*

東京盃2020の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2020/10/09 地方レース考察・予想

東京盃2020(大井ダート1200m)の予想です。

10月7日に大井競馬場で開催され発走時刻は20:10です。出走馬はコパノキッキング、マテラスカイ、ジャスティン、ヤマニンアンプリメなど。大井競馬場のダート1200mで行われるJpnIIです。

 

[PR] 無料で見れる地方推奨馬〜勝ちたいならココで決まり

検証の結果44レース中35頭が入着してます。。。5月は推奨馬が全て1着!無料で見れる『地方競馬ちゃんねる』が熱いんです!

◎9月の結果まとめました!

━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━

→(8月結果一覧)

→(7月結果一覧)

→(6月結果一覧)

◎5月は推奨馬が全て1着です!

━━━━━━━━━━━━━

多くは語りません。

参考にするも、単複もOK!

週末重賞レースの軍資金稼ぎに地方推奨馬は見ておくべきですね。

→地方推奨馬情報はコチラ

ココが選んだ馬は買いです!ココの無料地方推奨馬メール登録で即チェックできます。

 

東京盃  2020予想

予想の根拠

大井ダート1200mで行われるJBCスプリントの前哨戦。なかなか一線級のダート短距離馬は賞金の問題から使える番組が少なく、そんなわけでSII戦で斤量の心配がないここは毎年メンバーレベルが高くなりがち。ただ、そんなハイレベルになりやすいレースにしては毎年荒れている印象で、それも大井ダート1200mという癖の強い舞台だからこそか。

 

そこまで極端にテンは速くないにしても一般的なダート1200mと同様の前傾のラップ構成。ただ大井競馬場のダートは中央競馬のダートに比べてもかなりタフですし、それに加えて大井競馬場は極端なバイアスが発生やすく、インを通るか外を通るかだけでも結果がガラリと変わります。

今年の東京盃はもうこれがJBCスプリントでいいんじゃないか、というぐらいの過去最高のメンバーが揃った超ハイレベル戦。現役最強ダート短距離馬のコパノキッキングに、海外GIでも勝ち負けするマテラスカイ、昨年のJBC王者ヤマニンアンプリメに、今回と同舞台で圧勝実績あるジャスティン。

そんな中央馬に引けを取らなほど地方勢も豪華で、破竹の快進撃を見せているサブノジュニアに、未だ衰えを見せないブルドッグボス、まだ未知の魅力ある3歳からもカプリフレイバーとブロンディーヴァが登録してきましたし、ここまで豪華なメンバーは史上初でしょう。

かと言って、そんな豪華なメンバーが人気通りに走るとも思えないメンバー構成。実際に人気になりそうな中央馬はコパノキッキング、マテラスカイ、ヤマニンアンプリメ、ジャスティンの全頭が過去に地方馬に先着された経験あり。それぞれ藤田菜七子、ルメール、川田、戸崎と今の中央競馬の中でも最大級に騎手で人気する鞍上が乗るわけだが、ここはこの4頭の中で上位3頭が独占されるとは考えにくい。豪華メンバーだからこその波乱があると見てここは大きく振り回してみたい。

というわけで予想の発表。

 

東京盃  2020の印

【本命 ◎6 ヤマニンアンプリメ】

もうここはベスト条件のダート1200mで展開が向けばこの馬は一番強いと見ていいんじゃないだろうか。

主にダート1400mとダート1200mを使われているが、能力の違いで1400mでもそれなりに良い走りはできているのだが、本当に強いパフォーマンスを見せているのは1200mの時。昨年の一連のレース結果を振り返ってみても、根岸Sで負けて、1200mの大和Sを圧勝。その後は黒船賞とかきつばた記念で2着に負けるも、1200mの北海道スプリントとクラスターカップはどちらも完勝と言えるレースぶり。JBCレディスクラシックは武豊騎手の神騎乗で距離を克服しましたが、やはりこの馬は1200mでこそと考えた方がいい。

今年に入ってからの戦績を見ると、どうも衰えが出てきたようにも見えるのだが、東京スプリントはレース中に鼻出血を発症したのでノーカウントでOK。プロキオンSはハイレベルなメンバー相手に距離長い1400mでハイペースを先行して3着ですから負けて強しの競馬。そして前走のサマーチャンピオンは超豪華メンバーが揃った上に、1枠を引いてしまって佐賀競馬場では絶対に通ってはいけない最内を通る羽目になって伸び切れなかった。こうして見ても一度も力負けしたことはなく、プロキオンステークスの結果からも能力は最上位と見ていいか。

今回は久々にベスト条件のダート1200mになりますし、どう見ても先行激化で差しタイプのこの馬には展開が向きそう。中枠で枠順的にも最高のところが引けましたし、この枠からならやり合う先行馬を見る絶好位で脚が溜められそう。

癖になりやすい肺からの鼻出血が再発しないかという不安はありますが、今回と同じ大井ダート1200mの東京スプリントで鼻出血を発症したおかげでコース適性ないと思われて一気に人気を落としている感じ。投薬効果のおかげで鼻出血はある程度克服したようですし、仮に今回発症してしまってダメだったとしても、1200mの距離で現役最強クラスの馬が展開もドンピシャで向くレースで全く人気ないなんてこれ以上ない買い時とは言えないか。ここは少々のリスクを背負ってでも狙う価値はあると見て大勝負したい。

 

【対抗 ◯14 サブノジュニア】

大井ダート1200mなら確実に末脚を使えるキレ者タイプ。昨年のこのレースで2着に走っていますし、今年に入ってからはレースセンスも身につけたようで連勝街道を真っしぐら。いかにも不発のないダート短距離馬という感じですし、今回は展開も向きそう。まぁ安全策を取るならこの馬本命でもいいかなという感じがします。

まぁコース実績があって、なおかつ連勝していて、展開も向きそう、ということでこれだけメンバーが揃っているにも関わらず1番人気を争いそうなオッズになりそう。この馬を本命にすることも考えましたが、玄人層がここに一極集中しているおかげで妙味に欠けるので相手筆頭評価までにとどめました。

 

【単穴 ▲5 ブルドッグボス】

好調時はどんなレースでも堅実に差してくる馬で、昨年のこのレース2着でJBCスプリントでは展開向いたとはいえコパノキッキングを差し切って勝利。8歳になったが、前走のクラスターカップは59kgを背負って上がり最速を使って1:09:00の時計で3着なら上出来。まず衰えはほとんどないと見ていいだろう。

南関所属馬だけあって高速決着よりもタフな決着を好むはずで、前走のような盛岡の高速決着から大井コースに変わるのは間違いなくプラス。コース替わり+展開利があればほぼ間違いなくマテラスカイは逆転できると思いますし、あとはスムーズに捌くことさえ出来ればここも上位争いじゃないでしょうか。

 

【特注 ☆7 コパノキッキング】

MAX能力は誰もが知るところだが、この馬はかなり乗り難しい面がある印象。今までで強いパフォーマンスを見せたのは「逃げる」or「追い込む」の競馬をした時。極端な競馬をしてこそ良さが出るタイプで、一方で好位ぐらいから横綱競馬をしようとすると脆さが出るタイプ。実際にそういう競馬で結果が出たのは昨年のカペラSと根岸Sぐらいですし、東京スプリントやクラスターカップなどでは正攻法の競馬で伸びあぐねて人気を裏切っている。

今回は昨年のこのレースでコンビを組んで勝利した藤田菜七子騎乗になるが、昨年はもう迷うことなく逃げて極端な競馬ができたのが良かった感じ。今年はジャスティン、カプリフレイバー、クルセイズスピリツ、マテラスカイ、ラプタスと前に行く馬がズラリと揃いましたし、さすがに逃げの手は叶わなそう。

藤田菜七子騎手は100勝を達成して本当に素晴らしい成績を収めているとは思いますが、その勝利のほとんどはダート短距離でスタートの上手さと減量を活かしてとにかく積極的な騎乗を見せて押し切る戦法。逆に控えて差す競馬や馬群の中で立ち回る競馬は不得手としている点がありますし、今回はそういう競馬を強いられそうな点がネック。前にいるマテラスカイ、ジャスティンを気にしつつ、後ろから来るサブノジュニア、ブルドッグボスも警戒するなんて超一流騎手でも難しいことだと思いますし、横綱競馬で崩れがちという馬のキャラを考えてもこの程度の評価が妥当と見ます。

 

【△12 トロヴァオ】

昨年のJBCスプリントは上位2頭から離されたとはいえ3着好走。その時に僅差だったノボバカラがその後に交流重賞で活躍しているのを見ても、この馬は十分に中央馬とも戦えるだけの能力はありそう。どうもベスト条件が掴み切れていない感じはしますが、フジノウェーブ記念も強い勝ちっぷりでしたし1400mぐらいが現状はベストな感じ。今回は門別在籍時以来となるスプリント戦への対応力が課題となりますが、ついていくことさえできればどう考えても展開は恵まれそうなメンバー構成。この馬の一撃があれば南関所属馬が2頭絡むぐらいの結果まであってもいいんじゃないかと見ています。

 

【△3 ジャスティン】

この馬は能力のMAX値は凄まじいものがあるが、それが出せるかどうかは揉まれずに気分よく競馬ができるかというピンかパータイプ。今までのレース映像を見ても、明らかに芝スタートの方がダッシュが良く、ダートスタート時でまともにダッシュがついたのは門松Sくらい。三峰山特別、大和S、さきたま杯はダートスタートでダッシュつかずにあっさりと負けましたし、東京スプリントにしても一歩目は出遅れたものの他に行きたい馬がいなかったのとリカバーが上手く行って先手を奪えたような感じだった。

今回はこの馬より内のカプリフレイバーが何が何でもハナを主張してきそうですし、外からはマテラスカイ、クルセイズスピリツ、コパノキッキング、ラプタスあたりが競りかけてきそう。陣営コメントを見ても「2、3番手でも競馬はできる」となっているので戸崎騎手なら無理にハナは叩かない可能性もありますし、控える戦法を選んで内枠で揉まれた途端にどこにもいない結果になる気がします。

 

【△11 マテラスカイ】

この馬に関しては北海道スプリントカップでメイショウアイアン程度に負けて、クラスターカップで日本レコードで勝利したという事実が全てだろう。

この馬はとにかくスピードだけに秀でたスーパースプリンターで、ドバイやアメリカのようなスピード馬場で極限のスピード勝負を挑めば世界クラスの馬とも互角に戦える馬。日本での好走実績を見ても高速馬場だったクラスターカップに、プロキオンSは1400mだったとはいえ不良馬場。もうスタミナを一切問われないスピード馬場になってこその馬だろう。

今回の大井ダート1200mという舞台は2年前の東京盃で断然人気を背負って4着に負けている舞台。水曜日は雨が降るのか微妙な天気予報ですが、このままの良馬場で推移すれば勝ち時計は1分11秒台になると思いますし、そんな時計のかかる馬場でジャスティン、コパノキッキングらの一線級の先行馬たちと競り合う形ではまず厳しいはず。

加えて、この馬はモズスーパーフレアと同じくスパイツタウン産駒なので道中で溜めても一切良さは出ない馬。武豊騎手が飛ばし気味にマイペースで先行させていたのが良かった感じがありますし、ルメール騎手となるとオーソドックスに溜めて乗ってしまいそう。一見するとJRA最強ジョッキーへの乗り替わりに見えますが、今回はこの乗り替わりは微妙。番手からそれなりに伸びるも最後にバテて5、6着に終わる気がします。

 

【△15 ラプタス】

条件戦時代にはそれなりに強いと思っていた馬だが、今年初旬の重賞連勝に関しては正直恵まれただけという感想。黒船賞は不良馬場で楽逃げ叶っての勝利でしたし、かきつばた記念はアディラートが出遅れたおかげでノープレッシャーで楽な逃げが叶っての勝利。

そんな戦歴だったのでプロキオンSはただのゲストだと思っていたが、それにしてはハイペースを逃げてこれだけ粘れれば上出来。こちらの思っている以上には強い馬だったか。ただ、それでも重賞2連勝は額面通りには評価できないという評価はそのまま。

今回はダート1200mへの初挑戦。初条件だけにここで良さが出る可能性もあるが、これだけメンバーが揃った中での大外枠というのは最悪。加えて、どうも前走時の厩舎コメントを見ても「逃げてこそ良さが出る馬」というニュアンスを出していましたし、今回も外枠とはいえ幸騎手ならジャスティンやマテラスカイに競りかけていくような競馬をやりかねないはず。もう前に行く人気馬を全て潰した上でこの馬も消えてくれると最高だ。

 

【×10 ブロンディーヴァ】

まぁ常識的に考えるとこの相手では厳しいのだが、近3走のスプリント戦は時計や着順などは置いておいて、どのレースも相手なりに最後は自分の脚だけは伸びている感じ。今回のメンバーは凄まじく強いとは思いますが、中央所属のマテラスカイ、コパノキッキング、ジャスティン、ラプタスあたりは自分の競馬ができずに途中で競馬を止める可能性がありますし、そうなった場合は相手なりに伸びてくるこの馬が3着という可能性は少しありそう。南関重賞で荒れる時はこれぐらいの馬が平気で馬券に絡みますし、一応は抑えておきたい。

 

【消1 マッチレスヒーロー】

展開自体は合いそうだが、昨年の東京盃及び今年の東京スプリントのレースぶりを見てもここでは足りないだろう。

 

【消2 カプリフレイバー】

典型的なサウスヴィグラス産駒で揉まれずの先行策が絶対条件。今回は最悪な枠を引いてしまったことでもう逃げるしかないはず。この馬がジャスティン、マテラスカイあたりを制してハナに立ってくれると波乱の予感がします。

 

【消4 サイタスリーレッド】

中央時代も揉まれずの先行策出なければ厳しかった馬。今回は相手も強いし同型も多いし内枠もマイナス。

 

【消8 クルセイズスピリツ】

相手がどうこうは関係なく逃げなければ競馬にならない馬。この馬とラプタスあたりがジャスティンとラプタスに競りかけて先行勢を全て潰して欲しい。

 

【消9 フランシスコダイゴ】

習志野きらっとスプリントでの最後の脚は見せ場十分だったが、大井コースではほとんど良いところなし。大井適性がないのか1000m巧者なのか。今回は展開向いても厳しい。

 

【消13 ジョウラン】

さすがにこの相手では厳しいだろう。

 

【推奨買い目】

三連複 6→14,5,7→14,5,7,12,3,11,15,10 本線ベース

三連複 6→14,5,7→14,5,7,12,3,11,15 重ね買い

三連複 6→14,5→14,5,7,12,3,11,15 重ね買い

三連複 6,14→5,7,12,3,11,15 重ね買い

馬単 6→14,5,7,12,3,11,15 本線ベース

馬単 6→14,5,7 重ね買い

馬単 6→14,5 重ね買い

三連単1頭軸マルチ 6→14,5,7 ボーナス

 

【買い目及び予想のポイント】

ここは個人的にダート1200mなら最強と思っている◎ヤマニンアンプリメが想像していた以上に全く人気がない。大井コースでの負けから適性がないと思われているのかもしれないが、あの時は鼻出血なのでノーカウントでいいだろう。今回はどう考えても展開が向きそうですし、一番強いと思っている馬がドンピシャで展開向きそうなのに人気がないなんてこれ以上ない狙い時か。鼻出血が再発してしまったらその時と諦めて、ここは狙えると見ます。

上位人気馬はどれもあっさりぶっ飛ぶ可能性がありそうで、それよりも信頼できそうなのは◯サブノジュニアと▲ブルドッグボスの地方勢。一応は中央所属の中では鞍上の捌き次第で激流の展開を免れる可能性がありそうな☆コパノキッキングまでを2列目にしました。◯>▲>☆と評価順の序列はあるので重ね買いをしていって◯に近づくほど厚めに買いたい。

メインで買うのは三連複と馬単。三連複は中央の人気馬がぶっ飛べば一気に跳ねそうですし、馬単はこの距離なら一番強いと思っている馬を狙うなら勝つまで想定した方がいいでしょう。

印上位4頭で決まった場合は三連単のマルチをボーナスで用意しておく。もうこのボーナスまで決まった場合は、三連複の重ね買いもハマっていますし、ヤマニンが突き抜けていたら馬単もハマります。そうなれば秋〜冬の競馬は一度も当たらずとも許してください(笑)

まぁ私は妙味ありと見て勝負度Aの分の金額は買います。ですが、こればかりは競馬はやってみないとわからないんで、ご自身の馬券は自己責任でお願いします・・・

関連記事

【2016】エーデルワイス賞の予想を公開!

今日は10/13(木)に行われるエーデルワイス賞のレース予想を行います。門別1200mで行われるJp

記事を読む

川崎記念2017の予想を公開!

川崎記念2017(川崎2100m)の予想です。 2月1日に川崎競馬場で開催され発走時刻は16:

記事を読む

JBC三競争(クラシック&スプリント&レディスクラシック)の月曜時点での見解

台風がようやく過ぎ去ったかと思えば月曜日はとんでもない強風ですね。外に出たら吹き飛ばされそうになりま

記事を読む

クイーン賞2017の予想を公開!

クイーン賞2017(船橋1800m)の予想です。 12月6日に船橋競馬場で開催され発走時刻は2

記事を読む

ブリーダーズゴールドカップの予想を公開!

ブリーダーズゴールドカップ2019(門別ダート1200m)の考察です。 8月15日に門別競馬場

記事を読む

東京プリンセス賞2018の予想を公開!

東京プリンセス賞2018(大井ダート1800m)の予想です。 5月10日に大井競馬場で開催され

記事を読む

【2016】ゴールドカップの予想を公開!

今日は12/21(水)に行われるゴールドカップのレース予想を行います。浦和1400mで行われるSII

記事を読む

【2016】エンプレス杯の予想(アムールブリエらの評価は?)

今日は3/2(水)に行われるエンプレス杯のレース予想を行います。川崎2100mで行われるJpnII戦

記事を読む

北海道2歳優駿の予想を公開!

まだ絶賛先週のレースの復習中なわけですが、ちょっと合間に気分転換も兼ねてサクッと北海道2歳優駿を予想

記事を読む

東京2歳優駿牝馬2018の予想を公開!

東京2歳優駿牝馬2018(大井ダート2000m)の予想です。 12月31日に大井競馬場で開催さ

記事を読む

菊花賞2020の予想を公開!

菊花賞2020(京都芝3000m)の考察です。 10月25日に京

富士ステークス2020の予想を公開!

富士ステークス2020(東京芝1600m)の予想です。 10月2

【菊花賞2020の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

菊花賞2020(京都芝3000m)の考察です。 10月25日に京

埼玉新聞栄冠賞2020の予想を公開!

埼玉新聞栄冠賞2020(浦和ダート1900m)の予想です。 10

【富士ステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

富士ステークス2020(東京芝1600m)の考察です。 10月2

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑