*

たんぽぽ賞2018の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2018/02/27 地方レース考察・予想

たんぽぽ賞2018 (佐賀ダート1400m)の予想です。

2月20日に佐賀競馬場で開催され発走時刻は17:00です。出走馬はコウエイユキチャン、ヒトモジノグルグル、カシノランペイジ、マエムキなど。佐賀競馬場のダート1400mで行われるJRA交流重賞です。

 

昨年まで佐賀記念と同日に行われていた名物レースのたんぽぽ賞。

このレースは個人的に結構好きで今年も楽しみにしていたのですが、今年から時期がここに変更されたという事で今朝まで見落としていました。結構当てやすいレースだと思うので、急遽これも予想しようと思います。この後、明日の大井の金盃の予想もあげようと思います。

 

【PR:100万超えの配当を連発する競馬予想】

”勝てない競馬はもうやめにしませんか?”

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【最高のIT技術】を駆使して

帯封超えの的中を量産しているサイト!

先週も帯封馬券を含む高額配当を多数的中!

 

◆◆近走の ”大万馬券” お届け実績!◆◆

2月11日(日)東京06R 4歳上500万下

3連単 05−08−15

獲得金額 1,411,200円!

その他俺の競馬の的中実績はこちら!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

これだけの高配当を量産することが出来るのか?

全ての結果には「理由」がある!

儲けることだけを考えて辿り付いたもの…それは

 

・確かな情報筋からの独占情報
・最新競馬ロジックの駆使
・投資会社からヘッドハンティングした資産運用のノウハウを活用

 

この3つをMIXすることで、他社には真似できない正解を導き、

競馬をギャンブルから安定した投資へ引き上げることに成功。

 

これが次世代の投資競馬サイト「俺の競馬」

 

圧倒的実績を誇る俺の競馬が

今週も「中山記念の予想」を無料で公開することが決定!!!

 

■登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

↓↓↓無料登録↓↓↓

重賞レースの無料予想を今週から受け取る

 

たんぽぽ賞 2018予想

過去のレース傾向

基本的に中央馬の成績が圧倒的なのがたんぽぽ賞の特徴。中央競馬の中でも九州産馬とそれ以外の馬の能力には圧倒的な差がありますが、その中央の九州産馬も佐賀競馬に赴けばそこの馬たちとは圧倒的な差があります。

毎年、1番人気と2番人気はほとんど馬券に絡んだ上で、ファンのオッズ心理からは少し捻ったぐらいの結果になることが多いレース。今年もしっかりと能力比較を行えば、案外美味しい配当にありつけるレースになるんじゃないでしょうか?

 

例年、たんぽぽ賞の予想において重要なのは同日に行われるJRA交流戦のミヤマキリシマ特別とノカイドウ特別のレースレベル比較。

今年に関していえばミヤマキリシマ特別の方が走破時計が0.8秒時計が速いのですが、それよりも気になるのが両レースの前半3ハロンの通過時計。佐賀競馬はレースラップが公開されていないのでストップウォッチで自分で計量してみたが、前半3ハロン通過時計はノカイドウ特別の方が2秒近く速い。

走破時計はミヤマキリシマ特別の方が0.8秒速いのに、勝ち馬の上がり時計を見るとヒトモジノグルグルの方が1秒近く遅いというのは、前半部分が速かったせいでノカイドウ特別がかなりの消耗戦になっていたという事である。

今年のたんぽぽ賞に関しては、流石に佐賀所属馬は厳しいと思うが、JRA所属馬は大混戦と言ってよさそうで、それなりに荒れる可能性もありそう。それでもミヤマキリシマ特別とノカイドウ特別のレースレベルをきっちりと把握できれば馬券は取れるレースだと見ています。

 

たんぽぽ賞 2018の印

本命 ◎キリシマアスカ

本命は人気なさそうだが、キリシマアスカが上位争いになっていいと見ます。

今回人気するのはひまわり2着のコウエイユキチャンに、ミヤマキリシマ特別とノカイドウ特別の勝者であるカシノランペイジとヒトモジノグルグル。そことの能力比較で考えればこの馬は十分に通用しておかしくないはず。

まずコウエイユキチャンは新馬戦で出遅れて大外ぶん回しの競馬で少差の2着という結果。一方のコウエイユキチャンはなんのロスもなく競馬をしていましたから、この2頭の間にはそこまでの能力差はなさそう。

カシノランペイジとヒトモジノグルグルに関してはひまわり賞で差をつけて先着していますし、芝時代とはいえスピードは明らかにこちらの方が上だったと見ていいはず。その後にこの2頭が佐賀のレースを使って着順が良いから今回人気するだけであって、このキリシマアスカだってミヤマキリシマ特別やノカイドウ特別に出ていたら勝利していた可能性が高い。つまり「使われていない」ことでファンに強さがバレていないといえる。

ひまわり賞後の4戦は大敗続きだが、ダート初戦となったアプローズの未勝利は+24kgの大幅馬体増で当時のレベル高い未勝利戦で先行策を取って失速も致し方なし。その後の2戦は適性ゼロと見て良さそうな芝のマイル戦で、しかも超ハイレベルだったテトラドラクマの未勝利と超スローだったドラグーンシチーの未勝利なら大敗もやむなし。

前走は久々のダート1200mだったが、芝のマイルを使っての距離短縮だったために行き足がつかず。直線入り口では絶望的な位置取りであったが、直線に入って真横スライドで大外に出してからは見所十分の末脚を見せて7着。中京ダートは2〜3歳馬にとって外から差す事がほぼ不可能に近い条件ですし、それを考えればあれだけの末脚が使えれば評価していいはず。

ここ2戦は位置取り悪いですが、アプローズの未勝利やテトラドラクマの未勝利で前に行けているように佐賀レベルなら間違いなく先行できるはず。ほとんどの有力馬は外枠を引いたおかげでスッと内枠から位置を取れそうですし、鞍上は今回遠征してきたJRAの騎手の中では一番信頼できそうな丸田騎手。継続騎乗で前走の末脚を見ていれば今回は色気十分で乗ってくるはずで、インの番手あたりで勝負圏内で回ってくればここは人気関係なく上位争いになっていいと見ます。

 

対抗 ◯コウエイユキチャン

対抗は休み明けでも流石にコウエイユキチャンのスピードが抜けているはず。

ひまわり賞は勝ったレグルドールが中央馬相手でも互角に戦えるぐらいのスピードの持ち主で相手が悪かっただけ。芝とダートの違いこそあれど、ひまわり賞で今回戦う相手をスピードで圧倒していますし、父ストラヴィンスキーで母は佐賀競馬で走っていた馬となればダートも問題なし。

スピード最上位で外枠からスッと先行できそうですし、佐賀を知り尽くした山口勲ならばここは信頼できるはず。ダート適性なくて何かに負けるパターンもありそうですが、休み明けでも馬券圏内はある程度信頼して良いと思います。

 

単穴 ▲カシノランペイジ

三番手はカシノランペイジで良さそう。

中央の芝時代は明確なスピード不足を露呈していましたが、たんぽぽ賞でも先行したヒトモジノグルグルが最後にバテて後退して来たのに対して、この馬は位置こそ中団ながらそのままバテずに回って来てヒトモジノグルグルとタイム差なしという結果。

この馬はスピードよりも持久力に優れたタイプだった感じで、それがミヤマキリシマ特別でのダート替わりと距離延長ではっきりと見えた感じ。ダートでの行きっぷりも抜群で佐賀1400mレベルならば先行策も取れることが判明。スローペースの流れながら同日のノカイドウ特別と0.8秒の時計差をつけましたし、最後は余裕十分に抜け出していましたからペース流れればもっと時計を詰めてきそう。少なくとも前走がハイペースでいっぱいいっぱいだったヒトモジノグルグルよりはこちらを信頼するべきでしょう。

前走のメイショウイサナの500万に関しては、この時期のダートの3歳限定500万は古馬オープンに行く馬がゴロゴロいるので度外視可能。周りが速すぎる上に芝スタートでダッシュつかずでレースになりませんでした。その前走からテンの3ハロンが4秒近く遅くなるここなら上位争いは堅いと見ます。

 

特注 ☆マエムキ

特注評価はマエムキにします。

前走はダート1400mへの距離延長で一気にパフォーマスを上げてきましたが、その前走でも追走がいっぱいいっぱいで最後の最後に伸びてきて2着という感じ。完全に脚を余していましたし、距離はもっと伸びた方が良さそうなタイプ。

ロージズインメイ産駒のイメージ通りの馬と見て良さそうで、前走のスローペースよりはペースが上がって周りがバテた方が想定的にパフォーマンスが上がりそう。前走のスローペースの時点でヒトモジノグルグルよりも時計が速いわけですし、そこから今回はペース上がって更にパフォーマンスを良化できればヒトモジノグルグルには先着できて良いと見ます。

 

△ キリシマアオゾラ <穴推奨>

終いを活かす競馬なら一変しても良さそうなキリシマアオゾラは穴候補。

この馬は中央ダートの2戦がどちらも上がり3位以内を記録しているように、どう考えても今回のメンバーの中では能力上位に見える馬。それでもノカイドウ特別の負けがネックになるわけだが、このレースは前述のようにハイペースで前に行った馬は厳しかった展開。もし今回、脚を溜めて終い勝負のような競馬をしてくれば一変してもおかしくはない。

ただ、そのノカイドウ特別も佐賀レベルのハイペースだった訳で、中央であれだけ走っている馬があの程度で失速してしまうとなると、距離など他の敗因もあった感じもするのでこの程度の評価まで。

 

△  ヒトモジノグルグル

ヒトモジノグルグルは人気妙味を考えてもこれぐらいまで。

もともと芝1200mでも逃げられるぐらいのスピードがある馬なのだが、その1200mでも最後に失速していたように持久力には課題がある馬。馬体も400kgちょっとしかありませんし、本質的なダート適性には疑問が残る印象。

前走は前2頭が飛ばしてくれたところを3番手から上手く抜け出して展開が向いた印象が強いレース。2着以下も展開が向いた佐賀所属の馬が来ていますし、それを考えると今回の中央馬の中では一番人気妙味は低い。できればこれが飛んでくれて配当をあげて欲しいところだ。

 

印まとめ

◎3   キリシマアスカ
◯8   コウエイユキチャン
▲10 カシノランペイジ
☆2   マエムキ
△9   キリシマアオゾラ <穴推奨>
△11 ヒトモジノグルグル

勝負度D

 

推奨馬券

三連複 3→8,10→8,10,2,9,11 本線ベース

三連複 3,8→10,2,9,11 重ね買い

三連複 3,8→10,2 重ね買い

馬連 3→8,10,2,9,11 本線

三連単BOX 3,8,10 ボーナス

※想定5番人気の◎キリシマアスカ(単勝だけ売れていますが他の券種の売れ方を見ても5番人気になるはず)から◯コウエイユキチャンと▲カシノランペイジが堅軸と見てそこからの三連複を重ね買いでまず買います。まぁ休み明けとダートさえこなせばコウエイユキチャンのスピードは抜けていそうなので、基本的には2頭軸を厚めに。

キリシマアスカは普通に2着まであって良さそうなので馬連も結構つくので買っておく。見立て通りならば上位3頭で決まって良さそうで、コウエイユキチャンが1着を取りこぼした場合は三連単が跳ねそうなので、そこは三連複厚めに加えて三連単BOXのボーナスを買っておきます。

関連記事

【2016】佐賀記念の予想(マイネルバイカらの評価は?)

今日は2/11(木)に行われる佐賀記念のレース予想を行います。佐賀2000mで行われるJpnIII戦

記事を読む

北海道スプリント2017の予想を公開!

北海道スプリント2017(門別1200m)の予想です。 6月8日に門別競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

【2016】羽田盃の予想(タービランスらの評価は?)

今日は4/20(水)に行われる羽田盃のレース予想を行います。大井1800mで行われるSI戦です。

記事を読む

【2016】エンプレス杯の予想(アムールブリエらの評価は?)

今日は3/2(水)に行われるエンプレス杯のレース予想を行います。川崎2100mで行われるJpnII戦

記事を読む

平和賞2017の予想を公開!

平和賞2017(船橋1600m)の予想です。 10月25日に船橋競馬場で開催され発走時刻は20

記事を読む

TCK女王盃2017の予想を公開!

TCK女王盃2017(大井1800m)の予想です。 1月25日に大井競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

報知グランプリカップ2017の予想を公開!

報知グランプリカップ2017(船橋1800m)の予想です。 2月8日に船橋競馬場で開催され発走

記事を読む

スパーキングサマーカップの予想を公開!

今日は自転車で横浜から熱海までロングライドしてきました。 減量もトレーニングも順調で、1日10

記事を読む

かきつばた記念2017の予想を公開!

かきつばた記念2017(名古屋1400m)の予想です。 5月3日に名古屋競馬場で開催され発走時

記事を読む

JBCクラシック [1] 盛岡ダート2000mの特徴は?

今年のJBCは盛岡競馬場開催。 JBCクラシックの距離は2000mとなる。 まず第一回目の考

記事を読む

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑