*

金盃2018の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2018/02/27 地方レース考察・予想

金盃2018 (大井ダート2600m)の予想です。

2月21日に大井競馬場で開催され発走時刻は16:10です。出走馬はモズライジン、サブノクロヒョウ、ウマノジョー、ユーロビートなど。大井競馬場のダート2600mで行われるSII戦です。

 

ついさっき、先週の土日の中央競馬の回顧が終わったんですが、3歳馬で先々まで注目したい馬が1頭いたのでここで紹介しておきます。

↓↓↓

<下のブログランキングのリンク先に馬名が記載してありますのでクリックお願いします>

↓↓↓

いかにも全兄のイメージそのままに中距離戦への路線変更で一気に素質が開花した感じ。前半部分はほとんど遊んでいながら勝負所の仕掛けだけで好メンバーを子供扱いした内容は非常に強いの一言で、持久力問われるレースで重賞も狙える器だと思います。

 

【PR:100万超えの配当を連発する競馬予想】

”勝てない競馬はもうやめにしませんか?”

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【最高のIT技術】を駆使して

帯封超えの的中を量産しているサイト!

先週も帯封馬券を含む高額配当を多数的中!

 

◆◆近走の ”大万馬券” お届け実績!◆◆

2月11日(日)東京06R 4歳上500万下

3連単 05−08−15

獲得金額 1,411,200円!

その他俺の競馬の的中実績はこちら!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

これだけの高配当を量産することが出来るのか?

全ての結果には「理由」がある!

儲けることだけを考えて辿り付いたもの…それは

 

・確かな情報筋からの独占情報
・最新競馬ロジックの駆使
・投資会社からヘッドハンティングした資産運用のノウハウを活用

 

この3つをMIXすることで、他社には真似できない正解を導き、

競馬をギャンブルから安定した投資へ引き上げることに成功。

 

これが次世代の投資競馬サイト「俺の競馬」

 

圧倒的実績を誇る俺の競馬が

今週も「中山記念の予想」を無料で公開することが決定!!!

 

■登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

↓↓↓無料登録↓↓↓

重賞レースの無料予想を今週から受け取る

 

金盃 2018予想

過去のレース傾向

3年前から2600mという大井競馬の中で最長距離で行われるようになったこのレース。その過去3年からの傾向を見てみると、コーナーを7回も回るコース形態だけに内枠の有利が絶対的。アウトジェネラルやジャルディーノあたりは内枠の恩恵を受けて勝利した感じもありますし、このレースは枠順も重要でしょう。

 

かなり長い距離ということもあって序盤からペースは落ち着くレース。最初から最後までそこまで起伏のないレースラップになりやすく、序盤の先行争いもさほど激しくはならない。

2コーナーの引き込み線部分からのスタートになるので、外枠の馬は先行するのに脚を使わなければならなくなり、それも内枠がよく上位にくる理由と見て良さそう。内枠の馬はスッと序盤で位置さえ取れれば、あとは起伏がなくて最後にバテずに38秒台の末脚で上がってこれれば上位に走れるので、いつも位置を落として後ろからキレずバテずで差してきていたような馬が内枠で位置を取れそうな場合には注意が必要だと思います。

 

今年のメンバーを見てみると、ウマノジョーやサブノクロヒョウなど長距離重賞で実績ある馬もいますが、ユーロビートは衰え目立ってきていますし、中央からの転入初戦となるモズライジンあたりが人気にもなりそうなメンバー構成。

そして今回のレースはとにかく展開が鍵になりそう。この程度のメンバーなら枠順と展開を利して穴馬が激走しても良さそうな感じがしています。ここは穴っぽい馬から一撃を狙ってみましょう!

 

 

金盃 2018の印

本命 ◎エンパイアペガサス

本命は揉まれない競馬さえできれば一変しておかしくないエンパイアペガサスが妙味絶大と見ます。

もともとダービーグランプリでトロヴァオの2着。報知グランプリカップではムサシキングオーを倒して優勝しているように、南関の一線級と互角以上に戦えていた馬。地元の水沢では無双級に強い活躍を見せている馬で、今回のメンバーでも能力は最上位級と見ていい。

この馬はスタートがさほど速くないが揉まれずに先行できれば強いというタイプの馬で、前走の報知グランプリカップは外側から切り込まれて先行できず揉まれ混んで位置を落としたのが敗因の全てと見て良さそう。また、当時は岩手地方が豪雪の影響で全く調教ができておらず、状態面も今ひとつだったということだ。

もちろん報知グランプリカップを勝っている時点で能力面で足りる指標にはなるのだが、2走前に余裕の手応えで倒したベンテンコゾウが南関初戦のレースでA2クラスを大楽勝。しかも倒したのが中央1600万から転入してきたラブミークンでしたし、このベンテンコゾウという馬も南関レベルならば重賞級の馬と言っていいはず。

前述のように揉まれずに先行できれば強いこの馬にとって、ゆったりと流れる大井2600mは距離さえこなせれば間違いなくプラスになりそう。メンバーを見渡しても逃げ馬不在で先行馬すらほとんどいない一戦。陣営コメントを見ても揉まれずの先行策を示唆していますし、ここは枠順の並びを見ても恐らく逃げる競馬ができそう。

過去3年の金杯のテンの3ハロンは39秒程度ですし、この馬は昨年の報知グランプリカップで前半37.7で逃げていますから、ここはスタートで主張すれば先手を奪えるレース条件。

正直、距離が持つかどうかはやってみなければわかりませんが、強いとわかりきっている馬がスロー濃厚のレースで楽な先行策を取れる上に前走の負けで一気に人気を落とすとなれば、ここは狙って見ていいレースではないでしょうか。

 

対抗 ◯サブノクロヒョウ

対抗は先行策さえ取れればサブノクロヒョウが相手としては堅いだろう。

この馬はとにかく東京記念のパフォーマンスが秀逸。一気の距離延長でスタミナを活かしてパフォーマンスを上げたわけだが、交流重賞でも中央馬と互角に戦っているカツゲキキトキトを競り落として勝利できる馬なんて南関にはそういないはず。その後のJBCクラシックでもケイティブレイブあたりと先行策を演じた上でそう負けていませんし、この馬はバテなさを問われる競馬になれば南関最上位級だろう。

勝島王冠は距離不足が敗因でしょうし、前走の東京大賞典は相手が強すぎて度外視可能。今回はいかにも得意そうな長距離条件ですし、陣営コメントを見ても先行策をとってきそう。どう考えてもスロー見え見えのメンバーですから、ここは逃げるエンパイアペガサスとの行った行ったを決めて欲しい。

 

単穴 ▲キングニミッツ

三番手はキングニミッツで良さそう。

特筆すべきはやはり東京記念3着の実績。サブノクロヒョウと同じくあのカツゲキキトキトに対してあちらの得意そうな舞台で僅差の戦いをしているというのは評価できそうですし、今回のメンバーの中では先行力も上位。前々で競馬をすれば粘り込めていいと見ています。

 

特注 ☆アサクサスターズ

特注評価はアサクサスターズにします。

この馬に関しては2走前のA2勝ちの内容が印象的。あのパフォーマンスを見る限り前走のクリスマス賞は圧勝していておかしくなかったはずで、おそらく前走の敗因は距離が短かったことだろう。距離が伸びること自体は良さそうで、あとはこの枠からそれなりの位置が取れれば十分にやれて良いとみます。

 

△ グルームアイランド <穴推奨>

もし位置が取れれば大穴を開けてもいいグルームアイランドは抑えておく。

もともと南関でも重賞を勝ったことがあるように能力は通用していい馬。金沢では無双級の強さを誇っている馬で、ここ2戦に関してはスタートで位置を取れずに完全に差し遅れている感じ。今回もスタートが鍵にはなるが、先行馬不在で1枠1番と位置は取れるシチュエーション。2600mになってから金盃は毎年1枠の馬が馬券に絡んでいますし、流石にもう1頭のキスミープリンスが厳しいとなればこの馬に期待が行きます。

 

印まとめ

◎5   エンパイアペガサス
◯7   サブノクロヒョウ
▲10 キングニミッツ
☆3   アサクサスターズ
△1   グルームアイランド <穴推奨>

勝負度D

 

推奨馬券

単複 5 エンパイアペガサス 本線

ワイド 5→7,10,3,1 本線(7が大本線で10が次点)

馬連 5→7 ボーナス

三連複 5,7→10,3,1 ボーナス

※ここはもう展開利見込める◎エンパイアペガサスの複勝を最低限抑えておくとして、あとは差しタイプはどれが来るかわからないので、スタミナある先行馬及び内枠の妙味ありそうな馬にしか印を打たずに振り回してみます。

人気馬の中では◯サブノクロヒョウは信頼していいと思うので、ここへのワイドが大本線。もしエンパイアペガサスが勝ったり、対抗馬と馬連で行った行った決まったり、三連複が引っかかればドッカーンという感じで買います。

関連記事

ユングフラウ賞2017の予想を公開!

ユングフラウ賞2017(浦和1400m)の予想です。 2月22日に浦和競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

no image

かきつばた記念2020の予想を公開!

かきつばた記念2020(名古屋ダート1400m)の予想です。 5月4日に名古屋競馬場で開催され

記事を読む

全日本2歳優駿2017の予想を公開!

全日本2歳優駿(川崎1600m)の予想です。 12月13日に川崎競馬場で開催され発走時刻は20

記事を読む

東京スプリント2017の予想を公開!

東京スプリント2017(大井1200m)の予想です。 4月19日に大井競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

マリーンカップ2020の予想を公開!

マリーンカップ2020(船橋ダート1600m)の予想です。 4月2日に船橋競馬場で開催され発走

記事を読む

【2016】ローレル賞の予想を公開!

今日は11/3(木)に行われるローレル賞のレース予想を行います。川崎1600mで行われるSIII戦で

記事を読む

ジャパンダートダービーの予想を公開!

ジャパンダートダービー2019(大井ダート2000m)の考察です。 7月10日に大井競馬場で開

記事を読む

TCK女王盃2018の予想を公開!

TCK女王盃2018 (大井ダート1800m)の予想です。 1月17日に船橋競馬場で開催され発

記事を読む

戸塚記念2018の予想を公開!

戸塚記念2018 (川崎ダート2100m)の予想です。 9月12日に川崎競馬場で開催され発走時

記事を読む

エーデルワイス賞2020の予想を公開!

エーデルワイス賞2020(門別ダート1200m)の予想です。 10月15日に門別競馬場で開催さ

記事を読む

1月2週のレース回顧〜年明けから重賞が難解な結果ばかりで困ります(汗)

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

京成杯2021の予想を公開!

京成杯2021(中山芝2000m)の予想です。 1月17日に中山

日経新春杯2021の予想を公開!

日経新春杯2021(中京芝2200m)の予想です。 1月17日に

愛知杯2021の予想を公開!

愛知杯2021(中京芝2000m)の予想です。 1月16日に中京

【京成杯2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京成杯2021(中山芝2000m)の考察です。 1月17日に中山

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑