*

マイラーズCの予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

ようやくアデミウソンにゴールが生まれて試合自体も3-0で快勝!

齋藤学のゴールも飛び出し、途中出場で中村俊輔とラフィーニャも出場、とこれ以上ない結果が出ました。

後半の2ゴールなんかはもろにモンバエルツ監督のやりたいサッカーができた感じで、久々にマリノスの鋭いカウンターが帰ってきた感じがしています。

浦和がなかなか負けないですが、安定感のあるチームではないので、こちらが勝ち続けていればチャンスはあると思うんで、ちょっとJリーグも楽しくなってきました。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

マイラーズC 印

◎フィエロ
◯シャイニープリンス
▲マイネルメリエンダ
にて公開中!!(キーワードA)
△テイエムタイホー
△フルーキー
△クラレント

昨日の京都の芝レースを見ても、やはり今開催はとにかく高速時計が出る。

まず間違いなく1分31秒台の決着になるでしょうし、下手すると1分30秒台のレコード決着になる可能性もあり。

時計が早い馬場というのは、ラップ的に言えばテンから早いのに終いが加速ラップで終わるような馬場。それだけ馬場状態が良すぎて前が止まりません。

となると、今回のマイラーズカップで重要視すべきは、

高速時計への対応能力

だと私は考えます。

そして、高速時計に対応できる要素は何かと言えば、

高速時計に対応できる脚の早い馬

これは納得でしょう。

馬場が渋ってこそ、みたいな馬ではなく、自ら絶対的な末脚を使えるタイプの馬を買いたい。このタイプの典型例がディープインパクト産駒なので今回もディープ産駒は軽視できないでしょう。

そして、もう一つ重要な要素は、

ロスなく立ち回ってタイムロスをなくせる馬

これが非常に大事になります。

今回のメンバーを見てもそこまで実力差があるようなメンバーには思えず、高速時計への対応力で着順は決まると見ています。

そんな中でほとんどの馬に高速時計実績がないという事実、加えて人気馬の中には最後方一気の脚質の馬も多い。

そうなれば妙味ありなのは、時計を早くするためにロスなく立ち回れる馬、つまり

内枠先行タイプ

の馬は今の京都では魅力的です。

「高速時計に対応できる脚の早い馬」と「ロスなく立ち回れる馬」で馬券を組み立ててみたい。

 

本命は人気ですが◎フィエロに打ちます。

メンバー中で唯一、31秒台になっても走れる裏づけがあり、昨年のマイラーズカップ、マイルチャンピオンシップと早い対応できていることからも、間違いなく京都の高速決着は得意。

適性抜群のディープインパクト産駒ですし、ある程度の位置取りも取れる馬で枠順も丁度良さそうなところ。休み明けで叩き仕様にしてもまず3着を外すことはないと見てます。

相手以下は人気関係なく立ち回りのうまい組に流します。

 

対抗は◯シャイニープリンスにします。

この馬にしても高速時計に関しては未知数という他ないんですが、ある程度の位置につけられる馬ですし、前走のダービー卿チャレンジトロフィーは前が詰まって何もできないレースになり大きく着順を落としました。

その影響でここまで絶好枠を引いて川田騎手を配しているにも関わらず、11番人気まで嫌われています。確かに高速時計への対応力は未知数ですが、フィエロ以外の他の人気馬も未知数なら人気薄の未知数の方に入りたいです。

 

単穴は▲マイネルメリエンダを推します。

前走は外差し馬場で何もできず、前々走は東京でキレ負けしたがそこそこ健闘していた。その前のレースでは京都金杯で内枠で粘って3着の実績あり、再度同じ舞台での京都開幕週で15番人気はおかしい。

おそらく柴田未崎騎手で売れていないんだろうが、折り合いのつきにくい馬でもなく、何よりマイネルの馬で色気がある馬に乗るチャンスを得た今回、やる気が違うはずだ。

 

テイエムタイホーは脚質と枠順はベストだが、それにしても人気しすぎ。ここ2走は道悪の阪神コースで、今回は京都の高速馬場。あまりにも条件が替わりすぎるため、これで人気するなら嫌う。

 

高速馬場への対応力が不安な人気馬はバッサリと切った。

ディアデラマドレはマイルのペースについていけるかもわからないところで京都の開幕週。角居厩舎なのでなんとかしちゃう可能性もありそうだが、ここまで人気するならここは嫌ってヴィクトリアマイルで狙いたい。

 

エキストラエンドは小牧騎手というだけで切ってみる。まぁそれで福島牝馬Sは田中勝春騎手にうまく乗られたが、まず小牧騎手がスタートの下手なこの馬で前に行くとは思えない。

京都金杯2着時はスタートのうまい福永騎手で最内枠だった。それに比べると外めの枠で小牧騎手と期待値は下がる。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第46回 マイラーズC(G2)

想定配当700倍超!

3連単勝負馬券を無料公開

詳細はココをクリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2012年から開催がスライドして阪神→京都へと舞台を移したことにより、傾向がガラリ一変した同レース。単純に直線に坂のある阪神と坂のない京都では求められる適性も変わってくるし、ヴィクトリアマイルへのレース間隔が中2週と縮まったことで、一線級の牝馬の参戦も少なくなった…などなど、違いをあげればキリがない。

だが、京都に替わってから「コレは絶対に買っておくべき!」という条件を満たす馬がいて、実は毎年人気の有無に関わらず馬券に絡んでいる。この事実を知っているか知らないかで、的中、不的中を分けると言っても過言ではないだろう。

ただ、それを知っていたところで、その中から“本当に買える馬”を選ぶことができなければ意味をなさない。そのために必要なのが、当社シンクタンクが入手している“関係者情報”に他ならない。その必要性を、今週のマイラーズCの3連単勝負でお見せしよう。まだ当社の情報を知らない方は無料で入手することが可能なので、ぜひご覧いただきたい。

毎週、高配当馬券を的中!

4/12福島12R喜多方特別    1万9190円的中

4/5阪神9R鳴門S       2万0160円的中

3/29阪神11R六甲S      1万7390円的中

3/22中山11RスプリングS  1万0310円的中

3/14中京11R中日新聞杯   5万0580円的中

3/8中山9R潮来特別     1万1600円的中

↓ ↓ ↓ 今すぐ無料で確認する ↓ ↓ ↓

→→関係者が大勝負するマイラーズCの3連単勝負馬券を無料公開←←

関連記事

東京新聞杯の予想を公開!

渋谷の立てこもり事件解決して何よりです。東京の都市の中で最も出没するのが渋谷なのでやはり気がかりでし

記事を読む

【2016】日経新春杯 / レース考察(京都芝2400mで行われるGII戦を徹底考察します)

今日は1/17(土)に行われる日経新春杯のレース考察を行います。京都芝2400mで行われる牝馬限定の

記事を読む

マーメイドS [2] 日本一軽ハンデ馬が走る重賞

女子W杯開幕しましたね。ここにコパアメリカも加わるので公私ともにやたらと忙しくなる6月、GIウィーク

記事を読む

【2016】平安S/ 有力馬考察(アスカノロマン、ロワジャルダンなどの徹底分析)

今日は5/21(土)に行われる平安ステークスのレース考察を行います。京都ダート1900mで行われるG

記事を読む

函館記念の予想を公開!

いきなりですが、みなさんにお聞きしたい事があります。 馬券を買う時に何頭も買うのではなく、

記事を読む

【2016】七夕賞の予想を公開!

今日は7/10(日)に行われる七夕賞の予想です。福島芝2000mで行われるGIII戦です。 &

記事を読む

マーチステークス2018の予想を公開!

マーチステークス2018(中山ダート1800m)の予想です。 3月25日に中山競馬場で開催され

記事を読む

【ローズステークス2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ローズステークス2018(阪神芝1800m)の考察です。 9月16日に阪神競馬場で開催され発走

記事を読む

根岸Sの予想を公開!

明日より本州に戻りますが、函館は意外に暖かくて過ごしやすいです。今日は雪が降っていますが、それでもマ

記事を読む

セントライト記念 [4] 日曜の馬場を見た感じでの結論

土曜に引き続き、日曜も平場はぜーんぜんダメ。まぁ金土と夜に野球見たりサッカー見たりしてましたからねー

記事を読む

12月3週のレース回顧〜朝日杯はやはり牡馬のものだった

さて先月からブログの方できちんとレース回顧を書いています。 重賞

【有馬記念2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

有馬記念2018(中山芝2500m)の考察です。 12月23日に

ディセンバーステークス2018の予想を公開!

ディセンバーステークス2018(中山芝1800m)の予想です。

朝日杯フューチュリティステークス2018の予想を公開!

朝日杯フューチュリティステークス2018(阪神芝1600m)の予想です

ターコイズステークス2018の予想を公開!

ターコイズステークス2018(中山芝1600m)の予想です。 1

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑