*

【2016】京都2歳S / 枠順&展開考察(ヴァナヘイム、プラチナヴォイス等の枠順は如何に)

公開日: : 重賞レース考察・予想

今日は11/26(土)に行われる京都2歳ステークスのレース考察を行います。京都芝2000mで行われるGIII戦です。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

【2016】京都2歳S 予想考察

枠順考察

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-10-57-48

人気の中心になりそうなヴァナヘイム、プラチナヴォイスの萩ステークス組がそろって外枠を引きました。まぁ少頭数なので関係ないといえばそうなのですが、どの馬もスタートは下手じゃないけど前に行くまでもない・・・といった馬ばかりなので、前へ行くか後ろに行くかの判断に迫られる可能性はあります。

このレースは枠順というよりは展開、隊列が全てかと思うのでサクッと次の項に移ります。

 

展開考察

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-10-57-18

大方の逃げ予想となっているアダムバローズですが、陣営コメントを見ても前走は「行く馬がいないから行っちゃった」という感じですし、実際に映像を見てみても1枠1番でスッとスタート出たら他に誰も行かなかったという感じでした。

前走で500万を勝ったことで賞金的な余裕はできたでしょうし、血統的にも少しクラシックを狙いたくなるような配合。今回は「先を見据えて」控える競馬をしそうな匂いがプンプンします。ただでさえ鞍上が藤岡弟騎手ですから、逃げなんて決めつけないほうが良さそう。

こうも逃げる馬がどれかにこだわるのは、このレースが以下のようなデータのあるレースだから。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-11-04-16

[引用元] http://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2016/1126_1/

 

4コーナー先頭の馬の複勝率が53.3%というのが京都2歳ステークスの真実なわけです。それに加えて2〜4番手の複勝率も3割を超えていますし、もうほとんどの年で前々での行った行ったレースが続いているということ。

この時期に行われる中距離重賞という設定にも関わらず、このレースは大した素質馬が集まるケースが少なく、集まっても一頭だけ(エピファネイアやトーセンスターダム)という感じ。その割に陣営が素質を買っている馬は折り合い重視の競馬をするので、大して強くない馬同士の戦いで位置取りだけで決まるケースがほとんど。今年も過大評価な匂いがプンプンするヴァナヘイムが1番人気に推されるようなメンバーですから位置取りだけで結果が決まる可能性はかなりあるでしょう。

 

スタートの速さや枠順などを考えると逃げる可能性が一番ありそうなのはソーグリッタリングか。デビューしてから3戦ともスタートはピカイチですし、内枠に行きたい馬も皆無。外からアダムバローズ、プラチナヴォイスあたりがガシガシ押してハナに立つとも思えず、この馬が逃げの形になるか。

デムーロとしてもこのレベルの馬でクラシックに向かおうなんて思っていないでしょうし、馬の教育よりも目先の賞金を優先する気がします。

一方でカデナあたりは「2歳馬は教育優先主義」の福永騎手なので、能力自体は認めますが、折り合い重視で溜めに溜めた結果、差し届かずというパターンは大いにありそう。

 

今回のまとめと想定オッズ

最後に今回のまとめと私が独自に考えた想定オッズを書いておきます。

1 ヴァナヘイム     3.2倍
2 プラチナヴォイス    3.5倍
3 カデナ        4.8倍
4 ダノンディスタンス  7.7倍
5 ベストアプローチ    8.3倍
6 ソーグリッタリング  10.1倍
7 アダムバローズ    11.7倍
8 ワンダープチュック 25.5倍
9 マイネルザウバア  34.8倍
10 エーティーラッセン 55.0倍

ヴァナヘイムとプラチナヴォイスはほとんど差のないオッズになるはず。さすがに前走で決定的な差を見せられたのにも関わらず未だに血統ロマンだけでヴァナヘイムが抜けた人気になるとは思いにくい。

別路線組のカデナも専門誌の印のつき方を見ているとnetkeibaの想定オッズではおさまらなそうで、実質的には3強という感じの人気になるか。

 

今年の京都2歳ステークスは例年以上にはメンバー揃った感じですが、それでもここからクラシックへ、という匂いはしないレース。あくまでもこのレース限定で走る馬を見つけたほうが良さそうです。その中でもちょっと危ないなぁと思うのはこの馬。

 

その注目馬の名はブログランキング(危険)で公開中

 

前走はトゥザグローリー、トゥザワールドの全弟であるトゥザクラウンや、メイショウベルーガの子が出たりしており、菊花賞デーに行われる新馬戦だからこそ「伝説の新馬戦」というイメージがついており、メンバーレベル高かったと思われているが、見返してみても大してレベルは高くなさそう。

新馬戦レビューの時からこの新馬戦は見掛け倒しな感じあり、と書いていましたし、2着馬アドマイヤローザこそ未勝利を勝ちあがりましたが、後のメンバーは未勝利でも微妙なレベル。

前走を見てもこの馬は大してスタート早くなさそうですし、今回は枠順もあまり良くなさそう。血統的にも日本ではどうかなぁと思いますし、積極的に嫌うというわけではないですがあんまり買いたくない1頭です。

 

関連記事

キーンランドカップ2019の予想を公開!

キーンランドカップ2019(札幌芝1200m)の予想です。 8月25日に札幌競馬場で開催され発

記事を読む

京都2歳S [2] ダイワメジャーを科学する

ジャパンカップの枠順でましたねー。個人的には悪くないかなぁといったところ。内枠を引いたジャスタウェイ

記事を読む

武蔵野ステークス2017の予想を公開!

武蔵野ステークス2017(東京ダート1600m)の予想です。 11月11日に東京競馬場で開催さ

記事を読む

【日経新春杯2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

日経新春杯2018(京都芝2400m)の考察です。 1月14日に京都競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【小倉記念2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

小倉記念2018(小倉芝2000m)の考察です。 8月5日に小倉競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

チャレンジカップ2017の予想を公開!

チャレンジカップ2017(阪神芝2000m)の予想です。 12月2日に阪神競馬場で開催され発走

記事を読む

【2016】中山金杯 / 枠順&展開考察(フルーキー等が出走するGIII戦です)

今日は1/5(火)に行われる京都金杯の枠順&展開考察を行います。京都芝1600mで行われるハ

記事を読む

【2016】毎日王冠 / 枠順&展開考察(ルージュバック、アンビシャス等の枠順は如何に)

今日は10/9(日)に行われる毎日王冠のレース考察を行います。東京芝1800mで行われるGII戦です

記事を読む

東京スポーツ杯2歳ステークス2017の予想を公開!

東京スポーツ杯2歳ステークス2017(東京芝1800m)の予想です。 11月18日に東京競馬場

記事を読む

プロキオンS [3] 枠順発表!明暗を探る

さて、昨日はスポーツ界でかなり大きなニュースがあったと思うのですが全く日本では話題にならず、

記事を読む

クイーン賞2020の予想を公開!

クイーン賞2020(船橋ダート1800m)の予想です。 12月3

【チャレンジカップ2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

チャレンジカップ2020(阪神芝2000m)の考察です。 12月

兵庫ジュニアグランプリ2020の予想を公開!

兵庫ジュニアグランプリ2020(園田ダート1400m)の予想です。

【チャンピオンズカップ2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

チャンピオンズカップ2020(中京ダート1800m)の考察です。

11月5週のレース回顧〜まさしくこれぞ史上最高の一戦、あっぱれアーモンドアイ!

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑