*

【2016】AJCCの予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

みなさんアメリカジョッキークラブカップの予想は決まりましたか?

まだの方は是非プロ予想家4人の買い目を無料で体感してみてください。

このプロ予想家4人の無料予想だけで、

・2015年 1439万円
・2014年 1470万円
・2013年 1222万円

この払戻しを手にする事ができました。

 

今年に入っても

・京都金杯 ◎テイエムテイホーで複勝1020円的中
・中山金杯 印上位3頭が1〜3着となり的中
・日経新春杯  3連単 6550円的中

と無料予想で的中を積み重ねています。

その無料予想も1週間でわずか2レースのみの公開ですから素晴らしいですよね。

しかもそのプロ予想家の多くはマスコミやテレビで活躍している予想家が多いので、本当に身を削った真剣な予想を見ることができます。


現在はアメリカジョッキークラブカップの無料予想が公開
されています
↓  ↓  ↓  ↓

プロ予想家4人のアメリカジョッキークラブカップの無料予想(買い目と詳しい解説付き)を見てみてください!


アメリカジョッキークラブカップの買い目を今すぐ無料で見る!

※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了させてくださ
い。

登録後、「馬スピ特報 」というコーナーをご覧ください。

 

AJCC 予想

さて、アメリカジョッキークラブカップの予想へ。

今日は平場があんまり買いたくない分、重賞はなんとか当てたいところ。重賞当てる方が派手ですしね!

 

AJCCのポイントは中山芝外回りコースを使う2200mだということ。

現代競馬って重賞でも、6〜7割のレースが「スローペースでスパッと伸びる馬」が活躍できる舞台な訳です。

ただ、AJCCの行われる中山芝2200mというのは「じわっと伸びる馬」が活躍できる舞台。現代競馬でも珍しいくらいに立ち回り力を問われないレースになりやすいです。

先週の日経新春杯が明け4歳馬の成績が圧倒的なのは、典型的なスパッと伸びる馬の得意なレースだから。対してこのレースは高齢馬がバンバン走っているように、ギアチェンジ力は問われずにとにかくバテずにじわっと伸びる馬が走ってきます。

そういう適正ある馬が多く出てくるので、ある程度ミドルペースの流れでいっても前の馬もバテません。スローペースでスパッと伸びる競馬になれている差し馬は来れないレースと言っていいでしょう。

もう今回は人気しているサトノラーゼンとディサイファの2頭が完全な立ち回りタイプ。レースの質とは真逆のタイプなので、今回はここは買いたくないところ。

ある程度流れるレースにもなりそうなので、ライズトゥフェイムあたりの差し馬を買おうかとも迷ったんですが、現代競馬ではペースに迷ったらスロー寄りを取る。差し馬よりは先行馬、と思った方が良さそうなので「じわっと伸びる先行馬」を買いたいと思います。

というわけで予想の発表。

 

 

本命は◎スズカデヴィアスにしました。

先週のケルフロイデの京成杯2着を見てもわかるように、改修後の中山芝コースはキングマンボの血を持っている馬は能力を大きく飛び越えて好走するバイアスがあります。中山金杯ではヤマカツエース、フェアリーSでもダイワダッチェスが馬券に絡んでいますし、今回も何かしらのキングマンボが馬券に絡むでしょう。

このスズカデヴィアスはとにかく前へ行って渋といタイプ。あんまりスピードに秀でたタイプではないので、1800m〜2000mではスピード負けすると思いますが、特殊距離と言える2200mは恐らくベスト舞台。2200m条件では(2-1-0-1)と抜群の成績を収めています。

外枠に入ったのはネックですが、今回は徹底先行宣言をしていますし、マイネルフロストは前回行く馬がいなかったから行っただけ。まず単騎で逃げられるでしょうし、そうなればこのレースではこういうタイプの馬はバテないと思います。

 

対抗は◯マイネルフロストにしました。

こんなに売れてないならこの馬本命にしてもいいくらい。前走はスローペースで展開に恵まれた、というフロック視されてるところが人気がない要因なんでしょうが、前走は溜めすぎてキレ負けの感じもあり、4コーナーでもっと引き離す逃げを打っていれば勝っていたと思います。

とにかくキレずバテずというタイプの馬で、中山芝2200mの舞台は恐らくベストに近い条件。逃げるスズカデヴィアスの二番手くらいから長く良い脚を使って、じわーーっと好走してくるんじゃないかと見ています。

 

三番手は▲ヤマニンボワラクテにしました。

初重賞挑戦の上がり馬で、ちょっと人気しすぎな感じはありますが、いま絶好調のキングカメハメハ産駒で先行馬でスタミナ十分となると軽視はできません。

スタートはそこまでいいタイプの馬ではないんですが、伝えるのが難しいですが「オラオラ系」の馬で、あんまり上手く脚を溜めなくても最後までしっかり伸びてくる馬。無理な競馬ができる馬なので、こういう長く良い脚が求められるAJCCの舞台は合うでしょう。フロストと同じく2、3番手から粘り込みを。

 

四番手として☆ライズトゥフェイムに期待します。

基本的には前残り想定で考えているのですが、現代競馬は一頭こういう大外ブン回しタイプが突っ込んでくる傾向。恐らく中団で立ち回り勝負をするサトノラーゼンやディサイファに向くレースにはならないはずなので、そうなれば前で残る馬か、この馬のように外をぶん回して一頭だけ伸びてくるタイプの馬を重視したいです。前走を見ても中山コースならもう重賞で通用するレベルにあるので、ここは素直に評価したほうがいいでしょう。

 

サトノラーゼンとディサイファは切りました。全く合わない条件でしょうし、それでいて人気するんであれば買う理由がありません。バッサリ行きます。

 

ショウナンバッハも切りました。確かにライズトゥフェイムと同じ、大外ブン回しタイプではあるんですが、この馬は馬格がない。AJCCは典型的な馬体が大きい馬しかこない消耗戦になりがちで、馬体重480kgを切る馬の成績は一気に落ちます。変な人気もしていますし、ここはバッサリ行ってみます。

 

スーパームーンも最初は相手に入れていましたがバッサリ切りました。こんな人気する馬じゃありませんし、重賞できっちりとパフォーマンスを落とすタイプ。恐らく雪予報での重馬場想定とルメール騎乗で売れているんでしょうが、天候は普通に晴れていますし能力的に厳しいでしょう。過剰人気なのでバッサリいきます。

 

印まとめ

◎スズカデヴィアス
◯マイネルフロスト
▲ヤマニンボワラクテ
☆ライズトゥフェイム
△1(ブログランキング内で公開!)
△2フラガラッハ
△3ステラウインド

 

関連記事

京都記念の予想を公開!

なんだかハープスターとキズナを本命にしてはいけない、みたいな雰囲気出ていますよね、京都記念。私は今回

記事を読む

新潟2歳ステークス2017の予想を公開!

新潟2歳ステークス2017(新潟芝1600m)の予想です。 8月27日に新潟競馬場で開催され発

記事を読む

【2016】北九州記念 / レース考察(小倉芝1200mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は8/21(日)に行われる北九州記念のレース考察を行います。小倉芝1200mで行われるGIII戦

記事を読む

京都大賞典2019の予想を公開!

京都新聞杯2019(京都芝2400m)の予想です。 10月6日に京都競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

カペラステークス2019の予想を公開!

カペラステークス2019(中山ダート1200m)の予想です。 12月8日に中山競馬場で開催され

記事を読む

目黒記念の予想を公開!

目黒記念 印 ◎レコンダイト ◯ファタモルガーナ ▲メイショウカドマツ ☆ヒットザター

記事を読む

【2016】京成杯の予想を公開!

馬券が爆発する瞬間 ドォーン!バァーン!! そんな利益の破裂音が聞こえてきそうな

記事を読む

【2016】きさらぎ賞の予想を公開!

【東スポ看板記者の予想はやっぱりすごかったです!】 東スポにて看板記者として活躍している虎石晃

記事を読む

【クイーンカップ2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

クイーンカップ2018(東京芝1600m)の考察です。 2月12日に東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

【中日新聞杯2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

中日新聞杯2019(中京芝2000m)の考察です。 12月7日に中京競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

プロキオンステークス2020の予想を公開!

プロキオンステークス2020(阪神ダート1400m)の考察です。

七夕賞2020の予想を公開!

七夕賞2020(福島芝2000m)の予想です。 7月12日に福島

五稜郭ステークス2020の予想を公開!

五稜郭ステークス2020(函館芝2000m)の考察です。 7月1

夏競馬において予想に重要なファクターは「馬場読み」だ

本当は朝に七夕賞の第2段記事を書く予定でしたが、早朝に起きて事務作業を

【プロキオンステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

プロキオンステークス2020(阪神ダート1400m)の考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑