*

11月4週のレース回顧〜ルメールとデムーロの差をまざまざと感じる結果に・・

公開日: : レース回顧

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないので、2020年はサクッと短時間で書けるぐらいの量で回顧を続けていければと思います(メルマガでは通常営業でボリュームある回顧を書きます)

 




 

さて、週末の中央競馬、お疲れ様でした。

サクッと回顧を書いて、平場の回顧と来週の予想に移りたいので今日は簡単にササっと書いてしまいます。

 

まずは恒例の先週末の競馬の中で次走に注目したい馬のブログ版。これのフルボリュームverをメルマガでは毎週配信しておりますので、ご興味ある方は読んでみてください。

今週はマイルチャンピオンシップよりこの馬をピックアップ。

その馬名はブログランキングの先でご覧ください。

↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

<推奨根拠>

まぁ単純に鞍上の騎乗ミスが全てですよね。逆にあの競馬でよくここまで来たなと・・・今後どこを使うかですが、大阪杯あたりは有力な存在になるんじゃないでしょうか。

 

<マイルチャンピオンシップ レース結果>
1着:◯グランアレグリア 1番人気
2着:☆インディチャンプ 3番人気
3着:△アドマイヤマーズ 5番人気
10着:◎サウンドキアラ 7番人気

ここはもう上位人気馬が化け物級なのでガチガチ決着必至と見てその通りの結果に。馬券を買うべきレースではないと見て勝負度低めで◎サウンドキアラの一角崩しに期待しましたが、もう旬は過ぎていましたね。

デムーロがサリオスにちゃんと乗っていれば2、3着もサリオスで間違いなかったでしょうし、まぁこういう阪神マイルのような実力が出やすい舞台で怪物級が揃っちゃうようなレースはなかなか手を出すべきじゃないということでしょうか。

うーーーん、週明けのnetkeibaのコラムや共同記者会見でサリオスに乗れることを非常に楽しみにしていたデムーロさん。最近調子が悪いのは明らかですが、非常に憎めないお人なので久々に強い馬に乗ってGI制覇、というのを見たかったんですが、ちょっとこの騎乗ではルメールに馬が集まるのも仕方がないかなと。

なんだか最近は「出遅れ」「変なところで捲る」「早々に諦める」の3パターンの印象が強すぎてほとんど買えないジョッキーになってしまったデムーロさん。東京競馬場で現地でエイシンフラッシュの勝利と例のポーズを見て大感動しましたし、2年ほど前にデムーロしかGIを勝たなかった時期は「つまんねー」と思ってはいましたが、逆にここまでデムーロがGIを勝たないと面白くありません!

近いうちに陽気なイタリアンスマイルをGI勝利インタビューで見せて欲しいものです。

 

それにしてもグランアレグリアという馬はこれまた化け物ですね。どうやら来年は中距離路線に行く可能性があるとのことですから、ジャパンカップでアーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの対決を楽しんだ後は、来年は3冠馬2頭とグランアレグリアが戦うのを見たいですね!

 

<東スポ杯2歳S レース結果>
1着:☆ダノンザキッド 1番人気
2着:×タイトルホルダー 5番人気
3着:◯ジュンブルースカイ 3番人気
7着:◎モリノカンナチャン 8番人気

ここはモリノカンナチャンで足りると見たんですが、牡馬の壁は厚かったですね。若干不安視していたダノンザキッドにあっさり勝たれてしまっては見た手違いもいいところです。

ただ、ダノンザキッドをそのまま新馬戦のパフォーマンスを信頼して買えたかというと難しいところで、それはメルマガでも書いた通りで安田厩舎のこの成績を見ればなかなか信頼はできないところ。

<安田隆行厩舎の1200m〜1600mの芝重賞通算成績>

<安田隆行厩舎の1700m以上の芝重賞通算成績>

マイルまでの距離で重賞を31勝しておきながら、1700m以上の距離でたったの2勝ですよ??

しかも勝率2.1%で単勝回収率6円なんて、一流厩舎でなかなか見たことがない数字です。それだけこの厩舎は短距離に成績が偏っているということ。

このダノンザキッドという馬も、距離適性を短めにしたヴェロックスという感じのイメージの馬で、1800mぐらいがギリギリという印象。今後クラシックを目指してもっと長い距離を使っていくんでしょうが、果たして安田厩舎がクラシックホースを育て上げられるのかは注目です。

 

もう何度も書いている通りで最近はスランプ気味。3日間開催も目ぼしい大きな当たりはほとんどなく、大変申し訳ない結果となりました。

 

三日間競馬のハイライトはもう東京メインレースの霜月ステークスで完全にやらかしてしまったことでしょう・・・

<霜月ステークス レース結果>
1着:◎ヘリオス 9番人気
2着:◯メイショウテンスイ 1番人気
3着:無印テイエムサウスダン 13番人気
4着:△ブルベアイリーデ 4番人気

わりかし自信の本命だった◎ヘリオスから大本線の◯メイショウテンスイが来て痛恨の3着抜け・・・三連複の配当が5万円ですか(>_<)

これがテイエムサウスダンを全く見向きもしていなかったら後悔も何もないのですが、この馬は今回のメンバーで唯一出走していた次走注目馬。強いのはわかっていたのですが、スズカコーズラインがハナを奪えばインで揉まれて終わると決めつけて消したところ行き足ついて逃げられるという・・・もう最近続いている詰めの甘さをそのまま表したような結果です。本命と対抗だけ当たっても競馬はダメなのです。ヒモ全てまでを芸術として考えたいところ。

 

まぁこれ以外にも流れが悪い時にはとことん悪いという感じで、出遅れ、ヒモ抜け、4着病などなど、全てのはずし方をコンプリートしたような感じで、もう諦めの境地にいたような感じでしたが、月曜日の阪神最終レースを見てなんだかホッとしました。

次走注目馬の◎フリークアウトと◯スワーヴドンのどちらを本命にするか迷って、坂井騎手が前走同様に早めに仕掛ける可能性あるしな・・・と思ってフリークアウトを選択。

その結果、直線で前が詰まって追い出しが遅れて、もう今週の絶不調の流れを最後にそのまま表したようなハナ差負けで凄まじい疲労感とともに終わる・・・かと思ったら、まさかの3着が3頭同着ですか(汗)

なんだか2012年にもあったようなんですが正直覚えていません。同着になったことで配当は安くなるので、買った分がそのまま戻ってきただけで儲かったとかではないのですが、ここまで流れが悪かったので最後の最後にちょびっとだけ運が戻ってきたようでなんだか嬉しかったのです。

 

6月頃から比較的ずっと調子が良かったので、ここまで当たらないというのも久々。ずっとお付き合い頂いている方は「いい時もあれば悪い時もある」という温かい言葉をかけていただけますが、11月から見ている人にとっては悪い時しかないわけで、そんな甘っちょろいことを言っていてはいけないのです!

というわけで「終わってみれば11月も悪くなかったよね」という言葉を発することができるためにも、サクッとこの回顧記事を終わらせて、3日間開催の回顧を終わらせたら、もうジャパンカップ週の予想に入りたいと思います。

 

と、そんな感じで馬券の調子は非常によろしくないのですが、いよいよジャパンカップ ですよ皆さん。

残念ながらサートゥルナーリアは直前回避となってしまったようですが、もうこんな天下一武道会みたいなレースは死ぬまで訪れないんじゃないでしょうか。もちろん当てたいところではありますが、そんな皆さんの抑えきれないテンションをさらに高揚させるためにも、今日か明日の早いうちにジャパンカップの考察記事を書こうと思います。

というわけで、ジャパンカップを楽しみましょう!!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2020年も11月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

11月4週のレース回顧〜予想は的中しても競馬に絶対はないということ〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

6月1週のレース回顧〜不利はある程度予測できたか??〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

5月2週のレース回顧〜地盤沈下著しい古馬オープン重賞路線〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

1月1-2週のレース回顧〜新年初っ端の怒涛の競馬開催お疲れ様でした〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

2月3週のレース回顧〜雨と展開は読むのが至難〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

6月2週のレース回顧〜突然のゲリラ豪雨に驚きました(汗)〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

2月4週のレース回顧〜競馬の世界の別れの週

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

2月4週のレース回顧〜競馬は難しく、だからこそ奥深い〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

2月1週のレース回顧〜ダブル本命の三連複フォーメーションは割とアリかも?〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

9月4週のレース回顧〜ここまで天気と馬場予測がハズれたのは初めてかも〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

CBC賞2022の予想を公開!

CBC賞2022(小倉芝1200m)の予想です。 7月3日に小倉

ラジオNIKKEI賞2022の予想を公開!

ラジオNIKKEI賞2022(福島芝1800m)の予想です。 7

TUF賞2022の予想を公開!

TUF賞2022(福島芝1200m)の予想です。 7月2日に福島

芝ダート共に上半期のグランプリは晩成タイプが成長を見せて頂点に!〜今こそ見つめ直したい競馬の基本〜

先週行われた宝塚記念は2番人気のタイトルホルダーが勝利。1番人気のエフ

【CBC賞2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

CBC賞2022(小倉芝1200m)の考察です。 7月3日に小倉

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑