*

ターコイズステークス2023の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2023/12/20 重賞レース考察・予想

ターコイズステークス2023(中山芝1600m)の予想です。

12月16日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はコナコースト、サウンドビバーチェ、ヒップホップソウル、ソーダズリングなど。中山競馬場の芝1600mで行われるGIIIです。

 

[PR] 収支額重視の無料情報

勝率は低くも6月から毎月プラス収支です\(^o^)/

先週は阪神JF的中で12月のプラス収支が見えてきました!

━━━━━━━━━━━━━━

G1無料情報

阪神JF

三連複10点500円

BOX:3,6,7,10,13

三連複36.8倍的中

[払戻額]18,400円[回収率]368%

マイルCS

三連複10点500円

BOX:1,5,9,11,16

三連複309.3倍的中

[払戻額]154,650円[回収率]3093%

阪神JF買い目

マイルCS買い目

—————————————-

無料情報:月別収支

11月+118,200円 10月+8,250円

09月+20,100円 08月+313,000円

07月+247,750円 06月+152,000円

━━━━━━━━━━━━━━

やはり収支をプラスにしてナンボです!

的中率悪くともマイルCSみたいな高配当あります\(^o^)/

→無料情報を確認

今週は朝日杯FSを公開予定なのでお見逃しなく!

 

ターコイズステークス 2023 予想

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

ターコイズステークスのレース概要

冬の中山芝1600mで開催される牝馬限定のマイル重賞。このレースは冬時期のタフな馬場で急坂の中山コースで行われる牝馬重賞というところがポイント。昨年のレースを振り返っても、スローで一見すると前有利の展開ながらミスニューヨークが大外一気で差し切り勝ち。一方でその後にスプリンターズSを勝つママコチャは先行策で伸びあぐねましたし、それだけ冬のタフな馬場でスピードよりもスタミナが問われるレースということでしょう。

2連覇したミスニューヨークは1800mの重賞でも実績がある馬ですし、連続好走したアンドラステも同じく1800m重賞で好走。他にもフィアスプライド、エスポワール、フェアリーポルカなどもマイルよりは長い距離に対応できるような馬でした。このレースはスピードに寄りすぎた馬よりも中距離にも対応できるような馬を買うべきだと思います。

 

2019年を除けば全ての年で三連複が二桁配当。毎年二桁人気の馬が馬券に絡んでいますし、デフォルトで荒れるレースと考えておいた方が良さそうです。

 

データ的な見地からの考察


※過去8年のターコイズステークスの年齢重別成績

あまりデータの偏りはないレースですが、強いて言えば年齢面の問題はあるか。どのレースでも大体そうなのですが、ピークが来るのが早い牝馬のレースということで3−4歳の馬の成績が優秀。6歳以上馬はかなり成績が悪くなっているので、今年はミスニューヨークがそれに該当しますが果たして。

 

ラップ的な見地からの考察

中山芝1600mは最初のコーナーを曲がってからずっと下り坂になっているコース設定で、他の競馬場のマイル戦だとペースが緩む中盤区間が緩まずに流れるのが特徴。中弛みの瞬発戦に慣れているマイラーでは最後にバテてしまう感じで、これもスタミナがはっきり問われるレース傾向に影響していると思います。

 

血統的な見地からの考察

これまで何度も書いているようにターコイズステークスは冬時期の中山芝で行われるためにスタミナが問われるマイル戦。血統傾向を見ても明らかにスタミナに寄った欧州血統の活躍が目立っています

直近2連覇しているミスニューヨークはゴリゴリの欧州血統のキングズベスト産駒でしたし、昨年2着のウインシャーロットは父ロベルト系、3着のフィアスプライドは母が欧州スタミナ血統を持っていました。それ以外にも凱旋門賞で好走実績の多いステイゴールド系がよく走っていますし、それだけ欧州志向の強いレースということでしょう。

 

レベルや馬場、展開などを踏まえて今年はどんなレースになりそうか?

中山競馬場は今週で3週目。雨の影響を受けていないため高速馬場ではあるのですが、どうも先週の日曜途中から外差しが効く馬場になってきた感じ。日曜の最終レースは出遅れたブランデーロックが豪快な大外一気を決めましたし、徐々にイン伸び馬場から外伸び馬場になってきています

古馬からは阪神牝馬ステークス勝ちのサウンドビバーチェと新鋭サーマルウインド。3歳勢からはコナコースト、ヒップホップソウル、ソーダズリングとなかなかのメンバーが揃いました。先行馬がそれなりに揃いましたし、今のトラックバイアスを考えてもスタミナタイプの差し馬を買いたいです。

 

考察まとめ

【レース質】追走スピードとスタミナが問われるマイル戦。□■■□>

【波乱度】毎年のように二桁人気が絡んで荒れるレース。

【ラップ特徴】中山マイルは中盤ラップが緩まずで持続力が問われる。

【血統特徴】欧州スタミナ血統が走りやすい。

【狙えるタイプ】1800m以上の距離も走れそうなスタミナがある馬。

 




 

ターコイズステークス 2023の印

【本命 ◎10 ヒップホップソウル】

松山騎手で折り合いを欠いて伸びきれなかったフェアリーSを除けば崩れていない馬で、それ以外の2戦の馬券圏外はどちらもGIレースで、それぞれ距離、展開と敗因は明白。紫苑Sではマイルのようなハイペースを先行して早めに抜け出して強い競馬を見せましたし、おそらくこの馬は中山コースで機動力とパワーを押し出す競馬がベストだろう。

ターコイズSはスピードよりもスタミナが問われるレースですし、今回のメンバーで中距離実績やスタミナ面の裏付けはおそらく最上位。鞍上も中山コースなら信頼できる騎手ですし、この舞台ならある程度強気に踏んでいっても力で好勝負になると見ます。

 

【対抗 ◯11 ルージュリナージュ】

少し掛かるところはあるが、じっくり溜めればすでに重賞級の末脚が使える馬。2000mで勝利実績があればスタミナ面も問題ないですし、父スピルバーグ×母父ルーラーシップと血統面からのスタミナ要素も十分。今回のメンバーに入っても決め手は最上位だと思いますし、中山マイルにさえ対応できれば最後はズバッと差し込んできていいはず。

 

【単穴 ▲6 フィアスプライド】

昨年のこのレースぐらいから本格化。1800mの距離もこなせるスタミナがある差し馬ですし、リピーターが走りやすいターコイズSへの適性はバッチリ。今回はルメール騎乗で人気になりそうだが脚質的に信頼できるタイプではない。まぁダービー卿CTのジャスティンカフェなどを見ても、こういう馬で正攻法の競馬ができてしまうのがルメールなので三番手評価。

 

【△1 ルージュエクレール】

前走はハイペースで完璧なインサイドアウトを決めたが、それでもあの脚を使えたのは立派。溜めれば脚を使えそうで外差しが効くトラックバイアスを考えると印は打ちたいが、ソダシやママコチャの近親で実績からもマイル以上の距離は微妙というタイプ。スタミナが問われるレースで少し不安はある。この枠も少し嫌です。

 

【△2 フィールシンパシー】

前走でいきなり激変したように見えるが、近走で大きく崩れたのはカオスな道悪馬場だった2レースのみ。脚質転換して差す競馬ができるようになってからは安定していますし、道悪馬場が苦手なので綺麗な馬場なら普通にやれて良さそう。前走の東京マイルの走破時計は2023年の全レースの中でも5位に入るものですし、そのうち3つは重賞レースの時計。欧州血統のベーカバド産駒で1800mもこなせる馬ですし、いかにもターコイズSで走れるタイプの馬に見えます。これが穴候補と見て当初は三番手評価予定も、今の馬場を考えるとこの枠がちょっとマイナス。

 

【△5 ミスニューヨーク】

実績や血統背景を見てもどう考えてもこの条件は合うはず。ここ2年だけ走れればここも上位争いだが、6歳牝馬はこれまで1頭しか走っておらずやはり衰えは心配。今回が引退レースですし、人気を考えてもこれぐらいの評価まで。

 

【△12 ソーダズリング】

前走はマイルの距離で一変したが、この馬は距離というよりも一瞬しか脚が使えないので前走はスローの展開が向いた印象。中山マイルでは脚が溜まるか微妙なところで、けがから復帰明けで最初のレースの武豊騎手となると抑え評価まで。

 

【△13 キタウイング】

フェアリーSで中山マイル重賞勝ちの実績あり。その後は条件やペースが向かないレースが続いており、今回は久々の中山マイルで適性を活かせないか。江田照男騎手となると抑え評価までが妥当。

 

【△14 ウインピクシス】

ここに来て力をつけている感じ。前走の福島記念は最内を突く奇策がハマった感じとはいえ、牡馬相手にタフ馬場のハイペース戦を先行して4着なら上出来。ターコイズSはスタミナタイプの馬が走りやすくステイゴールド系の相性も良いレース。鞍上も戸崎騎手なら印は打ちたい。

 

【ポジショニングマップ】

 

【推奨買い目】

馬連 10→11,6,1,2,5,12,13,14

三連複 10→11,6→11,6,1,2,5,12,13,14

単勝 10 ヒップホップソウル

ワイド 10→11

 

【買い目及び予想のポイント】

ここはもともとスタミナ要素が問われるターコイズSですが、今のトラックバイアスは外差し優勢。スタミナタイプの差し馬が外からズバッと差してこれると見て次走注目馬◎ヒップホップソウルを信頼。相手は1800mもこなせそうな◯▲を本線として馬連と三連複を買ってみたい。

 

関連記事

【函館記念2023の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

函館記念2023(函館芝2000m)の考察です。 7月16日に函館競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

フローラS [3] 枠順発表!明暗を探る

減量生活が2週間続いております。主食はそばでごはんはほぼ食べず、おかずは鶏肉ときのこという生活。

記事を読む

【福島牝馬ステークス2023の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

福島牝馬ステークス2023(福島芝1800m)の考察です。 4月22日に福島競馬場で開催され発

記事を読む

シルクロードステークス2023の予想を公開!

シルクロードステークス2023(中京芝1200m)の予想です。 1月29日に中京競馬場で開催さ

記事を読む

アンタレスS [3] アジアエクスプレスの不安要素

ゴールドシップが天皇賞春を出る出る詐欺をし始めてますね。 恐らく陣営としても「京都苦手だしー、

記事を読む

【鳴尾記念2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

鳴尾記念2021(中京芝2000m)の考察です。 6月5日に中京競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

フラワーC [1] タフさと決め脚が重要

オーストラリアGPは予想通りにメルセデスの圧勝。昨年のレースを思い起こさせるような予想通りのレースで

記事を読む

函館記念 [4] 枠順発表!明暗を探る

台風の雨があまりに凄くて何もできなかったので、ちょっとサイトデザイン等を変えてみました。一番大きな変

記事を読む

【2016】阪急杯 / 有力馬考察(ミッキーアイル、レッツゴードンキなどの徹底分析)

今日は2/28(日)に行われる阪急杯のレース考察を行います。阪神芝1400mで行われるGII戦です。

記事を読む

[予想訂正]北九州記念2022の予想を公開!

北九州記念2022(小倉芝1200m)の予想です。 8月21日に小倉競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

さきたま杯2024の予想を公開!

さきたま杯2024(浦和ダート1400m)の予想です。 6月19

【宝塚記念2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

宝塚記念2024(京都芝2200m)のレース考察です。 6月23

6月3週のレース回顧〜まなみ騎手重賞勝利おめでとう!その裏でブログ配信以外のメインレース全的中(汗)〜

2024年6月3週の中央競馬レース回顧です。前の週に行われた中央競馬の

マーメイドステークス2024の予想を公開!

マーメイドステークス2024(阪神芝2000m)のレース予想です。

米子ステークス2024の予想を公開!

米子ステークス2024(京都芝1600m)のレース予想です。 6

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑