*

【2016】新潟大賞典/ 有力馬考察(フルーキー、サトノラーゼンなどの徹底分析)

公開日: : 最終更新日:2016/05/05 重賞レース考察・予想

今日は5/8(日)に行われる新潟大賞典のレース考察を行います。新潟芝2000mで行われるGIII戦です。その前に余談を少し。

 

 

絶賛、バターコーヒー生活を続けて1ヶ月くらいが経ちましたが、最近バタバタしていてジムにも行けていないにも関わらず、体重が4kgほど落ちました。旅行中や遠征中はバターコーヒーが作れないので、できるだけ食べる量を減らす努力だけにしていますが、それでも何とか続いております。

5年前くらいから増加一方だった体重がようやく初めて減少傾向になってきた感じ。ベスト体重はあと10kgくらい減らしたところにあるので、あと半年は続けてみようかと思います。新しいスーツを買いたいので5月末ぐらいまでにある程度絞りたいところ。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

【2016】新潟大賞典 予想考察

新潟大賞典 有力馬考察

フルーキー

今までの戦績を見てもGIIIくらいまでなら威張れるオープン大将気質の馬。強い相手と走ると一気にパフォーマンスを落としますが、今回のようなローカル重賞なら主役を張れる器。

どうも中山金杯の走りを見ている限り、一瞬の決め手を活かしたほうが良さそうな小回り巧者の印象。新潟大賞典はある程度一瞬の加速力も必要な部分はありますが、長く良い脚を使うタイプではなさそうなので、最後の最後で脚が渋らないかは心配。まぁGIIIレベルなら堅実に走るのである程度評価した方がいい気はします。

 

サトノラーゼン

京都新聞杯の勝利は納得でしたが、まさか日本ダービーまで走るとは驚きでした。父ディープインパクトですが、母父のロベルトが前面に出ているタイプの馬で、未勝利勝ちに時間がかかったところを見ても、使って使って良さが出るタイプに見えそう。最近は休み休み使われていますが、あんまりそういうタイプではない気がしますが。

典型的な惰性で走るディープインパクト産駒な印象で、能力の絶対値こそ違えど、同じディープ×ロベルトの配合のニューダイナスティのようなイメージを持っています。だらーっとした脚で通用する条件では走りそう。立ち回りが上手いので小回りコースの内枠が走る条件かなという気がします。ロベルト系が走る函館記念あたりでいかにも走りそうなイメージ。

 

ダコール

末脚自慢のディープインパクト産駒ながら小回りコースが得意な特殊タイプ。その理由は長く良い脚を使うのではなく一瞬の決め手に秀でたタイプだから。普通ならこれでは新潟コースでは走らなそうですが、そんな馬が走れちゃうのが新潟大賞典の謎でもあります。

この馬の場合はスローから一瞬で加速できる瞬発力がありつつ、母系にグレイソヴリンがあるので最後までなんとか脚が持つということなんでしょう。去年は危険な人気馬とか言ってバッサリ切っていた感じがしますが、新潟大賞典はこういうレースなんだ、ということで今年はそれなりに評価しようかと。

 

ヒストリカル

晩生血統のディープインパクト産駒で、スパッと切れるタイプではありませんが長く良い脚でドスドスと差してくる印象の馬。

いかにも新潟コースは合いそうなイメージなんですが、新潟大賞典ってこういう最後方から進めるドスドスタイプよりも一瞬の加速で抜け出して押し切るタイプの方が走る印象。この馬もスローペースに向く差し馬には見えませんし、どうせ騎手があの人となると絶対的な信頼は難しそう。印には入れると思いますが、信頼できるタイプの馬とは考えていません。

 

ショウナンバッハ

京都記念は全くテレビ画面に映らずに何もできずに終わった。AJCCでは3着に走っていますし、前走の中日新聞杯はスローペースを差し届かずでしたが最後はすごい脚。重賞級の能力はあるのは間違いないでしょう。

阿賀野川特別では新潟コースで他馬に迷惑をかけたとはいえ、グイッと急加速する適性を見せましたし、左回りの直線長いコースも大丈夫なタイプ。あんまりステイゴールド産駒特有の小回りで一瞬の決め手を活かしてこそ、という感じもしませんし、そのあたりは母父サクラバクシンオーでキタサンブラックの半兄というところが大きいんでしょうか。人気馬の中では相対的に上位評価になると思います。

 

今回の新潟大賞典は本命馬を決めるだけでもいっぱいいっぱいのレース。ましてや印を順序付けるなんて相当難しい作業だと思っています。

狙えるのはこういう馬あたりだと思っています。

その馬の名はブログランキングで公開中

 

 

正直、この馬以外に買いたい馬がいないというのが本音。あとは枠順が出てからマイネルミラノの法則も考慮に入れて予想する感じでしょうか。本当に難しいレースです。

 

関連記事

【2016】東京新聞杯の予想を公開!

【3週連続重賞的中ですよ】 かなり気になっていた予想家「ハンターX」氏の予想を試してみましたよ

記事を読む

【京都金杯2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

京都金杯2019(京都芝1600m)の考察です。 1月5日に京都競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

根岸Sの予想を公開!

明日より本州に戻りますが、函館は意外に暖かくて過ごしやすいです。今日は雪が降っていますが、それでもマ

記事を読む

【関屋記念2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

関屋記念2017(新潟芝1200m)の考察です。 8月13日に新潟競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

日経賞2018の予想を公開!

日経賞2018(中山芝2500m)の予想です。 3月24日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【中山金杯2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

中山金杯2019(中山芝2000m)の考察です。 1月5日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【ラジオNIKKEI賞2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ラジオNIKKEI賞2020(福島芝1800m)の考察です。 7月5日に福島競馬場で開催され発

記事を読む

シリウスSの予想を公開!

【昨年の10月のG1 3戦3勝! 乗るなら今です】 昨年10月に行われた スプリンターズ

記事を読む

【キーンランドカップ2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

キーンランドカップ2019(札幌芝1200m)の考察です。 8月25日に札幌競馬場で開催され発

記事を読む

【フィリーズレビュー2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

フィリーズレビュー2020(阪神芝1400m)の考察です。 3月15日に阪神競馬場で開催され発

記事を読む

【チャンピオンズカップ2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

チャンピオンズカップ2020(中京ダート1800m)の考察です。

11月5週のレース回顧〜まさしくこれぞ史上最高の一戦、あっぱれアーモンドアイ!

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

京阪杯2020の予想を公開!

京阪杯2020(阪神芝1200m)の予想です。 11月29日に阪

ジャパンカップ2020の予想を公開!

ジャパンカップ2020(東京芝2400m)の予想です。 11月2

京都2歳ステークス2020の予想を公開!

京都2歳ステークス2020(阪神芝2000m)の予想です。 11

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑