*

クイーン賞2018の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2018/12/24 地方レース考察・予想

クイーン賞2018 (船橋ダート1800m)の予想です。

12月12日に船橋競馬場で開催され発走時刻は20:05です。出走馬はプリンシアコメータ、アイアンテーラー、サルサディオーネ、ハービンマオ、ブランシェクールなど。船橋競馬場のダート1800mで行われるJpnIIIです。

 

[PR] 今なら新規登録してされた方限定で安心の1ヶ月間保証サービス!

ちなみに、先週の最大利益は・・・

1,329,300円です。

乗るか、反るか。それはあなた次第ですが
ここまで当たるサイトというのも正直珍しい。。。

いわゆる「情報サイト」で、怪しい…そんな風に思う方も少なくないでしょう。
しかし今なら新規登録で1ヶ月の保証サービスもあるんです。
これって、いわゆる、自信があるからこそ。

まあそういうことですよね(笑)

先週に関しても最大利益は上記でも上げたとおり100万オーバーの馬券…。

下記のような結果を毎週のように出しているのだから驚きです・・・。

稼げる競馬予想。

本当にこの言葉が似合うサイト「競馬予想ルクリウス」

競馬予想の成功者が自分の味方!そう思うと心強くないですか!?

はっきり言ってこの機会を逃すことほど損な話はないので

今なら1ヶ月の保証がついているわけですから乗ってみるべきですよ。

▼登録は当然無料!こちらから▼

 

クイーン賞 2018予想

過去のレース傾向

レディスプレリュードの1〜3着の再戦という構図の今回のクイーン賞。と言っても1着馬プリンシアコメータと2着馬ブランシェクールはJBCレディスクラシックで為すすべもなく大敗。いくら中央ダートへの適性が低いと言ってもこの結果はいただけない。

それ以外のメンバーを見ても、1600万下でファッショニスタ以下を完封しているアイアンテーラー、オープン勝ち実績あるサルサディオーネなどはいるが、どちらも逃げなければダメなピンかパーなタイプ。プリンシアコメータもできればハナの方が良いタイプで、自分の競馬ができなければどの馬もびっくりするほど負ける可能性もある。

 

何度も書いているがサンビスタの引退以降、牝馬交流重賞路線はかなり低いレベルでのどんぐりの背比べ状態。相対的に女王として君臨していた感じのホワイトフーガも引退しましたし、この路線を引っ張っていくかと思われたクイーンマンボは一時期の勢いが全くなくなってしまいました。

実際に今年の1年間の牝馬交流重賞は勝ち馬が全て違っており、コースや展開次第でどの馬にもチャンスがあるような状態。昨年のJBCレディスクラシックでは中央のオープンレベルで微塵も通用いていなかったラインハートが大穴を開けましたし、レディスプレリュードでは中央時代に1000万でも苦戦していたアルティマウェポンが大穴を開けました。

もう今の牝馬交流重賞路線はとんでもない馬でも展開次第では3着ぐらいならチャンスがあるような低いレベルと見て良さそうで、JBCレディスクラシックの上位馬が不在の今回なら大きく荒れる可能性は高そうだ。

 

気になる展開だが、やはりアイアンテーラーとサルサディオーネのハナ争いが鍵になるだろう。もうどちらもハナに行かないとどうしようもない馬なので、少々厳しくなっても何が何でもハナに立ちたいはず。船橋ダート1800mは1コーナーまで距離が長いのでそこまで競り合うことになるとハイペースで前が総崩れになる展開も普通にありそう。

昨年はプリンシアコメータが逃げて最後までラップを落とさずにかなり強い勝ち方を見せたが、今年は序盤で逃げ馬同士が争うことで上がりはかなりかかりそう。2013年や2016年のような消耗戦になりそうで、脚を溜めていた馬が最後に突っ込んでくる可能性は十分にあるだろう。

今の牝馬交流重賞路線で堅い馬券なんて買ってもしょうがない。ここは大万馬券までありうる大穴から狙ってみたい。

というわけで予想の発表。

 

 

クイーン賞 2018の印

本命 ◎タイムビヨンド

本命はこの相手ならば能力通用していいタイムビヨンドが全く人気ないので狙ってみたい。

2年前のクイーン賞は最後に差し込んできて3着。昨年のクイーン賞は全盛期のプリンシアコメータとアンジュデジールがとても強い競馬をしたせいで決着時計が速すぎて通用しなかった感じ。それでも最後まで伸びていましたし、前が止まっていれば3着は十分にあったような内容でした。この2年の走りを見てもこの馬は船橋ダート1800mの適性は相当高いと見て良さそう。

すでに6歳牝馬になって近走の成績を見てどうかという点ですが、2年前にクイーン賞3着の時の前走道営記念の走破時計2:08:2と比較して、今年の前走道営記念の走破時計2:08:2は同じ時計。馬場レベルもそう変わらなかったですし、この馬自体はここ2年で能力が落ちているとはあんまり思えない。

その前走の道営記念はもう相手が強すぎたとしか思えず、勝ち馬スーパーステションは北海道競馬で無双を繰り返しており中央の一線級と戦ってみても面白いんじゃないかと感じるレベル。2着タービランスは羽田盃勝ちで南関の古馬と互角に勝ち負けできる馬ですし、3着ドラゴンエアルは今年のマーキュリーカップで少差の4着に走っているような実力馬。4着馬は衰えているとはいえダービー馬のハッピースプリントですし、もうこの馬は2年前と同じだけ走ったのだが相手が強すぎたということだろう。

道営記念以外の近走映像を見ても、スーパーステションが強すぎてそこからは離されてはいるが、3着争いにはいつも僅差という感じ。アルティマウェポンで馬券に絡めてしまうレベルの今の交流重賞路線なら十分に能力的にやれていいはずで、今回は適性大の船橋ダート1800mで前がやりあって差しもハマりそう。それでいてハンデ51kgならば十分に一撃あっていいとみて本命に推す。

 

対抗 ◯アイアンテーラー

対抗はすんなりと逃げが打てればアイアンテーラーは能力上位だろう。

前走のJBCレディスクラシックはサルサディオーネやカワキタエンカに突かれてかなり厳しい流れに。それを8着に粘ったこの馬は普通に強い競馬をしているはずで、今回は楽に逃げられれば巻き返しは必至。1600万勝ちではファッショニスタを完封しているのだからここでは能力最上位だろう。

ただ、今回もメンバーを見ていると楽に逃げられる可能性はそこまで高くなさそう。サルサディオーネ、プリンシアコメータとハナを狙ってきそうな馬がいますし、船橋ダート1800mは1コーナーまでの距離が長いので、そこをずっと競り合うようだと最後にバテる可能性はあり。単純に初の地方ダートやナイターという点も不安はあり。

 

単穴 ▲プリンシアコメータ

三番手はスムーズな競馬ができれば上位のプリンシアコメータにします。

過去の戦績を見てもとにかく左回りコースに良績が集中している馬。特に昨年のクイーン賞は逃げて圧巻のパフォーマンスを見せており、もしあの時と同じパフォーマンスができればここは圧勝になるはず。

ただ、なんだかんだで乗り難しいタイプで、レディスプレリュードはモレイラ騎手が完璧に乗って勝たせた感じ。今回はアイアンテーラーとサルサディオーネを見る三番手からの競馬になりそうですし、川崎コース経験のないクリスチャン・デムーロも信頼はできなそう。時に人気であっさり飛ぶ馬でもありますし、信頼しきらない方が良さそうだ。

 

特注 ☆アルティマウェポン

今回も展開は向きそうなアルティマウェポンは注意しておく。

前走は本当に驚きの激走だったわけだが、なんだかんだで最速上がりを記録してアンジュデジールあたりに競り勝ったのは評価できそう。前走が本格化したのか大井適性が高かったのかなど未知数な部分があるのでこれ以上は評価できなかったが、前走を見ても砂をかぶる競馬は大丈夫そうで、この枠を活かして差して来れそうな印象。2走連続での大駆けがあっても驚けない。

 

△ ブランシェクール

ブランシェクールは内枠と忙しいこの条件でどうだろう。とにかく行き足がつかなくてズブズブの難しい馬。レディスプレリュードは外枠を引いた上にゆったり走れる大井コースと全てが向いていた印象。今回はこの枠となるとまず位置を取れないでしょうし、コーナー部分で捲るのも難しそうで後手後手の競馬になりそう。吉原騎手の腕がどこまで効くかという感じだ。

 

△ ハービンマオ

かなり人気しているハービンマオだがここでも能力は下なはず。もともとバテないというだけでかなりレベルの低かった関東オークスを勝ってしまっただけの馬。前走のブラジルカップを見ても1600万で勝ち負けできる力もないはずで、さすがにここでも3着争いが精一杯なイメージ。

 

△ サルサディオーネ

枠順差でアイアンテーラーに先手を奪われそうなサルサディオーネは抑えでいいか。一応はオープン勝ち実績あるが、BSN賞は超スローで楽に逃げられての展開利が全て。2番手ではからっきしダメな馬ですし、今回は厳しいでしょう。と言っても香港カップのタイムワープのような万が一もあるので抑えてはおく。

 

△ オルキスリアン

能力的にかなりギリギリな感じはするオルキスリアンだが、足りてしまっても特に驚きはないので最後に抑えておく。

 

 

印まとめ

◎5   タイムビヨンド
◯7   アイアンテーラー
▲9   プリンシアコメータ
☆1   アルティマウェポン
△3   ブランシェクール
△8   ハービンマオ
△10 サルサディオーネ
△2   オルキスリアン

勝負度D

 

推奨馬券

三連複 5→7,9,1→7,9,1,3,8,10,2 本線ベース

三連単 7,9→5→←7,9,1,3 ボーナス

※本命の◎タイムビヨンドは展開がハマるか、上がりがかかってくれるか、など条件はありますが、ここまで人気ないならば大穴狙いで本命にします。相手はすんなり逃げられればの◯アイアンテーラーと、左回りコースでスムーズなら能力最上位の▲プリンシアコメータと、同じく展開ハマればの☆アルティマウェポンの3頭に。

勝つイメージが湧くのがすんなり逃げた時のアイアンテーラーとスムーズに競馬ができたときのプリンシアコメータだけなので、この2頭を頭固定でタイムビヨンドを2、3着に固定した三連単はボーナスで買ってみたい。

船橋の道悪馬場は時計が速くなることもあれば逆に時計がかかることもあり。こればっかりは蓋を開けてみないとわからないので、もし前が止まらないような馬場になれば諦めます。

関連記事

東京ダービー2019の予想を公開!

東京ダービー2019(大井ダート2000m)の考察です。 6月5日に大井競馬場で開催され発走時

記事を読む

【2016】ジャパンダートダービーの予想を公開!

今日は7/13(水)に行われるジャパンダートダービーのレース予想を行います。大井2000mで行われる

記事を読む

【2016】クイーン賞の予想を公開!

今日は12/7(水)に行われるクイーン賞のレース予想を行います。船橋1800mで行われるJpnII戦

記事を読む

マーキュリーカップの予想を公開!

マーキュリーカップ2019(盛岡ダート2000m)の考察です。 7月15日に盛岡競馬場で開催さ

記事を読む

平和賞2018の予想を公開!

平和賞2018 (船橋ダート1600m)の予想です。 11月7日に船橋競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

【2016】TCK女王盃の予想(ホワイトフーガらの評価は?)

今日は1/13(水)に行われるTCK女王杯のレース予想を行います。大井1800mで行われる牝馬限定の

記事を読む

【2016】鎌倉記念の予想を公開!

今日は10/5(水)に行われる鎌倉記念のレース予想を行います。川崎1500mで行われるJpnIII戦

記事を読む

JBCレディスクラシックの予想公開!

JBC一発目はJBCレディスクラシック。正直去年の第一回開催はメーデイア以外勝てる見込みがなく、面白

記事を読む

マリーンカップ2017の予想を公開!

マリーンカップ2017(船橋1600m)の予想です。 4月12日に船橋競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

東京盃2017の予想を公開!

東京盃2017(大井1200m)の予想です。 10月4日に大井競馬場で開催され発走時刻は20:

記事を読む

マイルチャンピオンシップの予想を公開!

マイルチャンピオンシップ2019(京都芝1600m)の予想です。

東京スポーツ杯2歳ステークス2019の予想を公開!

東京スポーツ杯2歳ステークス2019(東京芝1800m)の予想です。

【マイルチャンピオンシップ2019の予想ヒント】枠順から見るレース見解

マイルチャンピオンシップ2019(京都芝1600m)の考察です。

【マイルチャンピオンシップ2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

マイルチャンピオンシップ2019(京都芝1600m)の考察です。

【東京スポーツ杯2歳ステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

東京スポーツ杯2歳ステークス2019(東京芝1800m)の考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑