*

ジャパンカップ [7] 凱旋門賞組の状態とペース補正

公開日: : GIレース考察・予想

さて、いよいよジャパンカップ前日。だいたい予想は定まってきました。今日はパッと見面白いレースがそこまでないので平場の狙い目は出しますが全レースはやりません。ちょこちょこと遊び程度に買うくらいで終わるかなと。

ジャパンカップのまとめデータは本日午前中に配信します。サイトへの本予想掲載は当日朝を予定。しばしお待ちいただけますと幸いです。

さて、ジャパンカップ最後の考察エントリー!

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

どう見ても悪い凱旋門賞組の状態

さて能力上位と書いた凱旋門賞馬2頭

ジャスタウェイとハープスター

この2頭には以前のエントリーにも書いたものを含め、3つの不安がある。

(1) 後方一気の脚質でペースに左右される

(2) フランス遠征での見えない疲労

(3) 凱旋門賞をメイチに仕上げたがための調整不足

今日、最も見てみたいのが(3)の調整不足だ。それはなぜかというと、、、

ジャスタウェイの調教を見る限りおよそ本調子とは程遠いと言わざるを得ないからだ

そこまで調教で走らないというわけではない馬が、ローブティサージュに完全に手ごたえで負、いくら今の時計のかかる坂路とはいえ一杯に追っての53.7-39.3-26.2-13.6は非常に不満。いくらなんでも終いがかかりすぎだ。

脚質不安と距離不安があり、状態もこんな感じで、鞍上は福永騎手。能力で間違いない論調やハーツクライは人気をしない時にこそ買うという意見はわかるが、私は今回

ジャスタウェイはバッサリ無印で臨もうと思う

同じくハープスターに関しても状態が非常に不安。

もともと昨年の阪神JFの時もおよそ本調子とは程遠い出来で、レッドリヴェールに競り負けての2着。今年も見た感じで冬毛が目だち、本調子とはとても思えない。

最終追い切りも時計こそ恰好はついたがラストインパクトに競り負け。凱旋門賞がメイチの仕上げだったこともあるだろうが、昨年のこともありこの馬は冬に調子を落とすタイプの可能性も考慮に入れておきたい。

 

今一度ペースを再考する

超スローペースの瞬発力勝負濃厚と週中のエントリーで書いたが、その様相が少し変わってきている。それは

ハープスター、ジャスタウェイの先行策宣言

もちろん3,4番手につけるという意味ではないと思うが、どちらの陣営もいつもより前で競馬をするという内容のコメントを出している。

これによりペース予想を補正する必要があるかもしれない。

2頭が前に行った事でいきなりペースがあがるとは考えにくいが、問題なのはこの2頭が後方一気の差し馬だったということと、騎手心理の中にも最有力の2頭と認識されていたことだ。

この2頭が後ろにいればその末脚の脅威で、他の騎手たちはジャスタウェイやハープスターよりも先に動きにくくなる。そうなればペースは自然に落ちて最後の瞬発力勝負となる。

だが、この2頭がある程度積極的な競馬をするとなれば、他の馬は後ろを気にして競馬をする必要がなくなる。騎手の意識が後ろに行かなくなり、その分ペースがあがると想定できる。

おそらく今年のジャパンカップは平均ペースかややスロー程度に落ち着くんじゃないだろうか?

非常にペース読みが難しいので、最後まで馬場状態を見ながら考察はしたいが、最初の予想である超スローペースには少し補正を入れたい。そこそこ流れての瞬発力+スタミナを問われる厳しいレースになると考えている。

そうなれば天皇賞(秋)で瞬発力だけを要求されて勝利を収めたスピルバーグのような馬は非常に不利。よって今回私は、

スピルバーグに関してもバッサリ無印で臨む予定だ

ペースに関してはある程度のバッファを持っておきたい。だが、ペースを作り上げるのは後ろの馬ではなく先頭集団。最も信頼できるのは後ろにいる馬よりも前にいてペースを読むことができる騎手が乗る馬。そこそこの流れるペースで持久力とある程度の瞬発力を併せ持つ馬。こんな馬を狙っていきたい。

今のところの私の本命馬はこの馬だ。恐らく血統系のブログでは絶対に重い印はつけないだろうし、ほとんどのところは無印にする馬(血統信者は買ってはいけない馬だろう)。だが、今回ジャパンカップの考察中に書いている通り、血統よりも馬キャラを優先するべき時もある。今回私は血統面の致命的な不利を考慮に入れても、この馬が最も能力的にも適性的にも魅力があると考えている。

その馬の名は?

↓↓↓

☆その馬の名はブログランキングで公開中☆

上記ブログランキングの(D)に記載ありますのでチェックしてみてください!

関連記事

皐月賞 [5] 人気決着の多い堅いレース

なんだか桜花賞であれだけルージュバックを無敗馬と騒いでいたのにもかかわらず、皐月賞では無敗馬が一切騒

記事を読む

【安田記念2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

 安田記念2017(東京芝1600m)の考察です。 6月4日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】オークス(優駿牝馬)の予想を公開!

今日は5/22(日)に行われるオークスの予想です。東京芝2400mで行われるGI戦です。 【PR】

記事を読む

【宝塚記念2017全頭診断】キタサンブラック、サトノクラウンなど

宝塚記念2017(阪神芝2200m)の全頭診断part1です。 6月25日に阪神競馬場で開催さ

記事を読む

エリザベス女王杯2017の予想を公開!

エリザベス女王杯2017(京都芝2200m)の予想です。 11月12日に京都競馬場で開催され発

記事を読む

【大阪杯2017の予想ヒント】枠順や展開、馬場などを分析考察します

大阪杯2017(阪神芝2000m)の考察です。 4月2日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:

記事を読む

【2016】中山大障害の予想を公開!

今日は平場の重賞がないので中山大障害の予想をサイトには掲載いたします。 ただ障害レースに関して

記事を読む

桜花賞は岩田騎手の神騎乗でレッツゴードンキ圧勝

マリノスはギリギリでロスタイムにファビオのゴールで追いつきましたが、内容から考えて今日は勝たなきゃい

記事を読む

阪神JF [1] 阪神外回りコースが底力を問われる理由

ジェフユナイテッド千葉はなぜこうも昇格プレーオフで勝負弱いのだろう。これは競馬をわかる人であれば「も

記事を読む

【有馬記念2017の予想ヒント】全頭診断その3

有馬記念2017(中山芝2500m)の全頭診断その3です。 12月24日に中山競馬場で開催され

記事を読む

Message

【AJCC2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

AJCC2019(中山芝2200m)の考察です。 1月20日に中

【東海ステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

東海ステークス2019(中京ダート1800m)の考察です。 1月

【AJCC2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

AJCC2019(中山芝2200m)の考察です。 1月20日に中

1月2週のレース回顧〜デムルメの2019年のはじまり

さて、先週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時

京成杯2019の予想を公開!

京成杯2019(中山芝2000m)の予想です。 1月14日に中山

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑