本番までの間隔が空きすぎ、JBCクラシックはそもそも賞金のボーダーが高すぎて出れる馬が限られる、という事情があるので、相対的にメンバーが一番集まるのがこのみやこステークスだと思います。

今年は特にメンバーが集まった印象ですが、毎年かなり豪華なメンバーが集まりながらちょびっとだけ荒れるのがこのレースの特徴。過去4年を見てもホッコータルマエ、インカンテーション、ランウェイワルツ、ロワジャルダンといった上がり馬が突っ込んできて少しだけ波乱という結果になっています。

ダート馬にとっては10月〜2月が重要なレースが集中しているシーズン。言って見ればここに向けて全馬がコンディションを上げてくるはずで、今までの有力馬を超える成長を見せている馬が毎年少しだけ穴を開けている印象。今年もそういう馬がいるかはチェックしたいです。

 

血統傾向

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-10-34-21

ダート重賞なので特に血統傾向は気にしません。一応、載せておくという感じで。

 

レースラップ傾向

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-10-41-28

前有利というイメージの強い京都コースなだけにペースはそこそこ流れます。ですので、前へ行って残れるのは基本的に強い馬だけ。なかなか伏兵が前へいって穴を開けるというケースはなく、穴として多いのは脚を溜めた差し馬が突っ込んでくるパターン。

今年もモンドクラッセ、アスカノロマンという強力な先行馬に加えて、ラニやアポロケンタッキーといったペースを乱しそうな馬もいますし、軽視されそうな後方組には注目してみたいところ。

 

レース傾向まとめ

今日のところはこの辺りにしておきます。出走メンバーはこんな感じ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-11-57-37

春に京都コースで圧巻のパフォーマンスを見せているアスカノロマンが人気の中心。そこにGI馬モーニンと3歳馬グレンツェント、ラニ。そして前走がノーカウントとされればアポロケンタッキーあたりが人気続く形か。

今年は古馬の一線級から3歳馬の有力どころまで、裏にJBCがある割にはかなりのメンバーが揃った印象。

ひとまず現時点で注目している馬はこの馬です。

*************

その馬の名はブログランキングで公開中

*************

 

最近のダート重賞でよくあるパターンは、昨年のみやこステークスのロワジャルダンや今年のエルムステークスのリッカルドのように、準オープンを勝ち上がるのに苦戦していた馬が、ようやく勝って昇級初戦で重賞に挑戦して通用してそのまま勝ってしまうというパターン。

芝以上にダートの準オープンというのはレベルが高く、番組数も限られるので毎回とんでもないメンバーが揃う印象。モズライジンのような重賞級の馬もいたりするので、能力はあっても勝つ機会に恵まれない馬は結構多く、そのレベルの高いレースを揉まれているうちに地力をつけて重賞でも通用、というパターンが多い気がします。

この馬はまさにそんなパターンのする馬で、もういつ準オープンを突破してもおかしくない実力があった馬。勝てなかったのは巡り合わせが悪かっただけ、としか思えず、2走前の釜山ステークスはスタートでヨレた上に直線で追い出し遅れる絶望的な状況の中でなんとか捌いて3着。あの内容を見れば前走で準オープンを順当勝ちしたのも納得。その前走で倒した相手もモズライジン、アルタイルなど重賞実績ある馬たちですし、この馬は一気に重賞で通用してもおかしくない気はします。

血統的にダートはどうかなぁ、、、と思わせる血統ですし、実際にこの血統でダート重賞で活躍したのってボレアスくらい。ただ、アウォーディーなんかはダート適性ゼロに見えるジャングルポケット産駒であれだけ走っていますし、もう上級ダート戦で走れちゃっている馬は血よりも内容を見た方がいい気もします。今回はいい具合に人気の盲点にもなりそうなので注目したいです。

 

関連記事

札幌記念2018の予想を公開!

札幌記念2018(札幌芝2000m)の予想です。 8月19日に札幌競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

京王杯SC [4] 枠順発表!明暗を探る

先週は東京競馬場にNHKマイルカップを見に行きましたが、今週は特に予定がないので土日は家で野球とサッ

記事を読む

京都新聞杯 [1] 強調できる血統は??

かしわ記念は予想通りにサンビスタとクリソライトがぶっ飛びまして本線的中! 1着:△ワンダーアキ

記事を読む

【京都金杯2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

京都金杯2018(京都芝1600m)の考察です。 1月6日に京都競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【2016】ターコイズS / レース考察(中山芝1600mで行われる重賞を徹底考察します)

今日は12/17(土)に行われるターコイズステークスのレース考察を行います。中山芝1600mで行われ

記事を読む

弥生賞 [3] 人気馬の個別評価

開幕前なのでJリーグの話題を多めにしてみます。 さて浦和レッズがシーズン開幕前3連敗で荒れてい

記事を読む

マーメイドS [3] 上位人気馬の短評

さて、今日は日本×イラク戦ですね。 私は日本代表に関しては一切の興味がなく、日本サッカーにはマ

記事を読む

淀短距離ステークスの予想を公開!

高校サッカーの決勝戦を見てます。個々のテクニックの高さで勝負する前橋育英と組織力で勝る星陵って感じで

記事を読む

【阪神カップ2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

阪神カップ2017(阪神芝1400m)の考察です。 12月23日に阪神競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

キーンランドC [5] 土曜馬場を見た感じの結論

土曜競馬はほとんど勝負はせず、唯一まともに賭けたBSN賞が◎ダブルスターで当たったので、勝負をしない

記事を読む

【徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」】をぜひこの機会にご購読下さい!

こんにちわ!「競馬はビジネスである」主催のKAZです。 今回は私

小倉大賞典2019の予想を公開!

小倉大賞典2019(小倉芝1800m)の予想です。 2月17日に

フェブラリーステークス2019の予想を公開!

フェブラリーステークス2019(東京ダート1600m)の予想です。

京都牝馬ステークス2019の予想を公開!

京都牝馬ステークス2019(京都芝1400m)の予想です。 2月

ダイヤモンドステークス2019の予想を公開!

ダイヤモンドステークス2019(東京芝3400m)の予想です。

【フェブラリーステークス2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

フェブラリーステークス2019(東京ダート1600m)の考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑