*

11月3週のレース回顧〜素直に完敗、全く見当もしない結果に終わったエリザベス

公開日: : レース回顧

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないので、2020年はサクッと短時間で書けるぐらいの量で回顧を続けていければと思います(メルマガでは通常営業でボリュームある回顧を書きます)

 




 

さて、週末の中央競馬、お疲れ様でした。

あまりにも最近、息をつく暇がなかったので、先週は少しばかり休暇を取ろうということで弾丸で南の島に行ってきました。

関東とは違って半袖短パンで過ごせる南国は良いですね。お魚も美味しかったし、だいぶエネルギーを補填して良いバカンスになりました。

束の間の休息を経て、先週末も怒涛の4重賞開催・・・もう正直なところ、4つの重賞の予想だけでアップアップだったのは確かですが、なんとか平場の予想もやり抜きましたがあんまり良い結果は出ず(>_<)

当たった時も外れた時も自分なりに全力で予想をしている分、結果が出なかった時はどっぷりと疲れるものですね。金土とほとんど寝ていなかったのもありますが、月曜の昼過ぎまで死んだように寝ていて、ようやくこうしてパソコンを開いてレース回顧を書いている次第です。

 

良い意味でも悪い意味でも、予想結果の改竄も的中の誇大発表もしていないので、ハズれる時はハズれます。ちょっと悪い流れになってきているかなぁ・・・という感じもするので、道に落ちているゴミはしっかりと拾って、神社にでも行って流れを取り戻したいところであります。

ただ、まぁそんなあまり良い結果が出ていない時でも回顧はちゃんとやる、というのがウチのブログの良いところな気がします(個人的に、ですが)同じハズレでもこういう思考プロセスのもとでこうハズレたよ!というのがわかった方がいい気がしますしね。

そんなわけで、これからも2021年もそれ以降も、当たった時もハズれた時もちゃんと回顧は続けていこうと思います。

 

さて、競馬のお話に移りましょう。

まずは恒例の先週末の競馬の中で次走に注目したい馬のブログ版。これのフルボリュームverをメルマガでは毎週配信しておりますので、ご興味ある方は読んでみてください。

今週はデイリー杯2歳ステークスよりこの馬をピックアップ。

その馬名はブログランキングの先でご覧ください。

↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

<推奨根拠>

「ちょっと流石に無謀なローテーションだろ・・・」と思うようなレース選択ばかりだったんですが、やっぱり馬というのは強い相手と戦うことで力をつけていくんだなぁ・・・というのをこちらが思い知らされている感じ。あんまり常識で考えすぎない方がいいこともありますよね。

正直、今回の相手にここまでやれるとは思っておりませんでした。ベスト条件は上がりがある程度かかる1400mぐらいだと思うので、そういう条件の自己条件、オープンならすぐにでも通用するはず。

 

<エリザベス女王杯 レース結果>
1着:△ラッキーライラック 1番人気
2着:無印サラキア 5番人気
3着:△ラヴズオンリーユー 3番人気
6着:◎ソフトフルート 6番人気

おそらく誰一人考えていなかっただろうノームコアの単騎逃げ。しかもそのノームコア の逃げに誰一人ついて行かずに2番手以下は離されてのスローペース。4コーナー部分では馬群が凝縮して一団の競馬になり、最後は高速馬場でどれだけキレる脚が使えるかという徒競走になってラッキーライラックが勝利しました。

もうリアルタイムで見ていて、直線のレース映像を見ていて「阪神芝2200m感が一切しない」と思いましたが、まぁそれだけスローペースで末脚のキレだけが問われたということでしょうね。

溜めればキレることを去年のエリザベス女王杯で証明していたラッキーライラックに、ディープインパクト産駒の2頭でのワンツースリーですから、もうスローペースになっての極限のキレ勝負になると予想できた人が当たった感じでしょう。私はそんな結果を微塵も想像していなかったので、このレースに関してはハズれて当然です。多分100回予想しても100回外れていたと思いますし、それでいて馬連2,000円と三連複4,000円の配当なら諦めていいレースだったかなと思います。

来年も阪神競馬場での開催となるエリザベス女王杯ですが、今年の結果を受けてキレる瞬発型が有利と思われるなら面白いレースになるかもしれませんね。

 

<福島記念 レース結果>
1着:◎バイオスパーク 2番人気
2着:△ヴァンケドミンゴ 1番人気
3着:△テリトーリアル 5番人気

ここは◎バイオスパークはまず好勝負になると見ていましたが、相手として推した馬が1頭も来ずでの人気決着に。まぁ競馬というのは上位人気の馬の騎手がどれも完璧な騎乗をしてしまうと穴は開かない、という典型例のようなレースでしたね。

もう本命のバイオスパークの池添騎手はこれでJRA全場重賞制覇ということで、それにふさわしい騎乗で拍手を送りたいところですが、個人的に対抗に推していた◯ロードクエストの西村騎手の騎乗は正直どうなんでしょうかねぇ・・・これは本命に推していた人はかなり怒っていたような感じがします。

一応は福島開催のリーディングを獲得したので素直に称賛はしたいのですが、どうもこの騎手は異常なほどの積極性が売りで、それがローカル競馬場だと芝ダート問わずによくハマって活躍できている印象。こういうタイプの騎手は減量が取れてしまうとさっぱりになりがちなので、だからこそロードクエストのような馬でちゃんと乗れるようになることが大事だと思ったんですがねぇ・・・

西村騎手や藤田菜七子騎手は短距離戦でスピードを活かして欲しい時や、ダート1700mで前に行ってこその馬の時には特徴が活きると見て本命を打ちますが、一方で溜めて末脚を活かして欲しい馬に乗る時には一気に評価を下げてしまいます。実際にレース映像を見てもバタバタして何もできないことが多いですしねぇ・・・先週の福島芝での柴田善臣騎手の芸術的な差し足の引き出し方を見ていると、リーディングになったとはいえ西村騎手にはもうちょっと頑張って欲しいな、というのが個人的な見解です。

 

<デイリー杯2歳ステークス レース結果>
1着:◎レッドベルオーブ 1番人気
2着:☆ホウオウアマゾン 2番人気
3着:△スーパーホープ 4番人気
4着:◯シティレインボー 6番人気

ここはもう人気でも◎レッドベルオーブが堅いと見ていて、その分で妙味はほぼなしと見て勝負度Eであんまり馬券も買いませんでした。そんなわけで本命馬が勝利はしましたが、対抗の◯シティレインボーが2、3着に来た時の三連単しか買っていなかったのでハズレ。

 

<武蔵野S レース結果>
1着:◯サンライズノヴァ 3番人気
2着:△ソリストサンダー 11番人気
3着:△エアスピネル 8番人気
4着:◎ワンダーリーデル 5番人気

ここは予想プロセスもほぼ完璧で、モズアスコット軽視でヒモ評価にした上に穴評価していたソリストサンダーも突っ込んできて、直線半ばではもらった!と思ったんですが、ちょっとワンダーリーデルが捌くのに手間取った分で差し届かなかったですね(>_<)

こういうのが一発当たっていると全く別のテンションでの回顧になるのですが、まぁ競馬において4着でハズレなんて腐る程あるので仕方がないところです。それにハナ差やクビ差なら運の問題として片付けるところですが、これはワンダーリーデルが詰まったとはいえエアスピネルが最後まで伸びていてそれなりに差もありましたね。これはエアスピネルとワンダーリーデルの能力差を評価しきれなかった完敗ということでしょう!本命◎エアスピネルで大的中をあげられていた「TAROの競馬」さんを素直に祝福したいレースです。私も負けずに頑張らなくては!

 

さて、10月は絶好調だったのですが、11月に入ってから調子があんまり良くなく、ここ2週は万馬券も1回もなかったような感じで、自分でも情けない結果に(>_<)!!

重賞がいっぱいあって、てんやわんやでヘトヘトだったという部分もありますがそんなものは言い訳!先ほどのTAROの競馬さんもそうですし、当たっている人は当たっています。下を見ずに上を見て今週末からも予想を頑張ってまいります。

まぁでも、ちょくちょく不調期間があるっていうのは悪いことじゃないとは思うんですよね。競馬予想においても普通の生活においても、日々学び続けることや謙虚さは大事ということです。そんな感じで謙虚さは大事に、3日間開催はぶちかましてやるぞー!という気持ちでやっていきたいと思います。

ただ、今は気持ち的にも体力的にもヘトヘトなので、これを書いたらサウナに行って体力回復してから、色々と作業や仕事を進めて行こうと思います(先週あまりにも疲れたので久々にサウナに行ったら疲労回復感が凄まじかったので完全に味をしめました)

 

というわけで、2週ほど大した的中がなかったので、周期的にもそろそろ大きいのが当たるはずです。

当たった時もハズれた時も包み隠さずに(そりゃ当たった時は当たり前だろという話ですが)回顧をお届けするようなスタンスでお送りしていますので、よければ末長くご贔屓いただけると幸いです。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2020年も11月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

10月4週のレース回顧〜世紀の決戦を見に東京競馬場に行ってきました〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

4月1週のレース回顧〜どうか次の週末も競馬がありますように(祈)〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

11月2週のレース回顧〜4重賞とも予想プロセスは良かったが詰めが甘く・・・

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

6月3週のレース回顧〜衝撃の156頭除外によるカオスな開催に〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

7月2週のレース回顧〜函館記念の大本線含む日曜メイン全勝の素晴らしき日〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

8月1週のレース回顧〜猛暑の8月競馬はじまる〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

4月2週のレース回顧〜超ハイレベル疑惑の皐月賞

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

11月3週のレース回顧〜外人騎手の凄さと日本人騎手の意地と

さて今月からブログの方できちんとレース回顧を書いています。 重賞レースの簡単な回顧(詳細回顧は

記事を読む

6月4週のレース回顧〜突然の雨と馬場変化、これぞ我が心にかなはぬもの〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

2月3週のレース回顧〜話題に事欠かなかった2019年初GI

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

京阪杯2020の予想を公開!

京阪杯2020(阪神芝1200m)の予想です。 11月29日に阪

ジャパンカップ2020の予想を公開!

ジャパンカップ2020(東京芝2400m)の予想です。 11月2

京都2歳ステークス2020の予想を公開!

京都2歳ステークス2020(阪神芝2000m)の予想です。 11

【ジャパンカップ2020の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

ジャパンカップ2020(東京芝2400m)の考察です。 11月2

【京都2歳ステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京都2歳ステークス2020(阪神芝2000m)の考察です。 11

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑