*

高松宮記念 [4] 上位人気予想馬の短評

公開日: : GIレース考察・予想

もう今週末くらいからは桜が開花するということで、手帳も気づいたら知らぬ間に「花見」の文字がいたるところに躍っております。

花見自体は好きなのですが、この時期は花粉症との戦いなので、マスクをしながらどう効率的にお酒を飲むか、ということを常に考えております。

もう桜が咲くということは桜花賞ももうすぐなんですねー。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

上位人気予想馬の短評

今年の高松宮記念はイマイチ人気が読めません。

ミッキーアイルやコパノリチャード、アンバルブライベンあたりがどんな人気に落ち着くかもわかりませんし、まぁストレイトガールは人気すると思いますが、ひょっとするとエアロヴェロシティが一本被りしたりする可能性もあるかと。

その中でも木曜日時点でnetkeibaの想定オッズで上位に推されている馬の短評をお伝えします。

※エアロヴェロシティは前回エントリーで紹介したので省略

 

ストレイトガール

色々なところを見ても、「7歳牝馬」「休み明け」ってことでこの馬軽視な雰囲気ありますが、普通に考えてこの馬強さで言えば日本馬の中では抜けていると思うんです。

まぁ7歳牝馬っていうのはちと気になるので本命にはしませんが、休み明けはスプリンターズステークスでもきっちり走りましたし、何よりこの馬そこまで馬格ないので道悪はそこまで得意じゃないように思うのですが、昨年のGI2つは道悪で走ってるんですよね。

今年の高松宮記念は良馬場ですから初めてGIで全能力を発揮できますし、1週前追い切りを見る限り出来は絶好。展開的には一番向きそうな中位差し馬ですから、ある程度内目を引いたらまず馬券内だと思いますが果たして。

 

ミッキーアイル

前走で控える競馬に成功。もうこれだけで前走は負けても価値があるものでした。

もともと現役屈指のスピードがあった馬です。3歳時は同世代比較でマイルでもぶっ飛ばせばなんとかなってましたが、古馬混合になってからはマイルでは持たなくなってきた。そこで距離短縮で控える競馬を試して成功。あの内容ができればディープ産駒が走る中京芝1200mコースならかなり強調できます。

不安点はこの馬気が良すぎるので休み明けの方が向きそうなこと。叩いて良くなるタイプにはあまり思えないんで、そのあたりがどうでしょう。

 

ダイワマッジョーレ

上がりがかかればかかるほど走る相対的な差し馬で、中京芝1200mはいかにも合いそうな感じ、例年なら。

この例年なら、っていうところがポイント。まぁこの馬イン突きもできるので上手く捌ければ上位だとは思いますが、阪神芝1400mの重馬場っていう前回の条件がベストだった気がします。今回はイン圧倒的有利の中京コース。ある程度スピードについていければ走りそうですが、デムーロで過剰人気しそうとなるとあまり重い印はつけたくないかも。

 

コパノリチャード

昨年の高松宮記念は逃げ粘ったのでもなく、差したのでもなく、「バテなかった」という強みで勝った馬。

ダイワメジャー産駒で前に行ってバテないタイプの馬で、昨年は他の馬が走るのをやめるような馬場で、前へ行って他の馬がバテる中で相対的にバテない内容で快勝。

今年は良馬場濃厚で、こうなると逃げ粘るか差すかどちらかは求められるレースになります。そのどちらも今回の有力馬にかないそうもないこの馬は危険な人気馬のような気がしています。

 

アンバルブライベン

世間的には完全に無視されていますよねこの馬。スローの逃げ残りばかりで、展開に恵まれた、という評価が多いでしょうし、田中健じゃGIは無理だという意見が多いのであまり取り上げられないんでしょう。

ただ、こういう一本調子の逃げ馬って結構、高松宮記念ではギリギリまで粘ります。

しかも今年はイン有利で前が残る馬場ですし、父はキングマンボの血が入ったルールオブローでミスプロ系と今の馬場傾向もベスト。

他の騎手が牽制し合えば十分馬券圏内はあると思います。経験則からいって人気は嫌われそうな予感がしているので、そこそこ重い印をつけようか思案中。

 

人気馬で評価したいのは、ストレイトガール、ミッキーアイル、アンバルブライベン

人気馬で評価を落としたいのは、コパノリチャード

どちらとも取れないのが、ダイワマッジョーレ

今のところこんな感じの評価です。

ただ、全ては枠順だと思うので、枠が決まるまではなんとも言えませんね。明日の枠順発表を祈るように見守りたいと思います。

 

さて、本命候補3頭のうち今まで2頭発表してきました。

サ●●●●●●

ロ●●●●●●●

もう一頭はこの馬です。

中京芝1200mはこの馬にとっての絶好条件。イン差しもできますし、母父はスマートストライクでミスプロ系。人気もいい感じで嫌われそうで、狙えると思っていますが果たして。

 

その馬の名は?

↓↓↓

☆その馬の名はブログランキングで公開中☆

上記ブログランキングの(I)に記載ありますのでチェックしてみてください!

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第45回 高松宮記念(G1)

◎○強力情報馬でなんと70倍!

馬連1点馬券を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

絶対的な存在だったロードカナロアが去った後のスプリント界は、春の高松宮記念をコパノリチャード、秋のスプリンターズSをスノードラゴンが制したものの、どちらも馬場が悪い中で行われ、ハッキリ言えばスピード勝負ではなく、道悪適性が問われるだけのレースだった。ハッキリ言えば、先に繋がる1戦ではなかった。つまり、スプリント界は未だに混沌、どんな馬にもチャンスがある状況だ。

今年の顔ぶれも、昨年の覇者コパノリチャード、復調気配が見える実力馬ハクサンムーンにミッキーアイル、G1制覇まであと一歩が続くストレイトガール、勢いのあるアンバルブライベンなどなど、多士済々な満面。更には、昨年の香港スプリントを制覇したエアロヴェロシティが海外から参戦。馬券的には絶対に面白いレースではあるが、当り障りのない公式コメントや、まばらに散った新聞の印だけを頼りに馬券を買うようで、的中に近づくことなど不可能に近い。

しかし、総勢400名以上を超える情報ルートを抱える当社は、各陣営から偽らざる本音の部分を聞き出すことができる。その中には、1番人気濃厚でも全く“イラナイ”話だったり、ほとんど印のない超人気薄の“激走ヤリ”話などなど、高配当、万馬券を獲るために必要な情報が数多くある。

今年の高松宮記念の“真実”を知りたければ、当社の『G1裏情報』をまず見て頂き、情報力を知って頂きたい。また、想定70倍以上の馬連1点馬券も公開するので、その結論に驚いて頂こう。

本物の情報で毎週、万券的中!

3/14中京11R中日新聞杯   5万0580円的中

3/8中山9R潮来特別     1万1600円的中

2/28小倉10R萌黄賞     4万0500円的中

2/21東京6R3歳500万下    1万4780円的中

2/14クイーンC       1万1550円的中

2/8東京8R 4歳上1000万下  2万3190円的中

2/1 京都11RシルクロードS  8万0310円的中

↓ ↓ ↓ 今すぐ無料で確認する ↓ ↓ ↓

→→関係者が大勝負する高松宮記念の1点勝負を無料公開←←

関連記事

マイルCS [3]ディープ産駒バイアスは継続中も取捨には注意

今日はちょっと別件のお仕事で熊谷に来ております。ちょっと夜まではいられなそうなんですが、熊谷駅は秀萬

記事を読む

菊花賞 [5] 枠順を見た上での考察

昨日はお伝えしていた通り、ゆたぽんさん主催の「秋の競馬大会議」に行ってまいりました。

記事を読む

【天皇賞(秋)2017の予想ヒント】全頭診断その3

天皇賞(秋)2017(東京芝2000m)の全頭診断その3です。 10月29日に東京競馬場で開催

記事を読む

【秋華賞2017の予想ヒント】想定3番人気リスグラシュー考察

秋華賞2017(京都芝2000m)の考察です。 10月15日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】フェブラリーS / 有力馬考察(ノンコノユメ、モーニンなどの徹底分析)

今日は2/21(日)に行われるフェブラリーSのレース考察を行います。東京ダート1600mで行われるG

記事を読む

阪神JF [3] 阪神マイルはやはりディープ産駒を買うべきか?

そろそろ最終募集となりますが、リプライサミット東京開催はまだ募集しております。 まぁ懇親会も開

記事を読む

【2017】朝日杯フューチュリティステークスの予想を公開!

朝日杯フューチュリティステークス2017(阪神芝1600m)の予想です。 12月17日に阪神競

記事を読む

マイルCS [6] ペース予測と高速時計への対応能力

急遽、別件で福島へ行くことになりまして、福島の杉田ってところに行ってまいりました。帰りの新幹線でこの

記事を読む

【2016】エリザベス女王杯の予想を公開!

今日は11/13(日)に行われるエリザベス女王杯の予想です。   □■

記事を読む

【安田記念2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

安田記念2018(東京芝1600m)の考察です。 6月3日に東京競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑