*

【2016】クイーンC / レース考察(東京芝1600mで行われるGIII戦を徹底考察します)

公開日: : 最終更新日:2016/02/10 重賞レース考察・予想

今日は2/13(土)に行われるクイーンCのレース考察を行います。東京芝1600mで行われるGIII戦です。その前に余談を少し。

 

昨日改めて確認して気づいたんですが、1/9〜10週以外、今年は全部競馬場に行っているということに気づきました。。。なんだかんだ誘われることが多くてホイホイ行ってしまっているんですね。

今週末も東京競馬場に行くことになりましたし、来週もフェブラリーSだからおそらく行くでしょう。中山記念週でようやく記録が途切れることになりそうですが、ちょっと行き過ぎな気もします。

私の場合、行ってもノートパソコンでPATで馬券を買うので、特に券売機で買う感覚を味わうわけでもなく。ただひたすらにiPadでグリーンチャンネルウェブを映して他場の中継も見ながら馬券を打っている感じです。

もう少し暖かくなってくれば毎週行きたいんですけどねぇ。早く春が来て欲しいです。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

過去5年のレース傾向

スクリーンショット 2016-02-09 12.00.38

枠順による偏りはないが、毎年そこまでペースが早くない割には上がり3ハロンが早い馬が上位を占める傾向。昨年なんてまさにそんなレースだった。

1週前の東京新聞杯も同じ東京芝1600mという舞台ながら、あちらが完全内枠有利の立ち回り勝負になりやすいのに対して、このレースはなぜそこまで枠順の有利不利がないレースになるのか。

仮説なのだが、3歳牝馬にとって東京芝コースでの重賞は相当厳しいレースだからそうなりがちと言えるかもしれない。

一番の例がオークスなのだが、あの週の東京の芝は極端に内伸び傾向になりやすく、オークスの一つ前のレースくらいまでは内枠しか来ないようなレースが続く。ただ、オークスになると今までの傾向なんて関係なく外からビュンビュン伸びてくるレースになりがち。

3歳牝馬という繊細で、かつまだ体力が尽ききっていない若駒にとって、直線が長くて坂のある東京コースで行われる重賞はとても厳しい舞台。そうなると内枠で上手く立ち回れるかとかではなく「純粋に東京コースで走れる能力、基礎体力があるかどうか」が問われる傾向にあるんじゃないかと見ている。

 

血統傾向

スクリーンショット 2016-02-09 12.08.51

過去5年は例外なく3着馬は父か母父にサンデーサイレンス系を保持。直線が長い東京コースではサンデー系の切れ味なくしては上位好走は不可能。

今年でいうと、明らかに立ち回りで勝負したいタイプのビービーバーレルが父も母父もサンデーサイレンスを持っていない。どれくらい人気するかだが、前走重賞覇者だけにそこそこの人気にはなるだろう。この馬はバッサリ行って良さそうな気がする。

 

レースラップ傾向

スクリーンショット 2016-02-09 12.04.11

3歳牝馬のレースということで極端にペースは早くはなりません。ただ、東京コースは3歳牝馬にとっては厳しい舞台というのは前述した通り。どんなに遅いペースでもきっちりとラスト1ハロンは時計がガクッとかかります。

東京コースを走れる基礎体力を持った馬で、スローペースからのギアチェンジ戦に対応でき、かつ最後にガクッとラップが落ちたところで最後まで伸びれる馬が狙い目と言えるんじゃないでしょうか。

まぁつまりは「強い差し馬」を買えばいいレースだと思います。

 

レース傾向まとめ

今日のところはこの辺りにしておきます。出走メンバーはこんな感じ。

スクリーンショット 2016-02-09 12.23.20

まず注目はメジャーエンブレムがどれくらいオッズを被るかってところでしょう。

個人的には単勝1.5倍くらいかな、と見ています。勝ち切るかは正直微妙ですが、基礎体力は現時点では抜けている感じがするので、間違いなく馬券には絡むでしょう。

本当はサプルマインドが今回人気落としそうで狙い目かなぁと思ったんですが、鞍上ミルコ・デムーロとなると2番人気は確実でしょう。今回「穴ならココ!」と言っているところ結構ありますが、断言しますが間違いなく過剰人気します。

3番人気が良血馬ルフォールになるんでしょうが、この馬自分はPOG指名なので思い入れはあるとはいえ、初戦の内容は大したことないんですよね。2戦目で一変する気もあまりしませんし、もともとこの血統はダートだとも思います。

次に4番人気にペルソナリテが来る感じでしょうかね。今の玄人ファン層はビービーバーレルを人気にはしてくれないはずなので、ここを切る妙味はそこまで生まれないかも。

 

 

今回一番穴っぽいのはこの馬でしょうか?

その馬の名はブログランキングで公開中

 

まぁ相変わらず騎手は不安なんですが、前走は全く競馬になっていませんでしたし、東京替わりもこの馬と騎手にとっては良いはず。基礎体力は3歳牝馬でも上位のものありそうですし、メジャーエンブレムに敵う気は1ミリもしませんが、2、3着ならあっていい気がします。

ここは正直、サプルマインドとペルソナリテのオッズがどれくらいつくのを見てから予想を組み立てたい感じ。朝日杯のリオンディーズ的なオッズでサプルマインドが買えるならそこから入って逆転を狙うでもいい気はします。

 

関連記事

【2016】CBC賞 / レース考察(中京芝1200mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は7/3(日)に行われるCBC賞のレース考察を行います。中京芝1200mで行われるGIII戦です

記事を読む

【武蔵野S2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

武蔵野ステークス2017(東京ダート1600m)の考察です。 11月11日に東京競馬場で開催さ

記事を読む

【2016】阪急杯 / 有力馬考察(ミッキーアイル、レッツゴードンキなどの徹底分析)

今日は2/28(日)に行われる阪急杯のレース考察を行います。阪神芝1400mで行われるGII戦です。

記事を読む

新潟記念2018の予想を公開!

新潟記念2018(新潟芝2000m)の予想です。 9月2日に新潟競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

根岸S [2] 圧倒的に差し馬有利のレース

仕事の合間に新宿バルト9でPSYCHO-PASS劇場版を鑑賞。若者の文化も取り込まないと精神が老化し

記事を読む

スワンステークス2019の予想を公開!

スワンステークス2019(京都芝1400m)の予想です。 10月26日に京都競馬場で開催され発

記事を読む

【京王杯スプリングカップ2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京王杯スプリングカップ2020(東京芝1400m)の考察です。 5月16日に東京競馬場で開催さ

記事を読む

ラジオNIKKEI賞2019の予想を公開!

ラジオNIKKEI賞2019(福島芝1800m)の予想です。 6月30日に福島競馬場で開催され

記事を読む

【2016】シルクロードS / レース考察(京都芝1200mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は1/31(日)に行われるシルクロードステークスのレース考察を行います。京都芝1200mで行われ

記事を読む

キーンランドカップ2020の予想を公開!

キーンランドカップ2020(札幌芝1200m)の予想です。 8月30日に札幌競馬場で開催され発

記事を読む

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑