*

【2016】エルムSの予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

今日は8/14(日)に行われるエルムステークスの予想です。先週の小倉記念は悶絶のクビ差で大万馬券を逃したので、なんとか今週は重賞を取りたい!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

エルムステークス 予想

スクリーンショット 2016-08-08 16.21.30

過去5年のレース傾向を見てもほぼ全ての馬が4コーナーで4番手以内につけていた馬。追い込みと言える馬はグランドシチーだけですし、今年もマルカフリートや成田スーパーワンが外から突っ込んでくるようなレースではないというのがまず第一。

今年は1番人気に推されるのがモンドクラッセ。確かに小回り1700mはベスト舞台ですし、地力もつけてきてはいますが、番手で競馬できるようになったとはいえ本質的にはピンパータイプ。

そしてそれ以上にピンパータイプなのがショウナンアポロンとクリノスターオー。ショウナンアポロンは楽に単騎で行けた時しか走っていませんし、前走もかなり楽に2番手を追走できたのが勝因。クリノスターオーは被されると競馬をやめる馬で、出入りの激しい小回り1700mへの適性はないだろう。

 

先行馬にピンパータイプが多いところに今年もジェベルムーサという捲りしかできない有力馬の存在。まず間違いなくこの馬が途中から動いて先行馬を被せるような展開になるはずで、そうなれば地力をつけたモンドクラッセはまだしもショウナンアポロンやクリノスターオーは能力比較とか関係なく垂れる可能性は結構ありそう。

かといってジェベルムーサが昨年の出来にあるかは走ってみないとわからず、それでいて適正面だけで過剰人気している印象。最初は週中ではジェベルムーサ本命予定だったが、まさかここまで人気するとは思わなかった。適正予想は人気薄でこそするべきで、人気になったのであれば、逆に馬として終わった可能性や全く乗れていない岩田騎手を不安視したほうがよさそう。昨年の勝利にしても捲りが完璧にハマった形だったことは忘れてはいけない。

となると触手が動きそうなのがロワジャルダン。この馬にそれなりの騎手が乗っていれば、インで死んだフリをして最後に突っ込んでくることに賭けてみても良かったが、モレイラ騎乗で人気妙味はゼロに。昨秋のみやこSとチャンピオンズカップの内容を見ても、激流を動かずにじっとしていた時に良いパフォーマンスができる印象で、モレイラが勝ちに行く騎乗をするとここ数戦のようなパフォーマンスに終わる可能性も。

このような感じで、先行馬も差し馬も信頼できる馬はほぼ皆無。ただ一つわかっていることは、ジェベルムーサが途中から強気に捲ってくること。そうなれば被される馬は厳しい競馬になるはずで、逆に展開的に向くのはインで死んだフリをする馬だろう。ここは完全に展開決め打ちでそういった競馬ができそうな馬を狙ってみたい。

というわけで予想の発表。

 

 

本命は◎ヒラボクプリンスの一撃に期待します。

決め手に欠けるので小回り1700mしか走らない馬で、滞在競馬の相性も良い馬。昨年もマリーンC2着でエルムSを走って8着で、今年も同じくマリーンC2着での臨戦過程。昨年の成績だけ見ると重賞では通用しなそうだが、昨年は内枠を引いたと言っても3コーナーから外を回すロスの多い騎乗。それでも直線では最後まで伸びてそこまで差のない競馬でしたし、もう少し上手く乗れば5着ぐらいは十分にあった内容でした。

今回は陣営コメントを見ても前走と同じく、インの好位で死んだフリをして脚を溜めるとのこと。確かに前走はハマった感じがありましたが、今回も前走と同様にハマる可能性はかなりありそうで、そういう騎乗をさせたら吉田隼人騎手はかなり信頼できそう。単純な能力比較だけではアンタレスSのサージェントバッジのような伏兵のイン突き一撃は解明できませんし、この馬にも今回は十分にチャンスありと見ます。

 

対抗は◯ジェベルムーサにしました。

この馬が昨年の出来にあるかないかはわからないにせよ、もし捲りがハマった場合に前が残るかこの馬が残るかということを考えると、ピンパータイプの多い先行馬よりはこの馬の地力のほうが勝る気がします。

 

三番手は無難に▲モンドクラッセにしました。

おそらく先行馬3頭の中では能力抜けているはずで、4コーナーぐらいから逃げるショウナンアポロンを捕まえるような競馬になるはず。ジェベルムーサに捲られて大敗というケースもあるにはありそうですが、レースとしてはジェベルムーサと一緒にショウナンに被せかけるようなレースになりそうで、普通に考えれば直線はジェベルとの一騎打ちになっていいはず。

 

ジェベルムーサが捲る展開ならば☆ロワジャルダンももちろん評価。

前走のように早めに動くと止まる可能性あるため、全幅の信頼は禁物だがやはりモレイラは上手い。もろに本命馬のヒラボクプリンスがやりたい競馬をしてくる可能性もあるので、評価はしたい。

 

一頭だけ穴を拾うとしたらか。もうこの騎手を使ってきている時点で陣営の勝負気配は低そうだが、良い意味でも悪い意味でも相手なりに走れるタイプ。絶好枠を引きましたし、上手くインで死んだフリができればグイッと最後に伸びてこれてもいいかも。

 

クリノスターオーは小回りダート1700mでは3コーナーぐらいから追い通しになって厳しいでしょう。ばっさりいきます。

 

ショウナンアポロンもここ最近の勝利は全て展開に恵まれたもの。自分のレースができないときはあっさり大敗しますし、モンドクラッセとジェベルムーサの2頭に目標にされそうな今回は厳しい競馬になるか。

 

 

印まとめ

◎ヒラボクプリンス
◯ジェベルムーサ
▲モンドクラッセ
☆ロワジャルダン

 

 

関連記事

目黒記念2018の予想を公開!

目黒記念2018(東京芝2500m)の考察です。 5月27日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】アルテミスS / レース考察(東京芝1600mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は10/29(土)に行われるアルテミスステークスのレース考察を行います。東京芝1600mで行われ

記事を読む

【毎日杯2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

毎日杯2018(阪神芝1800m)の考察です。 3月24日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

9月1週のレース回顧〜夏競馬のラストウィークは新潟記念が◎サンレイポケットから4着まで印通りの完璧的中!

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

【ファンタジーステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ファンタジーステークス2019(京都芝1400m)の考察です。 11月2日に京都競馬場で開催さ

記事を読む

紫苑ステークスの予想を公開!

紫苑ステークス2019(中山芝2000m)の予想です。 9月7日に中山競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

福島記念の予想を公開!

【ファンタジーステークスで馬単万馬券、3連単も的中!! サラリーマン→プロ予想家に転向した予想家は

記事を読む

東京スポーツ杯2歳S [3] 極限の瞬発力勝負

今週末は競馬が3日間開催というのもありますが、実はJリーグで優勝争いの天王山があったりします。浦和×

記事を読む

【シルクロードS2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

シルクロードステークス2017(京都芝1200m)の考察です。 1月29日に京都競馬場で開催さ

記事を読む

【小倉大賞典2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

小倉大賞典2019(小倉芝1800m)の考察です。 2月17日に小倉競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

京阪杯2020の予想を公開!

京阪杯2020(阪神芝1200m)の予想です。 11月29日に阪

ジャパンカップ2020の予想を公開!

ジャパンカップ2020(東京芝2400m)の予想です。 11月2

京都2歳ステークス2020の予想を公開!

京都2歳ステークス2020(阪神芝2000m)の予想です。 11

【ジャパンカップ2020の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

ジャパンカップ2020(東京芝2400m)の考察です。 11月2

【京都2歳ステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京都2歳ステークス2020(阪神芝2000m)の考察です。 11

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑