*

ユニコーンステークス2023の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2023/06/22 重賞レース考察・予想

ユニコーンステークス2023(東京ダート1600m)の予想です。

6月18日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はペリエール、ブライアンセンス、グレートサンドシー、オマツリオトコなど。東京競馬場のダート1600mで行われるGIIIです。

 

[PR] ユニコーンS無料公開

この春…一番好調なのはココ!

的中率優れた無料予想なんです。

━━━━━━━━━━━━━━

春競馬:無料予想

鳴尾記念   →35,050円

日本ダービー →23,500円

オークス   →84,200円

ヴィクトリアM→8,400円

京王杯SC  →40,450円

京都新聞杯  →12,450円

天皇賞・春  →67,850円

青葉賞    →73,200円

フローラS  →38,800円

福島牝馬S  →48,150円

中山GJ   →38,800円

NZT    →102,300円

大阪杯    →44,900円

ダービー卿CT→23,800円

高松宮記念  →405,900円

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

選んだ下位人気が何か入着しているんです!

昨年7-9-8人気決着だったユニコーンSはここを参考にしましょう。

→ユニコーンS無料予想

私は今週もココに乗ります!土曜も無料予想あるので様子見OKですよ。

 

ユニコーンステークス 2023 予想

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

ユニコーンステークスのレース概要

東京ダート1600mで行われる3歳限定重賞。このレースの特徴は「ハイレベル」「ハイペース」になりやすいというところでしょうか。

来年からはダート重賞の大変革が行われるために状況が全く変わりますが、現時点では3歳のダート路線は整備されておらず、世代最初の重賞がこのユニコーンステークス。他に目指すべきレースもないために有力馬がこぞってここに出走してくることが多く、自然とハイレベル戦になりやすいレースです。

また、ダート短距離に適性がある馬でも使うレースがないのでユニコーンステークスに出走することが多く、そんなスピードタイプの馬が多数出走してくることでハイペースになりやすいのもこのレースの特徴。この点に関しては次項のデータのところで詳しく見ていきましょう。

 

データ的な見地からの考察


※近10年のユニコーンステークスの前走クラス別成績

前項でハイレベル戦になりやすいと書きましたが、それは前走レース別の成績を見ても明らか。前走1勝クラス組の成績が散々になっており、オープンや重賞を使った馬の成績が優秀になっています。

 


※近10年のユニコーンステークスの脚質&上がり順位別成績

短距離馬が多数出走してくるのでハイペースになるのがユニコーンステークスの特徴。その影響は脚質別成績を見てもはっきりと出ており、先行有利なダートレースにしては明らかに中団後方組の成績が良くなっています。上がり1位の馬の成績も複勝率7割超えですしね。

 


※近10年のユニコーンステークスの前走距離別成績

ハイペースになってスピードで押し切りたい馬には厳しいレースになる事が多い一戦。それは前走距離別成績を見ても明らかで、前走から距離延長の馬の成績は微妙。同距離か距離短縮ローテの馬を買うべきレースでしょう。

 

ラップ的な見地からの考察

東京ダート1400-1600mは下級条件では先行押し切りが目立ちますが、上級条件になればなるほど決め手鋭い差しタイプの末脚が活きやすい傾向。

それに加えてユニコーンステークスは短距離馬がたくさん出てきてハイペースになりやすいですし、前傾ラップで差しがズバッと決まるレースになりやすいです。

 

血統的な見地からの考察

父サンデーサイレンス系もアメリカ血統も満遍なく走っており、血統的な傾向はそこまでない感じがします。

 

レベルや馬場、展開などを踏まえて今年はどんなレースになりそうか?

先週の東京ダートは雨の影響で高速馬場。今週は良馬場開催ですが土曜はかなり速い時計が出ていました。日曜はワンランク乾くにしてもそれなりに決着時計は速くなりそう。

ヒヤシンスステークス覇者のペリエールが人気の中心で、例年同様のメンバーレベルという感じか。先行馬もそれなりにいるので、例年通りにペース流れて強い差し馬が有利なレースになりそうです。

 

考察まとめ

【レース質】ダート戦の中では差しが決まりやすいレース。<□■□■>

【波乱度】強い馬は順当に走るが波乱もあるレース。

【ラップ特徴】ハイペースで差しが決まりやすい傾向。

【血統特徴】特に血統傾向はなし。

【狙えるタイプ】前走オープンor重賞組(1勝クラス組は微妙)。

【狙えるタイプ】同距離or距離短縮ローテ(距離延長ローテは微妙)

【狙えるタイプ】差し馬が走りやすい

 




 

ユニコーンステークス 2023の印

◎ブライアンセンス

ホッコータルマエ産駒らしく使いつつパフォーマンス上昇。1勝クラス勝ちは同日の古馬準オープンと同じレベルの時でしたし、この日の東京競馬場は直線向かい風の強風で差し馬には絶望的なコンディションだった。そんな状況であっさりと差し切ったこの馬は時計以上に強い勝ちっぷりだったと見ていい。

今回はハイペースが確定的で差しに構えられるこの馬は展開が向きそうですし、この馬以外の人気馬はマイルの距離や内枠などマイナスポイントも多い。外目の枠でスムーズに末脚を伸ばせるだろうこの馬があっさり突き抜ける可能性は高いんじゃないだろうか。

 

【対抗 ◯1 オマツリオトコ】

2歳時の重賞実績を考えても世代上位の能力はありそう。ここ2戦は結果が出ていないが、ヒヤシンスSは58キロが影響した感じで、ニュージーランドトロフィーは芝が合わなかった。今回は1枠1番がどうかだが、差しが決まる流れならやれていいはず。

 

【単穴 ▲3 ペリエール】

オキザリス賞やヒヤシンスSの内容を見ても東京コースなら世代上位の能力。今回は久々で内枠がどうかだが、揉まれても大丈夫そうな馬なので内枠自体はそこまでマイナスではないか。

ヒヤシンスSは強い競馬だったが、中盤が緩んだ分でそこまでスタミナが問われなかったのが良かった感じ。全日本2歳優駿では早めに仕掛けて最後に脚が上がりましたし、おそらくマイルの距離はこなせるけどもギリギリという感じなんだろう。今回はハイペースで地力がはっきり問われる流れでどこまで走れるだろうか。まぁルメールですし、なんだかんだで格好をつけてきそうな感じはします。

 

【特注 ☆9 グレートサンドシー】

昇竜Sはまさしく圧巻のパフォーマンス。ただ、ヒヤシンスSのレースぶりを見る限り折り合いに難しさがありそうで、マイルでは距離が少し長そう。昨年出走のリメイクに似たタイプに見えますし、今回はマイルで一線級相手にどこまでやれるか。

ユニコーンステークスのレース傾向から言ってこういう延長ローテの馬は不利なんですが、おそらく川田騎手は折り合い不安を把握した上で後方ポツンの直線だけの競馬をしてきそう。そうなるとハイペースで展開は向いちゃいそうですし、最後はバテた馬を交わして2、3着には走ってきちゃうかも。玄人ファンほど嫌いそうですが、あんまり嫌いすぎないほうがいい感じはします。

 

【△2 ジャスパーバローズ】

使いつつここに来て力をつけてきた感じ。今回は相手がかなり強いが、差し馬に展開が向きそうな感じがします。

 

【△7 サンライズジーク】

これまでのレースぶりを見ても東京マイルでワンペースな脚を活かしてこそ。今回は条件替わりは良さそうだが、同型が多いので展開的には厳しくなりそう。控えて差す競馬を試したとしてどれだけやれるか。

 

【△12 ヘンリー】

休養を挟んだ2走前からパフォーマンス一変。素質はオープン級のものがありそうだが、これまで1400mしか経験していない点はマイナス。ユニコーンSではマイナスデータの距離延長組と前走1勝クラス組の両方に該当しますし期待値は低い。

それでも今回出走の1勝クラス勝ちの1400m組の中では控えて差す競馬ができそうですし、外目の枠が引けたのも良さそう。1400m組の中では印を回したい馬です。

 

【消5 ワールドコライド】

デビューから2連勝でどちらも素晴らしいパフォーマンス。素質はかなりのものがありそうだが、これまで1400mしか経験していない点はマイナス。ユニコーンSではマイナスデータの距離延長組と前走1勝クラス組の両方に該当しますし、今回は前走より1ハロン長い上に前走よりも1秒近く速いペースを先行する事になりそう。枠や展開を考えてもここは厳しいでしょう。

 

【消11 ニシノカシミヤ】

高速馬場でマイペースに先行してこその馬。前走の走破時計は優秀だが、超高速馬場で逃げられたのが良かった。今回は前走よりも明らかにタフな馬場で前半ペースは1秒近く速くなりそうで、まず厳しいレースになるんじゃないだろうか。

 

印まとめ

◎ブライアンセンス
◯オマツリオトコ
▲ペリエール
☆グレートサンドシー
△2,7,12

勝負度 D

 

買い目

ユニコーンステークスの買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

なんだか本当に最近は馬券の調子が良くて、4月から土日全てほぼ負けなしぐらいの成績。5月はダービー州を除けば今のところ全ての週でトントンor勝利で終えられていますし、かなり良いバイオリズムができていると思います。平場のレースもそうですが重賞レースを当てられているのが良いですね。

ただいま4月から絶好調を維持しており、最近は東京競馬場で重賞を連続的中できております!!

 

<青葉賞 レース結果>
1着:◯スキルヴィング   1番人気
2着:◎ハーツコンチェルト   2番人気
3着:△ティムール     11番人気

<NHKマイルカップ レース結果>
1着:◯シャンパンカラー  9番人気
2着:△ウンブライル    8番人気
3着:△オオバンブルマイ  3番人気

 

<京王杯スプリングカップ レース結果>
1着:◯レッドモンレーヴ  2番人気
2着:消ウインマーベル     7番人気
3着:◎ダディーズビビッド 6番人気
4着:▲アヴェラーレ    4番人気

 

<オークス レース結果>
1着:◎リバティアイランド  1番人気
2着:◯ハーパー       2番人気
3着:☆ドゥーラ       15番人気

この勢いで夏競馬も突き進みましょう!!

好調の要因はいろいろある感じがしますが、一番大きいのはいま競馬が非常に楽しめているので日常のほぼ全ての時間を競馬に注ぎ込めていることかなと思います。やはり好きこそ物の上手なれ、だと思いますし、好きだということに勝るパワーはないでしょう。この情熱を5月、6月と持って続けていけば、気づいたら大得意としている夏競馬シーズン。そんな感じで突っ走っていきたいと思います。

というわけで、今週もブログおよびメルマガの方を何卒ご贔屓いただけますと幸いです!!夏競馬も楽しみましょう!

 

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して6年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2023年も6月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

【共同通信杯2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

共同通信杯2018(東京芝1800m)の考察です。 2月11日に東京競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

ニュージーランドトロフィー2024の予想を公開!

ニュージーランドトロフィー2024(中山芝1600m)のレース予想です。 4月6日に中山競馬場

記事を読む

エプソムカップ2022の予想を公開!

エプソムカップ2022(東京芝1800m)の予想です。 6月12日に東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

【2016】紫苑S / レース考察(中山芝2000mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は9/10(土)に行われる紫苑ステークスのレース考察を行います。中山芝2000mで行われるGII

記事を読む

キーンランドC [5] 土曜馬場を見た感じの結論

土曜競馬はほとんど勝負はせず、唯一まともに賭けたBSN賞が◎ダブルスターで当たったので、勝負をしない

記事を読む

京都新聞杯2023の予想を公開!

京都新聞杯2023(京都芝2200m)の予想です。 5月6日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

きさらぎ賞 [2] ディープには絶対に逆らわない

日本代表のハビエル・アギーレ監督が契約解除となりました。まぁ予想はついていましたが、さすがに後任人事

記事を読む

アンタレスステークス2020の予想を公開!

アンタレスステークス2020(阪神ダート1800m)の予想です。 4月19日に阪神競馬場で開催

記事を読む

【的中御礼】スプリングSは勝負度Aの大本線的中!&フラワーCの枠順と展開考察

いやはや、もうレース終了から2時間くらいが経過しましたが、まだ興奮が冷めやりません。 やりまし

記事を読む

【共同通信杯2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

共同通信杯2024(東京芝1800m)のレース考察です。 2月11日に東京競馬場で開催され発走

記事を読む

宝塚記念2024の予想を公開!

宝塚記念2024(京都芝2200m)のレース予想です。 6月23

天保山ステークス2024の予想を公開!

天保山ステークス2024(京都ダート1400m)のレース予想です。

6月4週の中央競馬レースプレビュー 〜いよいよ梅雨突入で久々の道悪馬場になるかも?〜

6月4週の中央競馬レースプレビューです。 この記事は週末に行われ

【宝塚記念2024の予想ヒント】ドウデュース、ジャスティンパレス、ローシャムパーク、ベラジオオペラなど出走予定馬13頭の全頭診断

宝塚記念2024(京都芝2200m)のレース考察です。 6月23

さきたま杯2024の予想を公開!

さきたま杯2024(浦和ダート1400m)の予想です。 6月19

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑