*

カペラステークス2019の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2019/12/13 重賞レース考察・予想

カペラステークス2019(中山ダート1200m)の予想です。

12月8日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:20です。出走馬はコパノキッキング、ゴールドクイーン、ドリュウ、ヒロシゲゴールドなど。中山競馬場のダート1200mで行われるGIIIです。

 

[PR] 阪神JFに絶対的な自信がある競馬サイトをここに紹介!

今年最後の牝馬G1戦にて有終の美を飾り立てる!!

━━━━━━━━━━━━

阪神ジュベナイフィリーズ~厚張り指定の厳選情報!!

2019年もいよいよ佳境今年最後となるG1牝馬戦。
既に2強対決との見解も多い今年の阪神JF

推定1番人気馬の「リアアメリア」は、前走アルテミスSで出遅れ、道中では折り合いを欠きつつも、最期の直線では他馬を圧倒する末脚一閃で無傷の2連勝を飾っております。

さらに推定2番人気馬「ウーマンズハート」こちらも、新馬戦では上り32.0の末脚を見せており、続く新潟2歳Sでは牡馬を相手取り堂々の2連勝。

これら2頭以外でも、軽視する事の出来ない実力馬が複数台頭しておりますが、図抜けた人気馬の出走レースとなれば低オッズ帯での決着が濃厚。ここは極少点数での厚張り案件こそが好配当への第一歩。

──────────────
◎実績も時計も無意味?
◎レースの格に惑わされない
◎実力と乖離したオッズ

──────────────
阪神ジュベナイルをどう分析してるのか?!
トレセン班のやり手記者が各地で取材敢行!!
詳細はサイトTOPよりご確認頂けます♪

気になる方は以下画像をクリック。メール登録後、阪神情報、おそらく香港情報まで公開してくる可能性あり。まずは確認メールきたらクリックしてログイン。詳細をチェックしてみてください。

▼詳細は”勝鬨”をクリック▼

 

カペラステークス 2019予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


中央競馬ランキング

 

カペラステークスの週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

1年間で唯一行われるダート1200mの重賞レース。当然、快速馬たちがこぞって出走してくるはずで、そんなわけでこのレースはとにかくハイペースの前傾ラップになりやすい。過去5年のレース結果を見てもすんなりと逃げた馬の粘りこみはあるとはいえ、それ以外は大体が4コーナー5番手以下の馬の差し追い込みがほとんど。ハイペースを番手で競馬する馬にはあんまり期待できないレースだろう。

今年もゴールドクイーンという何が何でも逃げたい馬がいますし、シャインヴィットゥ、レッドアネラ、ヒロシゲゴールドあたりもいるとなればまずハイペースが濃厚。例年通りの傾向であれば狙うべきは差し追い込みタイプの馬だろう。

昨年王者のコパノキッキング、そしてながつきステークスを驚異の時計で逃げ切ったゴールドクイーンの2頭は相当に強いと思うが、どちらもMAXパフォーマンスが凄まじい分ポカもあるようなタイプ。ここは伏兵の差し馬の一発に期待したい。

というわけで予想の発表。

 



 

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

 

カペラステークス 2019の印

本命 ◎テーオージーニアス 

本命はいかにもこの条件で展開的にもハマりそうなこの馬に期待したい。

3走前から馬が化けた感じで、すでに藤森ステークスの時点でオープン好走級のパフォーマンス。驚いたのは2走前の準オープン勝ちの内容で、今まで差し一辺倒だった馬がハイペースを先行して好位からの競馬。普通はこういう競馬をすると前半部分の負担が大きくなって末脚が鈍るものだが、この馬は位置を取りに行っても末脚の威力が変わらなかった。おそらくこの馬は激流にも対応できる中山ダート1200m向きの差し馬だろう。

前走は勝ち馬が非常に楽なペースで逃げたスローペース戦。この馬は道中インに押し込められるような格好になり、最後はラチ沿いから猛然と差し込んできたが届かず。それでも最後はグイグイと伸びてあと一歩のところまで迫りましたし、前走は完全に脚を余した競馬と見て良さそうだ。

前述の通りでカペラステークスはスピードタイプの馬が揃ってハイペースの前傾ラップになって差しが決まりやすい傾向。いかにもこの馬のキャラ的にハマりそうですし展開的にも向きそうな感じ。加えて枠順も末脚をスムーズに伸ばすにはベストのところが引けた感じがしますし、ここは人気2頭よりもこの馬の方が堅実に駆けてくると見て本命に推します。

 

対抗 ◯コパノキッキング

対抗はコパノキッキングが人気でも無難だろう。

戦績通りに現在のダート短距離界の最有力の存在。昨年も柴田大知騎手の滅茶苦茶な騎乗ながら差し切って勝利していますし、ここでは能力が違うだろう。ただ、危うさも備えた馬なので、藤田菜七子騎手がミスした場合は若干の不安もある。

 

単穴 ▲ゴールドクイーン

三番手は単騎逃げさえ打てればゴールドクイーンは普通に強いはず。

とにかくハナさえ切れれば相当に強い馬。ながつきステークスはハイペースで逃げて圧巻のパフォーマンスでしたし、ここも少々のハイペースでも単騎で行ければそのまま押し切りも。

 

特注 ☆オールドベイリー

大穴で面白そうなのはオールドベイリーか。

消耗戦に強そうなダート短距離馬で、昨年は本命に推したが中井騎手の酷すぎる騎乗で精神的に馬もやられてしまった感じ。それでも天王山Sはこれまた酷い騎乗ながら外から追い込んで差のない競馬。今回は去勢手術明けでリフレッシュされていますし、揉まれない大外枠からスムーズな競馬ができれば一発あっていいか。

 

印まとめ

◎テーオージーニアス 
◯コパノキッキング
▲ゴールドクイーン
☆オールドベイリー
△ヒロシゲゴールド
△シュウジ
△タテヤマ
△レッドアネラ
△ドリュウ

勝負度 D

 

推奨馬券

三連複 12→7,4→7,4,16,15,14,13,10,1 本線ベース

三連複 12,7,4 重ね買い or 三連単BOX 12,7,4

馬連 12→7,4 本線

ワイド 16→7,4 抑え

関連記事

函館記念 [5] 土曜の馬場を見ての結論

今日はぜーんぜんダメでした。 まぁ土曜競馬なんでそこまで賭けてはいませんでしたが、1万使って600

記事を読む

【2016】京王杯SC/ レース考察(東京芝1400mで行われるGII戦を徹底考察します)

今日は5/14(土)に行われる京王杯スプリングカップのレース考察を行います。東京芝1400mで行われ

記事を読む

【北九州記念2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

北九州記念2017(小倉芝1200m)の考察です。 8月20日に小倉競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

ファンタジーS [3] 勝ち馬を固定する

いやぁもうですね、京王杯2歳ステークスといい、ファンタジーステークスいい、私ただでさえ2歳重賞はあま

記事を読む

【毎日王冠2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

毎日王冠2018(東京芝1800m)の考察です。 10月7日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

チューリップ賞の予想を公開!

炭焼きレストランさわやかに初めて行きました。といっても静岡県民の方しかわからないと思いますが、静岡県

記事を読む

【2016】北九州記念 / レース考察(小倉芝1200mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は8/21(日)に行われる北九州記念のレース考察を行います。小倉芝1200mで行われるGIII戦

記事を読む

函館2歳S [1] まずはじめにレース傾向等を・・・

さて、今週末は「函館2歳S」と「中京記念」があります。 ぱっと出馬表をみた感じですが、

記事を読む

【マイルチャンピオンシップ2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

マイルチャンピオンシップ2019(京都芝1600m)の考察です。 11月17日に京都競馬場で開

記事を読む

NZT [1] 一番強い差し馬を買うべき中山馬場

フジロックの第4弾発表がありました。 やっぱり今年は邦楽勢が強い印象なんですが、そう思ってるの

記事を読む

皐月賞2021の予想を公開!

皐月賞2021(中山芝2000m)の予想です。 4月18日に中山

アンタレスステークス2021の予想を公開!

アンタレスステークス2021(阪神ダート1800m)の予想です。

アーリントンカップ2021の予想を公開!

アーリントンンカップ2021(阪神芝1600m)の予想です。 4

【アンタレスステークス2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

アンタレスステークス2021(阪神ダート1800m)の考察です。

【皐月賞2021の予想ヒント】枠順から見るレース見解

皐月賞2021(中山芝2000m)の考察です。 4月18日に中山

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑