*

JBCクラシック [1] 盛岡ダート2000mの特徴は?

公開日: : 最終更新日:2014/10/28 地方レース考察・予想

今年のJBCは盛岡競馬場開催。
JBCクラシックの距離は2000mとなる。

まず第一回目の考察は盛岡ダート2000mってどんなコースなの?

っていうのを見ていきたい。

 

意外にタフな盛岡ダート2000m

あまりサンプル数が多くない距離形態なため、同距離で行われるマーキュリーカップの近年の結果を下記に記載した。

【2013年】
1着:ナイスミーチュー 5-5-3-4
2着:クリソライト   2-2-1-1
3着:シビルウォー   10-9-8-7

【2012年】
1着:ソリタリーキング 2-2-1-1
2着:シビルウォー   7-6-5-5
3着:グランドシチー  6-6-4-4

【2011年】
1着:シビルウォー   4-5-4-1
2着:グランドシチー  8-10-4-2
3着:フリソ      8-6-4-5

 

盛岡といえば先行断然有利なイメージがあるが、こと2000mに関しては差し、捲りがバンバン決まっている。

盛岡ダート2000mは二度坂をこえなければいけないため、想像以上にタフさが要求される。よって直線の短いコースは一見不利に見えるグランドシチーやナイスミーチューと言った上がりのかかる展開が得意な馬が台頭する。

イメージとしては、

よりタフにした左回り版福島ダート1700m

という感じか(逆にわかりにくい感じもしますが笑)

事実、小回りの激流差し専用機のシビルウォーが3年連続馬券に絡んでいるのも、そういう適性が最大限に活きる舞台なんでしょう。

今年のJRAの登録馬は以下の通り

 

クリソライト

クリノスターオー

コパノリッキー

ベストウォーリア

ホッコータルマエ

ワンダーアキュート

 

この中で最も盛岡ダート2000m適性が合いそうなのはこの馬か?

その馬の名は???

↓↓↓

で公開中!(キーワードB)

関連記事

佐賀記念2017の予想を公開!

佐賀記念2017(佐賀2000m)の予想です。 2月7日に佐賀競馬場で開催され発走時刻は16:

記事を読む

【2016】名古屋大賞典の予想(アウォーディーらの評価は?)

今日は3/17(木)に行われる名古屋大賞典のレース予想を行います。名古屋1900mで行われるSIII

記事を読む

【2016】さきたま杯の予想を公開!

今日は6/1(水)に行われるさきたま杯のレース予想を行います。浦和1400mで行われるJpnII戦で

記事を読む

【2016】優駿スプリントの予想を公開!

今日は6/28(火)に行われる優駿スプリントのレース予想を行います。大井1200mで行われるJpnI

記事を読む

JBCクラシック2019の予想を公開!

JBCクラシック2019(浦和ダート2000m)の予想です。 11月4日に浦和競馬場で開催され

記事を読む

黒船賞2020の予想を公開!

黒船賞2020(高知ダート1400m)の予想です。 3月10日に高知競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

ロジータ記念2017の予想を公開!

ロジータ記念2017(川崎2100m)の予想です。 11月8日に川崎競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

JBCクラシックの予想を公開!

大井競馬場にやってきましたが、新スタンドやばいっすね!! 最近は工事してたんでずっと指

記事を読む

ダイオライト記念2017の予想を公開!

ダイオライト記念の予想 ダイオライト記念2017(船橋2400m)の予想です。 3月15日に

記事を読む

JBCクラシック2020の予想を公開!

JBCクラシック2020(大井ダート2000m)の予想です。 11月3日に大井競馬場で開催され

記事を読む

Message

皐月賞2021の予想を公開!

皐月賞2021(中山芝2000m)の予想です。 4月18日に中山

アンタレスステークス2021の予想を公開!

アンタレスステークス2021(阪神ダート1800m)の予想です。

アーリントンカップ2021の予想を公開!

アーリントンンカップ2021(阪神芝1600m)の予想です。 4

【アンタレスステークス2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

アンタレスステークス2021(阪神ダート1800m)の考察です。

【皐月賞2021の予想ヒント】枠順から見るレース見解

皐月賞2021(中山芝2000m)の考察です。 4月18日に中山

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑