*

キーンランドC [1] 血統的傾向など

公開日: : 重賞レース考察・予想

今日のめざましテレビをぼーっと見てたら「ココ調」の特集が長渕剛の1万人ライブでした。

実は知り合いが2人ほどふもとっぱらの会場まで行っていたので気になっていたのです。別に世代でもないし、そんなに大ファンでもないですが、一通りCDは全て聴いているし何よりジムでトレーニングをしている時に長渕を聴いているとなんかやる気がでてくるんです(笑)

純恋歌とか俺らの家までとかをカラオケで歌っても若い子にはキョトンとされる今日この頃ですが、最近、新入社員の子がミスチルのシーソーゲームを知らなくて「いよいよすごい時代に来たな」としみじみ感じました。

去年あたりにペニシリンのロマンスを新人が誰も知らなかった時もびっくりしましたが、いよいよミスチルの初期を知らない世代になってきたなぁと。

以上、自分が歳をとったことに対する愚痴でした。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

血統的傾向など

キーンランドカップは非常に難しい重賞というイメージ。

函館2歳ステークスからそのままこちらへスライドという組が多いですが、よりスプリンターズステークスへの日程が近くなるので、ここで始動という有力馬も出てくる。

また函館2歳ステークスは例年、内が詰まったりスムーズに競馬ができずに惨敗する有力馬が多数いるので、ここであっさり巻き返して着順が入れ替わることが結構あります。

ですので、まずは血統的傾向あたりから切り口を見つけてみます。

 

ざっくり言うと、キーンランドカップは、

札幌で走りそうな洋芝に合うっぽい短距離血統を買っておけば正解なレース

っていうイメージ。

普通にファルブラヴだったり、ちょっとパワーのあるダートの短距離系だったり、ニジンスキー持ってる馬だったり、いつも札幌芝1200mを予想している延長線上で予想すればいいんじゃないかなとは思います。

今の札幌芝コースは「ダートっぽさ」が前面に押し出ている馬場ですし、やたらミスプロ系が走ります。なんだかんだで札幌記念も1着馬が母父ミスプロのディサイファで、2着馬が父ミスプロのヒットザターゲットでしたからね。人気薄で4着に突っ込んできたヤマカツエースも父キンカメですし、結構ミスプロのバイアスは強そう。

 

あとはキーンランドカップでなぜか好走する血統を2つほど紹介。

1つ目はフェアウェイの系統。

既に血統表ではほとんど見ることのなくなった系統ですが、このキーンランドカップではやたらにこの血を持っている馬が走っています。

 

<2014年> ※函館開催
1着:ローブティサージュ ウォーエンブレム産駒 父母父フェアウェイ系

<2013年>
3着:テイエムオオタカ ホワイトマズル産駒 父母父フェアウェイ系

<2012年>
1着:カレンチャン クロフネ産駒 父母父フェアウェイ系

<2011年>
3着:ベストロケーション クロフネ産駒 父母父フェアウェイ系

 

もう父の直系で血を残している馬は皆無ですが、クロフネ、ウォーエンブレム、ホワイトマズルあたりの種牡馬の母父として血は残っています。なぜかこのフェアウェイの系統を持っている馬はやたらに走るのでチェックしてみても良いのでは?

 

そして、2つ目はボールドルーラーの血統。

雨の日のダートのスピード馬場で走る印象があるこの血統ですが、こちらもなぜかキーンランドCではやたらに走ります。

 

<2014年> ※函館開催
3着:マジンプロスパー アドマイヤコジーン産駒 母母父ボールドルーラー系

<2013年>
1着:パドトロワ スウェプトオーヴァーボード産駒 母母父ボールドルーラー系

<2012年>
2着:ビービーガルダン チーフベアハート産駒 父母父ボールドルーラー系
3着:パドトロワ スウェプトオーヴァーボード産駒 母母父ボールドルーラー系

<2011年>
1着:ビービーガルダン チーフベアハート産駒 父母父ボールドルーラー系
2着:ドラゴンウェルズ ダイナフォーマー産駒 母母父ボールドルーラー系

 

こうして見ていくと血統A評価はこの馬になるでしょう。

その馬の名はブログランキング(E)で公開中

父が今のバイアスに合うミスプロ系のダート種牡馬で、母母父がボールドルーラー。人気はするでしょうが逆らえない人気馬だと思います。

 

個人的に1年以上成績をチェックしていますが、

毎週当たるサイトでしかも今週も重賞の馬連3点買い目が無料なので、
みなさんに共有したい
と思いましてご紹介します(^▽^)/

先週実際配信された情報は・・


8月22日(土)小倉10R 小郡特別

結果は・・


馬単 13-8  62.5倍(5点)的中


3連複 8-10-13  94.6倍(10点)的中


3連単 13-8-10  522.6倍(20点)的中

ここで3着になったシェアザジョイフル(6番人気)は
前走で未勝利戦を勝ったばかりで、他の競馬新聞や競馬のブロガーの

方も軽視していた馬だったので正直驚きでした

( ̄□ ̄;)

その次の日の新潟7レースで配信された買い目は・・


8月23日(日) 新潟7R 3歳上500万下

結果は・・


馬単 12-2   128.0倍(5点) 的中
3連複 2-9-12   27.9倍(10点) 的中
3連単 12-2-9   339.4倍(20点) 的中


ここも2着になったトーセンラムセス(6番人気)は他の
情報サイトや新聞では結構評価が低い馬だったので
まさか勝つとは・・∑(゚◇゚;)



まずは無料でメルマガだけでも受け取ってみてください!

無料メルマガ会員の募集はコチラです。

さらに今無料メルマガ会員になると必ず3,000円分(30ポイント)が
プレゼントされ、さらにキーンランドカップ又は新潟2歳ステークスの馬連3点勝負買い目
も無料でメルマガ配信されます!


これって結構お得だと思いませんか?

正直夏競馬が全然当たらなくて
困っている方も多いかもしれませんが、
今回みなさんにご紹介したサイトを
使えば勝てる可能性は高いと思います。

まだ夏競馬は終わりませんので、
まずは無料メルマガ会員になって本当に当たるかどうかだけでも
チェックしてみてください(僕がチェックしている限りは毎週
当たっていますけどね)。


無料メルマガ会員の募集はコチラです。

関連記事

日経賞の予想を公開!

高松宮記念の予想がだいたい終わりました。 これで後は馬場レベルが変化をしていないかチェックする

記事を読む

日本テレビ盃の予想を公開!

ふう、半日かけて先週のレース映像をすべて見終わりました。先週までは2場開催だから良かったものの、今週

記事を読む

函館記念 [5] 土曜の馬場を見ての結論

今日はぜーんぜんダメでした。 まぁ土曜競馬なんでそこまで賭けてはいませんでしたが、1万使って600

記事を読む

【アイビスサマーダッシュ2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

アイビスサマーダッシュ2017(新潟芝1000m)の考察です。 7月30日に新潟競馬場で開催さ

記事を読む

【2016】青葉賞 / 枠順&展開考察(レーヴァテイン、ヴァンキッシュラン等の枠順は如何に)

今日は4/30(土)に行われる青葉賞のレース考察を行います。東京芝2400mで行われるGII戦です。

記事を読む

マーメイドS [2] 日本一軽ハンデ馬が走る重賞

女子W杯開幕しましたね。ここにコパアメリカも加わるので公私ともにやたらと忙しくなる6月、GIウィーク

記事を読む

【2016】京都金杯の予想を公開!

ブロガーの皆さんたちと中山競馬場に来ております。 やはり平日開催ということもあり、例年

記事を読む

【2016】シルクロードS / 枠順&展開考察(ビッグアーサー、サトノルパン等の枠順は如何に)

今日は1/31(日)に行われるシルクロードステークスの枠順&展開考察を行います。京都芝120

記事を読む

【2016】シンザン記念 / 枠順&展開考察(アストラエンブレム、ラルク等の枠順は如何に)

今日は1/10(日)に行われるシンザン記念の枠順&展開考察を行います。京都芝1600mで行わ

記事を読む

【2016】小倉大賞典 / 有力馬考察(アルバートドッグ、マイネルフロストなどの徹底分析)

今日は2/21(日)に行われる小倉大賞典のレース考察を行います。小倉芝1800mで行われるGIII戦

記事を読む

【ジャパンカップ2017の予想ヒント】全頭診断その3 [外国馬編]

ジャパンカップ2017(東京芝2400m)の全頭診断です。 11

【ジャパンカップ2017の予想ヒント】全頭診断その2

ジャパンカップ2017(東京芝2400m)の全頭診断です。 11

【ジャパンカップ2017の予想ヒント】全頭診断その1

ジャパンカップ2017(東京芝2400m)の全頭診断です。 11

浦和記念2017の予想を公開!

浦和記念2017(浦和2000m)の予想です。 11月23日に浦

【京阪杯2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

京阪杯2017(京都芝1200m)の考察です。 11月26日に京

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑