*

阪神大賞典 [1] AJCCの教訓を胸に

公開日: : 重賞レース考察・予想

えぇとここ最近で3kgほど痩せました。

昨夏から暴飲暴食続きで10kgほど太ったんですが、ここ最近は意識してウォーキングをしています。集中的にウォーキングすれば2週間で3kgくらいは痩せるもんですね。

まだ生涯のベスト体重よりは10kgほど重いので、引き続き減量生活を続けていこうと思っております。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

ゴールドシップは二頭軸にすべき馬ではない

よく競馬コンシェルジュの棟広さんが、穴馬と堅軸馬からの二頭軸全頭流しを推奨しています。

私自身もこの買い方は点数少なく買えて、かつドカンがあるので非常に有益な馬券術だと思っております。

そして一方、唯一ブログを見るようにしている予想家の方は、二頭軸は基本的にダメという考え方。本命の穴馬が来たのに二頭目で外したら元も子もないということです。

これもごもっとも。自分がくると確信した本命馬が来ているのに外れるっていうのは競馬予想としてダメですからね。

 

この二頭軸議論の是非を痛感したのが、先日のAJCCでした。

私の本命は◎クリールカイザー。

適性MAX、能力もゴールドシップを除けば最上位で、かなりの自信のある本命でした。

ただ、ゴールドシップは能力と適性で抜けているので対抗評価とし、この二頭軸で挑んだ。

結果はご存知の通り、◎クリールカイザーは理想通りのレース内容で快勝。◯ゴールドシップは全く走る気が無く惨敗でした。

これだけでは「二頭軸はダメよ、ダメダメ」とは言いにくいです。やっぱり競馬は点数を減らしてどれだけつっこめるかっていうのも重要なので、二頭軸が重要な買い方であることも事実。

ただ、AJCCではっきりとわかったこととして、

ゴールドシップを二頭軸で買ってはダメだということ

この馬は適性条件であれば、走る気さえあれば圧勝しますし、走る気がなければ惨敗します。よって本命印は非常に打ちにくい馬で、私自身もたぶん昨年の宝塚記念くらいしか本命を打った記憶がありません。

ゴールドシップは基本的には、

 

ゴールドシップ本命で運命を共にするか

他の馬を本命にして流す程度にし、決して二頭軸にしないこと

 

これが鉄則でしょう。

いくら強いし堅いと思っても二頭軸にはしてはいけない馬です。

 

今回、ゴールドシップ本命でも十分OKだと思います。阪神大賞典は二連覇中ですし、走る気さえ起きればこのメンバーなら圧勝しても不思議じゃないでしょう。

ただ、走る気が起きなかったり、前走の敗戦がステイゴールド産駒特有のやる気がなくなる時期であったりするならば、得意条件でも惨敗はありえます。

今のところ本命にしてもいいかなぁと迷い中。

もしゴールドシップを本命にしないとするならどの馬を狙うかなどを考えております。

 

トーホウジャッカルはこの世代のレベルが疑問、ラブリーデイは距離不安あり、牝馬勢は3000mでは強調できず、となると、人気的に一番美味しそうでゴールドシップが飛べば頭もありそうなのはこの馬でしょうか?

昨秋から一気に力をつけてきた印象で、前走は完全な騎乗ミス。メルマガの重賞回顧でも書いてあったと思いますが、うまく乗れてれば3着はあった内容でした。

血統的には評価は微妙ですが、少なくとも他に血統で強調できる馬もあまりいませんし、人気的に嫌われるならこのへんを狙ってみたいです。

 

その馬の名は?

↓↓↓

☆その馬の名はブログランキングで公開中☆

上記ブログランキングの(B)に記載ありますのでチェックしてみてください!

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第64回 スプリングS(G2)

高配当のキーホースとなる

激走穴馬の正体は!?

3連単勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

弥生賞も終わり、牡馬クラシック戦線も次第に勢力図が出来上がってきたが、このスプリングSも今後を占う上で非常に重要な1戦。皐月賞のステップという観点で見れば、過去10年で勝ち馬4頭を輩出しているのは同レースが、いかに注目すべきかおわかり頂けるだろう。

今年は2歳王者ダノンプラチナがココから始動。現3歳世代では圧倒している感もある関東馬、3戦無敗で弥生賞を制したサトノクラウンの台頭もあるが、実績で言えば現時点での大将格はこの馬と言っていい。一方、関西からは2戦2勝で共同通信杯を制したリアルスティールが再び東上。この2頭の対決結果によって、より勢力図がハッキリしてくることはホボ間違いない。

しかし、馬券がこの2頭で決まるのかと言えば話は別だろう。ともに中山は初経験、トリッキーなコースということだけでも死角はある。事実、「広いコースでガチンコだったら分が悪いかもしれなけど、ココならウチの馬の方が分はある。どっちも先を見据えた仕上げをしてくるだろうから、そういう意味でも付け入る隙はあるはずだよ」と、一発を狙っている某陣営の存在を独占キャッチ。この馬が高配当を呼び起こす“キーホース”となりそうだ。

この馬の存在を含めたスプリングSの情報、そして今週は特別に3連単勝負買い目も特別に無料公開。しかも、更に今回は同日に行われる阪神大賞典も公開させて頂こう。この機会に、シンクタンクの情報力を余すところなく体感してもらいたい。

本物の情報で毎週、万券的中!

3/8中山9R潮来特別     1万1600円的中

2/28小倉10R萌黄賞     4万0500円的中

2/21東京6R3歳500万下    1万4780円的中

2/14クイーンC       1万1550円的中

2/8東京8R 4歳上1000万下  2万3190円的中

2/1 京都11RシルクロードS  8万0310円的中

↓ ↓ ↓ 今すぐ無料で確認する ↓ ↓ ↓

→→関係者が大勝負するW重賞の3連単勝負を無料公開←←

関連記事

スプリングS [3] ダノンプラチナはこの距離を走れるのか?

大阪に到着いたしました。今週末は両日とも阪神競馬場に行きます。 本当は園田競馬場行きたかったん

記事を読む

【2016】スプリングS / 枠順&展開考察(ロードクエスト、ドレッドノータス等の枠順は如何に)

今日は3/20(日)に行われるスプリングSの枠順&展開考察を行います。中山芝1800mで行わ

記事を読む

【2016】オールカマー / 有力馬考察(マリアライト、ゴールドアクターなどの徹底分析)

今日は9/25(日)に行われるオールカマーのレース考察を行います。中山芝2200mで行われるGII戦

記事を読む

関屋記念 [5] 土曜の馬場を見た感じでの結論

今日は朝にお伝えしていたように勝負はせずに、ちょろちょろと負けない程度に賭けながら馬場読みとバイアス

記事を読む

【2016】フィリーズレビュー / 枠順&展開考察(キャンディバローズ、アットザシーサイド等の枠順は如何に)

今日は3/13(日)に行われるフィリーズレビューの枠順&展開考察を行います。阪神芝1400m

記事を読む

阪神牝馬S2017の予想を公開!

阪神牝馬ステークス2017(阪神芝1600m)の予想です。 4月8日に阪神競馬場で開催され発走

記事を読む

府中牝馬S [2] 枠順と馬場と今年の牝馬重賞の傾向

「KAZさんて若い音楽をよく聴かれるんですねー、凄いです!」とTwitterのメッセージに頂きました

記事を読む

クイーンC [2] 好走を左右する3つの重要データ

一応水曜日と木曜日の午前中は他の仕事を一切せずに週末の予想時間に割いているんですが、今週は3重賞とも

記事を読む

【2016】エルムS / 有力馬考察(モンドクラッセ、ロワジャルダンなどの徹底分析)

今日は8/14(日)に行われるエルムステークスのレース考察を行います。札幌ダート1700mで行われる

記事を読む

【小倉大賞典2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

小倉大賞典S2017(小倉芝1800m)の考察です。 2月19日に小倉競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

Message

宝塚記念2017の予想を公開!

宝塚記念2017(阪神芝2200m)の予想です。 6月25日に阪

2017年6月24日の厳選予想 (夏至S)

2017年6月24日の中央競馬の平場・特別レースからの厳選予想です。

大沼S2017の予想を公開!

大沼S2017(函館ダート1700m)の予想です。 6月24日に

今週末の馬場とパラダイスSの注目馬

話が長くなりそうなので最初に今週末の注目馬を書いておきます。日曜日のパ

【宝塚記念2017の予想ヒント】枠順や展開、馬場などを分析考察します

宝塚記念2017(阪神芝2200m)の考察です。 6月25日に阪

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑