*

スワンステークス2023の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2023/11/02 重賞レース考察・予想

スワンステークス2023(京都芝1400m)の予想です。

10月28日に京都競馬場で開催され発走時刻は15:35です。出走馬はアヴェラーレ、トウシンマカオ、ルガル、エクセトラなど。京都競馬場の芝1400mで行われるGIIIです。

 

[PR] 天皇賞秋・無料予想

やはりG1シーズンにギア上げて来ました!

先週は菊花賞と富士Sで連勝の無料予想です。

━━━━━━━━━━━━━━

無料予想の実績

-菊花賞-

三連複9点500円 15.7倍

【獲得額】7,850円【回収率】174%

-富士S-

三連複9点500円 60.6倍

【獲得額】30,300円【回収率】673%

-毎日王冠-

三連複9点500円 11.3倍

【獲得額】5,650円【回収率】126%

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

毎日王冠から天皇賞秋の的中も期待!

土曜重賞の無料予想もお見逃しなく\(^o^)/

→天皇賞秋・無料予想

三連複10点前後が基本の買い目で、穴馬絡んで高配当もあります!

 

スワンステークス 2023 予想

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

スワンステークスのレース概要

東京芝1600mで開催される2歳牝馬限定の重賞レース。この時期の牝馬限定重賞で本格派の広いコースを使うとなるとこのレースしかありませんし、牡馬混合のサウジアラビアロイヤルカップやデイリー杯2歳ステークスを使わない限りは素質馬はここに出走してくることが多い。過去5年を見てもビーチサンバ、ソダシ、サークルオブライフ、リバティアイランドあたりがその後にGIで馬券圏内に好走していますし、出世レースとしても注目した方がいいでしょう。

 

素質馬が順当に走りやすいレースなので極端な大波乱は起きていませんが、2021年のように人気馬が飛んでそれなりの波乱になる年はあります。まだキャリアの浅い2歳馬同士なのであんまりガチガチの結果ばかりを考えすぎないようにしたいです。

 

データ的な見地からの考察


※過去10年のアルテミスステークスの東西所属別成績

今年の牡馬クラシック路線は関東馬が上位独占の結果になったように近年は関東馬の活躍が目立っていますが、アルテミスステークスは基本的に関西馬の方が優勢な傾向。不利な輸送があっても関西馬の方がこれだけ走っているというのは注目したいところです。関西馬の中でも早めに東京コースを走らせておきたい、という素質馬がここを使っているというのはあるんじゃないでしょうか。

 


※過去10年のアルテミスステークスの前走距離別成績

過去10年の前走距離別のデータを見ると、前走同距離組と前走から短縮組が5勝ずつでイーブン。一方で1500m以下からの距離延長ローテの馬は1勝もしていません。トータルの複勝率で見ても成績が悪いので距離延長ローテはあんまり評価できないレースです。

一方で距離短縮ローテの馬は複勝率、回収率ともに優秀ですし、マイル以下の距離よりも中距離を使っていてクラシックを意識しているような素質馬が短縮ローテで走りやすいレースと言えるでしょう。

 

ラップ的な見地からの考察

2018年は例外的に前半が速いペースになりましたが、それ以外の年を見ても基本的にはキャリアの浅い2歳馬同士のレースらしくスローペースが確定的。前半から中盤はゆったりと流れて上がりの速いレースラップ構成になりやすいです。最速上がりを繰り出した馬が5年連続で連対していますし、東京マイル戦らしくしっかりとした決め手が重要になります。

 

血統的な見地からの考察

スワンステークスは前半がそこまで速くならず、直線での決め手が問われるのが特徴。短距離戦の中では溜めて差す適性が問われるレースで、こうして見てもアメリカのスピード血統よりもサンデーサイレンス系や欧州血統の活躍が目立っています。

 

4月にリニューアルオープンしてから京都芝で行われた芝重賞の結果を見ると、一目瞭然でディープインパクト系とキングカメハメハ系の成績が圧倒的。

これまで馬券に絡んだのはディープインパクト系、キングカメハメハ系以外だとハーツクライ産駒が2頭にキタサンブラック産駒が2頭。それ以外のタスティエーラ、ビッグシーザー、シュネルマイスターはどれも1、2番人気で能力上位の馬でしたし、よほど強い馬以外はリニューアル後の京都芝は末脚キレるディープ系やキンカメ系が有利と見てよさそうです。

 

レベルや馬場、展開などを踏まえて今年はどんなレースになりそうか?

京都競馬場は今週がAコース最終週。先週時点で外からの差しは割と決まってきていましたし、展開次第ではズバッと外差しも効くレースになりそうです。

今年の出走メンバーを見てもあんまりマイルチャンピオンシップに直結するようなメンバーとは言えず、スプリンターズステークスが終わって目標がなくなった短距離馬とマイル路線の準一線級が揃った感じのメンバー構成。考察の中で何度も書いている通り、この条件で問われるのはマイル以上の距離向きの瞬発力。一息でスピードを活かして走る馬ではなく、しっかり溜めてキレる脚を使える馬を狙いたいです。

 

考察まとめ

【レース質】短距離戦の中では決め手が問われるレース。□■□■>

【波乱度】大波乱も出たことがあるレースで堅くは決まりにくい。

【ラップ特徴】前半はゆったり流れて決め手が問われるレース。

【血統特徴】リニューアル後の京都芝重賞はディープ系とキンカメ系優勢。

【狙えるタイプ】牡馬(牝馬の成績がイマイチ)。

【狙えるタイプ】マイル以上の距離で勝利実績、重賞での好走実績がある馬。

 




 

スワンステークス 2023の印

【本命 ◎12 ルージュスティリア】

もともとデビュー当時からクラシックで期待されていたような馬だったが、前進気勢が強すぎて中距離ではまともに走れず。マイルに転向してから連勝してオープンに入ったが、条件戦ではなんとかなってもオープン重賞レベルではマイルでも折り合い面が難しい感じ。じっくり構える競馬で中京記念で3着に好走したが、テンから行かせるとマイルの距離でも若干長い印象で、前走は1800mの距離で先行する競馬ではまず無理でした。

条件戦時代のレース内容や血統のスケールから考えて重賞級の素材と見て間違いないと思いますし、今回は折り合いをそこまで気にしないで乗れそうな芝1400mの距離は絶好。Aコース最終週である程度外目の方が伸びる馬場になるかもしれませんし、外目からじわっと前目につけられそうなこの枠は絶好に見えます。

考察文でも書いた通り、リニューアル後の京都芝重賞はディープ系の血統がずば抜けた成績を誇っていますし、京都開催時のスワンSはマイル以上の距離で実績ある決め手上位の馬が有利。その両方に該当しているこの馬はここは絶好の狙い目に見えます。(と言いつつ、超過剰人気で2、3番人気ぐらいになりそうな感じもします汗)

 

【対抗 ◯15 ララクリスティーヌ】

オープンに入ってからの4連勝はどれも枠などに恵まれてのもの。近2走は明らかに距離が長いマイル戦で惨敗も当然という結果だった。今回は1400mへの距離短縮は絶好に見えるが、外枠からどれだけスムーズに立ち回れるか。今回のメンバーでは数少ない父ディープ系でマイル実績がある馬なので対抗評価にします。

 

【単穴 ▲9 アヴェラーレ】

リニューアル後の京都芝重賞で相性絶好のキンカメ系でなおかつ今をときめくドゥラメンテ産駒。前走でマイル重賞を勝っていますし、溜めれば抜群の決め脚を使えるので今回の条件は合いそう。ただ、これまでこだわって左回りばかり使われてきた馬で、右回りコースは本当に久々。じっくり溜めてこその馬なのでスパルタ騎乗の川田騎手と手が合うかも微妙なところで、能力や適性を評価しても三番手までにとどめました。

 

【推奨買い目】

単複 12 ルージュスティリア 本線

ワイド 12→15,9 本線

馬連 12→15,9 ボーナス

三連複 12,15,9 ボーナス

 

【買い目及び予想のポイント】

ここはシンプルに決め手上位のディープ系とキンカメ系の馬を買いたいレース。今回のレースで該当するのは、、、

ルガル、スマートリアン、アヴェラーレ、カイザーミノル、ルージュスティリア、ミッキーブリランテ、インダストリア、ララクリスティーヌ、サブライムアンセムの9頭。

この中で6歳以上の馬(スマートリアン、カイザーミノル、ミッキーブリランテ)は相対的にキレの衰えがあると見て除外し、ルガルはマイル以上の実績がなく3歳スプリント路線のレベルが怪しいので除外。インダストリアはパワータイプでキレるタイプではないので除外。サブライムアンセムは当初の本命候補でしたが外枠では折り合い厳しいので除外。

と考えていくとアヴェラーレ、ルージュスティリア、ララクリスティーヌの3頭になります。シンプルに印はこの3点で。今回で最も変わり身が大きそうな◎ルージュスティリアを軸として単複と相手2点の馬券を買いたい。

 

関連記事

【ファルコンステークス2023の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ファルコンステークス2023(中京芝1400m)の考察です。 3月18日に中京競馬場で開催され

記事を読む

愛知杯2023の予想を公開!

愛知杯2023(中京芝2000m)の予想です。 1月14日に中京競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

ファンタジーS [1] とにかくヴァイスリージェント狙い

私は普段血統を予想のファクターの一つとして捉えているが、レースの中にはあまりにも血統バイアスが偏って

記事を読む

阪神大賞典2021の予想を公開!

阪神大賞典2021(阪神芝3000m)の予想です。 3月21日に阪神競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

チャレンジカップ2020の予想を公開!

チャレンジカップ2020(阪神芝2000m)の予想です。 12月5日に阪神競馬場で開催され発走

記事を読む

共同通信杯2022の予想を公開!

共同通信杯2022(東京芝1800m)の予想です。 2月13日に東京競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【阪神牝馬ステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

阪神牝馬ステークス2019(阪神芝1600m)の考察です。 4月6日に阪神競馬場で開催され発走

記事を読む

【チャレンジカップ2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

チャレンジカップ2022(阪神芝2000m)の考察です。 12月3日に阪神競馬場で開催され発走

記事を読む

みやこステークスの予想を公開!

今日はなかなか平場で面白いレースがなさそう。そうなれば両メインに資金をつぎ込むか、ということで、みや

記事を読む

【東海S2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

東海ステークス2017(中京ダート1800m)の考察です。 1月22日に中京競馬場で開催され発

記事を読む

【日本ダービー2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

日本ダービー2024(東京芝2400m)のレース考察です。 5月

5月3週のレース回顧〜チェルヴィニアとステレンボッシュの一騎打ちの見立ては合っていたんですが・・・

2024年5月3週の中央競馬レース回顧です。前の週に行われた中央競馬の

オークス2024の予想を公開!

オークス2024(東京芝2400m)のレース予想です。 5月19

メイステークス2024の予想を公開!

メイステークス2024(東京芝1800m)のレース予想です。 5

平安ステークス2024の予想を公開!

平安ステークス2024(京都ダート1900m)のレース予想です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑