*

皐月賞 [5] 人気決着の多い堅いレース

公開日: : GIレース考察・予想

なんだか桜花賞であれだけルージュバックを無敗馬と騒いでいたのにもかかわらず、皐月賞では無敗馬が一切騒がれないと思いませんか?

サトノクラウン

キタサンブラック

どちらも非常に強い馬だと思いますが、全く騒がれません。

恐らくですがレースや血統が地味だからなんですよね。

どちらもルージュバックのような派手さがない。

普通に考えてサトノクラウンは単勝1倍台に支持されていい馬だと思いますし、キタサンブラックも2番人気に推されて当然の馬だと思います。

マスコミっていうのはよくわかりませんねー。

 

さて、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」にて、

本日22:00よりいち早く皐月賞のプレ予想を公開いたします!!

ご覧になりたいという方は、ぜひメルマガへのご登録お願いいたします。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」にて公開!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

人気決着の多い堅いレース

「皐月賞はトリッキー中山コースだから荒れる」

こういう考えを持っている人は意外に多いんですよね。
特にダイワメジャー、ヴィクトリーあたりの記憶をずーっと持ち続けて穴狙いを続けている人がけっこう多い。

ただ、実際のところ

皐月賞は人気決着の多い堅いレースです

皐月賞ってトリッキーな中山コースで行われるので、新聞の印も結構ばらけがちで、穴党記者なんかは結構とんでもない馬に印を打ったりします。
だから断然の一番人気馬っていうのがなかなか生まれにくいレース。

けれども、結局は人気の強い馬同士の決着になることがほとんど。

昨年はトゥザワールドとイスラボニータの1、2番人気の一騎打ちでしたし、
一昨年は1〜3番人気そのまま順番通りに好走しました。

その前の年も1番人気のグランデッツァが飛んだ以外は2、3、4番人気決着でした。

ここ5年間で4年が1番人気が連対している、という事実を見ても、無謀な穴狙いはすべきレースではなさそうです。

やはり、気まぐれな牝馬とは違って、牡馬はある程度トライアルでの結果が直結しやすいのと、トライアルが中山芝1800mと中山芝2000mで行われますから、そこでの実績馬が本番でも結果を出しやすいのでしょう。

 

勝ち馬はほぼ全てがトライアル勝ち

皐月賞の明確な傾向として、ここ10年間で9度がトライアルを勝ってきた馬が制覇しているということ。

【2014年】イスラボニータ(前走:共同通信杯1着)
【2013年】ロゴタイプ(前走:スプリングS1着)
【2012年】ゴールドシップ(前走:共同通信杯1着)
【2011年】オルフェーヴル(前走:スプリングS1着)
【2010年】ヴィクトワールピサ(前走:弥生賞1着)
【2009年】アンライバルド(前走:スプリングS1着)
【2008年】キャプテントゥーレ(前走:弥生賞4着)
【2007年】ヴィクトリー(前走:若葉S1着)
【2006年】メイショウサムソン(前走:スプリングS1着)
【2005年】ディープインパクト(前走:若葉S1着)

 

このように前走1着馬の成績が圧倒的。

勝ち馬に関しては、前走で勝利を挙げているような抜けた能力がないと通用しない舞台、と考えたほうがよさそうです。

今回のメンバー中で前走勝利を挙げている馬は、

キタサンブラック(前走:スプリングS1着)
サトノクラウン(前走:弥生賞1着)
スピリッツミノル(前走:すみれS1着)
ミュゼエイリアン(前走:毎日杯1着)

の4頭。

もっとデータを重視すれば、過去10年の内で勝ち馬が出ているのは、スプリングSと弥生賞と弥生賞と若葉Sと共同通信杯のみ。

トライアル以外のOPレースや、毎日杯のデータはあまり良くありません。

となると、データを重要視される方で単勝馬券を買いたい方は、

キタサンブラック
サトノクラウン

この2頭が今年の該当馬と言えます。
有力な馬と考えておいたほうが良さそうです。

 

私も毎年、皐月賞は堅めの少点数で印を打ちます。
その中で最低限の穴を印で打って仕留めるのがベスト。
昨年もそれで◎トゥザワールドと◯イスラボニータ本線で△ウインフルブルームを拾いました。

今年も恐らくその戦法で狙うのが良さそうなレース。

印はかなり絞る予定ですが、その中でもこの馬は人気はしなそうですが穴として狙ってみるつもりです。

 

その馬の名は?

↓↓↓

☆その馬の名はブログランキングで公開中☆

上記ブログランキングの(B)に記載ありますのでチェックしてみてください!

 

また、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」にて、

本日22:00よりいち早く皐月賞のプレ予想を公開いたします!!

ご覧になりたいという方は、ぜひメルマガへのご登録お願いいたします。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」にて公開!
★★━━━━━━━━━━━━━━━★★

今年の皐月賞(G1)は相手馬がキモ

“絶対的な穴馬”が配当を大きく左右する

第75回 皐月賞(G1)

★★━━━━━━━━━━━━━━━★★

今週はクラシック三冠の第一戦!
《 皐月賞(G1) 》
皐月賞(G1)は例年、1着は堅く決まり、

相手馬次第で配当が跳ね上がる傾向にあります。

2009年から7年間、4番人気以内の馬が1着となっており、

今年も1着は堅く決まりそう

そして、気になる相手馬は・・・

意外な“ある馬”が3着内率に入る可能性大!


あなたもド肝を抜かれる“ある馬”とは!?

↓  ↓  ↓  ↓
コチラからご覧ください(メアド入力のみで見れます)

更に、本日は皐月賞(G1)の予想で使える、

絶対に抑えておきたい馬券ポイントをお教えします!


■注目すべきはデビュー戦の単勝人気

デビュー戦で単勝5番人気以内に支持されていた馬は連帯率高し!

連帯率では1~5番人気の差はないが、

3着内率は特に1番人気の馬は24%と抜きんでています。


■狙いは近走で大敗していない馬

過去10年間を見ると過去3走、芝の重賞で1着になっている馬が

2回に1回の確率で3着以内に入る傾向に。

そして、過去3走で5着以下に敗れた馬は苦戦しています。

近走での重賞成績をしっかりと見る必要があるでしょう。

このように過去成績が重要となる皐月賞(G1)ですが、

もちろん、過去のレース検証だけでは的中は出せません。

今年はある馬が“絶対的な穴馬”となる可能性大!

配当をグッッと引き上げてくれる美味しい穴馬を

見つける事こそが競馬の醍醐味です。

そんなココでしか知る事の出来ない

皐月賞(G1)の「美味し過ぎる情報」を完全無料で公開中!

コチラからご覧ください(メアド入力のみで見れます)

 

関連記事

有馬記念 [4] 果たして捲りは決まるのか?

ちょっと師走はあらゆる仕事が舞い込んできて忙しすぎて死にそうなわけでございます。ただし、有馬記念ウィ

記事を読む

桜花賞 [5] 枠順発表!明暗を探る。

今日は晴れていたのでお出かけしております。 本当は毎週水曜日がお出かけ日なんですがね、昨日は雨

記事を読む

NHKマイルカップ2018の予想を公開!

NHKマイルカップ2018(東京芝1600m)の予想です。 5月6日東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

【ダービー全頭特集】ベルラップ

最近、連日のように蚊に悩まされています。 昆虫類全般が苦手なのですが、それにしても蚊は嫌いです

記事を読む

【天皇賞(秋)2017の予想ヒント】全頭診断その1

天皇賞(秋)2017(東京芝2000m)の全頭診断その1です。 10月29日に東京競馬場で開催

記事を読む

高松宮記念 [3] エアロヴェロシティの取捨

高松宮記念はデータや血統よりも、今年はペース判断と中京の馬場状態の見極めが一番大事になってくると思っ

記事を読む

【2016】桜花賞の予想を公開!

今日は4/10(日)に行われる桜花賞の予想です。阪神芝1600mで行われるGI戦です。 【PR】今

記事を読む

桜花賞 [4] 内枠を引いたらジ・エンド

水曜は仕事の方も競馬データ集積の方も落ち着くので、毎週どっかしらお出かけに行くのですが、あいにく今日

記事を読む

【大阪杯2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

大阪杯2018(阪神芝2000m)の考察です。 4月1日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:

記事を読む

ヴィクトリアマイルの予想を公開!

枠順発表前はショウナンパンドラ本命予定で、勝負度はB及びAの感じだったんですが、枠順発表でやる気激減

記事を読む

白河特別2018の予想を公開!

白河特別2018(福島芝1200m)の予想です。 7月21日に福

【中京2歳ステークス2018の予想ヒント】過去データやラップなどを分析考察します

中京2歳ステークス2018(中京芝1600m)の考察です。 7月

今週末の新馬戦注目馬とフジロックのことなど

今週末に行われる2018-2019年シーズンの新馬戦の考察です。

【中京記念2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

中京記念2018(中京芝1600m)の考察です。 7月22日に中

【函館2歳ステークス2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

函館2歳ステークス2018(函館芝1200m)の考察です。 7月

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑