*

【2016】愛知杯の予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

馬券が爆発する瞬間

ドォーン!バァーン!!

そんな利益の破裂音が聞こえてきそうな

 ((((万馬券的中!!)))

100円がウン万円、ウン十万円

競馬ならそれが可能。

故に、、、

競馬は最高の魅力を秘める
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
そうではありませんか?

 

そんな、毎週のように万馬券が
生まれる予想、利益が爆発する的中が、

  【ココにあります。】

とんでもない非現実的な予想ではなく、
とんでもなくクソ真面目な予想で、
毎週万馬券を量産しています。

【それがこの競馬スピリッツなのです】

 

競馬スピリッツはメールアドレスを入力して、返ってきたメールに記載されているURLをクリックして登録できるのですが、

まず無料で登録すると下記ができます。


実際にログインするとこんな感じ↓

※スマホでログインしています

ゴールド会員とありますが、これは無料登録した後に月額840円を
払うとゴールド会員となり、各予想家が厳選した勝負レースを週に
4レース見れたり、競馬スピリッツ所属のプロ予想家に直接質問したりする
事ができるようになります。


僕は競馬スピリッツの無料予想でたんまり儲けさせてもらったので(笑)、

ゴールド会員になりました。

競馬予想関連で見れるものは下記があります↓↓

僕はこの「レ−ス考察」と「馬スピ特報」は必ず毎週チェックしてますね。

特に「馬スピ特報」が最も役に立ちます

「馬スピ特報」は競馬スピリッツに所属している
「逆走予想家 江戸川乱舞(エドガワランブ)」
「関係者に近すぎるため 名前が出せない ハンターX(エックス)」
「マスコミで活躍中の血統予想家  栗山求」
「東スポの看板記者 虎石晃(トライシアキラ)」
この4人の買い目を毎週2レース無料で見ることができます。

その馬スピ特報の先週のシンザン記念の
画面。このように4人の予想家の印がまとめて無料で見ることができます↓↓

上の画像でそれぞれの予想家を押すと、解説付きで詳しく
予想が見れます(もちろん無料です)。

しかも買い目付きなのが嬉しいですよね。

このシンザン記念は残念ながら外れてしまいましたが、
虎石氏は1月5日の京都金杯で2着だったテイエムタイホーに◎を打ち、複勝1点で当てていましたよ!!

下の画面↓は月額840円のゴールド会員になると見れる「勝負レース!」
です。

「馬スピ特報」はメインレースを予想しますが、この「勝負レース」は
各予想家が厳選したレースの買い目を見ることができるので、
より精度が高いです↓↓

また、これらのコラムも読むことができますよっ(^^)/

血統についてのコラム、
トレセンでの取材に基づくコラム、
WIN5のコラムなど、
様々な観点から競馬を見ることができるのですごく勉強になります。

・・・
と、ここまで色々紹介しましたが、一番おすすめなのは「馬スピ特報」!

競馬スピリッツ予想家4人の予想が買い目と印付きで
見れるので、競馬の勉強にもなりますし、当たります。

まずは「馬スピ特報」を試してみてください!

競馬スピリッツ予想家4人の16日に行われる愛知杯(G3)と17日行われる日経新春杯(G2)予想はコチラ

※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了させてください。

登録後、「馬スピ特報 」というコーナーをご覧ください。

 

愛知杯 予想

さて、今日は「BOSS猿のアナログ肉眼競馬」というブログを運営されているビタ猿さんと京都競馬場に来ています。

午前の勝負レースは今のところ3つ終了したのですが、平場ハンティングで紹介したもののみ的中。実はあれが一番自信なかったんですがね(苦笑)

一番自信があった中山1Rが悶絶の結果。。。

 

スクリーンショット 2016-01-16 11.05.17

直線入り口で取ったと確信したんですがねぇ。予想以上にペルルクロシュが一気にバテたのを見ても今日の中山ダートはかなりタフなんでしょう。

 

さて、愛知杯の予想。

ここはただでさえ難しい牝馬限定のハンデ戦ということに加え、開催変更で血統やデータ面での考察がしにくく、なおかつ開幕週の土曜日で馬場状態もイマイチわからないという条件。

ここはあんまり手を出さない方がいいでしょう。ただ、ブログをやっている以上真剣に予想はしました。

改装後の最初の2年を見てもペースが落ち着きやすく、中京コースにしては前が残るレース。今年も特にペースが速くなる要素はなさそうで、馬場状態もわからないなら変に差しに決め打ちするよりは前目の決着を買うのが現代競馬の鉄則だろう。

 

 

ここは◎フレイムコードの一発に期待したい。

実はこの馬、3連続で本命を打っているのだが(笑)、最低人気で本命を打った府中牝馬Sは惜しい4着という結果。次の福島記念はメタメタの重馬場も堪えただろうが、それより何より1、2着馬がヤマカツエースとミトラで、次走どちらとも重賞を勝っているように上位馬のレベルが高かったことが大きそう。

実際、上位2頭以外には離されておらず、今回は大したメンバーもいない。中京コースは勝利実績ある上に、府中牝馬Sに似た条件になり、時計のかかる馬場も良さそう。血統的にも重めで、ここは前目につければ粘れて良さそうだ。

 

相手筆頭は◯シュンドルボンにした。

エリザベス女王杯が重賞初挑戦ながら、直線入り口ではあわやの手応え。ヌーヴォレコルトと一緒に上がっていたが、ラスト1ハロンで垂れたところを見ても最後の失速は距離だろう。もともと1800m前後が良い馬で、今回は距離短縮でパフォーマンスはまず上げてくるはず。

左回りコースも大得意で、いかにもこのコースが得意そうなハーツクライ産駒。評価を下げる理由はない。

 

三番手は▲マキシマムドパリにしました。

キングカメハメハ産駒はコーナー4回の2000mが大得意で、この条件に使ってくる時には人気でも逆らってはいけません。前走はあまり得意ではないワンターンの1800m戦を力でねじ伏せました。得意コースに変わればこのメンバー相手でも上位です。

 

四番手は☆アースライズにしました。

マキシマムドパリを評価したように、素直に秋華賞上位馬は強いと評価したほうが良さそう。前走も最後まで前が詰まりながら追い出してビュンと加速して勝ち切ったあたりまだまだ奥は深そう。じり脚タイプの馬だけに力のいる中京の馬場は合うはずで、ここも有力でしょう。

 

印まとめ

◎フレイムコード
◯シュンドルボン
▲マキシマムドパリ
☆アースライズ
△1タガノエトワール
△2(ブログランキング内で公開!)

 

関連記事

函館2歳S [3] レース傾向(血統以外)

最近、「マイルの神様」の競馬女子ともよく話をしているのですが、 釣りを始めたいのです!!

記事を読む

【京都金杯2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

京都金杯2018(京都芝1600m)の考察です。 1月6日に京都競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

カペラS [1] 激流になるか、それとも・・・

1月にロンドンに行く予定だったんですが、ISのテロの関係でちょっといま欧州にわざわざ行く必要はないか

記事を読む

シリウスS [2] 枠順と少頭数レースで考えたいこと

今日は下北沢までZAZEN BOYS×ヒトリエのライブを見に行きます。最近忙しくてライブになかなか行

記事を読む

【2016】デイリー杯2歳S / レース考察(京都芝1600mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は11/12(土)に行われるデイリー杯2歳ステークスのレース考察を行います。京都芝1600mで行

記事を読む

函館2歳S [4] 上位人気馬の総評

さて、これから苗場へ行ってまいります。 既に運転して荻窪あたりまで来ています。これから練馬イン

記事を読む

マーチSの予想を公開!

中京3Rも微妙に外が伸びそうな感じで、どこの会場も曇りがかっていつ雨が降るかわかんない感じで午後は買

記事を読む

根岸S [2] 圧倒的に差し馬有利のレース

仕事の合間に新宿バルト9でPSYCHO-PASS劇場版を鑑賞。若者の文化も取り込まないと精神が老化し

記事を読む

武蔵野S [3] 今年の3歳ダート路線のレベルは?

そういえばiPod Classicの生産中止が決まったみたいですね。何を隠そう私、iPod Clas

記事を読む

【中山金杯2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

中山金杯2017(中山芝2000m)の考察です。 1月5日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

金盃2018の予想を公開!

金盃2018 (大井ダート2600m)の予想です。 2月21日に

たんぽぽ賞2018の予想を公開!

たんぽぽ賞2018 (佐賀ダート1400m)の予想です。 2月2

【中山記念2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

中山記念2018(中山芝1800m)の考察です。 2月25日に中

内田騎手とノンコノユメ復活!先週からの怒涛の開催終了でお疲れ様でした

競馬開催お疲れ様でした。本来であればGIの回顧版記事的なものをその日の

小倉大賞典2018の予想を公開!

小倉大賞典2018(小倉芝1800m)の予想です。 2月18日に

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑