*

秋華賞はアーモンドアイが圧巻の末脚を見せて3冠達成!〜菊花賞の簡単な展望まで

公開日: : 雑記

さて、秋華賞の回顧記事が非常に遅くなってしまいました。ようやく書く時間が取れたので、これを書き終わった後には直ぐに菊花賞の考察記事も書きたいと思います。

というわけで、まずは秋華賞のレース結果から。

 

<秋華賞 レース結果>

1着:▲アーモンドアイ 1番人気
2着:△ミッキーチャーム 5番人気
3着:△カンタービレ 3番人気
12着:◯パイオニアバイオ 9番人気
14着:◎オールフォーラヴ 12番人気

前半1000mが58秒台前半ぐらいのハイペースになっての消耗戦予想で、本命は◎オールフォーラヴと◯パイオニアバイオの2頭のどちらかが来れば良いという馬券を買っていましたが、、、

12.1 – 10.9 – 12.7 – 12.1 – 11.8 – 11.9 – 11.8 – 11.5 – 11.8 – 11.9

前半3F=35.7 前半1000m=59.6

というかなりのスローペースに。特に3ハロン目の12.7なんて秋華賞ではありえないラップですし、どうしてこんなメンバーが揃ってこんなぬるいレースになってしまったのかは疑問。おそらくミッキーチャームの川田騎手とカンタービレの武豊騎手以外はアーモンドアイに勝つのを諦めていたような感じに見受けられますし、ちょっと激流のポテンシャル勝負で全馬が力を出し切るようなレースを期待していただけにこのペースはがっかりしました。

上がりのかかるタフな重い馬場で前半スローペースからのロンスパの流れ、というのはもうミッキーチャームにとってはこれ以上ない条件と展開だったはずで、普通の年であればまず間違いなく秋華賞馬になっていたでしょう。今年は1頭怪物がいたということです。

スローペースからの瞬発力と位置取りだけを問われるレースになったので、アーモンドアイを除くと上位7頭は全てディープインパクト産駒か先行した馬で独占。この展開も想定して予想をしなければいけないんでしょうが、これは厳しかったですね・・・

 

秋華賞のレースを見て菊花賞が例年よりもこうなるんじゃないか、というポイントを書いておきます。

↓↓↓

下の人気ブログランキングの説明欄に書いてありますので、どうか応援クリックよろしくお願いします(^^)

↓↓↓


中央競馬ランキング

さすがに菊花賞は今回の秋華賞のようなぬるま湯レースにはならないと思うんですけどね(汗)

 

日曜日はメインレース3つを主に買っていたのですが、秋華賞はハイペース予想でスローペース。

東京メインのオクトーバーSもミドルペース予想で超スローペースで◎アドマイヤアルバは物理的に無理な位置取り。

新潟メインの信越Sは予想通りのハイペースになるも、本命にしていた◎トウショウドラフタが落馬事故に巻き込まれての差し遅れ・・・

 

なんだかことごとく裏目に出てダメダメな週末でした。ちょっと最近、馬券の調子が悪いのでもやもやしていますが、そろそろ秋競馬に向けて調子を上げるべくギアをあげて行きたいと思います。

 

最後に今話題のこのニュースについて。

今年の新人騎手は1年目だからまだ経験不足という点を差し引いてもかなりの低レベル世代だと思いますが、その中でも1番の勝ち頭だった山田敬士騎手が一番やってはいけないことをやらかしました。

個人的にこの騎手は全く馬の事を予習せずに乗っているイメージがあって好きではなく、この鞍上が乗っている時には買いたい馬でも勝負はしないと決めるようになっていたのですが、自分でそれを証明する結果となってしまいましたね。

もちろん2番人気馬でファンの馬券をゴミ屑にしたという責任もあるわけですが、騎乗回数も少ない中で一鞍一鞍を大事にしていかないと信頼も生まれていかないような状況。普通ならば出走予定の馬は全て過去レースを見直して癖を分析するなどすると思うのですが、まさか行われるレースの距離すら把握していなかったとは・・・

あのジョアン・モレイラは毎日2時間、デスクワークでこれから乗る馬のキャラや癖を分析しているという事を以前の特集でやっていましたが、そのモレイラの足元にも及ばない新人騎手がこんなんではもうちょっと・・・という感じです。遊び呆けて週末の騎乗レースのことなんて一切予習していなかったと感じてしまいますよね。

もう関係者からも馬主からもファンからも全ての信頼をなくしたのでこれからの活躍は厳しいと思いますが、もしまたチャンスを与えられるようならば死ぬ気でそれを物にしてほしいものです。まぁ多分これは次のチャンスはない気がしますが・・・

1週目のゴール前付近で逃げる山田騎手に異変を感じた2番手の柴山騎手と岩崎騎手がお互いに何か話して首を傾げていたのはちょっと面白かったです(笑)

 

ナビゲーターが推奨する馬が各重賞で上位独占!
利益直結馬だけじゃない「競馬大陸」(PR)

今週はG1、2戦目の「菊花賞」が開催されます。
牡馬3冠クラシックレースの最終戦となる菊花賞は神戸新聞杯組が圧倒的な成績を残していますが、今年の菊花賞はどんなレースになるか楽しみですね。

利益直結馬が人気の「競馬大陸」が秋華賞と府中牝馬ステークスを的中させてきました。

もうご覧になっていますか?利益直結馬。
先週も提供10レースすべて的中しています。人気の理由が分かりますよね。

利益に直結する「利益本命馬
利益を跳ね上げる可能性が高い穴馬の「利益穴馬
この2つを組み合わせて的中を積み重ねています。
是非、チェックしてみてください。

今すぐサイトを見に行く

更に毎週更新されているナビゲーターの「重賞攻略ガイド
推奨した馬が上位に絡んできました!

ナビゲーターの1人「かせげる君」の推奨馬は2重賞とも的中!

★10月14日(日)京都11R
秋華賞(G1)
推奨馬:アーモンドアイ 1着

★10月13日(土)東京11R
府中牝馬ステークス(G2)
推奨馬:ディアドラ 1着
推奨馬:リスグラシュー 2着

利益直結馬だけでなく火・木・金と更新される各ナビゲーターの推奨馬はチェックしてください!
今週は競馬大陸で「菊花賞」を獲りに行きましょう!

菊花賞の予想を見に行く!

関連記事

宝塚記念を終えての雑感と帝王賞の簡単な見解

上半期最後のGI=宝塚記念が終わりました。 単勝1.4倍に支持されたキタサンブラックがまさかの

記事を読む

その馬の前走をちゃんと見ているか?

さて、夏の音楽フェスも徐々にラインナップが見えてきたわけですが、今の所、メンバーの豪華さや旬を掴めて

記事を読む

有馬記念の登録馬が発表!

有馬記念の登録馬がついに発表。本日は中山競馬場を訪れましたが、すでに有馬記念の準備が進みつつあり、日

記事を読む

【プロキオンステークス2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

プロキオンステークス2018(中京ダート1400m)の考察です。 7月8日に中京競馬場で開催さ

記事を読む

若駒S的中のお話と最終レースのことなど

今日一番の勝負レースとして勝負度Bとし、個人的にも今日の投資のほとんどぶちこんだわけですが、、、

記事を読む

【10/1(土)】平場・特別ハンティング

10月からは「的中」をもっと重ねて競馬をより楽しんでみませんか!? さて、早いもので今年も10月に

記事を読む

重賞少ない今週末は平場ぶちかましウィークです!

さて、今週も競馬開催がやってきます。 ですが、先週まで4つあった重賞レースが今週末はマイルチャ

記事を読む

帝王賞2018の予想を公開!

帝王賞2018(大井ダート2000m)の予想です。 6月27日に大井競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

ラジオNIKKEI賞2018の予想を公開!

ラジオNIKKEI賞2018(福島芝1800m)の予想です。 7月1日に福島競馬場で開催され発

記事を読む

今週末の注目馬とその他もろもろの事など

早いものでもう金曜日。あと数時間で枠順発表となりました。今週も諸々仕事やらレース回顧やらをしていたら

記事を読む

【ドバイシーマクラシック2019の予想ヒント】過去データや血統、前哨戦などを分析考察します

ドバイシーマクラシック2019(メイダン芝2410m)の考察です。

【大阪杯2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

大阪杯2019(阪神芝2000m)の考察です。 3月25日に阪神

【ドバイターフ2019の予想ヒント】過去データや血統、前哨戦などを分析考察します

ドバイターフ2019(メイダン芝1800m)の考察です。 3月3

3月4週のレース回顧〜平穏な土曜から大波乱の日曜に

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

マーチステークス2019の予想を公開!

マーチステークス2019(中山ダート1800m)の予想です。 3

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑