*

高松宮記念 [5] 枠順発表で見えてきたものは・・?

公開日: : 重賞レース考察・予想

ようやく高松宮記念の枠順が発表!!

正直、今回の高松宮記念は枠順と馬場がすべてだと思っています。だからこそ枠順が発表されるまでは全く予想ができませんでしたが、これで予想が開始できます。

さて、この枠順から見えてきたものはなんでしょうか。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

高松宮記念 枠順

1枠1番 リトルゲルダ(丸田)
1枠2番 オリービン(菱田)
2枠3番 ローブティサージュ(池添)
2枠4番 エアロヴェロシティ(パートン)
3枠5番 ワキノブレイヴ(松岡)
3枠6番 サドンストーム(国分優)
4枠7番 マジンプロスパー(北村友)
4枠8番 アンバルブライベン(田中健)
5枠9番 レッドオーヴァル(戸崎)
5枠10番 アフォード(村田)
6枠11番 ショウナンアチーヴ(吉田隼)
6枠12番 サクラゴスペル(藤岡康)
7枠13番 ダイワマッジョーレ(Mデムーロ)
7枠14番 トーホウアマポーラ(福永)
7枠15番 ハクサンムーン(酒井)
8枠16番 ミッキーアイル(浜中)
8枠17番 コパノリチャード(武豊)
8枠18番 ストレイトガール(岩田)

枠順を見た感じでの、展開とレース展望を今回は行ってみよう。

 

この枠順で荒れる可能性が上がった

上位人気濃厚のストレイトガール、コパノリチャード、ミッキーアイル、ハクサンムーン、ダイワマッジョーレといった馬がすべて外枠を引いた。これにより、

今年の高松宮記念は荒れる可能性が一気に上がった

と考えていい。
これが昨年までであれば有力馬が外枠に揃ったことで逆に信頼度が上がったと見るべきところだが、

現在の中京馬場は完全に内有利

もう外枠の人気馬は徹底的に嫌って内枠の馬で馬券を組み立てるべきだろう。

 

アンバルブライベンの単騎逃げが濃厚に

アンバルブライベンが許容範囲の4枠8番に入ったのに対して、ハクサンムーンは7枠15番に入った。

アンバルブライベンは1歩目も二歩目からのダッシュも早い馬で、ハクサンムーンは一歩めは遅いが二歩目からのダッシュが早い馬。

そこに枠順の内外の有利不利を重ねると、ほぼ間違いなくアンバルブライベンはハナを奪えるはずだ。

ハクサンムーンも必死に追うがアンバルブライベンがスッとハナを奪ってしまったために、2ハロン目には納得して2番手の競馬になるんじゃないかと見ている。

こうなると意外にペースは落ち着く可能性が高い。ミッキーアイルもコパノリチャードもその後ろあたりを追走できればいいと考えているだろうし、アンバルブライベンを潰しに行けばすべての馬が潰れる。二頭出しのラビット(昨年のスプリンターズSのダッシャーゴーゴーのような)でもいない場合はペースはハイにはならないと見ている。

今回の高松宮記念、どうもアンバルブライベン陣営とハクサンムーン陣営どちらも「絶対ハナ」を主張してますし、ほとんどの人間がハイペースの差し競馬を予想しています。それで恐らくデムーロ効果でダイワマッジョーレがびっくりするほど人気すると思います。

ですが、これはちょっと罠な気がしています。現在の中京の馬場状態を考えても、変にハイペースの差し馬決め打ちはせずに、ある程度流れても前が残っちゃうような展開を考えたほうが、みんな差し馬を狙う分配当妙味があるとも思います。

 

というわけで、良い枠を引いたなぁと思うのは2頭。

1頭はリトルゲルダ。

この馬は父母父と母父がミスプロで、イン差しは大得意。1枠1番という絶好枠を引きましたし、前走は休み明けで前へ行き過ぎた。今回は7番手くらいにつけてバテた先行馬を捌ければ頭まであると見ています。

そしてもう一頭はこの馬。

血統は父ミスプロで絶好。日曜は雨が降る可能性もありますが、道悪もこなせるこの馬には何の問題もなし。時計はかかったほうが走るタイプでしょうし、前走で上位人気馬とは差のないことも証明しています。

そしてこの馬は何より騎手がいい。スプリントGIが大得意な騎手ですし、この騎手は穴馬に乗らせてインの決め打ちなどをやらせたら天下一品にうまいです。リトルゲルダとどっちを評価するか迷いますが、騎手込みでこっちを本命にしてもいいかも。

 

その馬の名は?

↓↓↓

☆その馬の名はブログランキングで公開中☆

上記ブログランキングの(E)に記載ありますのでチェックしてみてください!

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第45回 高松宮記念(G1)

◎○強力情報馬でなんと70倍!

馬連1点馬券を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

絶対的な存在だったロードカナロアが去った後のスプリント界は、春の高松宮記念をコパノリチャード、秋のスプリンターズSをスノードラゴンが制したものの、どちらも馬場が悪い中で行われ、ハッキリ言えばスピード勝負ではなく、道悪適性が問われるだけのレースだった。ハッキリ言えば、先に繋がる1戦ではなかった。つまり、スプリント界は未だに混沌、どんな馬にもチャンスがある状況だ。

今年の顔ぶれも、昨年の覇者コパノリチャード、復調気配が見える実力馬ハクサンムーンにミッキーアイル、G1制覇まであと一歩が続くストレイトガール、勢いのあるアンバルブライベンなどなど、多士済々な満面。更には、昨年の香港スプリントを制覇したエアロヴェロシティが海外から参戦。馬券的には絶対に面白いレースではあるが、当り障りのない公式コメントや、まばらに散った新聞の印だけを頼りに馬券を買うようで、的中に近づくことなど不可能に近い。

しかし、総勢400名以上を超える情報ルートを抱える当社は、各陣営から偽らざる本音の部分を聞き出すことができる。その中には、1番人気濃厚でも全く“イラナイ”話だったり、ほとんど印のない超人気薄の“激走ヤリ”話などなど、高配当、万馬券を獲るために必要な情報が数多くある。

今年の高松宮記念の“真実”を知りたければ、当社の『G1裏情報』をまず見て頂き、情報力を知って頂きたい。また、想定70倍以上の馬連1点馬券も公開するので、その結論に驚いて頂こう。

本物の情報で毎週、万券的中!

3/14中京11R中日新聞杯   5万0580円的中

3/8中山9R潮来特別     1万1600円的中

2/28小倉10R萌黄賞     4万0500円的中

2/21東京6R3歳500万下    1万4780円的中

2/14クイーンC       1万1550円的中

2/8東京8R 4歳上1000万下  2万3190円的中

2/1 京都11RシルクロードS  8万0310円的中

↓ ↓ ↓ 今すぐ無料で確認する ↓ ↓ ↓

→→関係者が大勝負する高松宮記念の1点勝負を無料公開←←

関連記事

【エプソムカップ2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

エプソムカップ2018(東京芝1800m)の考察です。 6月10日に東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

新潟2歳S [2] 全頭診断 (2)

友人が心機一転会社を辞めてスペインへ旅立つということで、渡航前日の壮行会に昨日は行ってきました。場所

記事を読む

【2016】小倉2歳ステークスの予想を公開!

今日は9/4(日)に行われる小倉2歳ステークスの予想です。   小倉2歳ス

記事を読む

ユニコーンS [3] 上位人気馬の短評

今週末から函館開催が始まりますねー。個人的に函館競馬場は大好きなので開催期間中に一度は行きたいんです

記事を読む

日経新春杯 [2] 長く良い脚が使える馬が強い

忙しくてここ5年ほどアニメとか見れてなかったんですが、劇場版が公開されて話題になっていたのでPSYC

記事を読む

カペラS [1] 激流になるか、それとも・・・

1月にロンドンに行く予定だったんですが、ISのテロの関係でちょっといま欧州にわざわざ行く必要はないか

記事を読む

【2016】ターコイズSの予想を公開!

今日は12/17(土)に行われるターコイズステークスの予想です。 【PR】二桁人気馬の激走情報

記事を読む

【2016】青葉賞 / 枠順&展開考察(レーヴァテイン、ヴァンキッシュラン等の枠順は如何に)

今日は4/30(土)に行われる青葉賞のレース考察を行います。東京芝2400mで行われるGII戦です。

記事を読む

武蔵野ステークス2017の予想を公開!

武蔵野ステークス2017(東京ダート1600m)の予想です。 11月11日に東京競馬場で開催さ

記事を読む

【神戸新聞杯2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

神戸新聞杯2017(阪神芝2400m)の考察です。 9月24日に阪神競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

函館2歳ステークス2018の予想を公開!

函館2歳ステークス2018(函館芝1200m)の予想です。 7月

中京記念2018の予想を公開!

中京記念2018(中京芝1600m)の予想です。 7月22日に中

白河特別2018の予想を公開!

白河特別2018(福島芝1200m)の予想です。 7月21日に福

【中京2歳ステークス2018の予想ヒント】過去データやラップなどを分析考察します

中京2歳ステークス2018(中京芝1600m)の考察です。 7月

今週末の新馬戦注目馬とフジロックのことなど

今週末に行われる2018-2019年シーズンの新馬戦の考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑