*

8月4週のレース回顧〜開催後半の馬場傾向を見極めるのが大事になってきました〜

公開日: : レース回顧

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないので、2022年はサクッと短時間で書けるぐらいの量で回顧を続けていければと思います(メルマガでは通常営業でボリュームある回顧を書きます)

 




 

金土日はプロ野球のDeNA vs ヤクルトの3連戦がありました。金曜日時点で両チームのゲーム差は4で、この一連の試合次第でセリーグの優勝争いがだいぶ決まる感じだったので、週末は競馬の予想をしながらテレビで野球の試合もチェック。結果的にヤクルトの3連勝で終わってもうほとんど優勝は決まっちゃった感じ。

なんだかヤクルトに負けたというより村上に負けた感じ。色々なところで騒がれていますが、ちょっとこの3連戦はあまりに凄くて若干引いてました。もうバットに当たれば大体ホームランですし「あ、シングルヒットでよかった」と思ったらタイムリーで1点は入っていたみたいなことが多々あります。ここまでヤバい4番バッターはメジャーに行く直前の松井秀喜ぐらいしか記憶にありません。22歳で3冠王でホームラン60本も打ってしまいそうな成績。もう一人でヤクルトを勝たせてしまうぐらいの存在だけに他チームのファンとしては早くメジャーに行ってほしいです(汗)

 

週末にずっと缶詰で競馬の予想だけしていてもスッキリしないので、家にダーツボードを買ってみました。

最近やたらにダーツにハマっていて週2回ぐらいダーツバーに行くんですが、家でも少し投げたいなと。レースの予想がひとつ終わるたびにちょろっと投げて気分転換するようなルーティンで週末は過ごしましたが、なかなか良い感じでスッキリと予想もできて良いかなと思います。

 

というわけで、先週の競馬の話に移りましょう。

恒例の先週末の競馬の中で次走に注目したい馬のブログ版。これのフルボリュームverをメルマガでは毎週配信しておりますので、ご興味ある方は読んでみてください。

今週はキーンランドカップからこの馬をピックアップ。

その馬名はブログランキングの先でご覧ください。

↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

スローペースで外に振られた上に直線では詰まり気味で脚を余す競馬。スムーズなら重賞でも通用する馬だろう。

 

<キーンランドカップ レース結果>
1着:△ジュビリーヘッド 6番人気
2着:消ウインマーベル
 2番人気
3着:消ヴァトレニ 3番人気
4着:◎トウシンマカオ 1番人気

外枠有利なレース傾向でちょうど良く馬場バイアスも外伸びに傾いてきて、なおかつ次走注目馬の◎トウシンマカオが絶好枠を引いて外枠にも面白い馬が多数。というわけで勝負度Aで勝負したレースでしたが、考えられうる最悪なレース展開になってしまいました(>_<)

 

レース直前から風の勢いが強まって強烈な向かい風スタートに。スタート直後に向かい風を受けるためにペースが上がらずで、なおかつ逃げ候補だったマウンテンムスメが出遅れ。オパールシャルムが楽に先行するもペースが遅いために一団の馬群になりました。

 

そのオパールシャルムが3コーナー地点から外に突っ張って4頭分くらい空けて走ったために中枠から外枠の馬はほぼ壊滅。

 

4コーナーを回ったこの時点でハズレを確信できるような展開になってしまいましたね。もう少し速いペースで流れて縦長の隊列になればこうはならなかったでしょうし、オパールシャルムがもう少しタイトな競馬をしていればここまで極端な展開にはならなかったでしょうが・・・

結果的にオパールシャルムが外の馬を潰してくれたことで漁夫の利を得たイン突き3頭が上位独占となりました。全く能力が問われないレースになってしまいましたが、ヴェントヴォーチェのルメール騎手はもうスタート直後からこういう展開になるのを見越していたように最内にコースを取っているんですよね。こういう特殊な馬場になるとこちらの想像以上に騎手が考えて乗ってくることをもっと考えなければいけませんね。残念でした。

それにしても先々週の北九州記念も外が伸びる馬場で馬群が外に振れてイン突きで上位独占。先週のキーンランドカップも外が伸びる馬場で馬群が外に振れてイン突きで上位独占。メインレースだけ馬場バイアスと真逆の結果になるというのは競馬の難しさと奥深さを感じます。

 

<新潟2歳ステークス レース結果>
1着:☆キタウイング 4番人気
2着:◎ウインオーディン
 3番人気
3着:▲シーウィザード 2番人気

ここは新潟2歳ステークス史上でも最低レベルの一戦に。オープンレベルにもあったか微妙なところで、実質的に1勝クラスぐらいのレベルだったでしょう。そんな低レベル戦の中では能力上位で適性も枠も良いとみていた馬で上位は独占。これでウインオーディン1着なら三連単も当たって万歳でしたが、この結果では安い配当なので全く評価できませんね。

とにかく低レベル戦なので、これで重賞好走というところだけみて評価はしたくないです。

 

大勝負だったキーンランドカップがああいう結果になってしまい残念な週末ではありましたが、平場のレースの予想がやたらに調子よかったおかげで週末は微プラスで終了。勝負度Aを外したことは申し訳ないですが、なんとか負けずに終えられたのは最低限良かったところです。

そんな平場のレースの中でも最もスカッと綺麗な的中になったのは日曜日の新潟7レースでした。実際にメルマガで配信した内容を紹介します。

↓↓↓

[8/28(日)] 新潟7R サラ3歳上1勝クラス 芝1800m

◎2   サザンナイツ
◯9   ブルーゲート <次走注目馬>
▲8   ポルトヴェッキオ
☆1   サイルーン
△3,4,5,6,7

[馬場]C=標準 [バイアス]外伸び [展開]スロー [レース質]■□□■ [勝負度]F

【レース見解】

新潟芝外回りコースはもう誰が見ても外が伸びる馬場。キャリアの少ない2歳戦や多頭数レースならベタに外枠有利になりそうだが、全馬がある程度力を持っている古馬混合の少頭数なら枠順よりも隊列が鍵になりそう。ここはどう考えてもスローペースが見え見えの展開ですし、前付けできてタフ馬場で速い上がりを出せる馬を狙いたい。

【本命 ◎2 サザンナイツ】

もともと新潟マイルの未勝利をタイムランクBで勝利しており、1勝クラスで通用する下地はあった馬。その後はスランプになるが、芝に戻したここ2戦が普通に優秀な内容。仁王寺特別はスロー戦で最後までしっかり伸びていましたし、前走の湯沢特別はスローペースの逃げがハマったとはいえ後半1000m=58.2で走破時計1:59:1で走れていれば十分に優秀では?

その前走で先着されたスパイダーゴールドはこれから出世していきそうですし、タイム差なしだったリアドは世代上位に評価されているような馬。4着のテラフォーミングも現級のタイムランクA戦で上位争いしているような馬ですし、そんな相手に善戦できていればここでも上位なはず。

スロー見え見えの展開でこのメンバーなら逃げorトーセンクライマーの逃げの番手のポジションは楽に取れそう。母父ガリレオでサドラーズウェルズの血を持っている点も土曜の馬場バイアスから強調できそうですし、今の馬場で前目の位置から速い上がりを繰り出せれば勝ちまであって良さそうだ。

【対抗 ◯9 ブルーゲート】

未勝利勝ちはナナコお得意の逃げる競馬で押し切り勝ち。昇級してしばらくは苦戦が続いていたが、強い相手と戦ってきたことで力をつけたようで、ここ2戦は明らかに以前とは異なるレースぶり。2走前は完全にイン先行有利の馬場で大外一気で33.9の最速上がりで差し込んできましたし、キレないイメージがあった馬が確実に成長していることを証明。前走はなかなか騎乗ミスが目立つことが多い鷲頭騎手がインでどん詰まりで全く追えずでノーカウントで良さそう。

今回はそこから少頭数の新潟外回りで大外枠とこれ以上ない最高の条件が揃ったが、逃げないナナコなんてJRAの騎手の中でも古川奈穂に次ぐくらいに買えないレベルの騎手。本命にはできなかった。

【単穴 ▲8 ポルトヴェッキオ】

父ロードカナロアで母ポルトフィーノ、祖母エアグルーヴの超良血。前走は中央再転入でダートで結果を出したが、この血統背景を見ると芝の方が良さそう。新馬戦では芝で3着に走れていますし、この時の1着馬はバスラットレオンで2着馬が現在3勝クラスのモリノカンナチャンで4着馬が東スポ杯4着のプラチナトレジャー。成長した今なら芝の1勝クラスでも十分にやれそうですし、今の馬場で外枠からじわっと競馬ができそうなのも良い。

【特注 ☆1 サイルーン】

サリエラの新馬戦でタイムランクAで走れていることだけでも1勝クラスでは通用する素材。2戦目は中山コースのロンスパ戦に戸惑った感じだが、3戦目は東京コースに変わって順当勝ち。今回も似たような左回りコースの瞬発戦なら評価していいか。

【△3 シャーマンズケイブ】

未勝利勝ちは中山芝で大外一気で非常に強い競馬。今回はスロー見え見えのレースで後方からになりそうな点がどうかだが、素質的にはやれていいか。

【△4 ライラスター】

日本が世界に誇る超良血だが、これまで見せたパフォーマンスは特別に強いというものでもない。父ロードカナロアで母ハープスターの配合で距離延長+タフ馬場になるのはどうなんだろうか。

【△5 トーセンクライマー】

血統イメージ通りのスタミナタイプ。今回は荒れ馬場でブリンカー着用で若手騎手ならおそらくハナを奪いに行くはず。スロー見え見えの展開を考えても抑えておいていいか。

【△6 グルーヴビート】

近走は3歳馬が繰り出すラスト58秒台のロンスパ勝負で一瞬の決め手が活かせていない印象。4走前は新潟コースでスローから差し込んできていますし、今回は外伸び馬場で外枠からどこまでやれるか。

【△7 セラフィナイト】

素質が高い馬だったがどうも伸び悩んでいる印象。今回は外伸び馬場で外枠からどこまでやれるか。

【推奨買い目】

単勝 2 サザンナイツ

ワイド 2→9,8,1

三連複 2,9→8,1,3,4,5,6,7

【買い目及び予想のポイント】

ここは前走3着ながら完全に舐められている◎サザンナイツで十分にやれるはず。今の馬場で展開向けば普通に勝っちゃっても。相手は強いとわかっている次走注目馬◯ブルーゲートでいいが、溜めて差す馬にナナコ騎乗はさすがに信用しきれない。

<レース結果>
1着:◎サザンナイツ 7番人気
2着:☆サイルーン
 2番人気
3着:◯ブルーゲート 4番人気

ここは馬場バイアスも展開も完璧に見極められてスッキリとした的中でした。本命馬が圧勝してくれたのも良かったですが、対抗のブルーゲートのナナコが不安でしかなかったので、こういう溜めて差すタイプでも3着に持ってきてくれたのは助かりました。

 

このレースが一番綺麗に決まりましたが、それ以外にも先週末は多数の平場レースを当てることができました。ざーーっと最後に簡単に紹介して終わりましょう。

↓↓↓

[8/27(土)] 新潟1R サラ2歳未勝利 芝1600m

◎15 エマヌエーレ
◯8   コンエネルジア

[馬場]C=標準 [バイアス]外伸び [展開]スロー [レース質]□□□■ [勝負度]F

【レース見解】

ここは未勝利を勝ち上がるのに時間がかかりそうな馬が大半の中に素質抜けている2頭が紛れ込んでいる感じ。馬場バイアスも向きそうで素質もまるで違いそうなので2頭の一騎打ちだろう。

【本命 ◎15 エマヌエーレ】

初戦は超スローペースだったとはいえラスト3ハロンが10.9-10.2-10.9という異次元の瞬発戦に。こんなペースを外から上がり31.4の末脚で差し切ったリバティアイランドは今のところこの世代の最上位馬だと思うが、上がり32秒台で走れている上位5頭ぐらいも十分に強い馬だろう。

新潟芝1600mの新馬戦で過去に上がり32.5より速い末脚を記録したのはこれだけしかいませんし、2着だったクラージュシチーとカーボナードは次走で未勝利を圧勝。ラインオブダンスもキャリア3戦目で未勝利を圧勝していますし、どんなにスローペースだったとはいえ上がり32.5を使えるような馬は未勝利では脚力が抜けているんでしょう。

今回はコンエネルジアの方が初戦の内容が派手なので人気しそうですが、今の馬場バイアスで大外枠からスローペースの先行策が打てるこの馬はいかにも恵まれそうですし、十分にコンエネルジアには先着できていいか。

【対抗 ◯8 コンエネルジア】

初戦はスタートで位置を取れなかったが最後は素晴らしい末脚。上がり33.4は掛け値なしに優秀だと思いますし、2着馬フィンガークリックが次走で勝ち上がったことからもレースレベルもまずまず。今回は2戦目で位置取りが改善するでしょうし、ある程度の位置から前走の末脚を使えれば並の馬では敵わないだろう。エマヌエーレが並の馬ではないか次第。

【推奨買い目】

馬連 15→8

馬単 15→8

<レース結果>
1着:◎エマヌエーレ 2番人気
2着:◯コンエネルジア
 1番人気

 

[8/27(土)] 札幌4R サラ3歳未勝利 ダート1700m

◎6   ヤマニンクイッカー

[馬場]C=標準 [バイアス]フラット [展開]ミドル [レース質]■□■□ [勝負度]F

【本命 ◎6 ヤマニンクイッカー】

アメリカ血統のシニスターミニスター産駒らしく積極的に先行するようになってからパフォーマンス上昇。タロファイターの未勝利はハイペースを先行してかなり強い競馬をしていますし、この時にタイム差がなかったワンダフルヘヴンは次走で2着に0.8秒をつけて圧勝。そことの比較で考えてもこの馬は未勝利を勝てるレベルにあると見て間違いない。

ここ2戦の敗因は1枠が痛かった感じで、2走前は1枠から無理矢理に逃げて早々に被される厳しい展開。逆にそれでバテずに最後まで伸びて3着は優秀でしたし、前走は使い詰めで行きっぷり悪く揉まれ込みながらも4着に来たのは能力の証でしょう。

今回は優先出走権のギリギリまで間隔を空けて行きっぷりも戻りそうですし、ここ数戦に比べれば枠並びからしてもスムーズな競馬ができそう。揉まれずに先行できれば一番強い可能性もあっていいと思います。

【推奨買い目】

単複 6 ヤマニンクイッカー

<レース結果>
1着:◎ヤマニンクイッカー 4番人気

 

[8/27(土)] 札幌8R サラ3歳上1勝クラス ダート1700m

◎9   ネイリッカ
◯7   レリジールダモーレ
▲5   メイショウホオズキ
☆12 アレマーナ
△1,4,8,11

[馬場]C=標準 [バイアス]フラット [展開]ミドル [レース質]■□■□ [勝負度]F

【レース見解】

人気馬がそれぞれ不安がありそうな一戦。レリジールダモーレは極端な追い込み脚質ですし、メイショウソウゲツはそもそものダート適性に疑問。メイショウホオズキも本質はサウスポーだと思うので、それら不安のある人気馬と比較して上に立てる馬を買いたい。

【本命 ◎9 ネイリッカ】

母父クロフネの色が強く出ているスタミナ満点の先行馬。スパッとはキレないがじわじわとバテずに伸びる点が特徴で、積極的な競馬を見せた未勝利勝ちはワンサイドゲーム。2走前休み明けが響いて2着に終わったが、前走は内枠からミストルティンと壮絶な競り合いを演じて展開まるで向かない中で4着好走。前走ペースは普通の馬なら最下位に沈んでいるぐらいのものでしたし、あれでバテずに残るんだから単純にこの馬は強いでしょう。

今回は外目の枠を引けたので前走のようなことはなさそうですし、今回は強いミストルティンではなく格上挑戦のタマモペアリングに行かせての2番手からの競馬になりそう。前走と比べて馬からしたら遥かに楽な競馬になると思いますし、こういう先行して渋とさを活かす馬は横山武史騎手が最も得意とするタイプ。早め先頭であっさり押し切るんじゃないだろうか。

【対抗 ◯7 レリジールダモーレ】

ここ2戦は溜める競馬で連続2着。クラス上位にはなってきたが、前走に関しては少頭数でスローペースだったから勝負所で押し上げられた感じもあった。今回は多頭数でペース流れても同じ競馬ができるだろうか。

【単穴 ▲5 メイショウホオズキ】

エンジンのかかりが遅い東京コース巧者。前走は4着とはいえ8頭立てでの4着で、レースぶりを見ても小回りは向かなそうだった。松山騎手ならテンから急かしていきそうだが、今回は頭数が増えてどうなるか。

【特注 ☆12 アレマーナ】

昇級初戦の前走は使い詰めの影響があったか行きっぷりからして最悪。今回は間隔を空けてきた分でどれだけ復調してきているか。

【△1 エアーレジーナ】

毎回最後は差し込んでくる馬。今回も後方からの競馬で末脚がハマるかどうかという感じだろう。

【△4 マヤローザ】

2走前に超高速馬場で速い時計を走ったことで馬が良化している感じ。前走は溜める競馬で前進しましたし、直線で強烈な砂埃を受けていたことを考えればまずまずの内容。抑えておいていい。

【△8 タマモペアリング】

テンのスピードは素晴らしくハナに行ければなかなかの競馬を見せる馬。今回は格上挑戦で距離延長がどうかだが、ハナは切れそうなので抑えておきたい。

【△11 メイショウソウゲツ】

血統背景からしても芝の短距離馬。ダート中距離の指数はさっぱりですし、ここで特に評価する理由があまりない。着順こそ微妙だが、グランブリッジの1勝クラスの直線入り口の手応えは良かったですし、一枚抑えておく分には。

【印まとめ】

【推奨買い目】

馬単 9→7,5,12,1,4,8,11 本線ベース

馬単 9→7,5,12 重ね買い

馬単 9→7 重ね買い

【買い目及び予想のポイント】

ここは力上位に見える◎ネイリッカが横山武史騎乗なら勝ちきると予想します。馬単の頭固定ならそれなりに妙味が出そうなので何とか勝って欲しい。

<レース結果>
1着:◎ネイリッカ 2番人気
2着:☆アレマーナ
 5番人気
3着:◯レリジールダモーレ 1番人気

 

[8/27(土)] 小倉9R ひまわり賞 サラ2歳OP 芝1200m

◎10 ゴーツウキリシマ
◯5   オバケノキンタ
▲16 サツマノオンナ
☆15 セロンテソーロ
△3,11

[馬場]A=高速 [バイアス]外伸び [展開]ハイ [レース質]■□□□ [勝負度]F

【レース見解】

ひまわり賞は出走馬の大半が未勝利馬になることで実力差がはっきりしているレース。それに加えて開催後半で外伸び馬場になる点も重要になりそうで、より外目の枠を引いた強い馬から順に評価したい。

【本命 ◎10 ゴーツウキリシマ】

デビューから2戦の内容は大したことなかったが、3戦目で使われたフェニックス賞が秀逸な内容。一般馬相手のオープンに格上挑戦なんて無謀と見ていたが、序盤で普通にスピードについていけていましたし、最後もそれなりに伸びて1:09:1の時計で走破。今回のメンバーでこれより速い持ち時計はオバケノキンタだけですし、普通に前走内容は評価して良さそう。

なぜ前走で一気にパフォーマンスを上げたかが難しいところだが、成長分にしても溜める競馬が良かったにしてもあれだけの競馬ができればここでも上位。それでいてあんまり人気ないなら面白いか。

【対抗 ◯5 オバケノキンタ】

デビューから2戦は行き足つかずで脚を余していたが、前走で行きっぷりが改善して一気にパフォーマンス上昇。位置さえ取れればこの世代の九州産馬では最上位に見えますし、今回は外伸び馬場で内枠からどう捌くかが鍵に。

【単穴 ▲16 サツマノオンナ】

初戦はスピードを活かしてテイエムユメキュウ以下を子ども扱いして逃げ切り勝ち。その前走指数は微妙なのだが、今回は外伸び馬場で外枠が引けましたし、何よりCWの調教内容が九州産とは思えないぐらい素晴らしい。無難に上位評価でいいか。

【特注 ☆15 セロンテソーロ】

前走はレース慣れと少頭数が向いた感じで差し込んでこれた。今回はほぼフルゲートの17頭立てだと位置を落としそうで、外が伸びる馬場といってもスムーズに競馬ができるだろうか。

【△3 テイエムユメキュウ】

2戦目でスピードを活かす競馬で押し切り勝ち。まずまずの内容だったが、前走にしてもオバケノキンタが位置を取れなかっただけであちらの方が末脚は目立っていた。今回は外伸び馬場の内枠で厳しい競馬になりそう。

【△11 ネオシエル】

あまりテンは速くなさそうだが、この時期の門別競馬で1勝している点は評価できそう。JRAの九州産限定と門別競馬のレベル差はそこまでないと思いますし、芝さえこなせばやれていい。

【△13 コウユーオモイノセ】

あまりキレはないがバテずに伸びるタイプ。今回は外目の絶好枠が引けましたし、スムーズに先行できれば案外やれてもいいか。

【推奨買い目】

三連複 10→5,16→5,16,15,3,11,13 (10,5,16は重ね買い)

<レース結果>
1着:▲サツマノオンナ 1番人気
2着:△テイエムユメキュウ
 3番人気
3着:◎ゴーツウキリシマ 4番人気

 

[8/28(日)] 札幌1R サラ2歳未勝利 芝1500m

◎4   コスモフーレイ
◯3   コパカバーナビーチ
▲8   メーテルコート
☆5   メリオルヴィータ
△2   シュガーベイビー

[馬場]D=やや重い [バイアス]フラット [展開]スロー〜ミドル [レース質]□■□■ [勝負度]F

【レース見解】

立ち回り勝負になりやすい札幌芝1500mだが、この頭数で今のタフ馬場となると立ち回りより体力勝負になりそう。最後までにバテずに追走できてしっかり伸びてこられる馬が有利になるか。

【本命 ◎4 コスモフーレイ】

初戦後のレースコメントで「3コーナーから不利ばかり受けて競馬になりませんでした(丹内祐騎手)」と出ているように、新馬戦は本当に不完全燃焼の競馬。追走も問題なく終始手応え良く進めていたが、3コーナーで前の馬が早々にバテて下がってきて位置を落とすロス。4コーナーで先行馬たちがスパートをかける時にも動けず、しまいには直線でも両側から挟まれてほとんど追えずに終わった。

捌けていてどこまでやれたかは難しいところだが、道中の手応えや最後に前が開いてからの伸びを見てもそこまで弱い馬に見えませんし、今回は調教内容が明らかに良化。この程度のメンバーなら十分にやれて良さそう。

【対抗 ◯3 コパカバーナビーチ】

初戦は芝1000mで脚を余しており、前走は1200mで前進したが追走に忙しかった印象。その前走後に鞍上からも「もう少し距離を伸ばした方がいい」と出ていましたし、モーリス産駒で母系を見てもマイルぐらいまでなら距離は問題なさそう。今回は差し届くんじゃないでしょうか。

【単穴 ▲8 メーテルコート】

前走は前残りのレースで好位からなだれ込むように走った感じ。それでも今回のメンバーで完全タイム差+0.6なら上位だと思いますが、今回は末脚の質が問われた時にそこまで強調できるかは微妙なところ。

【特注 ☆5 メリオルヴィータ】

初戦時に抜群の調教の動きを見せていた馬で、同じG1レーシングのダイワメジャー産駒のセリフォスとの比較も出ていたほど。初戦は超スローの加速ラップに対応できずにもがいて終わったが、レースぶりだけでは素質があるのかはさっぱりわからなかった。2戦目でレース慣れや上がりが掛かってパフォーマンスを上げるかはやってみないとわかりませんが、新馬戦に続いて福永騎手が乗ってくれるという事は素質を買っているのかもしれません。

【△2 シュガーベイビー】

デビューから2戦で見せたスピードは水準レベル。この距離なら楽に先手を奪えるはずで、マイペースで逃げての変わり身が少しはあっても

【推奨買い目】

単勝 4 コスモフーレイ

ワイド 4→3

馬連 4→3,8,5,2 (4→3,8,5は重ね買い)

<レース結果>
1着:◎コスモフーレイ 3番人気
2着:☆メリオルヴィータ
 1番人気

 

[8/28(日)] 小倉7R サラ3歳未勝利 ダート1700m

◎13 ワンダーブレット

[馬場]C=標準 [バイアス]フラット [展開]捲り [レース質]■□■□ [勝負度]F

【レース見解】

有力馬のほとんどが後方からの差しタイプでテンに行けそうな馬がそこまでいない一戦。ラストチャンスだという点やブラックサウザーがいる点を考えても間違いなく途中で捲りが入りそうだが、それでもある程度の位置からスムーズな競馬ができていた馬が有利になりそう。

【本命 ◎13 ワンダーブレット】

初ダートだった5走前のスマートラプターの未勝利がハイペースを3番手追走からタイムランクAの4着。この時の走破時計1:26:5は普通ならば未勝利の勝ち時計でも良いぐらいで、展開向かないながらにこの時計で走れているこの馬は間違いなく強い。

であればなぜまだ勝ち上がれていないのかはスタート不安が大きいから。その後の2戦はどちらもスタートで出遅れて脚を余す競馬になってしまい、ウイングスオブラヴの未勝利はスタートを決めて好位につけたが行儀の良い正攻法でキレ負けした感じ。前走のJRA交流はスタートこそ互角だったが、滑りやすい園田のダートで一歩めで躓いてしまったのが痛かった感じで、それで途中で捲って2着ならまずまずだろう。

ここ2戦を見てもスタート自体は安定してきましたし、今回は距離延長でテンの入りは楽になりそう。父は短距離血統のアジアエクスプレスですが、母フジインザスカイは3勝全てがダート中距離でそのうち2勝が小倉ダート1700mというコース巧者。祖母も中距離馬でしたし、この馬も新馬戦で芝とはいえ1600mで最後まで伸びているので1700mぐらいまでならこなして良さそう。スタート決めて外め好位から競馬ができれば恵まれそうですし、今年まだ勝利のない小牧騎手ですがこれは久々に大チャンスが来たように思います。

【推奨買い目】

単複 13 ワンダーブレット

<レース結果>
2着:◎ワンダーブレット 6番人気

 

たくさん予想が当たって楽しい週末でしたね!

また今週末も頑張りますのでご期待ください(^^)

 

札幌競馬場、小倉競馬場、新潟競馬場のコースガイドを配布する夏休みプレゼント企画ももうすぐ終了。今後しばらくは配布する予定はないので、この機会にぜひ入手してみてください!!

 

  

 

これまで読者様からお問合せをいただいた中で最も多かったのは「競馬場の攻略ガイドや攻略方法をまとめてほしい」というものでした。

確かに一度、各競馬場ごとにまとめてブログに載せるなりテキストを作成するなりしたいなと思っていたので、この機会に「競馬場徹底攻略ガイド」を作成しました!

参考までに新潟芝1000mの解説部分をサンプルでご紹介します。

↓↓↓

こんな感じで各競馬場のポイント、攻略法、狙い方などを詳細に書いております。

これさえあれば夏休みの競馬の攻略はバッチリと言えるぐらいの内容になっておりますので、是非ともこの機会に入手して読み込んでみてください。これを作成するのに7月末からほぼ休みなしでバタバタでしたが、なかなか良いものができたと自画自賛しております(^^)

 

今回は直近の競馬開催で使用される「新潟競馬場」「小倉競馬場」「札幌競馬場」の3場分の徹底攻略ガイドをプレゼント。また秋に中山競馬場や阪神競馬場、東京競馬場あたりが始まった時には、そちらの方も作成してどこかでプレゼントできればと考えております。

今回はお盆休み、夏休み期間のメルマガ読者限定プレゼントでどどんと配布してしまいますが、いずれはデジタル教材として販売する予定でおります。無料で手に入れられるのは基本的には今回のタイミングだけになるかと思いますので、ぜひこの機会に入手していただければと思います。

 

こちらのプレゼント入手方法ですが、、、

8月12日(金)の9時に配信しましたメルマガの中でダウンロード方法を記載してあります

今からメルマガをお読みいただければすぐにGETできますので、ぜひこの機会に入手いただければと思います。

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して6年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2022年も8月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

5月5週のレース回顧〜強烈な東京芝のバイアス&ミルコどうした?〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

6月2週のレース回顧〜東西大荒れのハンデ重賞は夏競馬の始まり〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

12月2週のレース回顧〜楽しい時も悲しい時も競馬と共に〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

4月3週のレース回顧〜GI狭間の週は重賞3戦3勝でいざ天皇賞へ!

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

6月2週のレース回顧〜突然のゲリラ豪雨に驚きました(汗)〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

6月2週のレース回顧〜いよいよ夏競馬開幕!最も暑い競馬シーズンのはじまり〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

8月1週のレース回顧〜ゲリラ豪雨の中の戦いはテルツェットが勝利〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

9月4週のレース回顧〜ここまで天気と馬場予測がハズれたのは初めてかも〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

12月3週のレース回顧〜2年ぶりにJRAの競馬場に行ってきました〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

7月2週のレース回顧〜馬券が外れたことよりも気候変動が心配になった週末〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

秋開催が始まるので「競馬場徹底攻略ガイド」のプレゼント企画をやります!

さて、気づいたら2022年もあと4ヶ月で秋競馬が今週末から始まります。

レディスプレリュード2022の予想を公開!

レディスプレリュード2022(大井ダート1800m)の予想です。

【サウジアラビアロイヤルカップ2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

サウジアラビアロイヤルカップ2022(東京芝1600m)の考察です。

【毎日王冠2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

毎日王冠2022(東京芝1800m)の考察です。 10月9日に東

東京盃2022の予想を公開!

東京盃2022(大井ダート1200m)の予想です。 10月5日に

白山大賞典2022の予想を公開!

白山大賞典2022(金沢ダート2100m)の予想です。 10月4

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑