*

【2016】金鯱賞の予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

今日は12/3(土)に行われる金鯱賞の予想です。

 

12月からは「的中」をもっと重ねて競馬をより楽しんでみませんか!?

さて、早いもので今年も12月になりました。

月初はメルマガ加入に一番お得な時期でございます。

当サイトが発行している徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」は、絶対に当たるというメルマガではありません。

ただ、加入頂いている方はお分かりかと思いますが、、、

「毎週それなりに結構当たります(汗)」

ですが、週末の予想配信がメインコンテンツというわけではなく、きちんと週末に勝負レースの配信は行っておりますが、それよりも重賞、平場を含めたレースの回顧、分析を一番の売りとしています。

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

お値段は週刊Gallopや週刊競馬ブックを読むのと同じ料金。ですが、これだけは断言できますが、、、

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

おかげさまで発行1年足らずの当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様のランキングで7位になるまでになりました。

スクリーンショット 2016-03-01 9.01.34

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

当メルマガは「初月無料キャンペーン」を実施しております。

月初にご購読頂ければその月は無料で全ての内容をお読みいただくことができます。つまり12月に成り立てのいまご購読頂くのが圧倒的にお得なわけです。

クオリティで不満にさせることはまずないと思いますので、少しでもご興味を抱かれた方は一番お得な月初の時期に試しに一月でもご購読頂けると良いかと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

金鯱賞 予想

中京芝コースは冬の開催ながら開幕週は夏と同じく超高速馬場。2歳戦でレコードが出るなど明らかに先行、インが有利な馬場になっており、金鯱賞もレコードに近い時計。1分58秒台前半が記録されることは間違いないか。お昼頃までのレースを見ても、外をぶん回す馬は伸びない馬場状態で、インを上手く立ち回れる高速馬場適性ある馬を狙い撃ちたい。

 

本命は大穴だが◎パドルウィールが面白そうだ。

3走前はこの舞台でシンガポールRTでレコード勝ち。あの内容は圧巻で準オープンも即突破級と思っていたが、ここ2戦は超スローペースで逃げ馬がそのまま押し切るようなレースをスタートで後手を踏んで大外ぶん回し、というひどい内容。まずスムーズならばあっさりと準オープンは突破しているはずで、格上挑戦と言いながらも実質はオープン級という考えでいいはず。とにかく中京コースの高速馬場は絶好でしょうし、すんなりと好位をとれそうな絶好枠を引くことができました。1〜5番までの馬がテンに速くないのであっさりと位置も取れそうですし、ここは面白いんじゃないでしょうか。

 

対抗は◯サトノノブレスにしました

前走の天皇賞はシュタルケ騎手が直線で岩田騎手と喧嘩しあって外に出せず。まぁ東京芝2000mのGI戦という舞台にも適正がなかったでしょう。もともとはGIIレベルでそれなりに時計がかかる舞台でじり脚を使ってナンボの馬。位置も取れる馬なので開幕週も合うでしょうし、シュミノー騎手がどう乗るかは鍵ですが、普通にここでも有力と見ます。

 

三番手は▲ヴォルシェーブがここでは上位だろう。

前走のアルゼンチン共和国杯は外差し馬場だったとはいえ、結構デムーロ騎手に雑に乗られた印象で、最後に脚が鈍ったのはその点か。距離も2000mはベストといえるでしょうし、前走内容だけ見れば能力上位は明白。あとは開幕週の高速馬場だけに前走と同じような競馬をした場合には届かなそうなのがネック。もともと前目で競馬できる馬なだけにデムーロの乗り方が鍵になりそうです。

 

ブランクはありますが☆リアファルも有力だろう。

神戸新聞杯、菊花賞の内容を見ても現4歳馬の中で能力上位は明白。この舞台も1600万を逃げ勝っている舞台ですし、今回はとにかく出来がどうかが全て。本命にするには怖いが、相手としては上位においてもいい馬だと思います。

 

 

トーホウジャッカルは能力出し切れればここでも上位ですが、いかんせん厩舎力がなさすぎるので半信半疑。

 

穴で面白そうなのはあたりか。

昨年は京都記念で2着に走ったように、楽に単騎で行ければ重賞でも通用する馬。今回はいかにも逃げさせたら怖い騎手ですし、ノーマークにはしたくないです。

 

レコンダイトは前走が出負けの影響あるとはいえちょっと力負けな感じも。同じくシュンドルボンも前走はスローペースを差し損ねとはいえ、今回の相手に通用する気はあんまりしない。

 

ヤマカツエースはどうも馬がしおれてきている感じが否めない。好調期のような迫力はないですし、この枠ではスムーズに競馬ができない感じも。

 

 

印まとめ

◎パドルウィール
◯サトノノブレス
▲ヴォルシェーブ
☆リアファル
△1トーホウジャッカル
△2
△3レコンダイト
△4シュンドルボン
△5ヤマカツエース

 

関連記事

ファルコンSの予想を公開!

ファルコンSのオッズを見て、まぁそうなりますよねという結果。netkeibaで想定5番人気とか嘘だろ

記事を読む

【京成杯オータムハンデ2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京成杯オータムハンデ2018(中山芝1600m)の考察です。 9月9日に中山競馬場で開催され発

記事を読む

ラジオNIKKEI賞の予想を公開!

今週から夏競馬が本格的に始まりました。 夏競馬は芝の中距離の重賞が多いんです。 やは

記事を読む

【2016】弥生賞 / 枠順&展開考察(リオンディーズ、エアスピネル等の枠順は如何に)

今日は3/6(日)に行われる弥生賞の枠順&展開考察を行います。中山芝2000mで行われるGI

記事を読む

中山金杯2017の予想を公開!

中山金杯2017(中山芝2000m)の予想です。 1月5日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

シンザン記念2018の予想を公開!

シンザン記念2018(京都芝1600m)の予想です。 1月8日に京都競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

AJCC2017の予想を公開!

AJCC2017(中山芝2200m)の予想です。 1月22日に中山競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】阪急杯 / 有力馬考察(ミッキーアイル、レッツゴードンキなどの徹底分析)

今日は2/28(日)に行われる阪急杯のレース考察を行います。阪神芝1400mで行われるGII戦です。

記事を読む

AJCC [1] ゴールドシップ中心は揺るがない

日経新春杯は能力の劣るビービートレイターを勝たせるためにはあの騎乗しかなかったでしょう。四位騎手は最

記事を読む

【2016】アンタレスS / 枠順&展開考察(アウォーディー、アスカノロマン等の枠順は如何に)

今日は4/16(土)に行われるアンタレスSの枠順&展開考察を行います。阪神ダート1800mで

記事を読む

【朝日杯フューチュリティステークス2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

朝日杯フューチュリティステークス2018(阪神芝1600m)の考察です

【ターコイズステークス2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ターコイズステークス2018(中山芝1600m)の考察です。 1

【朝日杯フューチュリティステークス2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

朝日杯フューチュリティステークス2018(阪神芝1600m)の考察です

12月2週のレース回顧〜外国人騎手9週連続GI制覇

さて先月からブログの方できちんとレース回顧を書いています。 重賞

カペラステークス2018の予想を公開!

カペラステークス2018(中山ダート1200m)の予想です。 1

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑