*

朝日杯FSは道悪適性を超えた強さでダノンプラチナが勝利

公開日: : GIレース考察・予想

うーん、朝日杯FSに関してはこの結果になりますと私的には厳しい。愛知杯もそうだったんですが、パワー馬場で荒れると思われたところを、伏兵たちが早仕掛けをしてバテかけたところに、正攻法をしたディアデラマドレなりダノンプラチナといった「強い」馬がまとめて差し切っちゃう。

よくサッカーでは雨でぬかるむとパスサッカーを志向する強いチームには不利と言われます。ですが、逆に雨でぬかるんだピッチこそ上手い選手と下手な選手の差がでやすいということを広島の選手から聞いたことがあります。イレギュラーしやすいボールをどう対応できるか、繊細なテクニックが要求されると。

今回の週末の道悪競馬の重賞にもその事があてはまるなぁと思った次第です。馬券は本命◎ブライトエンブレムが伸びきれず不的中・・・大変申し訳ないですがきちっと回顧は行います。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

朝日杯FS 結果

◎ブライトエンブレム … 7着
◯コスモナインボール … 9着
▲ジャストドゥイング … 13着
☆クラリティスカイ … 3着
△ネオルミエール … 4着
△アッシュゴールド … 8着
△タガノエスプレッソ … 6着
△ダノンプラチナ … 1着
△ナヴィオン … 11着

このレースはダノンプラチナやクラリティスカイを本命にしていても、ほとんどの人が外れているレースです。ポイントはひとつ、アルマワイオリを拾えたかどうか。

アルマワイオリは前走、完全に折り合いを欠いての4着。今回ペースがあがって折り合いがつきやすくなるのは想像できましたが、デイリー杯の回顧データにも書いたようにこの馬は平坦小回り向きと読んでいました。今でもその認識は変わりませんが、阪神外回りでも対応できる能力の持ち主とは恐れ入りました。本命にしていたコンシェルジュの津田さんは会心の予想でしたね。

さて、レース展開のポイントは3つ。

(1) 比較的早いペースだったこと
(2) 馬場的に差しは厳しい馬場だったこと
(2) それなのに上位勢は後方から差してきた馬ばかり

3F通過が34.9ですから重い馬場を考慮しても遅い時計ではありません。そうなると基本的には後ろの馬有利になるところですが、この日の馬場は完全に前有利。このペースでいっているのにアクティブミノルが5着に来ているのです。アクティブミノルが強かったというより後ろが差せなかったレースと言えるでしょう。

騎手としても前が止まらないイメージがあるため、3コーナーあたりから後方勢は追い出しを始めます。最も早く追い出しを始めたのはブライトエンブレム。次にクラリティスカイです。その後ろからダノンプラチナがワンテンポ遅れて追い出しを始めています。

前が有利なところを潰しに行くために自ら仕掛けての早仕掛け。この3頭が最も厳しい競馬をしたというのは間違いありません。その中で一番長い脚を使っただろうブライトエンブレムは直線半ばで失速。少し前目で勝負していたクラリティスカイはさすが岩田で3着に残しますが、後ろから伸びてきたダノンプラチナの勢いが完全に違いました。ブライトエンブレムを目標に定めて併せ馬で加速させたあたり蛯名騎手は会心の騎乗だったと言えます。

おそらくこの3頭は世代でもトップクラスの能力があるはず。

ですが、このレースで一番漁夫の利を得たのは内を突いた後方待機勢です。

強い馬が前を潰すために早めスパートで外を捲ってくれた。となれば、先行勢は外から被せられてかなり厳しい展開に。差しにくい馬場だったとはいえ、有力馬が早めに脚を使ってくれたおかげでじっと内で脚を溜めていた馬は周りがバテていく中をするすると抜け出すことができました。

アルマワイオリとネオルミエールの好走はまさにそんな感じです。レース映像を見るときはぜひアルマワイオリの勝浦騎手の追い出し位置に注目してください。周りの有力馬たちを尻目にほとんどの馬がバテた頃から追い出しを始めています。馬の能力もありますが勝浦騎手のグッジョブが大きかったでしょう。

本格的なレース回顧は本日22:00頃にメルマガで回顧データを配信予定。来年のクラシックを担う馬たちだけに、一頭一頭きちんと分析してまいりますのでお楽しみに。

さて、今週は有馬記念があります。その翌日は東京大賞典。

ちょっとチャンピオンズカップの◎ナムラビクター激走以降はあまり調子が良くないので、今年最後に大きな花火をあげたいところ。

有馬記念、今のところはこの馬あたりに妙味を感じております。

その馬の名は?

↓↓↓

☆その馬の名はブログランキングで公開中☆

上記ブログランキングの(A)に記載ありますのでチェックしてみてください!

関連記事

【2016】オークス(優駿牝馬)/ 枠順&展開考察(シンハライト、チェッキーノ等の枠順は如何に)

今日は5/22(日)に行われるオークスのレース考察を行います。東京芝2400mで行われるGI戦です。

記事を読む

【大阪杯2019の予想ヒント】レース展開を分析考察します

大阪杯2019(阪神芝2000m)の考察です。 3月31日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【安田記念2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

安田記念2018(東京芝1600m)の考察です。 6月3日に東京競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【チャンピオンズカップ2018の予想ヒント】外国馬分析(パヴェル)

チャンピオンズカップ2018(中京ダート1800m)の考察です。 12月2日に中京競馬場で開催

記事を読む

天皇賞(春)2017の予想を公開!

天皇賞(春)2017(京都芝3200m)の予想です。 4月30日に京都競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

NHKマイルカップ2018の予想を公開!

NHKマイルカップ2018(東京芝1600m)の予想です。 5月6日東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

【秋華賞2017の予想ヒント】想定3番人気リスグラシュー考察

秋華賞2017(京都芝2000m)の考察です。 10月15日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【マイルチャンピオンシップ2017の予想ヒント】枠順と馬場から見るレース見解

マイルチャンピオンシップ2017(京都芝1600m)の考察です。 11月19日に京都競馬場で開

記事を読む

皐月賞2020の予想を公開!

皐月賞2020(中山芝2000m)の予想です。 4月19日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【2016】朝日杯FS / 有力馬考察(ミスエルテ、ダンビュライトなどの徹底分析)

今日は12/18(日)に行われる朝日杯フューチュリティステークスのレース考察を行います。阪神芝160

記事を読む

Message

新潟大賞典2021の予想を公開!

新潟大賞典2021(新潟芝2000m)の予想です。 5月9日に新

NHKマイルカップ2021の予想を公開!

NHKマイルカップ2021(東京芝1600m)の予想です。 5月

京都新聞杯2021の予想を公開!

京都新聞杯2021(中京芝2200m)の予想です。 5月8日に中

【新潟大賞典2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

新潟大賞典2021(新潟芝2000m)の考察です。 5月9日に新

【京都新聞杯2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京都新聞杯2021(中京芝2200m)の考察です。 5月8日に中

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑