*

朝日杯フューチュリティステークス2023の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2023/12/20 GIレース考察・予想

朝日杯フューチュリティステークス2023(阪神芝1600m)の予想です。

12月17日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はジャンタルマンタル、シュトラウス、ダノンマッキンリー、セットアップなど。阪神競馬場の芝1600mで行われるGIです。

 

[PR] 土曜も的中の絶好調サイトの朝日杯FS無料情報!

土曜も無料情報が的中!

◎12/16 中京2R

三連複12点400円→16,160円

【回収率】337%

買い目画像スクショ

重賞の無料情報も冴えてます(*^^*)

━━━━━━━━━━━━━━

秋G1:無料情報

◎エリザベス女王杯

【払戻額】14,550円【回収率】243%

◎菊花賞

【払戻額】6,280円【回収率】121%

◎秋華賞

【払戻額】6,280円【回収率】110%

◎凱旋門賞

【払戻額】7,400円【回収率】148%

◎スプリンターズS

【払戻額】6,930円【回収率】122%

凱旋門賞買い目)(エリ女買い目

━━━━━━━━━━━━━━

土曜日の勢いそのまま日曜も的中を期待です!

→朝日杯FS無料情報

6~9人気あたりの入れ込みが上手く巧みに当ててきます(^_-)

 

朝日杯フューチュリティステークス 2023 予想

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

朝日杯フューチュリティステークスのレース概要

阪神芝1600mで開催される牡牝混合の2歳GIレース。以前は中山芝1600mで開催されていたが、あまりに取りっきなーコースのために阪神芝1600mに移設。その後に芝2000mのホープフルステークスが新設されたこともあって、近年でレース質が変わってきているレースでもあります。

以前は2歳牡馬が目指すGIレースがこれしかなかったために本質は中距離向きの馬も多数出走してきていましたが、ホープフルステークスが新設されたことで中距離向きの馬はそちらを使うように。そうなると必然的に朝日杯フューチュリティーステークスはマイル以下の適性の馬たちが集まるようになり、近年はよりスピードが問われるレースになってきている感じがします。

 

過去5年で7番人気以下で馬券に絡んだ馬は3頭。それ以外は比較的平穏な結果になっています。ちなみに穴を開けた3頭はその後に1400m以下の距離で活躍しているような短距離馬。それだけ近年の朝日杯フューチュリティステークスはスピードが問われるレースということでしょう。

 

データ的な見地からの考察


※過去6年の朝日杯フューチュリティステークスの馬体重別成績

ホープフルステークスのGI昇格に伴ってレース質が変わってきたように見えるので、近年のデータもホープフルステークスがGIに昇格した年から抽出します。

まず注目したいのは枠順データ。こうして見ても外枠の馬の成績がかなり悪く、一方で1枠の成績が非常に優秀。クラシックで活躍するような末脚お化けの中距離タイプがあんまり出走してきませんし、スピード馬同士のレースとなると内枠からロスなく立ち回れる馬が有利ということか。

 

ラップ的な見地からの考察

中距離タイプの馬はホープフルステークスに向かうので、朝日杯フューチュリティステークスに出てくるのは基本的にマイル以下の適性の馬ばかり。本質的にマイルの距離は長い馬も多数出走してきますし、そういうスピードタイプがたくさん出てくればペースは速くなります。

こうして過去5年のラップ構成を見てもかなり速いペースで推移していますし、この速いペースを追走できない馬では好走は難しいです。

 

血統的な見地からの考察

特に血統面で明確な傾向はなし。近年はデインヒルの血を持つ馬の好走が多い感じはしますね。ただ、そこまで血統は気にしなくてもいいんじゃないでしょうか。

 

レベルや馬場、展開などを踏まえて今年はどんなレースになりそうか?

阪神競馬場は今週で開幕3週目。先週もイン伸び馬場は継続していましたし、阪神ジュベナイルフィリーズでは外枠のサロミナが外外を通って不発。今の阪神の芝は開催後半になっても外が伸びる馬場にはなりませんし、インをロスなく立ち回れる馬が有利になるんじゃないでしょうか。

サウジアラビアロイヤルカップ勝ちのゴンバデカーブースこそ出走してきませんが、ジャンタルマンタル、ダノンマッキンリー、シュトラウス、セットアップが出てきたのであればまずまずのメンバーレベルか。それでも絶対的な存在がいるわけでもないですし、波乱もありそうなレースに見えます。

 

考察まとめ

【レース質】スピード性能が問われるマイル戦。□■□■>

【波乱度】割と堅く決まるが穴を開けるのは短距離タイプ。

【ラップ特徴】前半から速いペースで流れやすい。

【血統特徴】特に傾向はないが近年はデインヒル優勢。

【狙えるタイプ】内枠の馬が有利。

【狙えるタイプ】激流ペースに対応できる馬。

 




 

朝日杯フューチュリティステークス 2023の印

◎オーサムストローク

母父フランケル由来のスピードが売りの馬で、未勝利勝ちは勝ちっぷりも時計もラップも非常に優秀。あの未勝利勝ちだけを見ても重賞級の素質があるのは間違いない。

前走は超スローペースを先行して押し切っただけだが、2番手でしっかりと溜める競馬ができた点はプラス。おそらく昨年のドルチェモアのような競馬ができる馬に見えますし、グレナディアガーズのように前進気勢が強くていずれは短距離で走っている馬に見えるので、朝日杯FSに向くタイプの馬に見えます。枠も良いところが引けたんじゃないでしょうか。

 

【対抗 ◯3 ジャンタルマンタル】

デビューからの2戦を見ても現時点での完成度は相当に高そう。前走はタフ馬場を最内から突き抜けましたし、初戦は阪神の急坂も克服。レースセンスも抜群の馬に見えますし、ここに鞍上が川田騎手となれば上位評価になる。

 

【単穴 ▲8 ダノンマッキンリー】

秋明菊賞は最終週の馬場ということを考えるとかなり優秀な時計。馬場差が1秒近くあったファンタジーSと比較しても相当に優秀な時計ですし、そんなハイレベル戦であっさりと突き抜けたこの馬は相当に強い。掛かり気味に追走するスピードを見てもいずれは短距離で走っていそうな馬ですし、それでいて現時点では制御が効きそうなので朝日杯FSはいかにも合いそう。鞍上もルメール騎手なら上位評価でいいだろう。

 

【特注 ☆5 タガノエルピーダ】

初戦は走破時計もラップ構成も非常に優秀で、おそらく素質はハイレベル戦。ただ、今回はいきなりのGI挑戦でなおかつ牡馬混合の中での紅一点。朝日杯FSは牝馬にとっては鬼門で、グランアレグリアですら3着に負けていますし、能力は評価しても経験値が低い中での牡馬相手でどこまでやれるか。

 

【△9 クリーンエア】

新潟2歳Sでは阪神JF勝ちのアスコリピチェーノとそこまで差のない競馬。どうもデイリー杯2歳Sはヨーロピアンなタフ馬場の内枠がダメだった感じがしますし、今回は綺麗な馬場でキレを活かす競馬ができれば穴候補。

 

【消1 エコロヴァルツ】

2戦を見る限りか掛かり気味にスピードを押し出すタイプでいずれはマイルを走りそうな馬。ただ、少頭数の中距離戦しか経験がなく、今回は休み明けでフルゲートの激流マイル戦では追走だけで終わりそうだ。

 

【消6 セットアップ】

札幌2歳Sはカオスなイン先行有利馬場でマイペースの逃げが打てての圧勝。レースぶりを見ても頭が高くて気性が難しそうですし、母も逃げないとダメだった馬。今回は調教を見ても控える競馬をしそうですが、そういう競馬では何もできない可能性が高い。

 

【消17 シュトラウス】

かなりのパワーとスピードを備えているが、あまりにパワーに溢れているために制御が難しいタイプ。これまでルメールやモレイラでギリギリ折り合っている感じだが、それでハイレベルのメンバーが揃ったサウジアラビアRCや東スポ杯2歳Sで上位争いに担っているんだから普通に強い。

おそらく最終的には短距離で走っている馬だと思いますし、朝日杯FSで走りそうなタイプの馬だとは思うが、この大外枠は試練以外の何物でもなさそう。


※過去6年の朝日杯フューチュリティステークスの馬体重別成績

こうして見ても外枠のレース成績は最悪ですし、この馬はとにかく折り合いが危ないので前に壁が作れない大外枠は最悪。そもそも初の輸送で馬がおかしくならないかが心配ですし、武井厩舎に関西GIでのノウハウがあるともそこまで思えず・・・人気を分け合っているジャンタルマンタルとダノンマッキンリーがわりと好走する可能性が高そうなのでこちらは無印で行きます。走られたらアッパレ。

 

印まとめ

◎オーサムストローク
◯ジャンタルマンタル
▲ダノンマッキンリー
☆タガノエルピーダ
△クリーンエア

勝負度 D

 

買い目

朝日杯フューチュリティステークスの買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して8年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2023年も12月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

【安田記念2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

安田記念2021(東京芝1600m)の考察です。 6月6日に東京競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

フェブラリーSはモーニンが見事なレコード勝利!!

昨日はフェブラリーSを観戦しに東京競馬場に行ってまいりました。朝8時半くらいに府中競馬正門前

記事を読む

【天皇賞(秋)2017の予想ヒント】全頭診断その2

天皇賞(秋)2017(東京芝2000m)の全頭診断その2です。 10月29日に東京競馬場で開催

記事を読む

桜花賞2020の予想を公開!

桜花賞2020(阪神芝1600m)の予想です。 4月12日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【チャンピオンズカップ2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

チャンピオンズカップ2018(中京ダート1800m)の考察です。 12月2日に中京競馬場で開催

記事を読む

【安田記念2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

安田記念2020(東京芝1600m)の考察です。 6月7日に東京競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

日本ダービー [2] 土曜の馬場を見た上での見解

さて、ダービーイブです。 出走18頭は全て個別記事に書きましたので下記参照ください。 &

記事を読む

安田記念2024の予想を公開!

安田記念2024(東京芝1600m)のレース予想です。 6月2日に東京競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

秋華賞2020の予想を公開!

秋華賞2020(京都芝2000m)の予想です。 10月18日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】桜花賞 / 枠順&展開考察(メジャーエンブレム、シンハライト等の枠順は如何に)

今日は4/10(日)に行われる桜花賞の枠順&展開考察を行います。阪神芝1600mで行われるG

記事を読む

函館2歳ステークス2024の予想を公開!

函館2歳ステークス2024(函館芝1200m)のレース予想です。

7月2週の中央競馬レースプレビュー 〜川田騎手も休養宣言でジョッキー2大巨頭が不在〜

7月2週の中央競馬レースプレビューです。 この記事は週末に行われ

【函館2歳ステークス2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

函館2歳ステークス2024(函館芝1200m)のレース考察です。

【函館記念2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

函館記念2024(函館芝2000m)のレース考察です。 7月14

7月1週のレース回顧〜猛暑到来で馬も心配になる時期ですね(汗)〜

2024年7月1週の中央競馬レース回顧です。前の週に行われた中央競馬の

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑